高槻 慧の記事一覧

アングラー:高槻 慧


BLOG TOP 高槻 慧の記事一覧
高槻 慧さんの記事
2016.06.06

相模湾マルイカオフ会からマルイカミーティングへ、マルイカ三昧!

6/4(日)は松輪の瀬戸丸さんから、船最前線ブロガーの前田さんが幹事のマルイカオフ会に参加させていただきました。

 

城ヶ島西沖50〜70m前後、くじ引きで決まった席では前田さんのお隣に、釣りの最中も釣り談義でした笑

一投目からムギイカがぽつぽつ触ってくれます、着ノリではムギイカを取り、ムギイカの触りが落ち着くとマルイカが触ってくる、といった感じです。

しかし、マルイカを掛けること2回、いずれも掛けてから2〜3巻きでぐぐぐっと重くなって…!?

追い乗りではなく、正体は多分、鯛ですね。船中鯛に取られた方が5人程、私はカンナにまで掛かったので独特の鯛の引きを楽しめました笑

 

この反応からは少しズラして見つかった別の群れでようやくマルイカが顔を見せてくれました!

前田さんのヒットスッテはミッドスッテ45Hのゴールド夜光玉ハダカ

IMG_4789

 

私にもマルイカが!極小サイズの通称クリオネ、この水深でこのサイズがいるのですから難しいわけです…

前田さんとも話していて盛り上がったのが、マルイカ釣りで重要な「乗り感」について。

「乗ったかな?」だと空振りで上げてしまってタイムロスしてしまいますし、「あの触りはイカ?それともウネリ?なんだったのだろう…」と迷宮入りしてしまうので、乗り感をより確実なものにして、「乗った?」を「乗った!」に変えるのがこの釣りのポイント。

そのためには経験値ももちろんなのですが、タックルセッティングも大きなところ。

この乗り感を最も大切にしている前田さんがオススメしていたのが、極鋭ゲームMC-150AGS

詳細は新MCゲームのロッドインプレッションにも書かれていますが、30〜40号のオモリを背負う場合の乗り感は抜群とのこと、確かに前田さんは空振りはほぼゼロ、小さなペンシルムギやクリオネマルイカもしっかり掛けていましたよ!

 

ムギイカ混じりでマルイカもぽつぽつ、ちょうど潮変わりのタイミングでは1流しでマルイカ4連チャンなんて流しも!

私は今マルイカフリークの皆さんをアツくさせているゼロテンの釣りをやり込んでみたく去年からチャレンジしているのですが、この日は朝から南西が吹きウネリも高く、なかなか思うようにゼロキープ出来ず…

とは言えオモリを置きっぱなしだとオマツリの原因になってしまいますので、自分の中で3秒に1回底を取り直す3秒ルールを設けたり、ラインの流れている方向を意識して他の方と同じ方向になるまで宙で待ったりと、共存できるように一人一人が意識できるようになると良いなと感じております。

徐々に風が強まっていき早上がりとなってしまいましたが、マルイカ7杯、ムギイカ8杯の15杯と楽しめました!

IMG_4792

スッテはほとんどミッドスッテ35Sミラーのケイムラ、ピンク、グリーンのみ、1本だけヤリイカ用のMDスティックミラー11をコマセヅノとして混ぜたりしてました。

 

瀬戸丸さん、ご参加の皆様、ありがとうございました!

IMG_4795

 

そして、つり具のブンブン厚木店さんで開催していた今年最後のマルイカミーティングへ!

17:00〜の宮澤さんのトークショーでは、ブロガーの湯澤さんや前田さん、堀江さん、萱沼さんも交えてアツいマルイカ談義が!

・スッテの配置のコダワリは?

・マイクロサイズのスッテのメリットは?

・上手な方の誘いのルーティーンとは?

アツい、アツすぎるトークショーになって、とても楽しめました。

IMG_4793

 

マルイカペアバトルは今月末、その頃にはマルイカが盛り上がってきてくれることを祈って、今期のマルイカをまだまだ楽しんでいきましょう!

IMG_4794

高槻 慧さんの記事
2016.05.30

東京湾マゴチ、ロッドが弧を描く!

5/29(日)は千葉県富津港のひらの丸さんから、マゴチ!

 

ひらの丸さんは活サイマキの餌釣りと、近年流行の「テンヤマゴチ」のどちらでもチャレンジできる船宿さん!

自分は餌釣りでしたが、テンヤマゴチのお客さんも同船していましたよ。

 

同船は番長こと山口さん、ひらの丸さん船宿レコードの21本という記録を持つまさにマゴチのエキスパート!

IMG_4748

 

 

タックルは2セット用意、2本ともマゴチ専用竿ですが、7:3〜8:2調子のゲームロッドでも大丈夫ですよ!(番長は専用竿の他にリーディング73 MH-200もオススメしてました)

PEは2号程度(最低でも1.5号)、アワセは思いっきり入れますので細い糸だと切れる可能性あり、ドラグもフッキングに耐えられるように。

ロッド:アナリスターマゴチ235  リール:ミリオネア100L  ライン:メガセンサー8ブレイド2号

FullSizeRender 3

ロッド:マゴチX210  リール:イッツICV150WL  ライン:メガセンサー8ブレイド3号

FullSizeRender 2

 

仕掛けは教科書通り、三日月オモリ15号にハリス5号1.5m、マゴチバリ18号で挑戦!

ポイントは港前の富津沖や富岡沖など数カ所を周り、様子を見ていきます。

しかしこの日は潮の流れがいまいちでアタリが遠く…でもやることは沢山。

餌のサイマキはなるべく元気な状態を保つようにコマメにチェックと交換(ちょっとでも「あれ?横向いたかな?」「足パタパタしてない?」って思ったら即交換)。カケ上がりやカケ下がりも多いので、タナ取りもコマメに。時々上にあおってからゆっくり下げる誘いも有効とか。

来たる時に備えアタリを待ちます…

 

そして番長が掛けた!決定的瞬間を逃さず盗撮!!

見てくださいこの曲がり!写真だけでも超興奮!!

アナリスターマゴチが弧を描く!!!!!

IMG_4760

マゴチはこの思い切りのいいフッキングが決まった瞬間がヤミツキなんです、ドスン、ガツン、いやいやズドンッッッ!!

マゴチの上顎は非常に硬い!下顎や口の横にかかることもありますが、サイマキに刺すハリの向きも上を向いていますし、上顎にかけるつもりで思い切り良く!

また、マゴチの歯はザラザラなので掛かりどころが口の奥だと首を振られたりしている内にハリスが切られちゃうこともありますので、掛けたら一気に水面まで巻いて、タモ入れしてもらうのがいいと思います。巻くのをやめちゃうと下を向かれて首振りまくります…

 

自分にも待望のアタリが…コツコツ…グーン、グーン…いきなりグーーーーンと!

IMG_4785

大きな引き込みでフッキング!

マゴチXが弧を描く!!

無事に1本目を取れ、すぐに番長にも!群れで固まっていることも多いみたいですので、同船の方が掛けたらチャンスかも!?

※頭に棘があるので素手はNG、フィッシュグリップとプライヤーが便利ですよ。

 

次の流しでも1本追加出来て、3打数2安打!(1ミス…あれはなんだったろう、イカか、フグか…いやきっとマゴチだったはず笑)

この日は中型が多かったみたいです。帰港後、船長が神経〆めしてくれますよ!

IMG_4781

 

番長はさすがのトップ3本!餌付けやフッキングのタイミングなどとても勉強になりました。

IMG_4782

 

まだまだマゴチシーズンは長いので、これからも楽しみ!夢はでっかく70オーバー!!

ひらの丸さん、船長の哲さん、同船の皆様、ありがとうございました!リナちゃん超かわいい♪後ろにささぴーさんがいる!笑

IMG_4780

 

大好物のマゴチの唐揚げ、「夏のフグ」と言われるマゴチは身がしっかりしていて唐揚げに最高!

めんつゆとニンニクすりおろしのタレに漬けて…美味しいですよー♪

IMG_4600 2

高槻 慧さんの記事
2016.05.23

南房のイサキをライトタックルで楽しむ!

はじめまして!

この度、船最前線ブログに参加させていただくことになりましたダイワSFA(スーパフレッシュアングラー)のツッキーこと、高槻慧(たかつきさとし)と申します。

フレッシュな情報と釣りの楽しさが伝わるブログを届けたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

 

5/22(日)は南房総乙浜港の信栄丸さんから、ライトタックル(LT)イサキ!

各フィールドでシーズン真っ盛りのイサキ、信栄丸さんはライトタックルでのイサキ釣りを薦めていて、このシーズンになると毎年遊びに行く船宿さんなんです。

 

ライトタックルということで、PE1号を巻いた両軸手巻きリールに柔らかめのロッドでチャレンジ!

ロッド:極鋭ゲームM-175AGS

リール:プリード150SH-DH-L

IMG_4670

プリード150SH-DH-Lは船の小物釣りのハイパフォーマンスモデル、この機能ですごいコスパなんです!入門リールにはもってこいですし、メインでもサブでも活躍すること間違いなしです。

そしてお気に入りの極鋭ゲームシリーズ、ライトでイサキの引きを存分に味わいたい!ということでMをチョイスしました。

 

信栄丸さんのライトタックルは40号、MDライトビシ40号を使用しました。

FullSizeRender 2

 

準備した仕掛けは3本針の全長3.2m(150cm〜80cm〜90cm)、30cmのクッションゴムを付けて3.5mになるように作ってみました。

IMG_4674

 

ハリがピンク!? カラーバリや色々な仕掛けの他に準備してみたのは、D-MAXグレマルチのケイムラピンク8号!

釣行前の仕掛け作りやパーツ探しも、釣りの醍醐味の一つですよね!果たして効果の程は!?

IMG_4649

 

信栄丸さんは各釣り座に防水クッションとマグネット台が標準装備、タオルやモーニングコーヒーのサービスまであるんですよ!

IMG_4651

IMG_4653

 

航程15分程度、指示ダナは17m。

最近まで定量いっぱいまで釣れる爆釣ぶりだったらしいのですが、前日当日と潮が澄んでしまい少し厳しいかも?と船長から。

しかし、不安をよそにコンスタントに釣れる釣れる!

IMG_4667

 

同行したキャスティング錦糸町スタッフ水野くんも早速トリプル!

IMG_4654

 

同行のスーパーフレッシュアングラー大島くんも連発!

IMG_4690

 

中盤から少しづつ渋くなるものの、ここからが更に楽しかった!

仕掛けをあれこれ交換したり、誘いを工夫したり、特に面白かったのが「誘い下げ」

指示ダナまでコマセを撒いたら、付けエサが自然にフォールするようにゆっくりゆっくり竿を下げていくと…ドンッ!

ケイムラピンクの少し小振りなグレ8号も相まったのか、連発!こんな工夫も醍醐味ですよね。

 

そして「多点掛け」を意識して、1尾かけた後も数秒我慢、そこから数mはゆっくり巻いてあげるとさらに追い乗り!

トリプルの連発を狙えて満足!

IMG_4680

 

南房イサキをライトタックルで思う存分楽しむことが出来ました!

IMG_4697

 

信栄丸さん、安田船長、同船の皆様、ありがとうございました♪

IMG_4692

 

PS:ウェアももう夏仕様、なんと…3人とも黄色いポロシャツが被りました笑

IMG_4679

 

そして…回収中にかかったトビウオ、良いサイズ!夏の海を感じますね♪

IMG_4699

9 / 9« 先頭...56789