西村 豪太の記事一覧

アングラー:西村 豪太


BLOG TOP 西村 豪太の記事一覧
西村 豪太さんの記事
2017.03.21

春の爆食!? 飯岡テンヤマダイ!

さて、前回の船最前線ブログで書かせていただいた通り、3月から東京都民になりました西村豪太です !

引越しのドタバタも少し落ち着いてきたので、いよいよがまんできずに沖に出撃してきましたw

久しぶりの船釣りということで何に行こうかずいぶん悩んだのですが、関東時代によく行った ”テンヤマダイ” に行ってきましたので、その模様をお伝えしたいと思います!

 

今回は飯岡港 梅花丸さんの午前テンヤマダイに出撃です!

だんだんと日が出るのが早くなり4:15宿集合ということで、途中のピックアップも考えまさかの0時出発にいきなり心が折れそうになりましたw

この日は東京時代にお世話になった先輩と久々の釣行で、途中千葉で合流して宿に向かいます。

 

(さらに…)

西村 豪太さんの記事
2017.03.06

西村豪太的 関西のオススメ船釣りBEST3!!

少々ご無沙汰の船最前線ブログとなりました!

実は諸事情でなかなか釣りに行けていませんが、今回は表題のとおり 私が考える関西エリア船釣りの釣り物オススメBEST3をお届けしようと思います。

とはいえ、関西の船釣りといってもめちゃくちゃ種類も多く、あくまで「西村豪太的」なオススメだと思ってくださいw

 

 

なぜこのタイミングで関西船釣りのオススメベスト3をプレゼンするかと申しますと・・・

すでにSNSなどでご存知の方もおられるかと思いますが、仕事の都合で関西(大阪)から関東(東京)に異動することになりました。

出身は関西、大学卒業後に関東で4年住んでいたため、なかなかに関西と関東を行ったり来たりしておりますw

そんな訳で、関西5年の船釣り生活のまとめとして、西村豪太的 関西船釣りオススメBEST3をお伝えしようという気持ちになりましたのでお付き合いください!!

 

(さらに…)

西村 豪太さんの記事
2017.02.05

快適船タチウオテンヤSS 動画撮影 IN上丸

2月2日(木)にフィッシングショー大阪用動画 および 船最前線用動画の撮影に行ってきました。

場所は泉佐野 上丸様で、言わずと知れた大阪湾を代表するテンヤタチウオ船ですね。

船長の村上さん、佳世さん ともに仲良くさせていただいている船宿様です!

 

当日のメンバーは東京から参上のご存じ宮澤師匠、用品開発の沖島さんと、動画撮影を担当いただく可児さんと私の4名です。

西野さんをはじめ一般のお客様も数名乗船されました。

(西野さん、わざわざ来ていただいてありがとうございました!)

 

定刻の5時半に泉佐野の港に集合、村上船長、佳代さんにご挨拶をすませます!

朝一に村上船長にご挨拶すると前日の釣果が厳しかったようで、

「なんでこんな日に来るねんっ!!w」

とのお言葉とともに

「安心しろ、3匹は保証します!!w」

と冗談を頂きましたw

まさか、この後このジョークが現実になるとは・・・w

IMG_3773

ささっと準備を済ませ、暗いうちに出船。

ポイントの洲本沖までは村上船長とキャビンで濃ゆーいトークに花を咲かせました!

(さらに…)

西村 豪太さんの記事
2017.01.24

極寒でもテンヤタチウオ! 丸松乗合船

1月15日(日)に会社の後輩2人をつれて明石の丸松乗合船にテンヤタチウオに行ってきました!

後輩たちにとってはテンヤタチウオデビュー戦!!

果たしてワクワク ドキドキのデビュー戦は釣れたのか!?(というか釣らせてあげれたのか?w)

そんな当日の模様をお送りしたいと思います!!!

 

今回お世話になったのは明石浦の丸松乗合船さん!

丸松さんは親子二代で出船されている船宿で、懇意にさせて頂いている若船頭の松本勝誠船長は凄腕の船長である上に、凄腕の釣り師でもあります!

特にカワハギの腕は立ち、数年前にはダイワカワハギオープンの全国決勝に出場された経験もあります!

エリア的にはカワハギ、タチウオ、タコ、メバルなど季節折々の釣物を狙っており、私自身も仲良くさせて頂いている船宿ですね。

 

IMG_3718

(若船頭のまさや船長とパシャリ!)

(さらに…)

西村 豪太さんの記事
2017.01.14

メタリア エギタコ発売!

関西船釣りの夏の風物詩であり、ここ数年爆発的な人気を誇る船でのタコ釣り!

もともとはタコテンヤと呼ばれるテンヤを使用した釣りで、手釣りが主流の釣りでした。

 

この船でのタコ釣りに

  1. 竿とリール」で釣る
  2. タコエギ」で釣る

という2大エッセンスが加わったことで、ここ数年、タコ釣りは一気に人気の釣り物となりました!

今では船宿の予約がとれないほどの人気の釣り物です!

 

(さらに…)

西村 豪太さんの記事
2016.12.31

船外機船で五目釣り納め

2016年の釣り納めとして 12/29(木)に和歌山県印南の木下丸さんで船外機船をレンタルして、自身の操船で五目釣りに挑戦してきました!

 

木下丸さんでは15馬力の船外機船をレンタルすることができ(要小型船舶免許)、シーズンに合わせて自由に釣りを楽しむことができます!

いろいろな釣り物を楽しめることや夜明け~15時上がりと釣り時間が長いことから、私は年間を通して利用させていただくことが多い船宿さんです。

IMG_3596

今回のプランは

 

  1. 朝一はティップランエギングでアオリイカ狙い
  2. 日中はタイラバで正月用のにらみ鯛(マダイ)狙い
  3. 昼過ぎからライト完全ふかせ釣りでイサキ狙い

 

とまさに欲張り贅沢プランですw

一日でこんな欲張りなプランを立てれるのがレンタルボートの良さですね!

もちろん荷物は山盛りになってしまいますが・・・w

 

そして、今日の相棒は京都在住の自分の父親です。

小さいころから自分に釣りを教えてくれた、いわば師匠ですねー

今は私が教えることばかりですがw

今回はそんな船外機船での五目釣りの模様をお伝えしたいと思います!!

 

当日は6時出船ということで、大阪を3時過ぎに出発して一路印南へと向かいました。

途中、港前の釣具屋さんでライト完全ふかせ用にオキアミLを3kgと氷を購入して港に向かいます。

船前で準備、支払い、名簿記入を済ませるといざ出船!

まずは朝まずめのティップランエギングでのアオリイカ狙いに向かいました。

IMG_3469 IMG_3483

 

船長の話では2kgオーバーも釣れているということで期待が高まりますね!

 

ティップランのタックルは以下の通りです。

ロッド : エメラルダスAGS 511M-SMT BOAT

→ いわずとしれたティップランの名竿ですね!

SMTの超絶感度に短いレングスでの穂先の見やすさとバットパワーを両立!

リール : EXIST 2506PE-H

ライン : UVF EMERALDAS 6Braid+Si 0.5号-210m

リーダー : エメラルダスリーダー エクストリーム 2.25号-2ヒロ

エギ : エメラルダス ボートRV 3.5号

→ 和歌山エリアでも実績を誇るティップラン用のエギです。

EMEボート + 仮面シンカーボートはもはや最強の組み合わせですね!

今回は夜行ピンクと金オレンジ&オレンジを使用しました!

IMG_3467

 

当日は前情報から20~30mラインを流します。

比較的風、潮ともに緩く3.5号-30gのノーマルセッティングで攻めることができました。

(風が強い日は仮面シンカーボートで調整します)

ティップラン初挑戦の父親に釣り方を説明し、何度か流しかえるうちに穂先が震えるようなアタリが出ました!

すかさず合わせをいれると、それほど大きくないもののぐいーん!とアオリイカのジェット噴射を感じます!!

朝一狙い通りの1匹目にテンションも上がりますね!

IMG_3475

 

アタリのあった水深を何度か流しかえると同じようにアタリがつづき、約1時間の5流しで3ハイのアオリイカをゲットしました。

IMG_3470 IMG_3481

思っているサイズより小型だったことと、残念ながら父親はゲットできませんでしたが、次の釣りもあるためここでティップランは切り上げ、沖に向けて船を走らせます。

 

約15分ほど沖に走り、水深50mラインで今日の本命タイラバスタート!

 

タイラバのタックルは以下の通りです。

ロッド : 紅牙MX 69HB-METAL

→ ダイワ紅牙シリーズの中核モデルです。

メタルトップ搭載でビンビン感度!

タイラバを咥えて、反転せずに追従するアタリもばっちりわかりますよ!

リール : リョウガBJ C1012PE-HL

→ マグシールド搭載で、発売当初から使っていますが未だノントラブル!

ライン : 紅牙8ブレイド+Si 0.6号-200m

→ ダイワのこの8ブレイドシリーズ、値段と性能のバランス良すぎません?w

リーダー : タフロン 船ハリス EX 4号-3ヒロ

タイラバ : 紅牙 ベイラバーフリー 80g

       紅牙 ベイラバーフリー カレントブレイカー 80g

       紅牙 ベイラバーフリー タイドブレイカーTG 70g

→ おなじみダイワの紅牙シリーズを愛用です!

タイバラ自体の完成度も高く、フックがサクサスで刺さり抜群!

やっぱりタイラバは針が命でしょ!

IMG_3538

 

ここ印南のタイラバでは多種多様な魚を狙うことができます。

良く釣れるのはマダイ、オオモンハタ、アオハタ、ホウボウなど定番の魚で、これまで数えきれない魚種を釣ってきました。

そんなタイラバですが、当日、実はなかなか当たりのこない状況が続きました・・・

 

前日まで荒れ模様だったことや水温が下がっていることもあるのか、釣り慣れたポイント流しますがなかなか当たりがでません。

それでもアタリを信じて巻き続けていると待望アタリが!

2度ほどアタックしてきましたが、掛けることができずに悔しがっている横ですぐに父親の竿にアタリが!

おそらく私のタイラバを見切り、横の父のタイラバへ浮気をしたみたいです 泣

余裕のやり取りで上がってきたのは立派なアオハタでした!

IMG_3487

IMG_3490

 

 

続いて私の竿にもアタリが!

次はしっかり掛けることができ、ドラグを滑らしながら上がってきたのはハマチでした。

ちょっと大物を期待しただけに、うれしいやら悲しいやらw

IMG_3494

 

続いて定番ゲストのホウボウ!

見た目はヘンテコですが、白身でおいしい魚ですので当然キープです。

IMG_3523

 

 

その後しばらくの沈黙のあとに、父が「おっ、アタリや」とのつぶやきの後にこの日一番のやり取りです!

ドラグを滑らせながら、竿は水面に突き刺さります!!

先ほどハマチが釣れたため、メジロか何かかな、と思っていいると、上げてビックリ、まさかの大ダイ出現!!

IMG_3500 IMG_3514

60cmオーバーの大ダイに二人で熱い握手を交わしました!!

「でかすぎてオーブンに入らん、これはにらみ鯛にできないな」なんて贅沢な文句を言いながら釣りを続けますw

 

時合いだったのか、ポイントがよかったのか、その後も父は40cm台のにらみ鯛用のマダイを2枚追加。

絶好調を横目に私は沈黙が続きました・・・泣

IMG_3517

 

そこに待望のアタリ!

IMG_3541

 

しっかりと合わせも決まり期待しながら上げてみるとまさかの「シャーク」!泣

さらにもう1匹私がシャークを釣り上げ、タイラバは終了となりましたw

IMG_3536

 

ちなみにこの日の当たりネクタイはオレンジカーリーとブラックのストレートでした。

ブラックはあまり使われないカラーで意外に思われるかもしれませんが、私は過去にかなりおいしい思いをしている実績カラーです!

おそらくしっかりしたシルエットがでるため、アピールが強いのだと思います。

まずはオレンジでスタート、ダメならブラックが私のパターンです!

ぜひ機会があれば使ってみてください!

 

 

最後はオキアミを使ったイサキ狙いのライト完全ふかせです。

関西以外ではなじみのない釣りかと思いますので、まずざっくりした説明を。

船をポイントの潮上にいかりで止めて、オキアミを船から直接まいて魚をおびき寄せます。

糸と針を結んだだけの仕掛けをそこに流し込み、ナチュラルに食わせる釣りとなります。

錘もない釣りのため、両軸リールにフロロラインを巻いた道具立てとなり、イサキメインの今回はフロロ4号を道糸、仕掛けをフロロ3号の2本針としました。

ライトというのは本来の完全ふかせに比べて竿も2m前後と短く、リールも小型両軸と小さく、糸も細いためかってにそう呼んでいます。

 

朝同様にあまり潮が流れていないため、船から撒餌と仕掛けを流してもそれほど船から離れず沈んでいきます。

これは潮が流れないイマイチなパターンかな~、と思っていると一投目からスプールを弾けさせるイサキ特有のアタリがありました。

(完全ふかせはフリーで仕掛けを流していき、アタリはスプールの回転で判断します)

一投目は魚はかかりませんでしたが、二投目からも毎回アタリがあり、コンスタントにイサキが上がりました。

最大は33cm、ダブルも何度もあり、2時間ほどで20匹以上のイサキを釣ることができました!

IMG_3567 IMG_3570 IMG_3578

 

父はイサキのほかにうれしいゲストのスマガツオ(ヒラソウダ)も釣りご満悦でしたねw

狙い通り「アオリイカ」「マダイ」「イサキ」を釣ることができた釣り納め!

クーラー満タンで3時の沖上がりを迎え、恵比須顔での帰港となりました。

IMG_3582 IMG_3592

 

 

最後になりましたが今年一年も釣りを通して多くの方と出会い、学ばせていただくことができました。

来年はまた大きな変化のある一年になると考えています。

皆様にご指導賜りながらもっともっと成長していこうと思っていますので、よろしくお願いいたします!

 

またこの拙いブログをご覧いただきました皆様におかれましても、本当にありがとうございました!

ぜひ温かくしていただき風邪などひかれませんように。良い一年をお迎えください。

西村 豪太さんの記事
2016.12.27

テンヤタチウオ 釣場速報取材

12/21(水)に 毎度おなじみ 谷川港 春日丸さんにて釣場速報 関西版のテンヤタチウオの取材に行ってきました!

 

IMG_3341

 

この日のパートナーは同じく船最前線ブロガーでもあります九州の郷原未来さん!!

IMG_3228

 

九州在住ということもあり、テンヤタチウオの釣り自体が初めてとのことですが、うれしいことに この釣りをめちゃくちゃ楽しみにして頂いていました。

 

そんなワクワク テンヤタチウオの模様をお届けしたいと思います!

(さらに…)

西村 豪太さんの記事
2016.12.14

タチウオKINGバトル 決勝大会に参戦!

12/11(日)に加太三邦丸にて行われた名光通信社主催のタチウオKINGバトル決勝大会に参戦してきました!

今回はその模様をお届けしたいと思います。

 

11/8にアップした準決勝参戦記でも触れましたが、そもそもタチウオキングバトルとはこんな大会です。

よければ前回の記事もご覧ください。

〔前回の記事を見るにはこちらをクリック!〕

 

”前回のブログから引用”

この大阪湾タチウオKINGバトルはおおまかにいうと「大阪湾のテンヤタチウオNO1を決めよう」という大会です。

この大会は9月~11月に各船宿にて予選大会が行われ、各予選大会で1位(竿頭)のみの1名抜けという狭き門、

その狭き門を通過した腕利きのテンヤタチウオ師で準決勝、決勝大会が行われます。

関西の各船宿にて約50回の予選大会が行われますので、ざっくり計算しただけでも参加者600~700名規模の大会ですね!

以前より興味はありましたが、私は今年から参戦、はじめてのテンヤタチウオの大会となります。

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373

 

そしてこの日、狭き門である予選、準決勝を抜けた24名/700名での決勝大会が開催されました。

(さらに…)

西村 豪太さんの記事
2016.12.06

加太カワハギクラブ ペアマッチ&初心者講習会

12/4に和歌山県加太 三邦丸さんで行われた加太カワハギクラブのペアマッチと初心者講習会にスタッフ 兼 講師 兼 選手で参加してきました!!

IMG_3043

まず「加太カワハギクラブ」とは何ぞや? ですよねw

 

加太カワハギクラブは関西でカワハギ釣りを広めていこう!という団体で、今年の春に発足したばかりです。

関東に比べまだまだカワハギ人口が少ない関西で、安定してカワハギの釣果のある加太からイベントや講習会を発信し、もっと多くの人にカワハギ釣りを楽しんでもらいたい!との気持ちで発足しました。

役員は30歳前後の若いメンバーが中心で、関西のカワハギ釣りの重鎮でもあるダイワブロガーの清水さんやカワハギ名手の平田さんがアドバイザーを務めてくれています。

私もこの加太カワハギクラブの考えに賛同し、ダイワを代表して企画、イベントの応援をしており、今回も当日スタッフ 兼 講師 兼 選手として顔を出してきました!

 

カワハギクラブ!!なんて聞くとどんな強者の集団だ!?と少々引いてしまいがちですが、純粋にカワハギ釣りを楽しみたいメンバーの集まりですので年齢やレベルをこえて今後も楽しみなクラブですのでご安心ください!

 

(さらに…)

西村 豪太さんの記事
2016.12.01

東西タチウオ釣りの違い

近年全国的にタチウオ釣りが人気を博していることは みなさんご存知だと思います!

釣ってよし、食べてよしの釣り人御用達の魚ですね。

ビギナーにも敷居は低く、またエキスパート同士では腕の差が釣果の差となり、釣り人を熱くさせるニクい奴ですw

また噛まれて大変な目にあった方も多いのではないでしょうか?w

IMG_6750

 

そんなタチウオですが関東と関西では大きく釣り方が異なります。

  • 関東 = 天秤タチウオ
  • 関西 = テンヤタチウオ

 

私は船釣りを始めてから関東に4年、関西に5年住んでいるため、両エリアでタチウオを狙ってきましたが「両方違って両方おもしろい!!」と感じるとともに、「同じタチウオを釣るのになんでこんなに釣り方が違うの?」と身をもって感じてきました。

そこで今回は東西の釣り方の違いに焦点を当ててみようと思います!

(さらに…)

1 / 212