小野 信昭の記事一覧

アングラー:小野 信昭


BLOG TOP 小野 信昭の記事一覧
小野 信昭さんの記事
2017.08.20

三浦沖の欲張り釣行

釣りという趣味を持っていなかったら、ワクワクする機会はあるでしょうか?

少なくとも釣りをやっているおかげで、ワクワクする機会はずーっと増えて
いると思っています。

例えば、今回の釣行でのワクワクはまずこの景色から・・・

170715-b

三浦半島の佐原インターから野比海岸へ向かう途中の、海が見え始める瞬間の光景です。
何度も観る景色ですが、毎回この景色が見るたびにワクワクします。

そしてこの日、2回目となるワクワク感・・・それはボートの出航準備が整い、
波打ち際にてボートに飛び乗った瞬間に実感しました。

170715-a

今回は午後に用事があったので、実釣は正午までの3時間、勝負。

そんな短時間なのにキハダマグロとスルメイカの両方を狙うつもりの欲張りな私。

出航後、キハダマグロの存在を知らせるようなトリヤマは発生していないか?
イワシらしき魚群反応は存在しないか?  そんなことを気にしながら、
遥か沖合へ向けボートを進めました。

スルメイカが棲息する大陸棚付近に到着し、魚群探知機にてそれらしき反応を探します。
なかなか反応が見つからないので、水深110メートル付近にて一旦、ダメ元で仕掛けを
投入してみます。
投入器から勢いよくプラヅノが発射されていくのは何とも言えない快感です。

170715-c

案の定、スルメイカが着乗りするはずもなく、巻き落としやタナを広く探ってみても
一向に乗る気配なし。
水深を10メートル単位で深い方へボートを移動させ、スルメらしき反応を探って
行きますが、全然見つかりません。
スルメの反応を探しつつも、周囲にトリヤマが発生しないかキョロキョロします。

あっという間に1時間半が経過し、残り時間も1時間チョット・・・
頭の中を巡るのは” 二兎を追うものは一兎も得ず “という諺。

でも後半の1時間で、スルメの良い反応に出あうことができました。

仕掛けが着底する前に降下が止まり、スルメが乗ったような感触が竿先から手元に
届きました。この瞬間が本日3回目のワクワクです。
そして、待望の1パイ目をキャッチ。嬉し~!!

170715-d

スルメの移動が速いからか?  多点掛けが難しく、なかなか数を伸ばすことができません。
それでも夢中で反応を探し、疑わしい反応には仕掛けを投入しました。

よく乗った水深130メートルのポイントでは仕掛けの降下にそれなりの時間が
掛かるので、釣れたてのスルメをナイフで開き、船上干しにします。

結局、5ハイGETしたところでタイムリミットとなったので涙の沖揚がり。

170715-e

着岸後もボートを後片づけしている間、スルメを干し続け、片付けが終わる頃には
いい感じに干し上がりました。

170715-f

結局、キハダマグロはトリヤマすら見つけることができず、一度もキャスティング
することなく終わりましたが、また別の機会にチャレンジしたいと思います。

それにしても、スルメも1パイ目を釣るまでに時間が掛かり過ぎ、危うくキハダ
とともに共倒れするところでした・・・(^_^;)ヒヤヒヤ

ワクワクする機会も、ヒヤヒヤする機会も、釣りという趣味を持っていたから
味わえる刺激なのでしょうねぇ~(^_^;)

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

スルメイカ用タックル

ロッド: アナリスター ヤリイカ 175

リール: シーボーグ300MJ

バッテリー: スーパーリチウム 11000WP

ライン: メガセンサー 12ブレイド 3号 380メートル

仕掛け: MDスティック ミラー 14(シングル)6本 直結

オモリ: 120号

投入器: ダイワ イカヅノ投入器 6本 ピンク

 

なお、ボートフィッシングにおけるスルメのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「スルメイカを追う vol.1」
Furuno Style 「  同    vol.2」 宜しかったらご覧ください。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2017年07月 三浦沖の欲張り釣行 平塚沖の中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして