郷原 未来の記事一覧

アングラー:郷原 未来


BLOG TOP 郷原 未来の記事一覧
郷原 未来さんの記事
2016.12.13

君の名は…

20161212_075025

大ヒット映画に目もくれず、海上にトキメキを求めて
先日、海生丸 小倉さんで出船しました。
冬の釣りは苦手ですが、昨年も味わった
あまーい出会いを期待して…。
BeautyPlus_20160218165327_save

朝、ポイントへ向かう途中
シーボーグ200Jの彼方に、映画の中の様なラインが浮かび
今回の目的であるアマダイとの出会いを予感させます。

アマダイやレンコダイ、根魚など様々な魚種が狙える
北九州のタイ五目釣りですが、
今回はこんな飛び入りゲストも‼IMG_4374
シビちゃんがやってきました。

私だけアマダイがなかなか釣れず、
納竿間近にようやく釣り上げたので船長が
ホッとしていました。

IMG_4389

余談ですが、私はおばあちゃん子だったので、
『君の名は』といえば真知子巻きの方がピンときます。
釣りも日々進化してるので、時代遅れにならんように
勉強しなきゃですね。(゜ω゜;)

20161117_191916
我が家の真知子巻きです❤

郷原 未来さんの記事
2016.11.01

落とし込みハイシーズン

1476353059184

こんにちは!!
私の住む玄海灘では落とし込み釣りのハイシーズンを
迎えています。

今年は特にヒラマサの活性が高く、ベイトもよく付くことが
多いので、ベテランさんにもビギナーさんにも
楽しんでもらえる年だと思います。
今シーズンから落とし込みを始めたいという方とご一緒して
プライベートでもお仕事でもサポートで入りますが
みなさん、抜群の釣果で羨ましくなることばかりです。

タックルや仕掛けの取り回しなど、
コツを覚えてもらえるように、私も毎回全力サポート
しますので、ご一緒できましたらぜひ良い釣りしましょう♪

1476006898793

それから、最近落とし込みに限らず、「私の体型で
大物をよく獲れるね。」と言ってもらう機会があります。

釣りは体力もつかうので、
心ばかりの筋トレはもちろん
しているのですが、
なんせ根性もなく中年の主婦の私は
全くストイックに頑張れません。
…(;・ω・)言い訳…ですが

ただ、どっぷり釣りを始めたここ何年かはタックルが
恐ろしく進化していて、更に船からの釣りがメインなので
掛かってから取り込みまでピンチの時には
ある程度フォローをいれてもらうこともできるので、
私でもこうして大型魚と渡り合えていると思います。

あとは、現場と動画で先輩達のやりとりをみて
勉強しました。
特に女性ではレイコ様と秋丸先生そしてなぎちゃん(*^^*)

みんなを参考に取り入れて
体の使い方などは、かなり意識しています。
それからタックルの選択も非常に大事だと、
最近特に痛感しました。
20160906_215003
私は、グリップ力とリストが猛烈に弱いので、
ロッドを立てる力が弱く、それをカバーするように使える
タックルを選ぶようにしています。
ヘビータックルでは自分が参ってしまうので、
落とし込みでは、ヒラマサがメインの時期には
粘り強さと、繊細さ抜群の
マッドバイパー落とし込みMHH 243SMTに
シーボーグ500J
これからはベイトも大きくなり大型のブリが入るので、
軽量化されたゴウインの新シリーズも合うかと思います。

おなかにロッドをあてて、腰を落とすとそれだけで
ロッドが一番よい角度に曲がってくれます。
あとは電動リールのATDとジョグ操作に集中…。

ぜひ、動画などでイメトレして未体験の方は
落とし込みにチャレンジされてください。

来週は遠征取材の予定なので、
どうにか気持ちよく竿を曲げたいな~♪

20160906_222710

郷原 未来さんの記事
2016.09.07

モルディブGT遠征

DSCN3423
8月終わりに10日間のGTフィッシング遠征をしてまいりました。
DSCN3408

現地のスピードボート『GT fishers maldives』さん、デンマークのツアー会社『Getaway tours』さんのプロモーション映像制作でした。

前に1度おじゃましていたので、キャプテンとは久々の再会。

ツアー会社からのメンバーと、スイスからのカメラマンとは初対面でしたが、一丸となって良い作品を残したいという想いは、世界共通でした!
DSCN3411
天候に恵まれずタフな状況でしたが、
同じ船のメンバーと良い魚をキャッチできたときの喜びや
ミスしてしまったときのやるせなさを分かち合う
“チーム感”が私にとっては何物にも代えられない
船釣りの魅力です。

せのせいか?、大会やバトルが本当に苦手です(笑)

ヨーロッパからの各国への遠征のはなしを聞けたり、
釣りのスタイルはもちろん、
文化についても理解を深めることができて
最高に貴重な経験でした。
20160829_153809(0)
タックルについては、日本のメーカーが
非常に高く評価されていて、
みんな知識も深くとても驚きました!

日本人は私だけだったので、代表といったらおこがましいですが、もっとカッコ良いところを見せたかったです。
ジャパンブランドのすっごいところを見てもらえるよう、
日々精進!!頑張ります❗

Facebookにも何かレポートしますね。
20160827_060722

郷原 未来さんの記事
2016.08.05

タイラバ実釣会 みんな釣れていいな~

16-07-26-19-42-14-423_deco

先日、キャスティング太宰府店さんで開催された
タイラバ実釣会に参加してまいりました。

個人的には真夏のタイラバはサイズが狙えないイメージでしたが、
乗船したマリブエクスプローラーさんでは
アタるサイズが良型ばかりで
みんなドラグを鳴らしていました。

そんななか、新品ラインへの交換をもったいぶってできなかった私は
高切れで自己最高とみられるサイズをバラシてしまい
帰宅して即!紅牙12ブレイドに巻き替えましたが…
もう一生チャンスないかもとまだ引きずっています。(T0T)

今回、タイラバを得意としているT、Gさんはもちろん
初挑戦という女性のHさんも船長の熱血指導のもと見事なファイトでした!
20160724_134716
20160724_080839
80cmオーバーの
ヒットルアーはこちら!
20160724_080615
今後もキャスティング大宰府店さんではこうしたイベントが開催されます。
レンタルタックルに注目の新製品もありますよ!

ぜひご参加ください。

郷原 未来さんの記事
2016.06.12

アドバイスには従順に・・・

タイラバ&イカメタル 実釣会の模様続きです。

今回は昼のタイラバ&イカメタルということですが
近年、凄い勢いで人気が出ているイカメタルゲームは、専用ロッドで楽しみが倍増します。
私も昨年使ってみて気になっていたので、

今年は奮発してソルティストAGSモデルを手にいれました!

シェイクしてもラインがガイドに絡みにくく、何より感度と重量感を味わえて病み付きになっています。
どう使っても気持ち良くて、でも高級品なので、昨シーズンから一年置いて自分を落ちつけてみたのですが
「やっぱり絶対欲しい!」と思えるようなタックルでした。とても気に入っています。

この日はエメラルダスのスピニングモデルなどが用意されて、
みっぴをはじめ、他のみなさんはイカメタルを満喫しだしていたので
いっそ私も「マダイをあきらめイカメタルをしちゃおうか。」とウズウズしていると・・・

タイラバについて
前日も釣行に行っていたスタッフさんから、前日のヒットカラー
“紅牙ベイラバーフリー 九州限定カラー”『イワシオレンジ』のヘッドに
『イカチャート』についているグローネクタイへ交換のアドバイスがありました。

朝からタコマラカスで動きやフォルムを変えたり、TGで落下スピードを変えたり、
竿頭の記者さんの真似をしたりと
色々試していた私でしたが、このアドバイスで開眼!!!?

ひゃ~!!
一匹目に、念願の美しいマダイです。

嬉しさを噛みしめながらマキマキ続けていると、早々にイカも釣っていたみっぴが
みんなにイカを捌いてふるまってくれました!( TДT)神☆いや女神!

魚の顔も見られたし、イカも美味しいし幸せ~

ヒットカラーが功を奏して、その後もマダイを追加。
アタリも増えて、良い波に乗れました。

タイラバは、潮のタイミングと巻きスピードが基本と考えていますが、
勿論こうしてカラーセレクトでもパターンにハマることができます。
手軽さと、奥の深さに加えたライトタックルでの緊張感あるやりとりは、
釣り人の「もう一匹!」の欲求を本当にくすぐります。

こうなってくると、 最初の一匹で充分と思っていた謙虚な私はもういません。

「もっともっと!」と、湧き出る欲求に逆らえず・・・

終盤の納竿まで3分の時点で、着底のたびに単発のバイトが頻発していたので、
どうしてもモノにしたくなり、100m以上出てたラインを急いで回収して、
フックに“紅牙フレアリーフの『岩イソメレッド』”を着けて攻めることにしました。

この日釣りあげた魚達の吐くベイトが暖色の甲殻類の様だったので、
イメージしていた赤系のワームでショートバイトの攻略を狙います。

時間もなく水深が深いので、
「どうか間に合って!欲を言えば喰いついて!お願いします・・・。」と、祈りながら落とした仕掛けに 

まさかの「ヒット!!」( ☆∀☆)

「乗った!!!!!乗っちゃった!」

同時に船長から「終わりま~す。」の声・・・

の直後すぐにフックアウト。

「やぱりね~。(。-∀-)そんなうまくいくわけないよね。でも、・・・」

いつもなら引き際を大事にしてるのですが、この時は同船の皆さんに心の中で謝りながら
コッソリ「もう一回だけ・・・。」とダメ元でリトリーブすると、

またしても「わ!ヒット!!」Σ(゜Д゜)

しっかり追い合わせを入れると、序盤はドラグが出るほど。ん・・・?でも叩ない。

「何だろ。タイではなさそう。よく引くし、ときどき突っ込むような感じ。」

「ていうか、みなさんに待ってもらったこのタイミングでバレたらどうしよう。」

緊張だらけのやりとりで現れたのは、特大のキジハタでした!

感涙に溺れながら、急いで片づけを済ませ帰港・・・。

この日のテンションや血圧を傍からグラフで見てみたいと思う位、波のある一日でした。
刺激と癒しをくださる海の恵みには感謝してもしきれません。

また忘れられない釣行が増えました。

そして・・・、欲しいタックルも増えました。

みっぴの使ってた紅牙EXスリルゲーム。見ていてたまらんかったです。
新しく出るエメラルダスのイカメタルシリーズも、気になって気になって。

また一年考えるかもです。

16-06-12-15-27-36-992_deco16-06-12-15-30-01-816_deco

郷原 未来さんの記事
2016.05.28

タイラバ&イカメタル

玄海灘から続く、北九州から山口県よりの沖『響灘』では今の時期、タイラバとイカメタルが同時に楽しめます。
マダイ狙いと同じエリアのボトム付近にケンサキやヤリイカがいるので、潮のタイミングや自分の気分に合わせ、タイラバの合間で美味イカを狙っちゃいましょう。

 


今回は、釣りに合わせたタックルをいくつか用意して、雑誌や新聞の記者さんと、

実釣会取材で北九州市門司区の”四季丸”さんにお邪魔してきました。

 

本日のみっぴ❤小雨の中立ってる姿は、赤ずきんみたいで目の保養♪
その可愛らしい姿で開始早々『紅牙EX AGS N65MB THRILL GAME』を曲げる曲げる! 乗せる乗せる!

ずきんの下には紅い牙があるんじゃないかってくらい、ハンターになっていました。( ; ゜Д゜)スゴー!!


参加していた記者さん達も、それぞれ注目のタックルで、マダイはもちろん根魚やレンコをサクサク釣っていて…
「潮がまだきいてないね。」と、船長が言っている10時には私以外全員安打・・・・・・( ̄□ ̄;)!!

私は朝イチ、”ぐぅ~ん”とラバーを強く引く重いアタリを乗せきれず、その後沈黙を続けていました。

後から考えるとベタ底であのアタリ方はイカだったのかも知れません。
そんな回想にふける私をよそに、タイラバ中心だった船内は、満足した人からイカメタルに変わるような流れに…。

私だけ釣れてないの皆気づいてますよね。

ホントによくあるこのパターン。

今日、取材なのに、どうしよ!!「焦る!焦る~~~!」


ということで、長くなってしまいそうなので2回にわけますね。
次回 ”最後の一人を救ったのは…”
お楽しみに!?
16-05-28-10-03-18-484_deco16-05-28-10-05-02-899_deco

郷原 未来さんの記事
2016.05.19

初めまして 郷原 未来です

 

みなさんこんにちは 郷原 未来(ごうはら みき) と申します。

福岡県北部の玄界灘を中心としたエリアで、船釣りを中心に楽しんでおります。

 

海水まみれで船の上を駆けずりまわり、華やかとは程遠いかと思いますが

産地直送の話題をお届けしていけたらと思います。

 

出身地は千葉県の銚子市で、小さい頃は父と釣りをしていましたが

大学進学から10年ほどは、東京に住んでいてほとんど釣りから離れておりました。

福岡に引っ越してから、玄界灘の落とし込み釣りで大型のヒラマサやヒラメに

出会ったのをキッカケに改めて釣りに二度目惚れです!

 

読んで下さる方は、私よりずっと釣りの経験が豊富な方が多いと思います。

これから、よろしくご指導ください!

 

 

16-05-19-18-51-31-987_deco