田渕 雅生の記事一覧

アングラー:田渕 雅生


BLOG TOP 田渕 雅生の記事一覧
田渕 雅生さんの記事
2018.09.03

激ウマ!新島キンメを求めて

新島キンメ釣り大好きな愉快な仲間と釣行してきました!

今回、お世話になったのは、伊豆下田・須崎港の番匠高宮丸さん。

20180902_062453

3:30須崎港集合。

4:00出船。 ポイントは新島沖キンメ釣りの超一級ポイントの一つ「トンガリ根」!

航程約1時間でポイント到着。 職漁船が何隻か既に操業しています。

キンメやアコウ釣りでは仕掛けを下ろして回収するまで1時間近く掛かることもあります。その間船を移動させることができないので、多くの船が密集するエリアでは、安全のため、仕掛けを入れている間は警告灯を回して、周りの船に注意を促します。これは、職漁船も遊漁船も同様です。

ここ新島沖のポイントでは、遊漁船は時期によって釣り開始時間がきちんと設定されていて、職漁船と住み分けができています。

20180902_062507

20180902_062515

この写真では、良い凪ぎに見えるかも知れませんが、この日は北東風が10~15m程吹いていました。

私的には涼しくて丁度良かったですが。(笑)

20180902_052806

うねりの大きい状況では、マッドバイパー深海シリーズのキンメスペシャルと銘打ったM-200が良い仕事をしてくれます!

胴から先が柔らかいので、大きな船の揺れをある程度吸収してくれて、巻上げ時のバラシを多少は軽減してくれます。

さて、5:00。この日の遊漁船の釣り開始時間です。

20180902_052748

トンガリ根の駆け上がり側を攻めました!

420mで着底。 直ぐに底立ちを取り直し(一度20mほど巻上げて5秒ほど待って再着底)、またオモリを底から切り(1mほど)しっかりと糸ふけを取って、アタリを待ちます。

キンメの魚信が先に来るか、先に根掛かりしてしまうか、ハラハラドキドキ。。。

1分ほど待ったところで、ビビリの私は根掛かりが怖くてゆっくり電動で巻上げ開始。(SB1200MJのスピードで5~8程度)

10mほど巻上げたところで竿先がクククン、ググン、ググンと間違いなくキンメと判る魚信がきました。

アタリの強さから仕掛けの真ん中から上辺りにヒットと判断。 そのままの速度でゆっくり巻き上げ続けていると、カウンターで380m辺りまで断続的に魚信がきて、竿にどんどん重量感が加わってきました!!!

上げてくると、写真の通り、良型キンメの7点掛けでした!

FB_IMG_1535875018797

大満足のピースサイン!(笑)

20180902_052854

愉快な仲間達も激ウマキンメの登場に喜色満面! 写真もピンボケするほどの最高の笑顔です。(笑)

2投目

20180902_060528

4点掛け! 絶好調!

3投目は、キンメの魚信より先に根掛かりがきてしまい、残念。

4投目、

20180902_090644

2点。

received_302555320297402

received_2165741510416515

こちらのメンバー達は多点掛けに成功。

キンメの口元からエビングスティックも見えてますね~!

5投目は、一番最初に投入した私の仕掛けが250mほど落下したところで、何かに食いつかれ一気に500m以上までラインを出されました。 一旦は止まり、ドラグを緩めてファイトしようとした瞬間、センカンドランでハリス切れ。。。

この水深、この引き、メカジキだったかも。。。。。残念。

20180902_063853

 

20180902_075725

その後もポツポツ釣れて大満足な釣果となりました!

20180902_111242

1535861122125

大型キンメはまだまだ9月一杯は狙えそうですよ!

皆さんも特大トロキンメを釣りに行かれては如何ですか?

 

使用タックル

リール:シーボーグ1200MJ

ロッド:マッドバイパー深海M-200

バッテリー:SL11000WP

クーラー:トランクマスターHD TSS6000Sゴールド