前田 俊の記事一覧

アングラー:前田 俊


BLOG TOP 前田 俊の記事一覧
前田 俊さんの記事
2017.02.21

底潮が冷えたかな? ~相模湾マルイカ

2/18~19は連荘(レンチャン)マルイカ。

前日に春一番が吹き荒れ、海は大しけ。

夜になって風はやんだものの、朝のうちはうねりが残りました。
お天気は良くて楽しいお仲間とワイワイ。

活性イマイチでイカもスレてきてマイクロサイズが多くなってきたので手巻きリールで頑張りました。

16832283_1292159894212211_4944207631313708578_n

手巻きでヘロヘロ。表情も疲れ切っております。

瀬戸丸鈴木昌士船長はソナーでマルイカの群れを捉えて追っていくので、実釣時間が長くチャンスが多い。

それだけに巻き上げ回数も多くなるわけなんですね。

しかし、それでも手巻きリールにした理由。

水深100mともなればPEラインが受ける潮抵抗も大きくなります。

良型の触りや高活性の群れなら明確に伝わってくるアタリもスレた小型マルイカが相手となれば、とても微妙なアタリとなります。

特に小型マルイカのノリ感を確かめるには竿のノリ感+リールの巻き感(巻き抵抗)もフルに使って攻略していきました。

16831136_1292159984212202_310289663379941868_n

結果33尾でフィニッシュ。この日の状況を考えれば満足できる結果だったと思います。
さて、イカが吐く墨ですが、すぐに水で流せば簡単に落とせます。

時間が経って乾いてしまうとタワシでごしごしこすってもなかなか落とせません。

 

港に戻ってお客さんを降ろしてから船長や中乗りさんが苦労しているのを見ると、私たちアングラーが自分が釣ったイカの墨にちょっと水を掛けておくだけで、だいぶ楽になると思いますので、移動中や仕掛けを降ろしている時間にさっと墨を流しておきたいものです。

 

翌19日は少し濁りが入りイカの群れはたくさん見えるのになかなか触ってこない状況に各船大苦戦でした。

16684358_1292159914212209_7317929975404799525_n

この日の瀬戸丸にはイカ名手高島君の姿も。

海面水温が2度ほど下がったようですが、思った以上に底潮が冷えたのかな?

端物(真鯛やサワラ、ワラサなど)も多くてマルイカの群れを追い散らしているようです。

潮が落ち着けばまた回復すると思います。

この時期からこれだけ釣れた記憶はないので、今年は当たり年じゃないかと思っています。

皆さんしっかり準備をしておきましょう!