清水 恭仁の記事一覧

アングラー:清水 恭仁


BLOG TOP 清水 恭仁の記事一覧
清水 恭仁さんの記事
2016.09.27

DKOプラクティス / 和歌山県加太港

週末DKO予選のプラに、和歌山県加太港/三邦丸さんを訪れました。

釣友三名来るのは知ってましたが、極鋭関西やINFINI繋がりの五名の方と偶然?港で出会い、

総勢九名でワイワイ楽しく半日遊んで?遊ばれて(⌒-⌒; )きました。

image

浅場のカワハギ釣りが苦手です‼️

断言出来ます、よう釣りません…。

で、いろいろと試してみるんですよね。

今日は、『地獄の伝道師さま』と『キャストGO‼️さま』の釣り方を真似してヒントをつかみたいな〜( ̄^ ̄)ゞ

image  image

今日は、カワハギ午後便です。

image

image

 

image  いつの間にか知り合いが増えて、楽しい釣りが出来るようになってきました。

image  今日は「快適カワハギ ピラピラ集寄R」M2を付けキャストで様子見をしようと思います。

タックルは、「極鋭カワハギ レッドチューン AGS ボトム」と「スパルタンRT TW100SHL」。

image

image  第1投目から、HIT‼️

キャストをして掛けていく『キャストGO‼️』釣法です。

船中1枚目GET、鈎は『ワイドフック4.5号』でどんぴしゃです。

極鋭カワハギAGS-F」を愛用してきましたが、こんな使い方だと「AGS ボトム」もスゴくイイですね✌️

image

image

だんだん、船上が賑やかになってきました‼️

image  image

で、次は『地獄の伝道師さま』もどきで( ̄^ ̄)ゞ

image

ウエイト幹糸仕掛けII MV(移動式)」に中錘2号だけ付けてで投入します。

 

image

『伝道師さま』の釣り、コピー出来す…次回に持ち越しです。

しかし、この「極鋭カワハギEX AGS ZERO」というロッド。

スペック数値に目がいきがちですが、本当の素晴らしさはそこではないような気がします。

『オールラウンダー』と言う言葉だけでは言い表せない、操作入力に対して釣り手側の期待する動きをしてくれます。

極鋭ロッド入門者にとっては、間口が広く扱い易いロッドで、エキスパートにとっては、底が見えない奥行きのある攻めがいのあるロッド。

案外「アナリスターカワハギ」からのステップアップにいきなり「極鋭カワハギEX AGS ZERO」というもアリなのかもしれません。

image

 

image  image

image

さて終盤、潮がゆるくなり、超スローな落とし込みの誘いでカワハギが宙で掛かって来るようになってきました。

image

image

image  image

image

そんなこんなで、今日も自分の釣りを出来ずに時間だけが過ぎて終了となりました。

この先、どうなることやらです(⌒-⌒; )

image  加太のカワハギ、オスですが『キモパン』です‼️

image

キモを裏ごしして日本酒に混ぜ、そこにカワハギの身を漬けます。

フライパンで焼き、最後に残ったタレと少量のマヨネーズをまわし掛け、最後に黒胡椒を振る。

美味しかったです。