萱沼 昌樹の記事一覧

アングラー:萱沼 昌樹


BLOG TOP 萱沼 昌樹の記事一覧
萱沼 昌樹さんの記事
2016.12.27

2016ラスト・ボート・カワハギ

12月25日、村上キャプテンのボートでカワハギ釣りに行ってきました。

7時30分にビーチバムを出船。良い凪です。

DSC_2930_R

DSC_2932_R

使用タックル

①  竿:極鋭カワハギRT AGS SF リール:エアドRT100SH-L

② 竿:極鋭カワハギRTAGS ボトム リール:スマックRT SH-L

道糸:メガセンサー12ブレイド 0.8号

針:スピード 7.0SS  7センチ パワースピード7.0SS OR 7.5SS 7センチ OR  10センチ

フック4.0 7センチ ワイドフック4.5 7センチ

スタートはカメギ根エリアの水深30m付近。最初からバクバクで誘い下げていくと仕掛けが落ちていきません!

DSC_2938_R

増澤さんは、ダブルの4連チャン!

1482701089716_R

今日は「スゴイ事になるね」とか話していると・・・そうは上手くいきませんね。次第にアタリが遠のき、カワハギの食いもスローになりました。

ここでワタシは、上手くシフトできずに竿(① → ②)、仕掛け(枝間上から10-15-15-40 → 25-15-15-25)、針(スピード7.0  7センチ → 同10センチ→ フック4.0 7センチ → ワイドフック4.5 7センチ)をいろいろ試し過ぎて、迷走です。

この間、みなさんはポツポツと数を重ねていきましたがワタシは、全く手が合わせられず、大ブレーキ。

試したものは、どれも釣れたけど、いい感触が得られませんでした。一番の原因は、道具ではなく、アタリ欲しさにアタリを貰いに行って、止める時間が多くなり、指導権をカワハギに握られてしまったことだと思います。

お昼頃から西側の水深50メートル前後のポイントに移動すると、叩き弛ませがハマりだし連チャン!

1482701016776_R

気持ちがほぐれると、手元が上手く動き出して、良いペースで掛けられるようになりました。

その後、水深のあるポイントで苦戦していたSFに持ち返します。仕掛けの動かし方、食わせの間、合わせの幅などが上手くかみ合いだし、深場の良型カワハギを楽しむことができました。結局仕掛けは、最初使っていた枝間上から10-15-15-40、針スピード7.0  7センチが良かったです・・・笑

1482701033464_R

操船しながら竿を出していた村上キャプテンもダブルや連発もありお見事でした。

DSC_2939_R

船のイケスはこんな感じです。

1482700986487_R

結果トップは、増澤さんで62枚

ワタシは、途中のロスが影響してしまい41枚止まりとなってしまいましたが、後半は、修正できたので良かったです。

カメギ根エリアのカワハギは、50メートル付近に落ちて来ていて、まだ固まっていない感じです。

今後、固まって、爆なんて事もあるかもしれませんね。楽しみです♪

1482701134092_R

村上キャプテンお世話になり、ありがとうございました!