西村 豪太の記事一覧

アングラー:西村 豪太


BLOG TOP 西村 豪太の記事一覧
西村 豪太さんの記事
2018.04.27

やっぱり大好き! テンヤマダイ!

すこし前の話になってしまいますが4月中旬に大好きなテンヤマダイに行ってきました。

この日は全国的に西風に悩まされ出船できない船宿様が多かったのですが、

西風にはめっぽう強い常磐エリアなら可能かと出撃です!

鹿島港 植田丸さんに後輩の坂井君とおじゃまして参りました!

IMG_0174

 

個人的にテンヤマダイはゲーム性の高さから大好きな釣りの1つです!

細糸で大物とやりとりするハラハラドキドキのスリル感、

数釣りも型狙いも両方できる最高の釣りですね!

 

このエリアは午前船、午後船があるため出船も早く、まだまだ真っ暗な中出船です!

植田丸さんははじめてお邪魔しましたが船長、おかみさんともに笑顔が素敵ですぐに好きになりました!

(ちなみに写真は船宿様HPから拝借!)

キャプチャ1

ポイントまでは40分ほど、船室でうとうとしていると朝日とともにポイント到着です!

 

さて、この日のタックルは以下の通り!

 

 ロッド : 紅牙テンヤゲームAGS MH-235SMT

 

リール : 紅牙EX 2508RPE-H

 

道糸  : UVF紅牙センサー12ブレイドEX+Si 0.8号200m

 

リーダー: 紅牙リーダーEX タイプF 8ld

 

テンヤ : 紅牙タイテンヤTG SS エビロック 4~10号

 

     紅牙遊動テンヤ SS 8~10号

IMG_0272

 

ポイントに到着後、ワクワクのモーニングバイトを期待します!

 

まずは魚群を捉え、エンジン流しのバーチカルな釣りが展開されましたが魚の移動が早く魚信がありません。

(まるでマルイカ釣りみたいな釣りでした)

何度か魚群にあてた流しを試みますがアタリがないままの流しが続きます。

船長は作戦変更、パラアンカーを入れてポイントを長く流す流し方に変えました。

 

この流し方になって気付きましたがこの日はあまり潮が流れていません 汗

はじめは8~10号で様子を見ましたが徐々にテンヤを軽くしていきます。

最終的には4号まで下げて釣りを展開しました。

 

テンヤマダイ創世記は軽いテンヤが何よりすばらしいとされていた記憶がありますが、

私は基本8号前後のテンヤを好んで使用します。

水深にもよりますが、重めのテンヤでタイが食ってくるなら手返しの観点からも重めを使用します。

 

ただ軽くしないといけないシチュエーションも存在します。

それがこの日のような活性が低いシチュエーションと大鯛を狙いたいシチュエーションです。

 

まず、後者は贅沢ですねw

多少手返しが落ちても上の棚でフワフワした仕掛けにしか反応しない大鯛は軽いテンヤで攻略します。

(もちろんお土産を十分にゲットした後にする余裕のパターンですw)

任意的にアングラーが大鯛が狙う方法は2つあると思っていますが、その1つのキーワードがこの軽いテンヤ。

詳しくはまた別の機会に披露させていただきます!

(めんどくさくなった訳じゃありませんよwww)

 

そして前者の活性が低いパターンは苦労するパターンですね。

時には底がとれない重さのテンヤを使用してでも軽くすることもあります。

ちなみにこういった時は重めのテンヤで釣りをしてマーカーを覚えて、ラインを見ながら釣りをします。

当日はまさにそれでした 泣

 

 

さて、実はこの日は釣場速報の連載取材も兼ねていました。

もっと詳しいことが書きたいのですが、今日はここまでにしておきます!

とりあえず取材は成立したことだけは下の写真でお分かりいただけますでしょうかwww

IMG_0178 IMG_0265 IMG_0237 IMG_0192

 

釣場速報5月第二週発売号の連載「Fishing GO!GO!」に掲載予定ですので、ぜひご覧ください!

最近はWEBでも見れるみたいなので、販売エリア以外の方はそちらでもぜひ!