小野 信昭の記事一覧

アングラー:小野 信昭


BLOG TOP 小野 信昭の記事一覧
小野 信昭さんの記事
2015.03.23

桜鯛を求めて

西伊豆(静岡県)の海へ「桜鯛」を求めて愛艇・友恵丸で出航しました。

実は標準和名で”サクラダイ”という名の魚は他に存在しますが、ここでの桜鯛は魚の王様、そうマダイのことです。

冬に深場で過ごしたマダイが、3月頃から産卵のために浅場へ移動し活発にエサを追いますがそのことを”乗っ込み”といい、ちょうど桜の花が咲き始める頃なのでこの時期に獲れる(釣れる)マダイのことを桜鯛と呼びます。

20150321-釣果.jpg

釣具や釣法の進化や放流事業により、今やマダイは周年ねらえる魚となりましたが、それでもやはりこの乗っ込みシーズンには是非ともマダイをゲットしたい・・・そう思って釣行しました。

今回は、数あるマダイ釣法のうち、ラバージクを用いるいわゆる「タイラバ釣法」にて挑戦。

タイラバ釣法ではコマセを用いないのでマダイを寄せて釣ることができません。ボートフィッシングではマダイが棲息しているであろう場所を自らが予想して糸を垂らすことになります。

20150321-

ジグが着底したら、即座にリトリーブ(巻き上げ)に移行します。 リトリーブの速さは1秒間に1メートルを基本とし、当日のヒットパターンを掴むため1尾目が釣れるまでは速さをいろいろ変えてみると良いでしょう。

アタリの出方は小さなコツコツから始まり、そのアタリに反応することなく一定のペースで巻き続けます。やがて本アタリとなる大きな引き込みがありましたらロッドを立て、フッキングを確実なものとします。

20150321-紅牙

今回使用したタックル&仕掛け類は以下のとおりです。

ロッド: ライトゲームXV S-180

リール: スパルタン TW

ライン: 棚センサーブライト+Si 1号 200メートル

リーダー: ディーフロン船ハリス 真鯛 2.5号 3メートル

ラバージグ: 紅牙ベイラバーフリー ヘッド   煌(きらめき)グリーン 60グラム   替えユニットSS  才巻(サイマキ)オレンジ

 

20150321-釣果2

実釣時間が4時間弱でしたが、今回は幸運にもマダイの活性が高く、1.9kgを頭に800gまでの食べ頃サイズの本命を5枚上げることができました。

以上のように書くと、如何にも簡単に釣ったかのように思われてしまうかもしれませんが、実はこの日を迎えるまで長~いトンネルがあり、ずーっとマダイに対してはスランプが続いていました。

でも、簡単に釣れてしまう魚よりも、苦労して釣った1尾の方が喜びも大きいし、食してみても心なしか美味しい気がするのは私だけでしょうか?

桜の便りとともに各地でマダイが釣れ始めています。皆さんも桜鯛を求めて出掛けませんか(^_^)/

※なお、今回のマダイの実釣シーンを3分ほどの動画にまとめてあります。宜しかったらご覧ください。

 

—————————————————————————————————–

ライフジャケットを着用し、安全で楽しい釣りを  (^o^)/