清水 恭仁の記事一覧

アングラー:清水 恭仁


BLOG TOP 清水 恭仁の記事一覧
清水 恭仁さんの記事
2019.08.22

AKASHI TAKO GAME VOL15 / 2019 FINAL GAME‼️

例年、お盆休みを迎える頃には終盤となる明石エリアの船タコ釣り。

ピーク時ほどの爆発力はありませんが、まだまだ釣れ盛っています。

台風の過ぎ去った8月17日、この夏最期の船タコ釣りとして明石港/丸松乗合船さんを訪問しました。

従来よりテンヤの釣りを得意とする私にとって、エギでの釣りはどこか違和感を感じるところがありました。

テンヤとエギの錘号数やしかけ抵抗感の差からくる、微妙な感覚のズレ。

自分の思い描くイメージと、釣れる誘いをリンクさせることが今回の釣行の目的です。

当日のタックルは、

ロッド : メタリアエギタコ170、メタリアエギタコS-178アナリスターエギタコS-185

リール : 船XT150PLスパルタンTW100HL

ライン : UVFメガセンサー12ブレイドEX+Si 2号

エギ : 快適船タコエギS S

錘 : 快適船シンカーS 50号

アクセサリー : 快適ブレードユニットM

朝一ポイントは、水深12m。

『メタリアエギタコ170』に3号サイズ明るい膨張系色のエギからスタートしました。

38B0B686-CDEA-4DEE-84A8-CBAF5107AB88

1A722E7C-0FF0-4077-BE32-6CCC61797BB8

キャストをして、錘が海底から離れないように30cm刻みでさびいてきて、直下まで来ると錘を上下動させエギを踊らせる感じの誘いです。

画像はありませんが、調子よくタコをキャッチしていきます。

途中テンヤで遊びながら、再度エギに戻し釣り再開。

しかけをさびいてくる時、微妙錘のハネを感じて『メタリアエギタコ170』から『メタリアエギタコS-178』にロッドチェンジ‼️

BB735F94-9BEB-4145-B7EF-E09F11C5E1E0

そして、明石おなじみ海上で知人と出会うの図…

ダイワソルトテスター吉田さんグループと遭遇‼️

36DCD027-7DDA-43F1-A218-543DEAFE17BF

『メタリアエギタコS-178』にロッドチェンジして、しかけの動きが安定したのかここからまた入れ掛かりが続きます。

いいサイズも混ざってきます‼️

51169873-64D4-49E7-A448-50EAF856001D

一日エギ中心の釣りをしたのですが、当日のカラーローテーションは以下の通りです。

DF129DC7-97D4-4F56-82FF-966C5BF43E8D

釣果は46匹、シーズン終盤にしては満足のいく結果です。

D938ED9C-FE12-4B35-92C8-D9B813E3A31F

ここ三回の釣行で感じるのは、『船XT PL』というリールの秀逸さです。

シングルハンドルによる巻き上げの滑さかとパワー、それを受け止める強固なボディ剛性。

そして、MAGブレーキ搭載によるキャスト性能の高さ。

この性能で何故この価格設定?としか思えないリーズナブルな価格。

これ以上の船タコ専用リールはないと言い切れるほど気に入りました。

見た目もカッコいいですよね‼️

C676F934-BB5E-48AB-8281-15EFA0CC3A2A

今シーズンの船タコ釣りは、これにて終了です。

新しいエリアでの釣りもあり、収穫も多く楽しめました。

またリーズナブルなタックルの登場もあり、さらに手軽に船タコ釣りが出来る環境が整ってきました。

この先この釣りが、ただ単に数を競うだけの釣りになることなく、いつまでも手軽に楽しみを享受できる釣りであり続けることを祈ります。

そんな楽しみをバックアップできる「ワクワクドキドキが止まらない何か‼️」を求めて。

来シーズンも「D-Style Octopus」の進化は止まりません。

F6D020C8-A07A-49E3-993B-8C43EA4073FF