石塚 広行の記事一覧

アングラー:石塚 広行


BLOG TOP 石塚 広行の記事一覧
石塚 広行さんの記事
2018.02.11

良型揃いの新島沖キンメダイ釣り

何度食べても、美味しい!

煮付け 刺身 炙り しゃぶしゃぶ カルパッチョ

今や、ブランドトロキンメして全国的にも有名になった東京都新島沖のキンメダイ!

ブランドトロキンメを、2月9日下田須崎港『番匠高宮丸』さんから仲間7人で釣りに行って来ました。

ロッドキーパーを釣り座に取り付けてタックルセットし出船は、5時!暖房でポカポカのキャビンで仮眠しているとポイント到着!

DSC_5579

べた凪の新島沖!沢山の釣り船がポイントに集結しています。漁船 遊漁船同じポイントを狙います。投入時間まで、仕掛けの確認をしたり捨て糸に絡みが無いかなどチェックして投入合図を待ちます。やりましょうと船長から合図が有り左手にオモリ 右手に仕掛けを巻いた掛け枠を持ってミヨシに釣り座を構えた自分から投入! 何度やっても一番緊張する瞬間でが、凄く簡単です。仕掛けが全て入るまで掛け枠をしっかり持っていれば大丈夫です。仕掛けが着底するまで数分間待ちます。この日は、潮の流れが緩くオモリの着底がはっきり分かる状況でした。糸フケを軽く取り、道糸を送り出す釣り方でやりました。

水深は500メートル前後!送り出す釣り方で、時には700メートル以上も道糸を出す時も有りますが安心の糸巻き量 ガッチリ根掛かりした時の根起こしまで何の問題なく深場釣りを楽しませてくれるシーボーグ1200MJ

DSC_5580

3月には、シーボーグ1200MJの弟分のシーボーグ1200Jが発売されます。値段もリーズナブルなので深場釣りをこれから始めたい方にもオススメのメガモンスターリールです。

ロッドは、深場釣りで大人気のマッドバイパー深海MH-195を使用しました。

DSC_5589

8回の投入全てに誰かしらにアタリが有り楽しい釣行となりました。釣れて来るサイズも、全て丸々肥えたデップリトロキンメで帰宅後のキンメパーティーが楽しみです。

DSC_5603

DSC_5601

DSC_5604

DSC_5607

新島沖のトロキンメ釣り、皆さんもチャレンジしてみて下さいね。

番匠高宮丸さん、お世話になりました。

今回のタックル

リール シーボーグ1200MJ

ライン メガセンサー8ブレイド10号

バッテリー スーパーリチウム11000WP

DSC_5586

ロッド マッドバイパー深海MH

キーパー パワーホルダーGS160

使用タックルも、スッポリ全て収納  船バッグS45(E)

DSC_5582

仕掛け 幹30号 ハリス16号 針ムツ18号

オモリ 2キロ鉄筋棒

 

 

 

石塚 広行さんの記事
2018.01.04

コマセマダイ~アマダイのリレー乗合

2018年あけましておめでとうございます。本年もダイワ船最前線ブログを宜しくお願い致します。

釣りの楽しさ 使用タックルなど色々とお伝え出来たらと思います。

1月4日、神奈川県三浦市松輪港『棒面丸』さんから今年の初釣りに行って来ました。狙いのターゲットはマダイにアマダイがメインの五目船です。

朝日が綺麗な7時に出船!

DSC_5476

まずは、得意のコマセマダイ釣りからスタートです。指示棚は海面から取ります。上から45メートルと指示が船長よりアナウンスが有ったらビシを50メートルまで沈めてコマセをパラパラビシから適度に出しながら指示棚でアタリを待ちます。ハリスが潮に馴染みコマセと付け餌が同調させるイメージで!

置き竿で待つよりまずは、手持ちでちょこちょことロッドを煽り誘いを掛けるとマダイにアジとパタパタっと釣れて来てくれました。

コマセマダイのタックルは!

ロッド リーオマスターマダイ SX S-300

リール レオブリッツS500J

バッテリー スーパーリチウム11000

ビシ   MD.ビシ80号

DSC_5477

後半は、ポイント移動してアマダイ狙い

開始早々からアマダイのアタリが来ました。水深は100メートル近いですがアマダイの引き込みがビンビン手元に伝わって来ます。

形状記憶テンビン、コマセマダイやアマダイ釣りにぴったりのアイテムでアタリがダイレクトに伝わって来るので愛用しています。

船中50オーバーのアマダイも数匹釣れて盛り上がってました。

アマダイのタックル

ロッド リーディングネライMH-200

五目釣りに、ピッタリな7:3調子です。

DSC_5480 DSC_5488

ロッドホルダー

ライトホルダーメタル90CH

DSC_5486

DSC_5487

コンパクトサイズで、余計な出っ張りなどが無いため仕掛けが引っ掛からないからストレスフリー!ハリス8号までのターゲットまで使える為1台有ればどんな釣りにも使えてしまいます。

テンビンは、ラインナップ豊富なリーディングアームⅡ

DSC_5479 DSC_5484 DSC_5483

コマセマダイ アマダイのハリスは、タフロン船ハリスEX

DSC_5478

棒面丸さんの五目船は、今後も色々なターゲットを狙って出船するそうです。皆様も、釣りに出掛けてみては如何でしょうか?

DSC_5489

DSC_5493

石塚 広行さんの記事
2017.12.31

2017年の年末釣行

12月29日三崎港『佐円丸』さんからキンメ五目船に乗船して来ました。

オモリは、250号を使用したミドル級中深場釣りですタックルは、シーボーグ800Jにメガセンサー8ブレイド8号を巻き ロッドは、ディープゾーン200-205を使用

DSC_5436

仕掛けは、胴付き10本針仕掛けを使用しました。キンメは、ご機嫌が悪く船長からクロムツを狙いましょうとポイント移動し1投目からクロムツのアタリ!

DSC_5424

DSC_5433

DSC_5432

DSC_5426

DSC_5430

置き竿の待っていてもアタリは、ありません。ロッドを持って大きく誘い上げ 一気に誘い下げると即アタリ!パターンなのでしょうか?

クロムツは、歯が鋭くハリスが歯に当たると切れてしまいます。上がって来るクロムツは、良型が多く見るからに美味しそうです。

13時過ぎに、帰港しました。

 

翌日30日は、茅ヶ崎港から忘年カワハギ釣りに参加して来ました。

沖右エ門丸さん ちがさき丸さん 一俊丸さん まごうの丸さんの4隻に分かれて出船しました。自分は、沖右エ門丸さんに乗船してカワハギ釣りを楽しみました。

DSC_5464

ロッドは、発売して間もない極鋭ゲーム82H-157AGS

カワハギ専用ロッドではないですが、ゲームロッドだけに沢山のターゲットを一本のロッドで狙って釣りが楽しめる釣り人には嬉しい一本です。感度は、抜群で小さいアタリも、手元までしっかり伝わります。

DSC_5443

DSC_5442

DSC_5458

DSC_5462

カワハギの活性は、低めでしたが宙に浮くカワハギも居て楽しめました。船の揺れが誘いになってオートマチックでカワハギが掛かって来ます。

DSC_5461

IMG_20171230_182531

今年も、沢山の皆さんに出会い 釣りの楽しさ 面白さをお伝え出来ました。来年もダイワ船最前線ブログを宜しくお願い致します。

 

石塚 広行さんの記事
2017.12.25

下田須崎港から本格深場キンメ釣り

クリスマスイブの12月24日、静岡県下田須崎港『番匠高宮丸』さんから本格深場キンメ釣りに仲間8名と釣行して来ました。早朝4時に港集合し4時30分出船と朝早いキンメ釣りですが、ポイント到着までの時間は、キャビンで睡眠タイムと体力的には大変楽! DSC_5376 まず、向かったポイントは大島沖です。周りには多くのキンメ釣り船団が集結しています。時間になりミヨシから順番に投入開始。 DSC_5369 仕掛け着底前からガクガクとアタリ!1投目からご覧の通りの釣果です。 DSC_5368 後半は、利島沖で釣りをして良型キンメがズラリ ズラリ! DSC_5386 キンメの口から、深海イワシ??が出て来ました。深海イワシを食べているキンメは、脂のりのりで絶品と言われています。 DSC_5399 DSC_5401 ダイワ田渕さんもご覧の通り多点掛けでご満悦 DSC_5398 DSC_5402 DSC_5377 ご一緒したお仲間も多点掛けで最高の釣行となりました。 DSC_5379 DSC_5382 DSC_5391 DSC_5390 クリスマスイブと言う事で全員サンタ帽子で記念撮影をしましたがご覧の通りのクーラーボックス満タン。 DSC_5406   DSC_5408 仕掛けの投入だけ落ちて出来れば決して難しく無い深場釣り、皆さんも本格深場キンメ釣りに是非チャレンジしてみて下さい。 番匠高宮丸さん 長夫船長 範子女将 お世話になりました。 帰宅後早速、炙りにして食べてみました。 何度食べても激ウマです。 DSC_5410   タックルデータ リール シーボーグ1200MJ ロッド マッドバイパー深海MH-195 バッテリー スーパーリチウム11000WP ライン  メガセンサー8ブレイド10号 ウエア

石塚 広行さんの記事
2017.12.23

神奈川県小坪港より中深場釣り

12月20日神奈川県小坪港『太郎丸』さんよりアコウダイ五目船に乗船して来ました。大型船でポイントまでは前後に有るキャビンでゆっくりと出来ます。

DSC_5364

マグネット タオル まな板 など各釣り座に準備してあります。冬の悴んだ手にはありがたい温水パイプも常備!

仕掛けは、ライト深場仕掛け10本針を使用しオモリは250号 餌はサバの切り身など

DSC_5359

ポイントは、沖の瀬です。

投入は、ミヨシから順番に仕掛けを投入して行きます。この日は、ミヨシから3番目が自分の釣り座で船長から3番目に合図が有ったら仕掛けを投入します。

釣り方や取り込み方など、親切に教えてくれます。

朝からアタリ好調で、良型キンメダイが釣れて来ます。

DSC_5361

DSC_5360

詳しい内容は、1月15日発売のつり丸さんダイワ広告ページをご覧下さい。

太郎丸 高橋船長 女将さんお世話になりました。

皆様も、乗船予約をしてお正月のキンメダイ釣りに出掛けてみてはいかがでしょうか。

 

 

石塚 広行さんの記事
2017.12.11

小型から大型までサイズ色々の州の崎沖のヤリイカ釣り

12月8日、剣崎間口港『喜平治丸』さんからヤリイカ釣りに行って来ました。

DSC_5339

事前に予約をする予約乗合スタイルです。朝、宿に行き受付のノートに名前を記入してお茶を頂きならが受付開始をのんびりと待ちます。ノートに記入した順番に釣り座を決めます。

自分は、左舷前方から2番

第8喜平治丸に乗り、タックルをセッティングし出船です。

今回のタックルは!

ロッド 極鋭ヤリイカ91 MH-175AGS

リール レオブリッツS500J

道糸  メガセンサー12ブレイド4号

バッテリー スーパーリチウム11000WP

仕掛け 快適イカ仕掛け 7本針

DSC_5327

DSC_5331

DSC_5332

ポイントは、州の崎沖水深150~170メートルを一日狙いました。西風が強めに吹いていましたが後半は良い反応出た模様で2点掛けや3点もありました。時には、海底から20メートルの反応もありました!

DSC_5330

今回は、イカ釣りでは定番外道のサバも少なくブランコ仕掛けでも快適に釣りが出来ました。

日により、ブランコ仕掛けと直結仕掛けを使い分けると良いと思います。

皆さんもヤリイカ釣りに行って見て下さいね。

DSC_5338

 

喜平治丸さん、お世話になりました。ヤリイカ乗合の他にアオリイカ コマセマダイ船も出船しています。

 

 

 

 

石塚 広行さんの記事
2017.12.02

新島沖のブランドキンメダイ釣り

11月30静岡県下田市須崎港「番匠高宮丸」さんより新島沖のキンメダイ釣りに行って来ました。

早朝4時30分港に集合し、タックルをセットして5時に出船しました。ポイントに着くまでキャビンで仮眠。船は、ゆっくり走って1時間ちょっとでポイントのトンガリ根付近へ到着しました。

海上は、凪でコンディションはバッチリ!防寒ウエアで、身体もポカポカです。

DSC_5304

FB_IMG_1512037527907

1投目の投入は、6時30分過ぎ しかし、潮速く 活性も悪い感じで3投目まで坊主!

1投目から3投目は、オモリ着底後から仕掛けを送る釣り方でした。

船長から8時頃からがチャンスタイムだよとアナウンスが有った通り速く流れていた潮の淀みの4投目でキンメの活性が上がりチャンスタイムが到来しました。

DSC_5308

水深は、440メートルで、どんどん駆け上がる絶壁のポイント!仕掛けをどんどん巻き上げて根掛かりを回避しないと直ぐ根に仕掛けが入ってしまいます。

以前、釣行した際も同じ様なポイントを狙ったのを思い出しリールカウンターで400メートルで道糸を止めます。しばらく待つとキンメのアタリ!まずは、丸々肥えた厚み有る新島キンメ二匹が釣れて一安心。

5投目 6投目も同じ釣り方でキンメのアタリが有り十分な釣果

DSC_5314

7投目は空振り 8投目は、潮が速くなりアタリが有りましたが根掛かりで空振りでした。

釣果は、新島ブランドキンメ10枚と十分過ぎる釣果で大満足の釣行となりました。

DSC_5321

タックルは、シーボーグ1200MJに道糸PE10号

DSC_5306

仕掛けから根掛かりしても、リールのパワーが強い為根起こしもリール任せで問題ありません。仕掛けも新島キンメ釣りの標準仕掛け、幹30号 ハリス18号 捨て糸14号とハード仕掛けでも安心して使用出来ます。

バッテリーは、スーパーリチウムバッテリー11000WP

DSC_5316

ロッドは、深場釣りのスペシャルロッド『マッドバイパー深海MH-195

仕掛けは、自作のキンメ仕掛け20本針を使用しました。付け餌は、カツオのハラモ サバ イカ等々!

DSC_5315

釣りが終了し、ウエアを袋に入れて帰港までの間もキャビンで爆睡して帰路の運転も安全です。

DSC_5320

番匠高宮丸、小澤船長 範子女将 お世話になりました。また、宜しくお願い致します。

DSC_5099

 

 

 

 

石塚 広行さんの記事
2017.11.22

2017新米杯カワハギ釣り無事に終了しました。電動カワハギ釣り

11月19日久しぶりのカワハギ釣りに行って来ました。毎年大盛況、年1回のカワハギ釣りイベント『2017新米杯カワハギ釣り』 今年の参加者350名以上 カワハギ釣り人気も凄いですね。 沢山の仲間と会える 話させる 交流出来るイベントでもあります。当日は、心配された雨も無く朝から晴天に恵まれて北の風は強かったですが無事開催出来ました。
朝5時から受付開始
会場の三崎港 うらりさんに多くの参加者が集まりました。
6時過ぎ、今回協力頂きました船宿さんが岸壁に続々と接岸しました。
[逕サ蜒・42e21e37.jpg]
[逕サ蜒・cb6eb9c2.jpg]
[逕サ蜒・b432ad28.jpg]
大松丸さん 棒面丸さん 成銀丸さん 瀬戸丸さん 一義丸さん 喜平治丸さん 伝五郎丸さん 佐円丸さん 佑幸丸さん(順不同)
合計18隻
7時過ぎに出船しまずは城ヶ島西沖へ全船集結
[逕サ蜒・4de3a1d8.jpg]
[逕サ蜒・6bef8c39.jpg]
[逕サ蜒・f8063655.jpg]自分は、棒面丸1(20号船)に乗船し船上開会式を宮澤さんと一緒に済ませて一路城ヶ島沖へ!

[逕サ蜒・40b51097.jpg]
[逕サ蜒・4f76aa4f.jpg]
[逕サ蜒・39a9962b.jpg]
[逕サ蜒・1c13a748.jpg]
[逕サ蜒・991dc8f1.jpg]
今回のタックルは、電動カワハギタックル
リールは、レオブリッツ150J
ラインは、メガセンサー8ブレイド1号
ロッドは、極鋭カワハギAGS170A
[逕サ蜒・9270dc6c.jpg]
[逕サ蜒・ddfde9f6.jpg]
[逕サ蜒・0c85536f.jpg]
[逕サ蜒・8c3a3b63.jpg]
バッテリーは、小型リールから1200番サイズまで安心して使える大容量のスーパーリチウム11000
電動コードは、エアーコードを使用しました。
仕掛けは、快適カワハギ仕掛け
[逕サ蜒・15b6d76b.jpg]
[逕サ蜒・c0cfb367.jpg]
寒さ知らずの防寒ウエアをバッチリ着てポカポカです。
[逕サ蜒・10612f55.jpg]
滑り易い船上も、Vソールでガッチリグリップ
[逕サ蜒・52482132.jpg]
[逕サ蜒・24bd3c74.jpg]
ポイントの水深は、25~45メートルを一日やりました。浅場は、ワッペンサイズのカワハギもいて油断すると餌が無い状態でした。
[逕サ蜒・1d490c18.jpg]
[逕サ蜒・8e6b87a5.jpg]
[逕サ蜒・70b6e818.jpg]
船中ポツポツ釣れていて皆さんカワハギ釣りを楽しんでいました。
新米杯のルールはユニークで、船別に船中1位 5位 7位 15位
レディース 最大魚は全体で、またまた抽選会でも新米とマグロを貰えるチャンスは誰にでも有ります。
数を狙って1位を取るか?
最大魚を狙って大型カワハギに狙いを定めるか?
飛び賞を狙って楽しくカワハギ釣りを楽しむか?
抽選に賭けるか?
それぞれの楽しみ方が出来る新米杯カワハギ釣りは毎年大盛況です。
棒面丸1に乗船した皆さんです。
[逕サ蜒・fcffc9b8.jpg]
[逕サ蜒・91850a05.jpg]
[逕サ蜒・5ea88c45.jpg]
[逕サ蜒・90420796.jpg]
[逕サ蜒・6b816627.jpg]
[逕サ蜒・d08516c8.jpg]
[逕サ蜒・180ac556.jpg]
[逕サ蜒・9a4d2b31.jpg]
[逕サ蜒・bc3cd92a.jpg]
[逕サ蜒・74fec0db.jpg]
[逕サ蜒・af42340d.jpg]
[逕サ蜒・837fc9a0.jpg]
[逕サ蜒・6e31242a.jpg]
[逕サ蜒・537c60f7.jpg]
[逕サ蜒・611bfc1a.jpg]
[逕サ蜒・497cabf1.jpg]
[逕サ蜒・fa96f9dc.jpg]
[逕サ蜒・890ef047.jpg]
[逕サ蜒・d9a6b853.jpg]
[逕サ蜒・7701bc05.jpg]
[逕サ蜒・cdf38f0a.jpg]
集合写真も、天気も最高でした。
[逕サ蜒・c2ca0414.jpg]
新米杯の大会運営を数カ月前から取り組んで来ました。諸々準備不足や連絡不足など至らない点も有ったと思いますが参加者の皆さん 老田さん スタッフさん 協賛様 オーシャングロー様 会場スバル興業様の三崎港様のお陰で無事終了出来ました。お一人お一人に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。主催者、宮澤さんお疲れ様でした。 また、開催の機会が有りました
石塚 広行さんの記事
2017.10.17

新島沖のキンメダイ釣り

10月12日、新島キンメダイ釣りに行って来ました。
シーボーグ1200MJの登場で本格深場釣りが手軽に楽しめる様になりました。発売以前はヘビー級タックルを使用していましたが、今はシーボーグ1200MJで本格深場のキンメダイ アコウダイまで楽々楽しめてしまいます。

9851a73c d7108131

今回も、下田須崎港『番匠高宮丸』さんより出船しました。

4510b093

早朝3時50分港集合し、タックル準備を済ませて4時20分出船。深場釣りのタックル準備は、簡単です。釣り座にロッドキーパーをセットしてロッド リールをセットして完了。仕掛けは、自宅で餌付けを済ませたキンメダイ仕掛けをクーラーボックスに入れて持参しました。仕掛けの準備が出来ない、キンメダイ釣りにチャレンジしてみたいけど仕掛けが・・・なんて方には、事前に船宿さんにお願いしておくと餌付き仕掛けを投入回数分の8組を準備してくれます。
出船して、ポイントまでキャビンで仮眠!と、言ってもいつもぐっすり寝てしまいます(笑)

今回のポイントは連日好調な『トンガリ根』
南西の風が強く、多少波はありましたが、ワクワクの1投目。
ミヨシから順番に、仕掛け投入!掛け枠からパラパラ出て行く仕掛け投入は深場釣りの特徴です。
リールカウンター420メートルで仕掛け着底し糸フケをしっかり取って当たりを待つと直ぐさまアタリ到来!
キンメダイ特有のアタリ!
仕掛けを張った状態で追い食いを待ちます。
バイパー深海がグイグイ グイグイ曲がり込んでニンマリ笑。同船した他の釣り人もアタリ有っよ~と嬉しそう!
巻き上げも順番に50メートル差でオマツリ回避しながら巻き上げます。
仕掛けを手繰り寄せると重量感タップリで、上がって来たのは良型キンメダイ。

f348fe91
1投目から釣れて、煮付け 炙り 刺身 塩焼きの我が家のキンメパーティー魚確保出来一安心しました。 続けて2投目は、自分は空振り! その後は、良型キンメダイを2枚追加して無事8投して12時に帰港しました。

8532e0ac

シーボーグ1200MJの発売と同時に、深場釣りにめっきりハマったS君は良型キンメダイを釣り上げて大満足の釣行になりました。

c229c4f2

今後も、良型キンメダイ トロキンメのシーズンは続きます。

 

 

石塚 広行さんの記事
2017.09.23

新島沖キンメダイ釣り!ラスト投入で待望の多点掛け

事前予約を済ませて、台風明けの9月19日静岡県下田市須崎港「番匠高宮丸」さんより新島沖キンメダイ釣りに行って来ました。早朝3時50分に港集合!その前に、船宿の黒板に釣り座を記入して集合時間まで仮眠。

今日の釣り座は、トモから2番目です。新島沖キンメダイ釣りは片舷に並んで釣り座を設けています。片舷流しです。タックルの準備を済ませ大型船に満員8名のキンメ釣りファンを乗せて4時20分に出船しました。ポイントまで、ウエアを脱いでキャビンで爆睡出来るのも遠征船の良いところです。遠征と言っても航程1時間でポイントに到着してしまう程の近場です。伊豆半島や神子元島もはっきり見える「トンガリ」に到着。

DSC_5067DSC_5069

台風前も好調に釣れていたキンメダイ既に多くの船が集結しています。海上は風も弱くウネリは多少ありますが最高の釣り日和です。

小沢船長より、始めますよ~!準備して下さい。

一投目、ミヨシから順番に仕掛け投入。水深は、450メートルから310メートル急激に浅くなるのでオモリが着いたらどんどんリールを巻いて下さいとアドバイスが有りJOGパワーレバーでどんどん道糸を巻いていきます。自分は、一投目は空振り!二投目 三投目も残念!徐々に潮が速くなって来てしまい潮が弛むまで様子見をしますとの事で、ちょこっとお昼寝タイムに突入。

四投目に、待望のキンメダイのアタリがロッドに出て1.5キロ程の新島キンメダイに会えてホッとしました。

五投目 六投目 七投目もキンメダイのアタリは、訪れずラスト八投目ラスト投入!船長より水深は、500メートルです。仕掛け着底後、送ってアタリを待って下さいとアドバイス。

仕掛け着底後、糸ふけを取り終えると微かにフワッ!フワッ!カッカッとキンメダイのアタリ!アタリが小さかったので仕掛けの下の方に針掛かりしたであろうと判断して道糸を送って仕掛けを寝かす(送る釣り)へ!ドラグを緩めて道糸を送ります。50メートル程、道糸を送りトモより順番に巻き上げ開始!隣の釣り人50メートル差で巻き上げします。順番に投入・巻き上げすのはオマツリ防止の意味でもあります。

オモリは、根掛かりしていますが根起こして捨て糸を切ります。オモリが無い状態でもロッドは良い曲がりをしています。リールのパワーもまだまだ全然余裕でシーボーグ1200MJのスピードモードで楽々巻き上げ。ウネリで幹糸が切れない様にドラグ操作をして仕掛けを手繰ると、上の針から良型のキンメダイが掛かっています。まだ居るぞ!トータル6匹の良型のキンメダイが掛かっていました。

DSC_5096IMG_20170920_194055

この日は、7匹の新島キンメを釣ることが出来ました。

帰港中も、キャビンのベッドでぐっすり眠って帰宅。番匠高宮丸さんお世話になりました。

DSC_5099DSC_5098

タックルは!

メガモンスターリール「シーボーグ1200MJ」道糸はメガセンサー8ブレイド10号を1000メートル巻いています。シーボーグ1200MJは大型魚のマグロやカジキなども釣り上げられる最強リール。極太リーダーをスプールに巻き込める様に対応してある為カタログ表記上は10号800メートルになっていますが、極太リーダーを必要としない深場釣りは、糸巻き時テンションをMAXに掛けて道糸を巻き取り時の熱から守る様に濡らしながらスプールへ巻くとカタログ表記の糸巻き量より多くの道糸を巻く事も可能です。

DSC_5071DSC_5074

バッテリーは、モンスターバッテリーの「スーパーリチウム11000WP-C」大容量の11Aで大量の電力を消費する深場釣りも容量不足による停止を防げて一日使用してもまだまだ容量に余裕が有ります。

DSC_5072DSC_5065

リチウムイオンバッテリーは、(満充電状態と容量0%の状態)が一番劣化が進みます。釣行予定の無いときは30~50%の充電量の状態で保管して頂くのがベストです。スーパーリチウム11000の場合残量チェックで青ランプが1個もしくは2個点灯している状態が保管時はベストです。浅場などの釣りで容量を全て使い切らないと事前に分かる場合は80%程の(残量チェックランプ3個点灯)容量で釣行して頂くとより長くバッテリーを使用出来ます。また、釣行後は、電極やバッテリー本体を綺麗に洗って頂くと長期に渡り使用できますので心掛けて見てください。

ロッドは、発売後より絶大な評価と人気を誇る「マッドバイパー深海MH-195」本格深場キンメダイ釣りのスペシャルロッドです。

自作仕掛けは、幹糸30号幹間2メートル ハリス14号1メートル 捨て糸14号4メートルの20本針、全長は40メートル仕掛けです。

餌は、カツオハラモ サバの切り身 スルメイカの短冊を使用しました。

 

 

1 / 812345...最後 »