郷原 未来の記事一覧

アングラー:郷原 未来


BLOG TOP 郷原 未来の記事一覧
郷原 未来さんの記事
2016.06.12

アドバイスには従順に・・・

タイラバ&イカメタル 実釣会の模様続きです。

今回は昼のタイラバ&イカメタルということですが
近年、凄い勢いで人気が出ているイカメタルゲームは、専用ロッドで楽しみが倍増します。
私も昨年使ってみて気になっていたので、

今年は奮発してソルティストAGSモデルを手にいれました!

シェイクしてもラインがガイドに絡みにくく、何より感度と重量感を味わえて病み付きになっています。
どう使っても気持ち良くて、でも高級品なので、昨シーズンから一年置いて自分を落ちつけてみたのですが
「やっぱり絶対欲しい!」と思えるようなタックルでした。とても気に入っています。

この日はエメラルダスのスピニングモデルなどが用意されて、
みっぴをはじめ、他のみなさんはイカメタルを満喫しだしていたので
いっそ私も「マダイをあきらめイカメタルをしちゃおうか。」とウズウズしていると・・・

タイラバについて
前日も釣行に行っていたスタッフさんから、前日のヒットカラー
“紅牙ベイラバーフリー 九州限定カラー”『イワシオレンジ』のヘッドに
『イカチャート』についているグローネクタイへ交換のアドバイスがありました。

朝からタコマラカスで動きやフォルムを変えたり、TGで落下スピードを変えたり、
竿頭の記者さんの真似をしたりと
色々試していた私でしたが、このアドバイスで開眼!!!?

ひゃ~!!
一匹目に、念願の美しいマダイです。

嬉しさを噛みしめながらマキマキ続けていると、早々にイカも釣っていたみっぴが
みんなにイカを捌いてふるまってくれました!( TДT)神☆いや女神!

魚の顔も見られたし、イカも美味しいし幸せ~

ヒットカラーが功を奏して、その後もマダイを追加。
アタリも増えて、良い波に乗れました。

タイラバは、潮のタイミングと巻きスピードが基本と考えていますが、
勿論こうしてカラーセレクトでもパターンにハマることができます。
手軽さと、奥の深さに加えたライトタックルでの緊張感あるやりとりは、
釣り人の「もう一匹!」の欲求を本当にくすぐります。

こうなってくると、 最初の一匹で充分と思っていた謙虚な私はもういません。

「もっともっと!」と、湧き出る欲求に逆らえず・・・

終盤の納竿まで3分の時点で、着底のたびに単発のバイトが頻発していたので、
どうしてもモノにしたくなり、100m以上出てたラインを急いで回収して、
フックに“紅牙フレアリーフの『岩イソメレッド』”を着けて攻めることにしました。

この日釣りあげた魚達の吐くベイトが暖色の甲殻類の様だったので、
イメージしていた赤系のワームでショートバイトの攻略を狙います。

時間もなく水深が深いので、
「どうか間に合って!欲を言えば喰いついて!お願いします・・・。」と、祈りながら落とした仕掛けに 

まさかの「ヒット!!」( ☆∀☆)

「乗った!!!!!乗っちゃった!」

同時に船長から「終わりま~す。」の声・・・

の直後すぐにフックアウト。

「やぱりね~。(。-∀-)そんなうまくいくわけないよね。でも、・・・」

いつもなら引き際を大事にしてるのですが、この時は同船の皆さんに心の中で謝りながら
コッソリ「もう一回だけ・・・。」とダメ元でリトリーブすると、

またしても「わ!ヒット!!」Σ(゜Д゜)

しっかり追い合わせを入れると、序盤はドラグが出るほど。ん・・・?でも叩ない。

「何だろ。タイではなさそう。よく引くし、ときどき突っ込むような感じ。」

「ていうか、みなさんに待ってもらったこのタイミングでバレたらどうしよう。」

緊張だらけのやりとりで現れたのは、特大のキジハタでした!

感涙に溺れながら、急いで片づけを済ませ帰港・・・。

この日のテンションや血圧を傍からグラフで見てみたいと思う位、波のある一日でした。
刺激と癒しをくださる海の恵みには感謝してもしきれません。

また忘れられない釣行が増えました。

そして・・・、欲しいタックルも増えました。

みっぴの使ってた紅牙EXスリルゲーム。見ていてたまらんかったです。
新しく出るエメラルダスのイカメタルシリーズも、気になって気になって。

また一年考えるかもです。

16-06-12-15-27-36-992_deco16-06-12-15-30-01-816_deco