石塚 広行の記事一覧

アングラー:石塚 広行


BLOG TOP 石塚 広行の記事一覧
石塚 広行さんの記事
2018.12.07

東京湾口ヤリイカ釣り

今年もやって来ましたヤリイカシーズン!

12月3日神奈川県三崎港『佐円丸』さんから東京湾口のヤリイカ釣りに行って来ました。

7時に出船!海上は無風で、天候は晴れ!ポイントの州の崎沖に向かいました。

今回の仕掛けは、ブランコ仕掛け!状況に応じてサバが多く仕掛けが途中で止められる状況なら直結仕掛けにチェンジ出来る様に準備は済ませておきます。

朝一、水深150メートルからスタート!いきなり5点掛けです。

その後もヤリイカのアタリはポツリと有ります。

DSC_6346

お昼の12時を過ぎた頃、ポイントを剣崎沖に移動

こちらは、スルメイカも混じり ヤリイカも!

サバの被害も少なく、1日を通してブランコ仕掛けでヤリイカを楽しみました。

東京湾口にヤリイカが徐々に回遊している模様で今後の展開が楽しみです。

DSC_6367

佐円丸さん 柳下船長お世話になりました。

DSC_6366

今回のタックル

リール シーボーグ200J

道糸  メガセンサー12ブレンド2号200メートル

ロッド 極鋭ヤリイカ91 MH-175AGS

DSC_6349

DSC_6358

仕掛け

快適イカ仕掛けミラーS

ブランコ11センチ5本 スタンダードタイプ

ブランコ7本11センチ ガス糸タイプ

シンカー ドラゴンシンカー120号

DSC_6352

ガス糸巻きも新登場

DSC_6361

ウエア

防寒サロペット

DSC_6344 DSC_6343

イカ墨汚れもさっと拭いて、メンテナンスも楽々!コマセ汚れも気にならない!天候や釣り物に応じて着回せば快適に釣りが楽しめます。

DSC_6354

 

 

 

 

石塚 広行さんの記事
2018.11.29

釣り仲間と新島沖キンメ釣り

11月25日釣り仲間からお誘い頂き新島沖キンメ釣りに行って来ました。

早朝4時30分港集合!船宿さんは静岡県下田市須崎港『番匠高宮丸』さんへ

IMG_20181126_234630

投入開始の6時に合わせて、5時過ぎに出船し新島沖のトンガリ根周辺のポイントに向かいました。今回も海上はベタ凪!凪の海と朝日は嬉しいですね!

DSC_6310

DSC_6315

モーニングの1投目は型見れず(笑)

しかし、2投目からは……毎回当たりが有り…!

フワフワ カクカク ギュンギュン!

なんと全員当たり!皆さん笑顔 笑顔でテンションMAX!

自分も、上手く狙って多点掛け出来ました。

IMG_20181126_234526

仲間の皆さんも多点掛け!

IMG_20181126_234407

IMG_20181126_234253

DSC_6325 DSC_6326 IMG_20181126_234106

後半は、深場で更なる良型を狙い! 上手く当たり、良型の新島キンメダイをゲット出来ました。

DSC_6334

IMG_20181126_233734

規定回数の8投し、13時過ぎに帰港となりました。

番匠高宮丸さん 長夫船長 範子女将、今回もお世話になりました。

DSC_6340

番匠高宮丸さんの、ペアキンメダイ釣りプラン、ビギナーさんにもオススメですので船宿さんに内容を確認してみて下さいね。

今回のタックル!

リール シーボーグ1200J

ロッド マッドバイパー深海MH-195

バッテリー スーパーリチウム11000WP

道糸 メガセンサー8ブレイド10号

仕掛け 幹糸30号 ハリス16号

サクサク親子サルカン2/0*1/0

針 18号

オモリは鉄筋棒2キロ

DSC_6328

12月(師走)も目前で冷え込みも日に日に強くなって来ました。防寒ウエアで快適フィッシングをお楽しみ下さいね。

DSC_6244DSC_6245DSC_6246

石塚 広行さんの記事
2018.11.29

神奈川県小坪港よりライト深場釣り

深場釣りにチャレンジしたいとリクエストが釣り友達からあり、11月21日神奈川県小坪港『太郎丸』さんから釣行して来ました。

5時30分港集合です。平日にも関わらず大盛況です!流石人気の釣り物です。

釣り座には、船宿さん常備のマグネット タオル たわし 餌 氷が準備されています。出船までにタックルを準備して6時に出船!ポイントまでは航程1時間程!

DSC_6294

ベタ凪の海上、朝日も綺麗です。

DSC_6295

まずは、キンメ釣りからスタート!

マグネットに順番に針を並べて、餌のサバを付けて投入合図を待ちます。投入は、ミヨシから順番に船長からの合図が有ったらオモリを前方に軽く投げれば投入完了です。

オモリ着底後は、糸フケを取ってアタリを待ちます。アタリが有ればリールのハンドルを5回巻いて更にアタリを待ち巻き上げ合図が有るまで待ちます。

取り込み時、魚が掛かっていたら備え付けのバケツに魚を入れて空針はマグネットに付けていけば仕掛け絡みも防止出来て次の投入もスムーズに行えます。この日は、潮が悪く魚のご機嫌斜めでしたが初チャレンジのライト深場釣りでキンメが釣れて大満足して頂けました。後半は、クロムツも釣れて楽しんで頂けました。

DSC_6300

太郎丸 高橋船長 女将さん大変お世話になりました。

DSC_6303

今回の使用タックル!

リール シーボーグ800J

ロッド ディープゾーンGS 200-205

道糸  メガセンサー8ブレイド6号

バッテリー スーパーリチウム11000WP

キーパー  パワーホルダーGS160

DSC_6297

 

石塚 広行さんの記事
2018.11.20

伊豆稲取から新島ブランドキンメダイ

連日好調!

そんな各船宿のホームページを確認していると、直ぐにでも行きたい気持ちになってしまうのが釣り人!

釣行前日の夕方、急遽予約をお願いし釣行決定!11月13日 静岡県東伊豆町稲取の『山吉丸』さんから新島ブランドキンメダイ釣りに行って来ました。 集合時間は早朝4時!タックルの準備を済ませて、いざ出船!風も弱く良い凪です。ゆっくりとポイントに向かう間にキャビンで仮眠!ポイントの(トンガリ根)には6時前に到着し6時の投入時間を待ちます。

投入時間になり、期待の1投目! ミヨシから順番に仕掛けを投入して行きます。 タックルの左側に立ち、左手にオモリの鉄筋2キロ 右手に仕掛けを巻いた掛け枠を持ちスタンバイ! 自分の番が来たら、オモリを離してスルスルと仕掛けが掛け枠が海中に入って行きます。掛け枠をしっかり持っていればすんなり仕掛け投入は可能です。

投入前に捨て糸と幹糸のクロスが無いかはしっかりチェックしておきましょう!

水深は300メートルですと船長からアナウンス!浅い!トンガリ根の天辺に近いポイントかな? 着底後、糸フケを取ると!来ました!来ました!アタリ! フワフワ ガクガク(*^-^*)キンメダイのアタリ! アタリもどんどん大きくなって思わず歓迎!仕掛けが上がって来るまでは油断は出来ませんが多点掛けに成功!

ミヨシから50メートルの差を付けて電動リールの巻き取りスタートするとロッドにはかなりの重量感!リールは余裕のパワーで巻き取り!

上がって来たのは、新島ブランドキンメダイ(^-^)

DSC_6224

直ぐに2投目!これまた良いアタリ!

DSC_6226

前半4投は浅場のポイントを狙い、後半の4投は500メートルの深場へ! こちらは型の良いキンメが釣れて来ます。

DSC_6229

9時頃から風が吹いてきシケ気味でしたが、規定の8投入出来て12時に帰港しました。

DSC_6235DSC_6236

山吉丸さん 小池稔船長お世話になりました。

今回のタックル

リール シーボーグ1200J

ロッド マッドバイパー深海MH-195

道糸 メガセンサー12ブレンド10号

バッテリー スーパーリチウム11000WP

キーパー パワーホルダーGS160

クーラー トランクマスターHD TSS6000

DSC_6221 DSC_6233

仕掛け 幹糸30号 ハリス18号 20本針 親子サルカン サクサス親子サルカン2/0×1/0 糸ヨレ解消で、ハリスのヨレ 魚のバラシはかなり減少します。 餌は、カンパチの皮とキメジの皮を今回使用しました。

DSC_6231

深海の舞姫、新島ブランドキンメ釣りに皆さんもチャレンジしてみては如何ですか?

received_2184384981820582

石塚 広行さんの記事
2018.10.28

銭州釣行ムロアジ作戦

10月24日行って来ました! 憧れのフィールド 魅力一杯のフィールド銭州!

狙いは、銭州ブランドカンパチ! 今回もお世話になったのは、銭州 イナンバ遠征船のスペシャリスト土肥港『とび島丸』さん! DSC_6182

深夜1時に集合し氷を入れて、船にロッドキーパーをセットして1時30分に出船。早速、快適ベッドルームで睡眠!普段より、よく寝れます(笑) ポイント到着予定の6時30分前に目が覚めてそろそろ到着かなと思いながらベッドで待機! とび島丸さんの銭州到着の合図は、とっても目覚めが良いアナウンスです。アナウンスが流れ、ハッチを開けると目の前には銭州!素晴らしい凪とご来光が出迎えてくれまさした。 DSC_6183

ネープルスに、ご挨拶して7時に釣りスタート!

DSC_6185 DSC_6188

まずは、ムロアジを出来るだけ多く釣ります。最低20匹!元気なムロアジが沢山有ればカンパチに出逢えるチャンスは上がります。前回の釣行ではムロアジが釣れず課題が残っていた自分、今回は課題をクリアしてムロアジ釣りは絶好調です。時折、嬉しいシマアジも混じります。

ムロアジは沢山確保出来たので泳がせスタート!

タックルは! シーボーグ800Jマッドバイパーファング170A

仕掛けは、ナイロン60号にデカイ針30号 オモリは150号! ムロアジの上顎に素早く針を刺して、投入しオモリ着底後まず前アタリを確認し、リールのハンドルをゆっくり巻き上げて誘い上げ!竿の角度にも気を付けながらムロアジの暴れる棚を探ります。

すると、竿先がファファ フアフア ガクガク何かに追われいる気配!?ゆっくり誘い下げると食った! 強くアワセを入れるとカンパチの強い引き!根ズレに注意し、とにかく巻く巻く!その後は、ドラグを緩めて口切れに注意してやり取り!

アドレナリン全開です。 良型カンパチを見事、釣らせて頂きました。 FB_IMG_1540367705299IMG_20181026_192330

船中あちらこちらでカンパチが取り込まれます! 直ぐに、自分にもアタリが有りましたが餌だけ抜かれてしまい(笑) また、直ぐにアタリ! 検量8.6キロの2本のブランドカンパチゲット! 嬉しくて嬉しくて!

ダイワ田渕さんとSさんと記念撮影

528a17c1250bf052ab27-320x240

楽しい時間はあっという間に過ぎて、釣り座の周りを綺麗に掃除してネープルスに、また次回も宜しくと一礼しシャワーを浴びてベッドルームへ! DSC_6209

夕日の沈む17時過ぎに、帰港しました。 釣り上げたカンパチは、真空パックにして熟成されて頂きました。 DSC_6215   IMG_20181028_150026

激ウマ銭州ブランドカンパチ皆様も釣行してみては如何ですか?

とび島丸さん 忠文船長 3代目裕己さん スタッフの皆様ありがとうございました。 DSC_6211

今回のタックル

リール シーボーグ800J

道糸 メガセンサー8ブレイド10号

ロッド マッドバイパーファング170A

バッテリー スーパーリチウム11000WP

石塚 広行さんの記事
2018.09.15

好調、秋マダイシーズンスタート

春の乗っ込みマダイ 秋の秋マダイ!

夏も終わり海水温が下がってくると、秋のマダイシーズンスタート!

9月14日(金)静岡県西伊豆町土肥港『とび島丸』さんより銭州遠征を予定していましたが、予報が変わり安全第一を優先に中止となりターゲットを変更し銭州遠征を予定していた仲間4人で土肥沖のコマセマダイ釣りに行って来ました。

春の乗っ込みマダイでもお世話になりました、とび島丸さん!鈴木健司船長の操船する第18とび島丸で6時50分過ぎに出船しました。釣りスタートは、協定で7時開始!

DSC_6140

DSC_6139

ポイントは、港の真ん前!港からポイントが見える。ポイントから港が見える超近場です。港でコマセカゴに餌を詰め 針に餌を付け直ぐに投入出来る様に準備は済ませて期待の1投に備えておきます。

開始から、船中マダイが釣れ始めて秋マダイスタートを思わせる釣れ具合!自分の隣で一緒に竿を出しくれた、とび島丸さん3代目裕己さんの釣り方はお見事の一言!コマセワーク 誘い込み アワセ ロッドの角度など大変勉強になります。土肥沖コマセマダイ釣りの秘訣を色々と教えて頂きました。文書に書くには難しいので直接釣りに行ってアドバイスを受けると良いと思います。

表層の水温が高いのでサバの猛攻も有りますが、サバを交わしポイントを転々と変えてマダイの反応を見ながら釣りをして行きます。お昼を過ぎてそろそろ型の良いマダイが釣りたいねと健司船長。

この時点で、ダブル トリプルヒットで全員マダイは釣れています。ポイントをプチ移動し良型マダイの居るポイントへGO!

コマセワークを済ませて、ゆっくり誘い込みをしマダイの当たりを待つと…当たり!ちょっと良さそうな重みが…上がって来たのは3.7キロのマダイ!

嬉しい1枚です。

image2

FB_IMG_1536922935547

今日の釣果はマダイ7枚 ハタ1匹

DSC_6147

マダイが船中5人で30枚と大変楽しめました。

FB_IMG_1536922993124

FB_IMG_1536922952312

土肥沖の秋コマセマダイはこれから本番。水中イメージをしながらコマセの位置と付け餌の位置を考えながら楽しむコマセマダイ釣り皆様も楽しんで見て下さい。

銭州遠征のカンパチ ヒラマサ モロコ狙いも秋の好調期を迎えそうです。

とび島丸さん 健司船長 3代目裕己さん大変お世話になりました。

DSC_6148

今回の使用タックル

リール      バッテリー

シーボーグ300MJ スーパーリチウム11000WP

ロッド

バイパースティックS-2451

MD.ビシL80号 リーディングアームⅡ600㎜

ハリス ディーフロン船ハリス

上6号6メートルからスタートし9メートル 下4号6メートルのテーパー仕掛け2本ハリス

クーラーボックス

トランクマスターHD TSS6000

 

 

 

 

 

石塚 広行さんの記事
2018.08.26

良型アジヒット!ライトアジツアー

船釣りにチャレンジしてみたいけどタックルが無い!釣り方がよく分からないなどの不安も一気に解消してくれるダイワ釣りツアー!

魚を入れるクーラーボックスと食事 救命具 ウエア類を持参して頂ければ釣りを楽しめてしまう大人気のダイワ主催の釣りツアー!今回は、8月22日神奈川県金沢八景は『弁天屋』さんから半日ライトアジ釣りツアーのお手伝いに行って来ました。

タックルは!

アナリスターライトゲームMH82-190

ダイナスター150

ビシ40号 2本針仕掛け

受付を済ませて、この日一緒にお手伝いする晴山由梨さんと出船前に基本的な釣り方をレクチャーします。

DSC_6063

リールの使い方 餌の付け方 コマセの巻き方 棚取りなどレクチャーし出船です。ポイントまでは航程10分の横須賀沖の30メートル!ビシカゴが底に着いて皆さんしっかり棚取りをしコマセを撒くとアジが寄って来た様でアタリが出始めました。ライトタックルな為、良く引きます。釣れ上がって来るアジは良型アジ!タマアミで救い、水面バラシを防ぎます。10時過ぎからは上げ潮が来てアジの活性も上がり終了時間の11時まで高活性となり参加者の皆さん楽しまれていました。

DSC_6072 DSC_6073 DSC_6065 DSC_6071 DSC_6076

FB_IMG_1535211922677

夏休み中とあってご家族での参加が多く、お父さんお母さんと楽しむ姿はとても楽しそうでした。

弁天屋さん ダイワスタッフの皆さんお世話になりました。

DSC_6061

今後もダイワ主催の釣りツアーでは様ざな釣りにチャレンジ出来る企画が盛り沢山の様です。皆さんも是非機会が有りましたら参加してみて下さい。

 

石塚 広行さんの記事
2018.08.26

駿河湾のカツオ キハダ釣り

駿河湾 相模湾で夏から秋の釣り物として大人気の本カツオとキハダマグロ!

釣って楽しい 食べて激ウマのカツオ キハダ釣りへ8月21日西伊豆は土肥港『とび島丸』さんより釣行して来ました。

DSC_6053

大人気の釣り物と有って大盛況!大勢の皆さんが集合時間の4時に港に集合します。皆さん、大型のクーラーボックスに氷を入れて乗船準備!自分も、深場や大物釣りで大活躍のトランクマスターHDに氷を入れて乗船を待ちます。

順次、第18とび島丸に乗船をしロッドキーパーをセット!ポイントも近いのでタックルもセッティング!ベッドルームでナブラ反応が出るまで身体を休められるので寝不足にならくて快適です。港を出て、ナブラ探しスタート!僚船と一緒にナブラ探し!

DSC_6052

しばらくは、カツオの浮きが悪くクルージング!9時を過ぎた頃、全速で走り出します。ここからが凄かった。棚15メートルと指示があり早速釣りスタート!コマセを振ってアタリは即やって来ました。大きくアワセを入れて針掛かり成功!物凄いスピードで泳ぐカツオ、引き味は最高です。

マッドバイパーファングがカツオの強い引きも負けずどんどんカツオを浮かせてくれます。若干オーバースペック気味かもしれないですが入れ食い状態のカツオ釣りはピッタリって感じです。船下にビュンビュン物凄いスピードで泳ぐカツオ!サイトフィッシングで釣れて来ました。群れの中には、大きい魚体も見えます!キメジ?

カツオの船中入れ食い状態は圧巻です。タモ取りが間に合わない程!

後半、水深の深めのポイントでキハダマグロを狙いましたが不発でしたが2回目のカツオナブラが出て入れ食い!一緒に釣行したスーパーフレッシュアングラーの大島くんにカツオに混じりキメジがヒットし無事に釣り上がりました。

image2

image1

皆さん、クーラー満タンで12時30分に帰港となりました。

DSC_6054

この日は、とび島丸さん3代目の裕己くんもカツオ釣りに乗船し中乗りの合間にカツオをどんどん釣っていました。見事な手捌きで大変勉強になります。

DSC_6056 DSC_6059

帰宅後は、カツオのタタキと玉ねぎスライスとカツオの刺身をごまポン酢で食べましたが激ウマでした。

DSC_6077 DSC_6078

とび島丸さん 健司船長 裕己くん大変お世話になりました。

皆さんも、旬のカツオ キハダ釣り出掛けてみては如何ですか!

今回の使用タックル

ロッド  マッドバイパーファング170A

リール  シーラインLD50ⅡSP

ライン  メガセンサー8ブレイド10号

キーパー パワーホルダーGS160

ハリス  ディーフロン船ハリス26号2メートル

クーラーボックス

トランクマスターHD TSS6000

 

 

 

 

 

石塚 広行さんの記事
2018.08.16

西伊豆土肥港より出船!石廊崎沖のスルメイカ釣り

重量感タップリのスルメイカ釣り!夏の風物詩!

8月13日静岡県西伊豆土肥港『とび島丸』さんへ連日好調の石廊崎沖スルメイカ釣りに行って来ました。

早朝3時30分に港集合

DSC_5994

ロッドキーパーを取り付け、タックルは、しっかり縛り付けて準備を済ませます。

大型遠征船第18とび島丸、鈴木健司船長の操船で4時に出船!銭州遠征でもお世話になっている、とび島丸さん船室には定員数のベッドが完備されていてエアコン完備で快適に行き帰り睡眠できる。船室は、苦手と言う方も多いかと思いますが掃除が隅から隅まで出来ていて無臭空間!

DSC_6005

ポイントの石廊崎沖まで、ゆっくり走って1時間30分

ポイント近くに来ると、目覚ましは演歌!船室を出ると石廊崎沖です。多少のウネリは有りますが凪!夏の海!

DSC_5998 IMG_20180814_185924

タックルをセッティングし、イカヅノを投入器に入れて投入合図を待ちます。

DSC_5996

はい!やりますよ~!と、健司船長の合図と共に期待の第1投目を投入し水深180メートル!海底まで仕掛けを落とし素早く糸フケを取って大きく誘うと本日の初乗り!まずは、デップリスルメイカ登場!その後は、バリバリの乗りは無いもののスルメイカが釣れて来ます。水深は、日中に近付くにつれ深くなって行きます。この日は、二枚潮で潮が悪いな~と船長!

しかしながら、投入の度にスルメイカは釣れて来ます。

DSC_6002

11時過ぎにポイントをプチ移動

ここから、絶好調!

水深は、250メートルと深めながら200メートル前後の中層でも乗って来ます。仕掛け落下中にイカが角に触って来る程の好反応も有り多点掛けも!

腕パンパン!

船上干しを作るのも大忙しと嬉しい状況!

13時沖上がりの時間となりスルメイカ63杯と十二分楽しめました。肉厚1センチ以上もあるBIGスルメイカ、まだまだ楽しめそうですよ!

DSC_6004

DSC_6006

釣り終了後は、シャワーを浴びて着替えを済ませてベッドに入って睡眠!15時過ぎに帰港となりました。

とび島丸さん 鈴木健司船長お世話になりました。

DSC_6010

タックルデータ

仕掛けは、直結仕掛けの角数10本!MD.スティックミラー18センチを使用し幹糸はディーフロン船ハリス14号を幹間170センチ取っています。仕掛け巻きに巻いて、ミニバッグロングに入れてフィールドに持って行っています。

DSC_6014 DSC_6013

快適イカ仕掛けシリーズには、スルメイカ直結仕掛けも販売されているのでビギナーさんにも安心してご使用して頂けます。

今回使用したタックルは、9月発売予定の(メタリアイカ直結150)スルメイカ直結仕掛けを使用した釣りには最高の調子に仕上がっていて、乗り渋り時の小さいアタリも逃さず、尚且つバリバリ多点掛けでもバットの強さが威力を発揮してスルメイカの重量に負けない素晴らしいロッドです。

DSC_6000

軽く 強く 誘い易く メタルトップでアタリもはっきり!一度お使い下さい。

リール

シーボーグ500Jイカチューン

DSC_5997 DSC_6001

道糸

メガセンサー8ブレイド5号300メートル

オモリ

200号

軽く炙って食べましたが、最高でした。

DSC_6019

 

 

 

 

 

 

石塚 広行さんの記事
2018.07.20

2日間の新島キンメ釣行

2キロアップの激ウマキンメダイを狙いに7月15日と16日の2日間釣行して来ました。 初日は、下田市須崎港『番匠高宮丸』さんより出船しました。無風で蒸し暑い深夜2時50分集合! DSC_5956   タックルの準備を済ませて3時30分出船!航程40分でポイントのトンガリ根に到着し反応を探して5時前に1投目の投入!幸先良く、キンメダイのフワフワ カクカクとした当たりが来ました。上層の潮が速い状況で道糸をどんどん送る釣り方でも500メートル以上先の当たりが道糸からロッドにしっかり伝わる!タックルの進化は凄いです。 特に道糸は、最近では船宿さんのレンタルタックルも使用号数を12号から10号へ変更しているそうです。道糸に受ける潮受けはかなり軽減出来ますからね。 まず上がって来たのキンメダイは2.2キロの良型キンメ!まずは一安心(笑)満足のサイズです。 途中、空振りが続きましたがラスト2投は仲間のS・Hさんが良型キンメの4点掛け!船長の了解を得て息子さんも乗船し見事親子で釣り上げたキンメは、メガサイズでした。 DSC_5950 仕掛けは、自作の20本針の胴突き仕掛け!餌は、カツハラを使用しています。イカタン シャケ皮 サバなどその時の当たり餌を探して針付けすると良い思います。 DSC_5946 ラストの流しは、ダイワ田渕さんがなんと2.92キロ頭にメガサイズの4点掛け!これが有るから釣りは最後まで諦めて行けませんね。 DSC_5952 DSC_5955 釣果は、仲間8人でメガサイズを1~4枚でした。 0ABB530F-86CB-4002-80BE-5667D0F62EEA-1   A3FE2612-A5F7-4199-BF52-108EAB3AECB4 番匠高宮丸さん、お世話になりました。

帰港後は、道具を洗って下田市の温泉施設でさっぱりと身体を洗い流してファミレスで釣り談義!翌日乗船の須崎港『宝栄丸』さんへ素泊まりでお泊まりし翌日は仲間6人で出船! DSC_5957 ポイントは、トンガリ根で前日と同じポイントです。根に仕掛けを当てる、トンガリ根の壁のポイントです。船長よりオモリ着底後仕掛けを張って待つ様にとアナウンスがありドラグを締め込み当たりを待ちます。今日は、前日と違い潮が流れていません。当たりが遠いですが最後まで諦めては行けません。 ズラズラは無いもののトモの仲間が、ラストの流しでキンメダイを釣り上げこの日は終了!残念ながらメガキンメに出会う事はありませんでした。

宝栄丸さんお世話になりました。

2日間充実した時間を過ごせました。次回の釣行も楽しみです。

今回使用のタックルは!

リール シーボーグ1200MJ ハンドルは、SLPWのアミルハンドルノブに取り替えてハンドルでの誘い上げ時のグリップ感をアップさせています。

アルミハンドルノブは、シーボーグ800 1200シリーズに取り付け可能です。泳がせ釣りや大物釣りで活躍してくれるアイテムです。

DSC_5937 DSC_5944   道糸

メガセンサー8ブレンド10号  リーズナブル価格設定で糸巻き量の多いリールにはありがたい価格!価格は安いですが、強度は高くライントラブルは少なく安心して使用出来ます。 DSC_5945 ロッド

マッドバイパー深海MHー195 食い込み良い穂先部と根起こしにも負けないバットパワーを兼ね備えていて2キロの鉄筋オモリ使用の本格深場からライトアコウダイにはベストマッチのロッドです。

クーラーボックス

トランクマスターHD TSS6000  夏場の暑いさで氷も溶けやすい季節ですが、なんと三日前に入れた氷も残ってしまう程の保冷力!深場釣りから大物釣りまで、使い勝手抜群です。魚の鮮度を保つには、保冷力の高いクーラーボックスにキンキンに冷えた海水氷に直ぐ入れる様にしています。クーラーボックスは、様々なタイプの物が発売されていますが個人的に保冷力のランクの高いタイプを使用しています。

また、飲料水や食料 付けエサはプロバイザートランクTSS3500に魚入れようと別にして持参しています。特に飲料水は、多めに持参して熱中症を防ぐ様に心掛けています。

DSC_5942 IMG_20180717_112443 DSC_5968  狭い場所でも開閉が楽々で、排水栓もワンタッチで直ぐに水抜き出来ます。 DSC_5958 DSC_5959 DSC_5967

1 / 1012345...10...最後 »