山口 武久の記事一覧

アングラー:山口 武久


BLOG TOP 山口 武久の記事一覧
山口 武久さんの記事
2019.01.03

大阪湾 テンヤタチウオ 【2019年の釣り初め】

 

皆様、新年明けましておめでとうございます。

昨年の年末は大荒れ模様で釣りには行けずでしたが、新年の1日に釣行しました。一年の計は元旦にありです(笑)

今年もこの大阪湾テンヤタチウオに魅せられた一人として、思いっきりこのテンヤタチウオを皆様にご紹介させて頂きますので宜しくお願い致します。

今回は1日から営業されている、大阪泉南・泉佐野の菊川渡船さんにお邪魔致しました。

写真 2019-01-01 5 44 47

なんと、1日から14名の満席です(笑)。皆さん、テンヤタチウオに魅せられた方ばかりだと思います。

なんたって、1日から来られているのですから・・・初対面なはずなのに仲間のような感覚に陥りました(笑)

写真 2019-01-01 5 42 58

こちらの船宿さんはご夫婦で経営されており、本当に気配り満点な船宿様です。

そして、年初の釣りとあり、そして菊川渡船さんには初乗船なので不安とワクワク感でいっぱいの中で出船。

約1時間を掛けて、洲本沖へ向かいます。通いなれたこの海道ですが、やはり今年の一発目で嫌でも緊張します。でも、常連さんに色々と話し掛けて頂き(なんとこの常連さんは昨日も来られていたらしいですww)なんと、昨日は大物が連発でHITとお聞きして、いつもよりテンヤを多く準備しだします(笑)

まだ初日の出を拝む前に洲本に到着。

今年のファーストキャストは午前7時前でした。今年の釣行の安全と大漁を願いながらスタート。

写真 2019-01-01 7 43 29

ロッド:極鋭タチウオテンヤSP EX AGS 178 

ロッド:極鋭タチウオテンヤSP 197AGS 

リール:シーボーグ200J

ロッドキーパー:ライトホルダーメタル 

バッテリー:スーパーリチウム11000WP

最初はまだ日の出前ですので浮いた個体を狙い、水深80mぐらいだったと思いますが随分上の40m界隈の魚を狙います。しかし、当りはなく船長から底から10〜20mで映っているとお聞きしたので棚を変更。

そして7時過ぎ・・・・底から10m程で「コツンッ」と当たる。そしてもう一度誘おうかと思っているとどうやら針に勝手に掛かっている様子(笑)。そしてGETしました。

写真 2019-01-01 7 17 10

今年一尾目のタチウオです(すみません、手持ちの写真ではなく既に〆て潮氷に入っている写真です)

そして、船内は一気に電動リールの音が鳴り出します。そう、日の出と共に時合です。

まわりは連発GETの様子ですが、私はその後当たりません・・・(^_^;)何故だろう??と思ってみてみると皆さんステイが長かったり、ずっと微速巻きです。

私は高活性の個体を狙って、まぁまぁのシャクリとステイ短め・・・・。

そうこう言ってる間にお待ちかねのアレです「初日の出」。周りのみなさんは釣りに熱中の様子ですww。私はこれを見るのが楽しみだったので、竿を置いて左舷へ移動して、しばし観覧timeです。

写真 2019-01-01 7 17 45

洲本沖からですと、泉南方面からの日の出です。そして、今年のまずは安全祈願。そして次に爆釣祈願。手を合わせてしっかりお願いさせて頂きました。

1日は、良い凪、そして無風。こんな穏やかな冬の海も珍しいぐらいの快適さです。本当に来てよかったです。

そして、こんな年始から勝手な振る舞いを許してくれる家族にも感謝しながらの釣りになりました。

そして、一気に私も本気モードへ突入。周りの方の誘いを見て優しく、ステイも長め・・・・。

・・・しかし、当りは多いのですが、どうやら2度目の追いが本当に有りません。そして個体が小さい。

釣れても釣れてもお子様サイズなのです(笑)。でも年始早々からアタリが多いだけでも幸せな気分。

写真 2019-01-01 6 21 12

テンヤ:ダイワ 快適船タチウオテンヤSS

そして当初の予想とは裏腹に当たり棚は中層が多い。なんと水深80の40~60mでファーストコンタクトがほとんどです。

アタリは多いのですが、結構難しい一日になるのでは?と思いながら、竿先に集中。

写真 2019-01-01 8 26 47

でも、この大阪湾テンヤタチウオは本当に楽しいです。何よりこの小さなアタリ・・そしてフッキング時の反動。そして高すぎるゲーム性。1月1日から船が満船になるのも理解できます。

そして10時頃になると・・・当たり棚は底付近へと変化しだします。すると釣れてくる型が少し良型に変化。

 

そしてミヨシのお客の釣れ方が異常だったので良く見ると・・・テンヤのカラーが夜光塗料ナシのテンヤを使用しておられたので私もこれにチェンジ

 

 

写真 2019-01-01 11 42 52

これが効果てきめんでした。その後はアタリの数はそんなに変わりませんが、アタリの大きさが違います。明らかに追いも良くなり次々GET。

とうとうこの時期が来たのだと実感しました。毎年の事ですが、年明けぐらいからはこの夜光ナシカラーが威力を発揮する事も多くサイズも一回り大きくなったりします。

写真 2019-01-01 12 21 27

その後も、追わない個体をどう掛けるかの勝負に・・・・。

そして、ポカポカ陽気の中アタリもそれなりに続き最高の釣り初めになりました。

写真 2019-01-01 13 19 32

最終釣果はなんと45尾。大阪湾テンヤタチウオは今だ好調をkeepのようです。

しかし、本日は釣果以上に菊川渡船さんの女将さんや船長のお気遣いに感謝した一日となりました。

ご年配の方が高切れすると、直ぐに船長がリールからラインを引っ張る為の道具を差し出してあげたり、女将さんは空いた時間にはみんなに声を掛けにまわったりと至れり尽くせりな船宿さんでした。

写真 2019-01-01 13 41 53

お写真もご一緒に撮って頂きました。本当に感謝感謝の一日で「来て良かった!!」と思いながら帰路に着きました。

最後に、今年もこのダイワ「船最前線ブログ」を通じて色々な釣行記ご紹介をさせて頂きますがお付き合いの程を宜しくお願い致します。

私自身も「楽しくなければ釣りではない」をモットーに頑張る所存でございます。

追伸、こちらの船宿さんの近所には・・・・なんとこんな建物が・・・・。

写真 2019-01-01 13 30 08

有名なペットフードの会社の社屋です。