田渕 雅生の記事一覧

アングラー:田渕 雅生


BLOG TOP 田渕 雅生の記事一覧
田渕 雅生さんの記事
2018.07.30

タチアジリレー船でワイワイと

20180729_063124

先週末は伊豆方面から遠征釣りを予定していたのですが、台風の影響で早々に中止決定。

東京湾あたりは日曜日は台風一過で天候回復との予報。

ならばと、急遽遠征釣行を予定していたメンバーの一部で金沢八景の一之瀬丸さんからタチアジリレー船に乗船させていただきました!

20180729_063114

10隻もの船を所有されている一之瀬丸さんでは多彩な釣りターゲットを選択できます!(基本的に一部の釣り物を除き前日までに予約が必要です)

京急を利用しての電車釣行でも間に合う出船時間設定も有難いところです。

20180729_063019

20180729_063041

この日も朝から続々とお客さんが来られました。

我々はタチウオとアジのリレー乗合い船に乗船。 13名を乗せて7時に出船。

猿島を過ぎて走水沖まで約30分の航程。

20180729_090626

20180729_113250

先ずはタチウオ釣りから開始です。

ここ2~3日、表層の潮が早いとのことで使用オモリは80号との指示。

しっかりシャクリを入れることが出来るように極鋭タチウオゲームAGSH-183を選択しました。

リールはシーボーグ200J-L

20180729_064150

仕掛けは、快適船タチウオSSライトマルチ2/0でスタート。

天秤は快適天秤マルチとストレートを使用。

 

時化後でタチウオは居るのか??? の心配は直ぐに解消! 1投目からコツ、コツ、コツっとアタリを出した後、グインと引き込む本アタリ!

幸先良く1本ゲット。

でもこの日は上へ上へと早い誘いには、アタリこそあるものの、なかなか針掛かりさせられません。

そこで、シャクリ自体はしっかりと!でもハンドルの巻上げは1/8回転程度でほぼ同じタナでネチネチ誘い続ける誘いがはまり、徐々にペースアップできました。

20180729_114909

11時過ぎまでで34本ゲットできました!

11時半過ぎからはアジ釣りです。

20180729_113906

 

タックルはそのままに船宿でお借りしたビシに80号オモリをセット。

イワシミンチをコマセにアジからの魚信を待ちます。

5回~6回コマセを入替えたところで本命、東京湾の金アジ登場です!

20180729_144019

終了時間までポツポツ釣れ16尾のアジをゲットできました!

タチウオにアジに仲間とワイワイ言いながら楽しい釣行となりました!

また近いうちに伺いたいと思います!

一之瀬丸の皆さん、達也船長、同船の皆さん有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.07.30

松輪港からコマセ真鯛釣り

20180727_130635

試作品のテスト釣行で松輪港の棒面丸さんからコマセ真鯛釣りに行ってきました!

のっこみシーズンが終盤になるとイサキ釣りが解禁(6月1日)になる剣崎沖。

そうなると真鯛狙いの船が少なくなり、千載一遇の大鯛と出会える確率が上がると、大鯛狙いで通ってくる釣り人も少なくないこのエリア。

7月も終盤になると、流石にそういった釣り人もまばらになり、ワラサの襲来を待ちわびる人が多くなってきています。

ここ数年は8月1日解禁の相模湾のカツオ・キハダのコマセ釣りを待ちわびてそわそわしている釣り人も多いはず。

そんな時期のコマセ真鯛釣りや如何に???

20180727_130459

早朝4:30に棒面丸さんの休憩所に到着。

ただ今絶好調のイサキ釣りのお客さんで港も凄く賑わっていました。

20180727_082517

20180727_085700

ロッドはプロトタイプ。

リールはレオブリッツ200J  ラインはUVFメガセンサー8ブレイド+Si2号

リーディングアーム2 に サクサス針を使用した快適マダイ仕掛けSSを使用。

ビシはFLサイズの80号を使用。

剣崎沖ののっこみ真鯛終盤時期は、イサキ釣りの1級ポイント吉野瀬浅場の根周りを攻めるのですが、この日は三浦海岸の沖合い、下浦沖でスタートしました。

ブランド鯖として名高い「松輪サバ」の漁場付近です。

20180727_082945

開始早々、1投目から真鯛が口を使ってくれました!!! 所謂「モーニングサービス有ります!」

指示タナは20m前後と浅場。1kg級の真鯛ですが食った瞬間はムーチングの竿先が海面下にズボっと入り、緩めに設定したリールのドラグが少しだけ出されます。 コマセ真鯛釣り師なら誰もが頭の中が真っ白になる瞬間ではないでしょうか?

キュキュキュンっと小気味の良い引き込みは小型でもまごう事なき真鯛独特の三段引き!

竿を起こすとムーチングの名の通り、満月のような弧を描きます!

朝イチから本命をゲットすると俄然やる気が溢れ出てくるのが釣り人というもの!

はやくも「釣れる気しかしない!」と意気込みますが、「モーニングサービス」は真鯛だけではありませんでした。

開始10分もしない時点でサバの猛攻。確かに松輪サバの漁場近くではありますが。。。

そしてそのサバに触発されたかのようにソウダも集まってきて、もう仕掛けがタナまで落ちていきません。(途中でソウダが針掛かりしてしまうのです)

業を煮やした船長は少し場所移動。 暫くポイントを休ませて再び戻るとまた1投目から真鯛が食ってきてくれました。

ここからは、途中サバ、ソウダの邪魔もありましたが終始真鯛の食いの方が活発でした!

20180727_105513

2本針仕掛けにダブルで掛かってくることも!

FB_IMG_1532739639256

FB_IMG_1532739646831

20180727_120727

 

20180727_085713

20180727_120944

3kgブロックのコマセはまだ少し残っていたのですが、十分過ぎる釣果に少し早めに上がりました。

新発売の35Lクーラーも満タン!

どの真鯛も綺麗な色の魚体で、産卵後しっかり回復していました。脂乗りもバッチリです!

カツオもキハダもワラサも真鯛も楽しみな釣り物が目白押しですね!

棒面丸さん、俊一船長、お世話になり有難うございました!

 

田渕 雅生さんの記事
2018.07.23

ヒートアップ!東京湾夏タチ!

東京湾の夏タチウオ釣りが一気にヒートアップしてきました! まさに「激熱」!!!

7月22日、京急大津の小川丸さんに伺ってきました!

20180722_131706

小川丸さんの常連でもある、釣友の「太ちゃん」こと渡辺太吾さんにご同行いただきました!

20180722_062522

大型船2隻がタチウオで出船です。

釣り座周りや船縁は勿論、キャビン内、トイレに至るまで凄く綺麗に掃除されていてとても気持ち良く乗船させていただきました! 連日35℃を超える猛暑が続くなか、冷房がしっかり効いたキャビン内は本当に快適です。

20180722_071718

7:00出船。

港を出て直ぐ!大津港前から観音崎が今日のポイントです。

船尾に見えるのは横須賀の町並みと猿島です。

1532220549166

三上船長からスタートの合図!

水深は50m強。タナは45m~35mとのこと。45まで仕掛けを落とし、50cm幅程度の「大きめ・強めのシャクリ」で様子見。42mにきたところで「コツンッ」というタチウオからの明確な魚信!リズムを変えずにシャクリ続けていると更に2度の魚信の後にロッドの穂持ち部分をグッと押さえ込むような重量感のある本アタリが!

ロッドを起こすように持ち上げながら同時に電動リールのJOGダイアルをON。

タチウオ特有の全身をくねらせながら下に引き込む強烈な「キックバック」で針掛かりを確信!

開始直後の1投目からタチウオが釣れてきてくれました! しかも良型!

20180722_102909

お隣の太ちゃんもお見事!!!

20180722_071401

20180722_071405

20180722_071433

このところ富津沖の浅場(水深15m以下)でも好調が続いており、この日は電動リールと手巻きリール両方を持ち込みました。が、終日観音崎付近を流したので電動リールだけでやりました。 といっても水深50m前後でオモリも50号~60号ですので、手巻きでも十分やれるポイントです。

使用タックル:

1

リール:シーボーグ200J

ロッド:極鋭タチウオゲームAGS MH-180

2

リール:スパルタンMX IC150L

ロッド:極鋭タチウオゲームAGS M-180

メタリアタチウオゲーム M-175

20180722_064858

20180722_064906

クーラーBOXはタチウオ釣りにはバッチリの35L横長タイプ。プロバイザートランクHD ZSS3500

炎天下でも3日間氷が溶けて無くならない強力な保冷力は夏場には強い見方です!

20180722_125946

途中、シャクリのパターンが合わずにアタリを出せないこともしばしば。

小さめ・ソフトな小シャクリでねちっこく攻めてみたり、シャクリ3回巻取り1回にしてみたり、ハリスにスラックを出すようなシャクリにしてみたり。。。

あの手この手で攻めてみて答えがでた時の快感は何事にも変え難いものです!

私の場合、大概は「たまたま」という偶発的なものだと思いますが、一瞬でも「自分が釣ったんだ!」という「してやったり感」が堪りません。 何年やっても、何十回、何百回やっても「釣りって楽しいな!」とつくづく思える瞬間です!

そんなこんなで一日中コンスタントに釣れ、終わってみれば2人合わせて80匹オーバー。 指5本、1m超サイズも数本混じり、また全て指3本以上のサイズの良型揃いでした!

20180722_125818

35Lクーラーでも入りきらない釣果に恵まれ大満足な釣行となりました! (写真は2人分合計です)

釣って楽しく!食べて美味しい! しかもウロコも無く調理が簡単! 皆さんも今激熱の東京湾タチウオ釣りに行きませんか?

 

小川丸スタッフの皆様、三上船長、そして太ちゃん、楽しい釣りを有難うございました!

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.07.20

メガトロキンメが狙える季節

 

20180501_133028

20180715_183332-1

伊豆・下田須崎港の番匠高宮丸さんから新島キンメ釣行してまいりました。

番匠高宮丸さんでは、7月~9月の3ヶ月間、でっぷりキンメ(メガキンメ、ギガキンメ)のダービーを開催されています! (詳しくは船宿HPをご参照ください。)

さて、我々8名を乗せて、午前3時過ぎに出港。 目指すは新島キンメ釣りの1級ポイントの一つである「トンガリ根」。

船長が慎重にキンメの反応に合わせて仕掛けを投入していきますが、なかなか魚信が訪れません。

海底の形状も、掛け上がり、掛け下がり、壁のように切り立った岩礁帯等をくまなく攻めますが、やはり大型魚はなかなか一筋縄では針掛かりしてくれません。

1日8投の釣り。 前半戦を終了して、船中1枚の方が2人。

でも、潮具合で突如食いが立ち、一撃で大型クーラーボックスが一杯になることもある深海釣り。

最後の1投まで気が抜けません!

そしてこの日も。。。。。。。。

received_1369925483152298

ラス前の7投目で艫寄りにトロキンメが上がりました!

大艫のSさんは4点掛け! 同船した息子さんとハイポーズ!

そしてラストの投入で、

received_1369925499818963-1

私にもでっかいキンメが4匹来てくれました!

received_1369925506485629-1

最大は2.92kg!!!

脂のりのりの激美味キンメです!

FB_IMG_1531730143647

この日は、数こそ出ませんでしたが、全員トロキンメをゲット!

これから潮が落ち着いてくれば、益々楽しめるメガキンメ釣り!

私の夏はまだ始まったばかりです!

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.07.09

下田・須崎港から新島キンメ釣行

  • 20180708_104319

今回は、伊豆下田・須崎港の宝栄丸さんにお世話になりました!

銭洲やイナンパへの遠征釣行もできる大型船です!

2:40船着場集合。

荷物を積み込み、釣り座周りのセッティングを済ませ、3:30出船。

神子元島の灯台の光を右手に捉えながら沖に船を走らせます!

20180708_041628

4:00頃には水平線上に幻想的な朝焼けが!

20180708_041635

朝焼けの横に利島が見えてきました!

20180708_044822

遊漁船の釣り開始時間の4:30を過ぎてもなかなか船が止まりません。

船長がキンメの反応を探してくれ。この日のスタートは通称「トンガリ根」の壁のように切り立ったポイントです!

ここは知る人ぞ知る!メガキンメを狙える超一級ポイントの一つ。

ちょっと油断すると根掛かりは勿論、下手をすると仕掛け上部のPEラインから切れてしまうこともあります。まさに「壁」と呼ばれる難ポイントです!

でもこういう難攻不落のポイントにメガ、いやギガ級のキンメが潜んでいるんですよね!

期待値MAXの第1投!

20180708_051333

「着底したら糸ふけ取ってそのまま張って待ってて!!!」との船長からのアドバイス。1分経ち、2分経ち、、、、う~ん、巻き落としか糸を送り込むか、とにかく何かしてみたい衝動をグッと堪えじっと待っていると竿先がクンクンクククンと2度3度。 紛れも無いキンメ特有の魚信!

暫くして再び同様の魚信! 糸を送り込みたいところですが、ここは「壁」糸を出せばPEから切れるリスク大。じっと我慢あるのみ。

船長の指示で巻上げてくると、キンメ3点掛けでした!

上の写真の一番小さいキンメでも1kg超級でした!

その後もポツポツと概ね1投1尾ながら拾えました!

20180708_093154

 

これから夏場は「特大キンメ」が狙える時期! 目指せ3kg超です!

宝栄丸さん、土屋船長、お世話になりました!

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.07.03

伊東港からアカハタ・カサゴ釣り!

20180602_123338

20180630_114743

6月29日(土)、伊東の達丸さんからアカハタ・カサゴ釣りに行ってきました!

20180630_085708

20180630_085715

20180630_085723

東伊豆の絶好の景観を海から臨む! これも釣り人の特権ですね! 川奈のゴルフ場もはっきりと見えますよ!

20180630_062424

 

20180630_085539

今回も、胴付き仕掛け用とテンヤ用の2種類のタックルを用意していきました。

20180630_085751

20180630_085802

エサは自分で用意していったサバ短、カツオ、船長にご用意いただいたシコイワシです。

先ずは胴付き2本針仕掛けでスタート。 先日達丸さんに釣行した釣友からシコイワシが食いが良かったとご教示いただいていたので、早速シコイワシで試してみました。

1投目から良型カサゴをゲット!!!

しかし、後が続きません。。。

船長曰く、「前日の22℃から19℃に水温下がった」とか。。。

これでは根魚はなかなか穴から出てきてくれません。。。

ならばと、遊動テンヤスタイルで、チョイ投げしてエサをナチュラルフォールさせるイメージでやっていると、暫くして、グッ!と小さな違和感のような小さなアタリを察知。 早あわせは禁物!と少し送り込むように間を取って利き上げると、がっちり根掛かり(泣)

竿で2度3度しゃくっても外れそうになく、道糸を手に取って仕掛けを切るつもりで引っ張ると、グン、グン、グンと鈍重そうな生体感が手に伝わり、急いで竿の持ち替えリーリングすると紛れも無い魚の引き!!!

上がってきたのはナイスサイズのアカハタでした!

20180630_092330

作戦成功でしてやったり!!!と思って慶んでいましたが、この釣り初挑戦の釣友が胴付き仕掛けでアカハタをポツポツ上げているではありませんか!!!

暫し彼の釣りを盗み見していると、何か特別なことをしている訳でもなく、オモリ着底後じっくり待っているだけ。 ほぼ毎回のように竿を大きく曲げているのですが、根掛かりか魚かのどっちか。でも結局終わってみれば彼がこの日の竿頭でした!

下船後に聞くと、朝出船前に船長にこっそりと秘訣を聞いていたとのこと。

その秘訣とは、「何もしないでじっといていること!」だそうです!

当然、仕掛け(オモリ)のロストも竿頭(?)だったのは言うまでもありません。

でも、船長の教えを迷い無く一日中実践できる素直さが重要だと改めて認識させられました!

20180630_114520

20180630_114541

20180630_115659

私は最後まで、胴付き仕掛けと遊動テンヤと迷いながら「迷人」になっていました。。。

水温低下で活性低いと言いながらもこの釣果!!! 元気一杯の小型魚はリリースしてこれですから、やはり魚影が濃いんですね!

達丸・渡辺達哉船長、一日楽しい釣りを有難うございました!

また伺います!

使用タックル

胴付き用

リール:スパルタンMX IC150HL

ロッド:リーディング73MH-190

遊動テンヤ用

リール:紅牙Air2508PE-H

ロッド:紅牙テンヤゲームEX AGS MH-235

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.07.03

浦安から夏タチを求めて!

20180629_061443

20180629_060632

6月28日(金)、浦安の老舗船宿・吉野屋さんから、週刊つりニュースさんのタチウオ取材に同行してきました!

20180629_063351

20180629_063420

当日は南西風が12m以上吹き、東京湾内でも相当な風と波でしたが、吉野屋さんの大型船で無事に観音崎に到着。 若干風裏になるポイントにて釣り開始!

20180629_090931

20180629_113532

本日の主役はこの人! ダイワの高槻テスターです!

20180629_095719

吉野屋さん配給のエサは、若干身を多めに残したコノシロを少し長めにカットしたもの。

昨今のタチウオを看板に掲げられている船宿さんは、エサのこだわりも凄いものがありますね!

本当に有難いです!

オモリは60号と80号を用意していきましたが、この日は終日60号でやれました。

20180629_140444

指2本サイズから指5本サイズまででましたよ! デカサバやアジもゲストに登場!

詳細は7月9日発売の週刊つりニュースを是非ご覧ください!

使用タックルは

① リール:スパルタンMX IC150HL

ロッド:メタリアタチウオゲーム M-175

② リール:シーボーグ200J-L

ロッド:メタリアタチウオゲーム MH-175

水深60m程度でしたから、手巻きリールでも十分やれますね!

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.06.25

スルメ釣りに熱くなる夏はもうすぐそこ!

20180624_123342

6月24日、千葉県勝山港の萬栄丸さんからスルメイカ釣りに行ってきました!

20180624_045915

20180624_101118

朝から生憎の雨模様。。。梅雨時期だからしょうがないですね。

天気予報では昼前頃には雨は上がるとか。。。

そんな雨も何のその! スルメ釣りファン10名を乗せて、松井大船長操る萬栄丸18号船は定刻の5時に出船。

一路洲崎沖に向かいます。

航程約40分。

洲崎を回り込み、房総半島最南端の沖がポイントです!

20180624_055505

タックルは2セット使用しましたが、雨の影響でもう1セットの写真が撮れませんでした。。。

そっちがロッドの新製品だったのですが。。。。。(汗)

写真の方は、

リール:シーボーグ300MJ

ロッド:極鋭ヤリイカAGS167TUNE

もう1セットは、

リール:シーボーグ500J IKATUNE

ロッド:極鋭ゲーム82HH-135AGS  (7月発売の新製品です。実釣インプレッションもダイワHPの製品情報内にアップしていますので是非ご覧ください。)

 

仕掛けは、MDスティックミラー14cmの16本仕掛けで臨みました!

配色は、下からケイムラ~ライトブルー~ケイムラピンクのローテーションを4セットに、下から4番目にガス糸巻き赤帽(自作)を、更にその上4番目にピンクを、そのまた上4番目と一番上にブルーをアクセントに加えました。

オモリは、ドラゴンシンカー150号

仕掛け上部には、中オモリ15号+イカリング+水中ライト(ブルー常灯)を配しました。

8EF755FD-0FAB-4B3D-8CB7-E7276D1DB2AA-thumbnail2

この日のポイントの水深は、朝の内は120~140m。 中盤以降は若干深くなり150~170mでした。

朝イチのモーニングサービス!!!

その後、2枚潮で上潮が速く、お祭りが頻発しましたが、萬栄丸さんは中乗りさんが常時乗ってくれていて、直ぐにお祭り解きにきてくれます。そのお陰でポツポツながら拾えました!

船長のアナウンスで、底から35m上まで反応が出ているような時は多点掛けができました。

反応が底から15m位の時は、叩きを入れてみたり、シャクリ落としで角を動かしてみたりと粘り強くねちっこく誘って1杯を大事に掛けにいくような釣り方で釣っていきました。これってまるでマルイカ釣りのようですね!

 

20180624_101221

桶にスルメが溜まっていきます!!! が、雨が降っていて船上干しできません。。。。。。(泣)

でも、天気予報の通り、11時頃に雨が上がると同時に一気に晴天になり、その時点でまだ生きていたスルメのみ船上干しにしました!(12杯)

スルメのサイズは、しっかりと「夏スルメ」と呼べるサイズは1割程度でしたが、他もニセイカとスルメイカの間位のサイズでしたので、もうオール18cm角でも良いかも知れません。

乗り目が良くなればアピール力のある18cm角の方が断然有利です!

20180624_123342

13時頃の帰港まで南房の潮風に当たりながら絶妙な干し加減になりましたよ!

結果は25杯釣らせていただきました!

もう少し水温が上がり安定してくるといよいよ熱い熱いスルメイカシーズンに本格的に突入しますね!

梅雨明けを待たずしてスルメの群れがじゃんじゃん入ってきてくれるかも!

今から待ち遠しいです!

萬栄丸さん、松井大船長、中乗りの谷口さん、お世話になり有難うございました!

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.06.22

東京湾「夏タチ」開幕!

20180621_133802

東京湾のタチウオ釣り!

私が初めてやったのは20数年前。

11月頃にオモリ120号。ヤリイカ竿でやったのを記憶しています。

現在では、1年中タチウオの釣果が上がっており、シーズン性が無くなったように感じがちですが、「冬タチ」と「夏タチ」は「似て非なる釣り方」なんです!

浅場で釣れる「夏タチ」は難しく、深場で釣れる「冬タチ」は簡単と言われる方もいらっしゃいますが、いえいえどうして、どちらもタチウオの機嫌が良い時は簡単に釣れるのに、一度機嫌が悪くなると超が付く程の難敵になります。 一日の中でも機嫌がころころ変わることがあるからまた難しい。。。

でも、そんな「難しさ」がこの釣りの面白さでもあるんですよね!

さて、今回は隔週刊つり情報さんの取材で、シーズン先取りの東京湾夏タチウオをやってきました!

船宿は、金沢八景の弁天屋さん。

当日は、弁天屋さんも「今期のタチウオの試し釣りをやりたいから」とのことで、定休日にも関わらず、仕立てで出船してくれました。

20180621_102322

20180621_102325

演者はこのお2人。

詳細は7月15日発売のつり情報さんをお楽しみに!

またダイワ船最前線で動画もアップする予定ですので、こちらも是非チェックしてみてください!!!

 

20180621_072717

20180621_072708

 

 

20180621_072738

 

20180621_072853

ポイントは、第二海保周り~観音崎台船周り。 水深50m強。タチウオの反応は、底付近から高いところでは25m辺りまで出ていましたよ!

この水深なら船長からの指示オモリは40号。

もう手巻きリールでバッチリです!

早速新製品のスパルタンMX IC150HLを使用しました! ラインはUVFメガセンサー12ブレイドEX+Si 1.5号

高剛性のカウンター付きリールです! ギヤ比6.3、105mmロングパワーハンドルで、ダブルハンドルなのでシャクリのリズムが肝のタチウオ釣りにも非常に使いやすいです!

5本指サイズの良型タチウオのひきも存分に楽しめました!

 

ロッドは、高槻テスター監修のメタリアタチウオゲームM-175とMH-175を使用。

今回は40号オモリでMとMHを使用しました。

同じシャクリ方で、MHは・・・メリハリのきいたシャクリ=エサをしっかり動かす

Mは・・・スイープなシャクリ=エサをソフトに動かす

といったインプレッションです。

ターゲットシンカーで言うと、MHが60号、Mが40号。 今回は使用しませんでしたが、Hが80~100号だと感じました!

 

20180621_131932

20180621_131933

当日は、仕立て船ということもあり、宮澤さんが大阪湾スタイルのテンヤタチウオ釣りの試釣で同船しました。

やはり、テンヤにHITしてくるのは良型ばかり! (上のクーラーの写真はテンヤでの釣果も入ってます)

「冬タチ」では良型が多く、既に昨シーズンもテンヤでの実績はあったのですが、浅場、小型のタチウオをどう攻略するか??? ヒントが見つかりました! 次の機会にそちらの方も試してみたいと思います。

FB_IMG_1529566441662

弁天屋さん、本田和芳船長、お世話になり有難うございました。

今シーズンも宜しくお願いいたします。

 

20180621_140555

帰りに金八家さんで少し遅い昼食。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田渕 雅生さんの記事
2018.06.18

好久不見!小湊マルイカ釣行

20180615_044124

何と!3年振りの小湊マルイカ釣行でした!

しかも6月中旬にして今期初マルイカ釣行! 昨年も前半戦に2~3回やっただけでして、実に1年4ヶ月振りのマルイカ釣りでした。

午前4:30集合。 自宅から小湊までは「目をつぶっていても行ける」行程(笑)

首都高速~アクアライン~館山道君津~房総スカイライン~鴨川有料~小湊と快適な早朝(深夜???笑)ドライブを楽しんでいると、房総スカイライン走行中の3:45頃、うっすらと夜が白んできました。

もうすぐ夏至なんですね!

さて、小湊港に到着すると、今回お世話になった寿々木丸さんの船着場にはもう大勢の釣り人がお集まりでした。

平日でも14名定員満船の賑わいです!

4:30前に鈴木達也船長とお母様が来て、受付開始。

久し振りの船長との対面に感慨ひとしお。 船長もいつも以上ににこやかに出迎えてくれました!

釣り座はくじ引きで決めます。

私が引いた番号は「2」番。 右舷前から2番目。

早速荷物を積み込み、5:00に出船!

 

20180615_045152

20180615_053857

取り合えず、昨シーズン使用した仕掛けで様子見です。

20180615_045204

20180615_051716

ポイントは、小湊の港を出てすぐ!

水深45m~55mを一日攻めました!

20180615_092046

オモリは、船長の指示でスタートは40号。(終盤は2枚潮になり50号指示でした)

少々年季が入っていますが、ドラゴンシンカーTG40号をセット。

20180615_053759

好久不見!(お久し振り!)

3年振りの小湊マルイカは極小チビマルコちゃんでした!!!

20180615_071820

モーニングサービスは無かったものの、船長がこまめに船を流し変えてくれてポツポツとマルイカが上がります!開始2時間ほどでバケツの中も賑やかになってきました!

20180615_092055

大型も混じりました! この引きが堪りませんね!

o0810108014211539048

お隣さんにはこんな特大サイズが!

まさに小湊サイズ! 立派なアカイカです!

o0810108014211539063

11:00納竿。 38杯(内ムギイカ3杯)釣れ喜色満面!!!

やっぱりマルイカ釣りは楽しい~!!!

20180615_152042

最後はこんなスッテのラインナップになっておりました。

一番下の「ギョクロ」が特に終盤戦でエース。 下から3番目のケイムラ赤帽が2番手。

真ん中のライトブルーと下から2番目のケイムラグリーン赤帽がその次。

下から4本のスッテに乗りが集中しているにも関わらず、最後は8本もスッテを付けてしまいました!(笑)

久し振りのマルイカ釣りでスッテ選びも楽しくて楽しくて!

20180615_152622

お隣さんのBIGサイズには及びませんが、私にもまずまずサイズのマルイカがきてくれました!

20180615_152731

極小マイクロ君多数!(笑) 大きさ比較の対象にヤクルトを使うのはマルイカくらいのものでしょう!(爆)

「癒し系・小悪魔天使」達です!

8本スッテの一番下にこのマイクロ君がちょっかい出してきたのが分かるのは、スッテやタックルの進化を実感せずには居られません!

今シーズン、もう少しマルイカ釣りに行きたいと思います!

 

使用タックル

リール:スパルタンTW100HL

ロッド:極鋭マルイカレッドチューンAGS F

極鋭マルイカレッドチューンAGS MC

ライン:UVFメガセンサー12ブレイド 0.8号

リーダー:快適直結プラスイカリーダーSV 6本5-100浅場

 

 

 

 

1 / 1212345...10...最後 »