小野 信昭の記事一覧

アングラー:小野 信昭


BLOG TOP 小野 信昭の記事一覧
小野 信昭さんの記事
2015.07.13

茅ヶ崎沖のスルメ

夏スルメを求めてマイボート(友恵丸)で茅ヶ崎沖へ繰り出しました。

9時過ぎに平塚フィッシャリーナを出航し、まず向かったのは茅ヶ崎方面。
烏帽子岩沖の水深120メートル付近にて魚群探知機にて反応を探します。
っといっても、イカの反応探しは毎回苦労の連続です。
それは魚のような明確な反応が出にくいためです。

疑わしくはダメ元で仕掛けを投入して、確認するのが常套手段。
イカが乗らないどころか、回収途中でサバに捕まり、仕掛けがグチャグチャに・・・
という苦い経験をこれまで何度も味わってきました。

でも今回は大丈夫! サバ対策としても有効な”直結”仕掛けを用意してきました! ジャーン!

150705-a

でも投入器を用意しなかったので、直結8本ツノの市販仕掛け(全長14m)では長過ぎる。
勿体ないけど半分に切断し、全長7メートルにして使用しました。
幅広いタナを攻めるという点では短くすることは不利になりますが、小型ボートでの手返しの
やり易さを考えたら致し方ありません・・・
まぁ、切断することで1セットだった仕掛けが2セットになったと考えればお得感もありますが・・・

魚探を駆使して、スルメあるいはスルメが追い回している小魚の反応を探しますがそれらしい
反応がなかなか見つからず、時間だけが経過します。
少しずつ水深が浅くなる方へ探索エリアを変えていき、探索開始から丁度2時間が経った頃、
水深100メートル付近にてようやくそれらしき反応を発見し、仕掛けを投入。
オモリ着底後のイトフケを取った直後にズンという重みが加わったのでJOGパワーレバーをスイッチオン。

待望のスルメイカ、1パイ目をゲットしました〜\(^o^)/

150705-b

あ~嬉しいと、記念撮影なんぞに時間を掛けていたら、せっかくの反応を見失ってしまいました。
あ~、こんなことなら、もっと追い乗りさせてから巻き上げるべきだった・・・と悔やんでも後の祭り。

よし、次こそ多点掛けだ!!と気合を入れたものの、反応がなかなか見つからない。
魚探とにらめっこしながら広範囲を探り、ようやく見つけた反応も、ボートが流されるのが
速いことと、その群れの移動が速いためか?反応の上に止まっているのが困難な状況ばかり。
とにかく、1パイ乗ったらその場で追い乗りをねらうしか数を伸ばす方法がありません。

結局、次なるスルメを追加できたのは最初の1パイ目を乗せたのと同じ場所。

150705-c
あれほど「次こそ追い乗り・・・」と思っていたのに、それを忘れて高速巻き上げ・・・
あまりに久々のアタリだったのでつい嬉しくて・・・(^_^;)

それにしても同じ場所でヒットというのは、スルメにとって何か魅力的な場所なのだろうか?

結局、それ以降はそのポイントにて粘ったけど、追釣できないまま、涙の沖上がり。

150705-d

まぁ、それでもこんな宝探し的な釣りも決して悪くない・・・と、強がってみたり・・・

でも、次の釣行に向けて、投入器を準備しようとする自分がいる・・・v(^_^;)

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

 

なお、ボートフィッシングにおけるスルメのポイント探しについては以下のサイトにて紹介しています。

魚探メーカー・古野電気 Furuno Style 「スルメイカを追う vol.2」 宜しかったらご覧ください。

 

◆今回使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: リーディング 82 82 MH-160MT

リール:シーボーグ300J-L

バッテリー:スーパーリチウム 9200WP

ライン:棚センサーブライト+Si 4号 300メートル

仕掛け: 快適イカ仕掛け ミラー S 14S 8本直結

 

今回のマイボートの出航場所「平塚フィッシャリーナ」の利用方法につきましては、
当方のホームページ内のコンテンツ「平塚フィッシャリーナ」に記載してありますので
ご利用にあたりましては是非ともご覧ください。

 

—————————————————————————————————–

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを  (^o^)/