小野 信昭の記事一覧

アングラー:小野 信昭


BLOG TOP 小野 信昭の記事一覧
小野 信昭さんの記事
2018.08.25

浦賀沖のアカムツ五目

” 赤いダイヤ ” とか ” 幻の魚 ” といわれることもあるアカムツです。

180819-h

でも全国的にみると魚影が濃い海域もあり “ノドグロ”という名で庶民の食卓にも並ぶなど、地域によって価値や扱われ方にも大きな開きがある魚でもあります。
地域による格差の大きなアカムツですが、万人が口を揃えていうのは「美味い魚」という意見であり、このことに異論を唱える人には出会ったことがありません。

そんなアカムツにあいたくて、今回は浦賀(横須賀市)からシースタイルのレンタルボートで海に繰り出しました。

180819-d

東京湾におけるアカムツの魚影は決して濃くはなく、かなりハードルが高い釣りとなることは重々承知しています。
でも、アカムツを狙っていれば他の美味しい魚もいろいろ釣れるのでアカムツのみを狙うというより、アカムツ五目を楽しむというつもりでボートを沖へ走らせました。

サニーサイドマリーナ ウラガから航程15分ほどで到着したのは、東京湾に切れ込んで入っている東京湾海底谷で、この傾斜面の際の水深200~300メートルを狙います。

アカムツ狙いでいつも迷うのは「天秤吹き流し仕掛け」と「胴付き仕掛け」にするかの選択で、今回は同乗した友人が前者、私が後者で実釣スタート。

互いにハリにはサバの切り身をつけました。どちらにアカムツがヒットするのか大変興味深いものとなりました。

最初にヒットしたのは胴付仕掛けを使う私の方で、定番ゲストのドンコ(標準和名チゴダラ)が釣れ上がりました。

180819-f

胴付仕掛けが有利か?と思う間もなく、天秤吹き流し仕掛けを使う友人もドンコを釣り上げ、優位さの判別がつかない状況に。
その後、友人がシロムツ(標準和名オオメハタ)を釣り上げれば、あとを追うように私にもシロムツがヒットする状況でデッドヒート。
結局、今日の状況では「どっちの仕掛けがいい」とは結論付けられなくなりました。

11時過ぎ、やや風が強まったのでシーアンカー(パラシュートアンカー)を使って流しました。

180819-a

正午頃、友人が待望のアカムツを釣り上げました。
巻き上げ途中の強烈な引き込みに「サメかも・・・」という発言があったことは内緒です。

180819-e

羨ましい~、私も追い付こうと気合いを入れました。

その後はアタリが少なくなる時間帯もありましたが、ドンコを数尾を追釣し、15時に沖揚がり。
結局、アカムツは友人が釣った1尾のみで、やはり幻の魚でした・・・

沖揚がり後、釣果の一部を並べての記念撮影。アカムツ、ドンコ、シロムツです。

180819-g

ドンコは味噌汁に入れるとよい出汁が出て手っ取り早く料理できるのですが、今回はフードプロセッサーにてミンチ状にしてさつま揚げとナゲットを作りました。

180820-b

見た目が少しグロテスクで釣り人からはイマイチ人気のないドンコですが、美味しい魚なので皆さんも是非さまざまな料理に挑戦してみて下さい。

180820-a

シロムツは翌日に焼いて、ほぐしてパスタに載せました。なんだか、シロム君の個性がなくなってしまい、魚なら何でもよかったのかも・・・と思いましたが、お味の方はとても良かったですv(^_^;;;

180821-a

 

◆今回、使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 82 H-185MT

リール: シーボーグ 300MJ

バッテリー: コードレス・スーパーリチウム BM2600

ライン: メガセンサー 12ブレイド 3号 400メートル

オモリ: 120号

仕掛け: 胴付き仕掛け 幹糸7号、ハリス6号、4本バリ、全長4メートル

エサ: サバの切り身

 

◆ボートフィッシングにおけるアカムツのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「魚に逢いたくて」

「アカムツを追う」 宜しかったらご覧ください。

 

◆今回利用したレンタルボートにつきましてはYamaha マリンクラブ「Sea-Style」のサイトをご覧下さい。
Yamahaマリンクラブ「Sea-Style」

全国140箇所のホームマリーナにてクラブ艇をレンタルできるので各地の様々なボートフィッシングにチャレンジできます。
出動!マリンクラブ 釣査隊

 

—————————————————————————————-

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを (^o^)/

—————————————————————————————-

2018年08月 浦賀アカムツ  磯子LTアジ
2018年07月 観音崎タチ&タイ
2018年06月 木更津キス  南房イサキ  八景マアジ
2018年05月 勝浦タイラバ  館山オニ&アカムツ
2018年03月 城ヶ島アマダイ五目  三浦沖ヤリ&五目
2018年02月 城ヶ島ヤリイカ  東京湾タイラバ  城ヶ島アマダイ
2018年01月 東京湾タイラバ  江の島アマ・オニ  葉山アマダイ  ヒラメ初釣り不発
2017年12月 東京湾マダイ  駿河湾アマダイ 相模湾アマオニ 平塚マダイアマダイ
2017年11月 ハギマスター2017 紅牙タイラバカップin東京湾
2017年10月 岩井アオリイカ 三浦カワハギ
2017年09月 外房・南房カンパチ 館山ライト深場
2017年08月 佐渡島シロギス
2017年07月 三浦アジ 葉山ライトコマセ 富津タチウオ 三浦欲張り釣行 平塚中深場五目
2017年06月 三浦沖のヒラメ
2017年05月 館山キス・マゴチ
2017年04月 三浦沖のムギイカ 西伊豆タイラバ
2017年03月 西伊豆コマセダイ 葉山タイラバ 外房ヒラメ 大磯キンメ 南房総五目 金谷金アジ 女子会 葉山沖
2017年02月 平塚中深場五目 芦名アマ・オニ 剣崎アジ 館山中深場五目
2017年01月 佐島アマ・オニ 館山オニカサゴ 平塚シロギス・アマダイ
2016年12月 駿河湾アマダイ 外房マダイ 東京湾マダイ 平塚沖のアマダイ 葉山アマダイ
2016年11月 外房ヒラマサ 三浦アラ 三浦アオリ ハギマスター 東京湾マダイ 剣崎カワハギ 駿河湾シロアマ
2016年10月 東京湾マダイ  剣崎カワハギ  外房ヤリ・スルメ・鯛
2016年09月 南房・館山の五目 南房総のイサキ 城ヶ島アジ 東京湾マダイ 外房泳がせ釣り 富浦・水中カワハギ
2016年08月 秋田男鹿マダイ 剣崎・水中カワハギ
2016年07月 城ヶ島夏スルメ 東京湾タチウオ 茅ヶ崎沖深場五目
2016年06月 南房イサキ 城ヶ島サビキ釣り 外房マダイ 北陸五目釣り
2016年05月 木更津シロギス 外房ヒラマサ 大磯深場五目 館山キス&ヒラメ 大磯深場五目
2016年04月 南房クロムツ・ヒラメ 平塚~茅ヶ崎シロギス 西伊豆桜鯛
2016年03月 葉山シロギス 西伊豆マダイ
2016年02月 館山クロムツ 外房タイラバ 西伊豆マダイ→イサキ 南房イサキ
2016年01月 外房(小)アラ 平塚アカムツ 外房マダイ→ヒラメ 館山クロムツ 久里浜マダイ
2015年12月 駿河湾白アマ 外房ヒラメ 葉山アマダイ・マダイ 平塚アマダイ 平塚アマダイ 勝浦マダイ→ブリ
2015年11月 富山湾五目 ハギマスター 富津イイダコ 城ヶ島マダイ 茅ヶ崎アマダイ 小名浜アイナメ
2015年10月 外房ヒラメ 平塚アマダイ 外房カマス
2015年09月 北海道 室蘭 根魚  館山カワハギ 館山オニカサゴ 南房総イサキ 北海道(カレイ&ブリ)
2015年08月 青森ワラサ 十三湖ワラサ&マダイ  平舘沖マダイ
2015年07月 城ヶ島スルメ 茅ヶ崎スルメ 四国マダイ
2015年06月 剣崎アジ 外房イサキ 茅ヶ崎シロギス 明石タイ&タコ
2015年05月 館山マゴチ 剣崎カタクチイワシ 西伊豆コマセ五目 平塚キス&ギス
2015年04月 剣崎アジ 西伊豆マダイ 外房ヤリイカ Boat Show 西伊豆マダイ 西伊豆タイラバ 平塚シロギス
2015年03月 桜鯛を求めて 城ヶ島メバル 初めまして