小野 信昭の記事一覧

アングラー:小野 信昭


BLOG TOP 小野 信昭の記事一覧
小野 信昭さんの記事
2019.06.20

東京湾のタチウオ

隔週刊つり情報(7月1日号)には巻頭特集で梅雨時期のタチウオ釣りが紹介されており、その記事を読んだら無性に釣りに行きたくなりました。

190615-a

思い立ったが吉日・・・とばかりに翌日向かったのは横浜・金沢漁港の釣り船「 忠彦丸 」

朝から雨が降り、次第に風が強まるという気象予報だったためか? 10名弱の乗客で7時15分に岸払い。

出航直後から雨が一段と強くなりましたが、今回は新調したレインウエアを着用しているのでへっちゃら・・・その実力を試すにはいい機会・・・とポジティブシンキング。

とにかく、タチウオを釣るのが楽しみでウキウキ気分です。

隣の人とも仲良くなって様々な情報を根掘り葉掘りとお聞きしました。

航程15分程で到着したポイントにて船長が魚探を見ながら、仕掛けを降ろすべき良い反応を探ってくれています。

釣り船が用意してくれたエサはコノシロの切り身で、右隣の人が正しい付け方を親切に教えてくれました。

190615-h

ほどなくして船長から実釣スタートの合図。

探るべきタナを船長がマイクにてアナウンスしてくれたのですが、雨足が強すぎるのと、レインウエアのフードを被っていたこともあってうまく聞き取ることができませんでした。

まぁ、なんとかなるだろうと仕掛けを入れ、海底付近から、上へ上へと探っていきます。

早くも左隣の女性アングラーが1本目の本命タチウオを釣り上げ、その直後に右隣の人も1本目をキャッチしました。

さらにその両隣の人はすぐに2本目ゲットし、早くも蚊帳の外となる私。

そういえば、釣れている人を観察することも大切ってつり情報に書いてあったっけ・・・とさっそくマネしようと両隣のアクションを観察する私。

ところが、右隣の人は短いストロークで速いテンポなのに対し、左隣の人は長いストロークで遅いテンポ・・・いったいどちらをマネるべきなのか?

そんなことを悩みながら、その中間のようなストロークとテンポで探っていたがまったくアタリなし。

すると船長がマイクにて「アタリがない場合には仕掛けをチェックしてみて!! 赤クラゲが付いている可能性があるから!!」とアドバイスをくれました。

さっそく仕掛けを回収してみると、天秤から仕掛けに渡って赤クラゲがべっとり絡みついていました。

雑巾を使ってそれらを除去し、新しいエサに付け替えて再投入。

オモリ着底後にイトフケを取り去り、つり情報誌に書かれていたことを思い出しながら、指示ダナ付近を探っていくと、竿先にコツというアタリが届き、ロッドが大きく弧を描き、待望の1本目をゲットしました。

あまりの嬉しさに右隣の人に無理を言って、写真を撮って頂きました。
190615-b
新しいレインウエアDR-30009(レインマックス® デタッチャブルレインスーツ)は快適です。

ストロークとテンポをいろいろ変えながら、アタリをキャッチできた時は、釣れたではなく、釣った感を実感できる楽しい釣りです。

次第にコツを掴めて、あっという間に目標の5本をクリア。

これで前々から造りたかった「梅しそ巻き天ぷらの食材確保ができたぞ~!」と心の中でガッツポーズ。

190615-c

そしてついにはッ抜け(10本目)を達成。

なんだかタチウオ釣りが上手くなったかのような錯覚に陥りました(^_^;)

よ~し、これで家族分の「蒲焼丼が作れるぞ~!」と心の中でほくそ笑みました。

しかしながら、ここで思わぬ落とし穴が待っていました。

なんだか左の目元が痒かったので、無意識に手で掻いてしまったのです。

ギャーッ!!
急に顔半分がヒリヒリなのかピリピリなのかとにかく痛い状況になってしまい、左目から涙がポロポロ流れ出る事態に。

集中力を欠き、心が折れそうになる自分・・・

でも、せっかタチウオが釣れ盛っているのに、サオを置いてしまうのはもったいない・・・

他にも造りたいタチウオ料理がたくさん有るから・・・と自分を奮い立たせて頑張り続けました。

そしてついに正午過ぎには20本に到達、嬉しい~!

190615-d

でも気が付けば、どんどん雨と風が強くなり、波も高くなってきて、いつしか辺り一面がガスってしまい、陸上の景色がまったく見えない状況となっていました。

そしてちょうどそのタイミングで、「やや早いけど揚がりましょう!!」と船長からアナウンス。

沖揚がりとなりました。

赤クラゲによる被害を除けば、タチウオの活性がそこそこ高かったので釣り自体は楽しめました。
その陰には新調したレインウエアDR-30009の働きがあったことが上げられます。
土砂降りの雨に対しても防水性能がバッチリだったことはいうまでもありませんが、特にロッドアクションが常時必要となるタチウオ釣りにおいては、軽く、動きやすいウエアのメリットは大きく、疲労低減にも一役買ってくれたと思います。

【最後に教訓】
・赤クラゲが仕掛けに付いていたらまず釣れない
・赤クラゲを触った手で他の肌には触れない
・船長のマイクアナウンスは傾聴する

以下、釣果料理です。

まずは一番造りたかった料理の「タチウオの梅しそ巻きの天ぷら」
190615-g
シーズン初めの細いタチウオがかえって造りやすい料理です。

続いて、「尾頭付きの刺身」と「串巻きガーリック焼き」
190616-c
ビールも合うけど、日本酒だととめどなく飲んでしまうことになる料理です。

続いて、「タチウオの蒲焼き丼」
190616-e
これはご飯が進み過ぎるので要注意の逸品です。

そして最後は「唐揚げ」
190617-a
これはいくらでも食べることができ、合わせてビールが止まらなくなる危険な料理です。

あぁ~早くもタチウオ狙いで再釣行したくなってしまいました~(^o^)/

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 73 MH-185MT

リール: シーボーグ200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: 棚センサーブライト+Si 2号 300メートル

テンビン: 快適天秤ストレート Φ1.6-270

仕掛け: 快適船タチウオ仕掛け SS ライトマルチ 1本 2/0

 

◆今回、着用したウエア類は以下のとおりです。

レインウエア: DR-30009(レインマックス® デタッチャブルレインスーツ)

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2019年06月 東京湾タチ  相模湾SLJ  外房ヒラマサ
2019年05月 館山タイラバ  キスマスター2019  東京湾タイラバ  東京湾タイラバ  江の島深場五目
2019年04月 剣崎マアジ  剣崎クロダイ  桜ダイ
2019年03月 小網代アマ  城ヶ島深場五目
2019年02月 芦名オニ  小網代~コマセ  逗子オニアマ
2019年01月 芦名深場五目  東京LTアジ  東京湾タイラバ  外房タイラバ
2018年12月 駿河アマ  東京タイラバ  芦名アマ  小網代アマオニ  葉山アマ  芦名アマ  逗子アマ
2018年11月 小網代アマ
2018年09月 東京湾タイラバ  新山下LTアジ  館山中深場~深場五目
2018年08月 城ヶ島キハダ・マダイ  八景LTアジ  浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして