小野 信昭の記事一覧

アングラー:小野 信昭


BLOG TOP 小野 信昭の記事一覧
小野 信昭さんの記事
2015.06.09

茅ヶ崎沖のシロギス

シロギスの天ぷらを無性に食べたくなり、13時を過ぎていたけど平塚フィッシャリーナからマイボートで出航。
舵を東へ切り、茅ヶ崎方面へ向かいます。

この時期のシロギスは水深3〜30メートルの広範囲に分布し、ポイント探しも比較的容易。シロギスの活性さえ高ければ、大釣りも夢ではないベストシーズンだ。

わざわざ茅ヶ崎方面まで足を延ばさずとも平塚沖で十分狙えるが、あえて茅ヶ崎方面を目指したのは過去に烏帽子(エボシ)岩周辺にて良型シロギスの数釣りを経験したことがあるから。

天ぷら用の食材ならそんな良型でなくても12~15センチ程のものでも十分だが、どうせ狙うなら数ではなくサイズを・・・という考えで、一路、烏帽子岩を目指した。

航程15分ほどで烏帽子岩には到着したが、付近にはマリンジェット(水上オートバイ)がもの凄いエンジン音を響かせて走り回っているではないか・・・(泣)

この状況では、臆病なシロギスは警戒してしてエサを追わないに違いない・・・と、爆音を避けるように烏帽子岩から500メートルほど西へ戻った場所にて実釣スタート。

でも、根(岩礁)がないフラット(平坦)な砂地なので良型は望めないかも・・・と残念な気持ちになりつつも仕掛けを投入。

ボートはスパンカーを使ったエンジン流しにてゆっくり移動しながら広範囲を探っていきます。

さらにボート上からは仕掛けを四方八方へキャストし、釣れるポイントを探します。

開始早々からアタリが届き、小気味いい引きとともに15センチ級の本命シロギスが釣れ上がり、思わずニッコリ。
その後もコンスタントに本命が釣れ続いたが、サイズは15センチ前後のものばかり。

あぁ、烏帽子岩の直近でツリイトを垂らせたら良型が揃うはずなのになぁ~と、悲しい気持ちになった。

そして、頭の中を「チャコの海岸物語」(サザンのヒット曲)の1フレーズが何度も駆け巡った。
「エボシ岩が遠くに見える~♪ 涙あふれて霞んでる~♪」

20150607-a

竿先の下に写っているのが「チャコの海岸物語」の歌詞にもある”烏帽子岩”で、見る方向によってはトンガリ帽子にも見えます。

20150607-d

50秒ほどの短い動画ですが、よかったらご覧下さい。シロギスとタコの一荷です・・・(^_^;)

まぁ、サイズ的にはイマイチだけど、2時間ほどの短時間ながらシロギスの小気味いい引きを堪能しました(^_^)/

最終的には13センチ〜22センチまでのシロギスが15尾ほど。

20150607-c

今回釣ったシロギスは天ぷらにして食べました。

20150607-f

身がホクホクしていて、本当に旨く、毎週でも釣りに行きたくなるような美味しさでした。

 

<今回使用したタックル>

ロッド: ライトゲームXV S-180

スピニングリール: フリームス 2500

ライン: 棚センサーブライト+Si 0.8号 200メートル

仕掛け: 片テンビン+オモリ12号+市販シロギス2本バリ仕掛け

エサ: ジャリメ

 

なお、ボートフィッシングにおけるシロギスのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「シロギスを追う vol.2」 宜しかったらご覧ください。

 

神奈川県には「遊漁に関する申し合わせ事項」として以下の取り決めが存在します。

「相模湾(葉山町地先から湯河原町地先)では、9から12月の間はキス釣りをしないようにしましょう」

 

平塚フィッシャリーナの利用方法につきましては、当方のホームページ内のコンテンツ「平塚フィッシャリーナ」に記載してありますのでご覧ください。

 

—————————————————————————————————–

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを  (^o^)/