小野 信昭の記事一覧

アングラー:小野 信昭


BLOG TOP 小野 信昭の記事一覧
小野 信昭さんの記事
2017.03.31

葉山沖のタイラバ

レンタルボートで葉山沖へマダイ狙いで釣行しました。

170326-a

当日は朝から雨が降り続き、さらに冷たい北風が吹き続け、
出航前から心が折れそうな状況でした。

でも「ラバージグでのマダイ狙いに行きませんか?」と
SNSにて呼びかけたのは私であり、参加してくれた人達
を前に、私がこの寒さでおじけずく訳にはいかず・・・

朝8時半、「寒いけど頑張って行きましょう!」と、
舫いを解き、厳寒の海へマダイを求めて出航しました。

170326-b

真っ先に向かったのは葉山沖の水深70メートル付近。

今回、借りたボートにはスパンカーが無いので、トモ流し
という方法にてボートをコントロールしてラインを立てる
操船を心掛けました。

しかしながら、この状況下において水深70メートル付近を
攻めるのは釣りずらく、無理があると感じたので、浅場へ
移動することを決断。

水深40メートル付近へ移動すると、幾分、釣りやすくなり
ましたが、雨も風も一段と強くなってしまいました。

メンバーの表情もぜんぜん楽しそうに見えず、船長の私
としては何だか心苦しくなってきました。

誰一人、1回もアタリが届かないまま3時間が経過して
いましたが、皆、黙々とフォール&リトリーブを
繰り返しています。

正午前、私のロッドに待望のアタリが届き、慎重な
ヤリトリの末、美しい桜色のマダイ(後計量1.2kg)が
釣れ上がりました。

170326-c

このマダイの出現には皆、驚いた様子で、この1枚に
よって、消えかけていた皆のヤル気が再燃しました。

しかしながら、そう簡単に続かないのがタイラバ釣法
であり、当日の海の状況でした。

またしても沈黙の海が2時間ほど続きましたが、
次にアタリが届いたのも私のロッドで、幸いにも
フッキングに成功。

先程よりも明らかに強い引きと重量感で何度も
ラインを出され、一進一退の攻防が続きます。
一番怖かったのは、波によるボートの上下動による
バラシで、とにかくラインにはテンションが掛かり
続けるよう慎重にヤリトリしました。
そして、仲間が差し出したタモ網に無事ネットイン。

サイズ(後軽量2.5kg)の割にとても美しいマダイで
あり、感激しました。

170326-d

この1枚によって、皆のヤル気が一段と増しましたが、
結局この1枚を最後に再び沈黙の海に戻ってしまい、
タイムアップ。

ボートの返却時間(15時)に間に合うようにマリーナを
目指しました。

170326-e

マリーナに戻ってから、全員で記念撮影。

自分だけが釣ってしまい、皆に釣らせてあげることが
できなかったので、あまり喜ばずにいたら、
「今日は相模湾でもタイラバでマダイが釣れることが
 わかり、良い勉強になりました!」と言ってもらえ、
少しだけ肩の荷を下ろすことができ、帰路に就きました。

当日釣ったマダイと前日に外房で釣ったヒラメで
お決まりの握り寿司を作りました。

170326-f

2魚種だけだと握り寿司もあまり多く食べることが
出来ないことが分りました。

そこで、翌々日には、湯引き、ヅケ、昆布〆も追加
したら、たとえ2魚種であっても味にバリエーション
ができ、堪能できました。

170326-g

この美味しさを味わってしまうと、早くも再び
マダイを狙いに行きたくなってしまいました(^_^)/
 

 

◆使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 73 MH-200・W

リール: シーボーグ LTD 200J

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: メガセンサー 12ブレイド 2号 300メートル

リーダー: ディーフロン船ハリス 3号 4メートル

ルアー: 紅牙 ベイラバーフリー カレントブレイカー ホロオレンジ 120g

■ボートフィッシングにおけるマダイのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style「魚に逢いたくて」
「マダイを追う vol;.6」  「同 vol;.5」  「同 vol;.4」  「同 vol;.3」

宜しかったらご覧ください。

◆今回利用したレンタルボートにつきましては
 Yamaha マリンクラブ「Sea-Style」の
 サイトをご覧下さい。
Yamahaマリンクラブ「Sea-Style」

全国140箇所のホームマリーナにて
クラブ艇をレンタルできるので各地の様々な
ボートフィッシングにチャレンジできます。
出動!マリンクラブ 釣査隊

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2017年03月 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして