アングラー:


BLOG TOP の記事一覧
さんの記事
2022.7.20

SSR-3 極鋭エギタコS-176開発秘話 / 西村豪太VS清水恭仁

第三回目の「S-sense Report 」は、西村豪太さんをゲストにお迎えし二回に分けて「極鋭エギタコS-176開発秘話」と船タコ釣りを始めてみたい方から上級者向けの個々のレベルに合わせたお勧めタックルの紹介、常磐から天草におけるエリア特性に応じた釣り方などをお聞きします。

西村豪太 / 幼い頃より釣りを始め、カワハギ、タチウオ、船タコ、鮎などテクニカルな釣りを得意とし、各種大会で好成績を残している。グローブライド(ダイワ)フィッシング営業本部所属 東京都在住 1985年生

–早速ですが、今春発売された「極鋭カワハギS-176」についてお聞きします。2022年1月の船最前線ブログにも記述してますが、「極鋭エギタコ」発売という想定外の展開に私自身かなりの衝撃を受けました。

極鋭エギタコS-176

各地のフィールドを周る中で、多くの方々から「極鋭シリーズ」の発売を待ち望む声をお聞きしていました。ユーザーの皆さまの大きな期待を受ける一方、ダイワは関東にある会社でもあり「本当に船タコ釣りに極鋭シリーズが必要なのか?」という意見が大半を占めていたことも事実です。

–私もメーカーに勤務してますが、市場の声だけでメーカーは動きません。損益に対する数値的データや拡販の目処。この商品を発売することにより、将来的にどれだけの優位性を市場で得られるかなど、そこをクリアにしないと発売には至ません。

基本的には、どれだけ売れるかなんですよね。社内の「船タコ釣りに極鋭いるのか?」という声に「必ず売れます。西村が売り切ります」と言い切りなんとか開発に漕ぎ着けました。かなり高い目標本数でしたが、発売前からとんでもない本数のバックオーダーをいただくことができました。本当に感謝の一言しかありません。

–私の中でも想定外であった「極鋭エギタコ」が発売となった展開の裏話ですね。最後は、個人の情熱が企業を動かす。西村さんの果たした役割は、大きかったと思います。ちょっと持ち上げ過ぎましたか?(爆)。続いて「極鋭エギタコ」を開発するにあたり、主眼においた事項をお聞かせください。

船タコ釣りのロッドには、求められるいくつかの基本スペックがあります。小突き易さ、感度、パワーは当然として、今回船タコ釣りのハイエンドモデルとなる「極鋭エギタコ」には「軽さ」というエッセンスを加えたいと思いました。

–大きな役割を一端を担ったのが、ゼロシートですね。

真夏に一日中小突き続けるエギタコ釣法において「軽さ」は、釣果に直結する重要な要素です。私が設計陣に求めた自重は、アンダー100グラム。ある程度の強度を必要とするエギタコロッドにおいて、不可能ともいえる驚異的な数値です。この要求に対しブランクスの見直しやガイド、新たなリールシートの投入、グリップ部の改良などで設計陣は応えてくれました。

–今回発売された「極鋭エギタコS-176」は、全ての要素が高次元で融合できていると感じます。初心者の方から上級者まで、どのレベルの方が使っても扱いやすい調子に仕上がってます。やはり「スーパーメタルトップ(以下SMT)」の恩恵が、大きいのではないでしょうか。

いろんな素材がありますが、「極鋭調子」と言われる独特の調子は「SMT」以外の素材では作り出せないですね。「メタリアシリーズ」に使用している「メタルトップ(以下MT)」と芯金は共通なんですが、カーボンのテーパーを付ける付けないで感度と調子に差が出ます。感度では、手感度はそう変わりませんが、目感度については「SMT穂先」の方が「MT穂先」よりさらに表現が豊かになっています。「MT穂先」は、スローテーパーになりやすいので、清水さんが好むような穂先がきゅっと曲がる調子を作り出すことができません。

スーパーメタルトップ

AIR GUIDE SYSTEM

◉X45ブランクス

–カーボンやグラス素材だと誘い操作時にコントロール支点が手前に逃げてしまうんですよね。それによりコントロール性が落ちてしまいます。

ダイワ船最前線ブログ 極鋭エギタコ INDOOR IMPRESSIONS 

おっしゃるとおりです。また「極鋭エギタコS-176」に設定した「SMT」と「AGS」の相性が思った以上に良く、ブランクスの見直しを含めしなやかなでありながらも軽くてパワーに満ち溢れた調子を作り出すことができました。

–個人的な見解ですが、ダイワのエギタコロッドの中で「極鋭エギタコS-176」が一番素直で扱いやすい調子だと思っています。そして、ただ単に扱いやすいだけのロッドではなく、抜群の性能を有している。

まさしくおっしゃるとおりです。私にとっても、今一番のお気に入りロッドです。面白い話なんですが、「極鋭エギタコS-176」のテストをした時、テスター間でロッドの取り合いになっちゃいまして…(笑)。「もうそろそろ回してください」って言っても「もう一匹釣らせて」と誰も離さない。閉店前の居酒屋みたいになっちゃいました(爆)。

–九州エリアでも「極鋭エギタコS-176」は、人気があるとお聞きしてます。

売り切れたという情報も入っいます。

–関西エリアでも、かなり入手が困難な状況になってきています。懇意にしている在阪釣具店では、単一店舗であるにも関わらずかなりの本数を売り上げていただいたそうです。このロッドの情報がオープンになった時、かなりの反響をいただきました。皆さまの大きな期待の声を久しぶりに感じることが出来たロッドです。

総てに納得をして、自信を持ってお勧めできる一本となりました。数年前、明石で釣りが終わった後、ここで清水さんと二人で盛り上がってことが起点となって実現することが出来た逸品ですよね。

–まあ盛り上がってはいたけど、「極鋭エギタコ」なんて絶対に出さないと思っていたけどね(笑)。さすが西村さんでございます(爆)。

私自身エギタコの本場は明石だと思っているので、明石エリア最盛期の浅場で使いやすいセッティングを清水さんと二人でチューニングしました。案外他のエリアでも扱いやすい王道調子に仕上がってます。

–ロッドテストをしていて、いつも思う事があります。いつもひとつのロッドを作り出す時、調子の違うテストロッドを数本持ち込みますが、そのどれもが素晴らしい出来栄えなんですよね。そこには、大きな理由があるような気がします。

2004年秋に「SMT」穂先を搭載したエポックメイキングなロッド、「極鋭カワハギ1342、1455」が発売されました。それから17年という年月が過ぎ去り、その間に蓄積されたダイワのマテリアルに関する技術的財産は非常に大きいなものだと感じます。またカワハギロッドが起点ということもあり、いろんな調子を作り出してきたという実績も他魚種用ロッドを作り出す場合に役立っています。

–個人的な見解を話させていただくと、もう一つ大きな理由があります。船釣りに関してダイワというメーカーは、基本的にフィールドテスターだけに頼ってはいないという点です。ダイワは、開発スタッフに西村さんや宮澤さんなど、超一流のアングラーを社内に抱えている。こんなメーカーは、そうそうありません。おそらく設計段階における指示に関しても明確でブレがないような気がします。マテリアルに関する知見が高く、一流のアングラーが設計に関わったロッドが外れる訳がないんですよ。

ははは、褒めすぎです(笑)。しかし清水さんの言葉を借りるなら、釣りを深く理解している人間が作り出したロッドを、最終的に超一流のフィールドテスターの手に委ねて選ばれたロッドが世に出るということです。間違いないですよね。

–西村さんと一緒に「タコX」開発を始めたのが、2014年の冬でした。そして、七年半の歳月をかけて「極鋭」まで辿り着くことが出来ました。十数年前、関西カワハギトーナメンターを中心に推し進めた「ライトタックルコンセプトオクトパスゲーム」。この「極鋭エギタコS-176」の発売をもって、ひとつの形が実現出来たと思っています。他素材を使う限りどのようなテクノロジーを持ってしても作り出すことが出来ない独特の調子。この「極鋭調子」があったからこそ、今の私が在ると実感します。そして西村さんとの出会いは、自分にとって大きな財産です。

そんなに持ち上げても何も出ませんよ(笑)。持ち上げるのは、タコだけにしておいてください(爆)。

2014年11月1日:丸松乗合船にて

初めて出会った時のワンショット。私が、丸松カワハギグランプリのお手伝いで中乗りをしていた時、西村さんが選手として参加をしていました。私は、極度の人見知りなので「写真撮らせてください〜」以外の会話はなし。撮られる方の笑顔も硬いわ(笑)。

◎第二部、船タコ釣りを始めてみたい方から上級者向けの個々のレベルに合わせたお勧めタックルの紹介、常磐から天草におけるエリア特性に応じた釣り方に続く。


S-sense Report (対談記事:魚種マーク赤地)

2022年7月    西村豪太:極鋭エギタコS-176開発秘話

2022年6月    渕上拓矢:広島エリアひとつテンヤ真鯛釣り

2022年5月    清水恭仁:エギタコSタイプ

製品インプレッション (魚種マーク白地)

2022年4月 極鋭エギタコS-176

2022年1月 極鋭エギタコS-176

2021年2月 アナリスターエギタコMH-175

2020年7月 アナリスターエギタコS-185(広島)

2016年5月 タコX アナリスターエギタコ

フィールド

【船タコ】

2022年7月    明石丸松乗合船

2019年8月 広島遊漁船Credo 明石丸松乗合船

2019年7月 明石丸松乗合船

2018年5月 明石魚英

2017年8月 明石丸松乗合船 明石東田丸

2017年7月 明石丸松乗合船 明石丸松乗合船 明石東田丸

2017年6月 明石丸松乗合船

2016年8月 明石丸松乗合船

2016年7月 明石丸松乗合船

2016年6月 明石丸松乗合船 明石丸松乗合船

2016年5月 明石丸松乗合船 明石魚英

【ひとつテンヤ真鯛】

2021年12月 広島愛裕南丸   広島愛裕南丸 広島愛裕南丸

2021年11月 広島愛裕南丸 広島愛裕南丸

2021年7月   広島愛裕南丸

2021年2月  広島慶丸

2019年10月 岡山テンリュウ

2019年6月  広島慶丸

【カワハギ】

2021年12月 広島慶丸

2020年12月 広島倉橋島

2019年12月    徳島阿南極鋭西日本例会(極鋭四国)

2019年11月  和歌山三邦丸第二回ダイワカワハギパーティー

2018年9月   高知フィッシング今井ロマン号

和歌山三邦丸第一回ダイワカワハギパーティ

2018年6月   和歌山加太カワハギクラブ

2017年12月 和歌山加太カワハギクラブ

2017年10月 2016KANSAI PRIDE FINAL

2017年5月   和歌山加太カワハギクラブ

徳島阿南カワハギ大会

2017年3月 和歌山栖原おいしんぼCUP

2016年10月 2015KANSAI PRIDE FINAL 

2016年9月   和歌山三邦丸 和歌山加太カワハギクラブ

2016年7月   2015KANSAI PRIDE

2016年5月   加太KAWAHAGI FESTA 和歌山かるも丸

【その他魚種】

2020年3月    広島Credヒラメ

2019年7月        島根浜田莉恭丸イカメタル

2018年8月  島根浜田莉恭丸イカメタル

2017年9月         明石丸松乗合船のませ釣り

2016年8月         兵庫みなみ淡路海伸丸落とし込み

イベント

2019年2月          フィッシングショー大阪

2018年2月          フィッシングショー大阪