林 良一の記事一覧

アングラー:林 良一


BLOG TOP 林 良一の記事一覧
林 良一さんの記事
2019.08.10

サイズアップで釣趣もアップ!

一潮毎に成長するマダコ。

ここのところサイズアップしてきて、釣り上がる杯数は少なくなってきているものの、トータルの重さは同じがそれ以上になっています。

そんな立秋の8月8日(木)、釣友2人と吉久さんの船上の人となりました。

IMG_20190808_053021

 

今回はこのメンバーでエギタコ釣り、出船前、ジリジリと日が高くなってくる船上での釣り談義が絶えません。

IMG_20190808_060707

 

定刻に出船、峯岸船長は旧江戸川から東京湾に出ると船首をやや西に向け、先日まで釣れ盛っていたポイントとは違う方向へ向かいました。

RIMG6820

 

最初のポイントでは小型が多いものの、良い場所に差し掛かるとバタバタとタコが上がりました。

的確にアタリを捉え、小突いて小突いてアワセが決まりました! アタリがあってからのアワセまで、楽しいですよね高沢カズさん!

RIMG6827

 

廣瀬さんはじっくりと釣っていました。後半誰も釣れない時合にも3連荘! 当日の竿頭、恐れ入りました!!

RIMG6829

 

最初のポイントで船中20数人皆さんタコをGET、船は南下し別のポイントに移動しました。

そこは東京湾の夏の潮色、真茶色になっており、根掛りが少ない埋め立て地脇のポイントでした。

エギタコ釣りはロッドとリールを使いますので20m程キャスト、底質、特に根掛りを注意しながら小突いてきます。

時折ぶつかる拳大の石にはロッドを素早く動かし、テンションを素早く掛けたり抜いたりと緩急を付け根掛りを回避、風で流れて行く船の方向、速度を確認しながら小突き続けます。

払い出しているライン、背中側に流れて行く船。

船の流れが少し早いので船長のアナウンス通りに、ラインを少しずつ出しながら定点で小突いては時折エギを移動を繰り返します。

小突いて、エギを移動しようとするとタコの重み。

そのまま小突いて十分に乗せ、ラインを巻き込んでの大アワセ、水の抵抗を利用してタコをカンナに掛けます。

RIMG6838

 

ロッド:メタリア エギタコ  リール:ミリオネア バサラフネX  タコエギ:快適タコエギ SS  ライン:12ブレイド3号  リーダー:ディーフロン 船ハリス10号

RIMG6816

RIMG6817

RIMG6837

 

その後もテトラ帯、堤防際など、様々なマンメイドストラクチャーを攻めながら、やや強く吹く南風を楽しみながらのエギタコ釣りでした。

RIMG6843

 

終わってみれば当日のワン・ツー・スリーは廣瀬さん(22杯)、林(21杯)、高沢さん(19杯)とエギタコ仲間だったのでした!! 船中キープは250杯足らずでした。

 

トップで30杯前後釣れていた頃とは違ってきましたが、サイズが大きくなってきて、21杯で15Lクーラー9分目、かなりの重さでした。

IMG_20190808_133758

 

 

まだまだ楽しめそうな今季のマダコ釣り、お盆休みに、8月後半に、是非出かけてみてはいかがでしょうか。

RIMG6830