前田 俊の記事一覧

アングラー:前田 俊


BLOG TOP 前田 俊の記事一覧
前田 俊さんの記事
2017.04.05

スレイカ攻略は誘いがキモ!

原くんのリクエストでマルイカ釣り指南に。

実はワタクシ少し前から手首を痛めていて「TFCC損傷」?

TFCC損傷

イカを釣り過ぎて痛めてしまいました。

このところ小型のイカが多く、リールを巻く抵抗で「ノリ感」を確認しないと乗ってるかどうかの見極めが難しいことがあります。

過日、電動リールを使っていたのですが、手巻きリールの若手エキスパートにダブルスコアと水を空けられてしまい大ショック!
それを機に手巻きリールで釣るようになりました。

しかし意外に手首に負荷がかかり、さらに連荘釣行したのがいけなかったようです。

そんな状態ですが、原くんはとても熱心なので応援したくなります。

常宿の瀬戸丸から出船。

原くんには右ミヨシに入って貰い、ワタシは隣で原くんの釣りを見ながら、気づいたことがあればその都度レクチャーしようと思います。

水色はイイ感じで濁りが入ってきました。

ポイントは城ケ島周辺、水深70~90ⅿ。

ロッドは極鋭マルイカRT-MC

リールはスパルタンRT PE06号。

 

この日のマルイカは気難しく、2枚潮で糸が張ってしまうとアタリが出せないのでメタルタイプのミッドスッテ40SZを6本ツノの下から3番目に入れました。

タタキ&ゼロテンとでも言いましょうか。カワハギ釣りのシンカーや中オモリの使い方に似ていますね。たるませることはしません。

ロッドを操作して仕掛け(スッテ)を動かし、メタルスッテのウエイトを活かしてテンションを抜き、ビタ止め後にリアクションで抱かせる作戦です。

しっかり誘ってビタ止めは2~3秒。ここでアタリます。アタらなければオモリをリフトして(ボトムから持ち上げて)から誘いへ。

 

原くんも一所懸命ながらなかなかアタリを出せない様子。

ゼロテンションで抱きの間を作るべくロッドを操作していますが、「ゼロ」テンションが上手く作れていません。

原くんに限らずどうしても糸を張ってしまう方が多いように感じます。

あと10㎝穂先を下げてPEのテンションを抜けばアタリは出ると思うよ。とアドバイス。とたんにアタりました!と驚いていました。

かと言って糸を送ってアタリを貰いに行くとダメなんですけれど…文章で説明するのは難しいです。

ご興味のある方はフィールドでお会いした際にお尋ねください。

17796048_1334491643312369_5881739046421044757_n

この日の最終メンバー。ピンク→ギョクロ→ケイムラの順に乗りました。

17799157_1334491699979030_1879770320861638638_n

マルイカ27+ムギイカ9 36尾でフィニッシュ。

船長に魚探を見せて貰うと群反応は沢山あるのですが、スレきっているのに加え、端物(イカを追うサワラやマダイ、ワラサ)に追われて群れが逃げ回っているようです。

濁り潮で端物が大人しくなれば期待できそうですね!