山口 武久の記事一覧

アングラー:山口 武久


BLOG TOP 山口 武久の記事一覧
山口 武久さんの記事
2018.11.19

大阪湾タチウオキングバトル2018 セミファイナルへ

大阪湾タチウオキングバトルは開催されてから6年目を迎える大会です。

テンヤタチウオにてタチウオを釣り上げた尾数による大会。年を重ねる事に参加者の方達は増え今では凄い事になっている関西船釣り大会の一大イベントになりました。予選、準決勝、決勝と勝ち上がって行く仕組みです。

私は先月の予選を通過し、やっとの事でこのセミファイナルを迎えました。

和歌山 加太港の三邦丸さんでの開催です。65名の準決勝進出者。そして決勝へは24名が通過出来ます。三邦丸さんの大型船3船に分かれ各船の上位8名を目指してスタートフィッシングです。

IMG_1802

朝早くから熱気はムンムン。

そして受付。運命の釣座抽選。

IMG_1805

釣り座は21番。青さんぽう丸の右トモから3番目。なかなかナイスな釣座です。そして参加賞を戴き乗船。

IMG_1807

今シーズンは私は絶不調・・・・。誘いの手がなかなか合いません。しかし、準決勝は泣いても笑っても一度きり。

そして、一路洲本沖へ・・・・・。

水深約80mで釣り開始。

IMG_1817

テンヤは快適船タチウオテンヤSS【紫ゼブラ、夜光シルバーフレーク、ケイムラ白夜光】

朝一は、暗がりの中でのスタートなのでケミホルダーへのケミカルライトは欠かせません。そして第一投目、魚は浮いているハズと予想して65m付近から誘いを開始。

予想通りに60mで早速当たりが有ります。綺麗に「ト――ン」と穂先を抑え込みます。そしてフッキング一発、掛かりました。幸先の良い第一投目・・・しかし巻き上げると、10m程でバラシ・・・・。

ココから本日の苦悩が始まります。

IMG_1808

ロッド:ダイワ 極鋭タチウオテンヤSP 197AGS 

リール:ダイワ シーボーグ200J

昨日の釣果情報から読み解くと、アタリは無数にあり釣果も凄い。恐らく今日は数釣り勝負になると読み、速い誘いとアタリを強引に掛ける事の出来る攻撃的なタックルをチョイスです。

棚に落とせばアタル状況・・・しかし、小型のタチウオが多く、掛けるのが難しい。そして予想とは裏腹にバラシ連発。

思いのほかテクニカルな展開です。バラスと焦る気持ちが大きくなり、誘いはドンドン速くなり、そして掛けmissも連発。2.3尾釣り上げるもまわりの方々よりペースが遥かに遅い。

そしてそういっている間に、アタリが少し遠のき始める。そして潮はヨレヨレ。釣りにくさMAXです。

そして私はココで思い切って作戦変更。あのテンヤ投入です。

IMG_1513

船快適タチウオテンヤSS 早掛けSP

私の中で小針timeの鐘の音が鳴りました。そしてロッドもチェンジ。

IMG_1811

極鋭タチウオテンヤSP EX AGS 178 

そして棚も思い切って絞り直す作業に・・・・。先ほどまでは底から20m程上を釣っていましたが、底から探ってみると

大きなアタリが・・・。そして簡単に掛かる・・・ですがこの早掛けSPは無理に電動リールの最高速で巻き上げるとバラシが連発するのでゆっくりと巻き上げますが、そうすると水深85~90mですので凄く手返しが悪いのです。

その上、大きな個体も顔を見せ始めたので、もう一度ノーマルテンヤに変更すると・・・・。底から5m付近で当たり連発。

そして、極鋭EXのしなやかな曲りがタチウオの引っ張り返す力を吸収してバラさずあがって来るように・・・。

このタックル変更が今日の私の運命を完全に変えてくれました。

ココからが、私のスーパー連発劇の始まりです。

誘う→当たる→掛る→ばらさず上がる。の繰り返し。

しかし、潮がヨレヨレでラインは絶えず斜めになります。ですのでラインコントロールだけは慎重に。ラインが斜めになる時は特に掛りが浅くなる傾向が有るので無理に掛けに行かず大きなアタリが出るまで待つ作戦へ変更。

完全にパターンにハマり出し、自分の中で「このままいけば、大丈夫!!」と確信。

今日ほど、極鋭タチウオテンヤSP EX AGS178の性能に感謝した事は有りません。そして、何故か船快適タチウオテンヤSSの紫ゼブラにタチウオは好反応。アタリが大きく出るような気がしました。

レギュレーションにて、餌を巻けるテンヤは3つまでと決まっているので、全てを紫ゼブラに変更。そして終了時間まで打ち続けました。棚も確定、そしてテンヤのカラーも確定。後は何も考えず、ミスだけをしない事に気を配り打ち続けるだけです。

今日は当たりが頻発するので、船は流し直しは殆どしない為に気持ちが切れないように保つのが大変。

しかし、決勝戦への強い思いが私の集中力の源となり、何とか後半は大きなミスもなく終了時間を迎えました。終了のブザーが鳴ると「やっと終わった」と安堵の声も漏れてしまいましたが、中盤から後半は自分の釣りもできたので、楽な気持ちで結果を待つ事に・・・。

私の最終釣果は58尾。

なんと、ボーダーラインは49尾ととんでもない釣り日和になりました(笑)。検量が大変そうでしたよっ!

IMG_1823

そして港へ帰って結果発表。

IMG_1825

有難い事に私の乗った赤さんぽうの中で船中2位と言う釣果で準決勝をクリアしました。

本当に朝からの緊張感が一気に抜け、そしてホッと一安心しまた。

IMG_1850

本日は本当に二枚潮が酷くて、胴に座る方々にとっては難しい一日だったと思います。見てて可哀想なぐらいのおマツリ模様でした。

私は席の関係でオマツリはひどくなかったので、自分の釣りを展開でき何とかファイナルへコマを進める事に・・・。

本当にラッキーな一日でした。海の神さんに感謝感謝です。

そして、ファイナルは来月16日。大阪湾タチウオキングバトルのファイナルは毎年、一年の集大成の私のイベントでもあり、思いっきり楽しむ予定です。でもチャンスが有れば、もちろん狙います!!

来月に向けて、もう少し腕をピカピカに磨き上げます!!