堀江 晴夫の記事一覧

アングラー:堀江 晴夫


BLOG TOP 堀江 晴夫の記事一覧
堀江 晴夫さんの記事
2017.06.14

2017/6/11久比里 やまてん丸さん カワハギ釣行♪

今回は久比里やまてん丸さんへカワハギ釣りに行って来ました。

やまてん丸の船着き場には6隻の船、ひと際目を引いたのはマルイカ船!

今シーズンは三浦半島側の様子も上々のようで、2隻出しの大盛況です!

2017.6.11やまてん2

 

カワハギ船はちょっと寂しく5名様で出船です!

2017.6.11やまてん3

2017.6.11やまてん7

 

本日のポイントはここ。

久里浜港を出てすぐ、水深15mほどの横須賀発電所前です。

2017.6.11やまてん8

 

本日のロッドは極鋭カワハギレッドチューンAGSボトム

私的には極鋭カワハギシリーズの中心にあるロッド、様々な最新技術をまとっていながら非常に扱いやすいと感じる一本です!

初めて極鋭カワハギを購入する方にもお勧めできる一本です(^^)v

2017.6.11やまてん4

 

近々の釣果情報では10枚釣れれば…という状況。

如何に取りこぼしなくバラシを減らせるか!

今回もスタートは中,良型に的を絞り、ハリに合ったアワセのイメージを頭に入れてスタートしました。

暫く魚からのコンタクトも無く時間が過ぎてゆきましたが、私の隣(左舷ミヨシ)の方が良型を釣りあげました!

カワハギは居るんだなと気持ちを入れ直し再度スタートしましたが…

途中何度も気持ちが切れそうになってしまいましたが、ようやく1枚目を拝めたのは11時10分…(^^;)

こんなサイズでした(^^;)

2017.6.11やまてん10

 

途中何度か一番下のエサ(アサリ)の肝の部分を少しかじって居なくなってしまうのは此奴なのかと、

小型狙いに軌道修正し、ハリは3本とも小針(スピード6.5号、7号、フック系3.5号)に交換!

そんな軌道修正を嘲笑うかのように強い引きを見せて姿を現したのは!!!

本日最大の31cmでございました(≧▽≦) フック系3.5号がクチビル深く刺さって上がってきました!

ハリスも1.5号と細かったので飲み込まれていたら…

今年に入って3枚目の尺ハギでした! (^^;)

2017.6.11やまてん11

 

この一枚を釣り再び気合を入れ直したのですが、再び長い沈黙タイム…

この感じだと3枚がやっと? と諦めかけた午後1時くらいだったでしょうか? プチご褒美タイムがスタートしました♪

連チャンとはいきませんが、中型主体にポツポツアタリが出始めました!

少しアタリが遠退いた時もミヨシの方のエサの取られ方を観察したり、船の動き方に注意してキャスト方向を考えたり、

糸が斜めになって張りが出てしまった時に出たアタリ、糸が立っている時に出たアタリ、

それぞれ「合わせ」に工夫をしたりして約1時間! (ハリはフック系4.5号、5号)

6枚を追加して10枚で沖揚がりとなりました♪

小型3枚、中型メス3枚放流しました。

2017.6.11やまてん13

 

今回は多くの時間に集中力を欠いてしまいましたが、

沖揚がりまでの僅かな時間に色々考えながら試行錯誤して掛けたカワハギは、言葉では言い表せない楽しいものがありました♪ (^^)v

 

 

 

 

堀江 晴夫さんの記事
2017.05.29

横浜皮研5月例会 春季大会

横浜皮研春季大会に参加して来ました。

2017.5.28.1

 

風も弱く釣りをやるには最高の陽気♪

34名の参加者はA船、B船2隻に分かれて春季大会スタートです♪

2017.5.28.2

 

私の乗船したのはB船、右舷大艫でございます♪

しかし隣にはこのオジサン…( ̄д ̄)
2017.5.28.3

 

最初のポイントは小網代沖水深20m

前回の山下丸さん出船剣崎沖同様、カワハギの活性はまだまだ活発では無いとみて、ロッドは極鋭カワハギEX AGS ZEROでスタートしました!

SFの穂先を持ちながらしっかりとした穂持ち兼ね備えるダイワカワハギロッド最軽量のロッドです!

剣崎沖同様比較的大きめのカワハギに的を絞り、今回もハリはフック系の4.5号~5号。

しかし、底潮が動いていないのか、たまに出るアタリはフッキングに至らないモノばかり。

それでも暫くフック系のハリで粘って2枚ほどのカワハギを釣りましたが「これだ!」と言えるものは見つからず。

潮が動いていない事が影響してか、どちらかと言うと小型カワハギの反応が多いようなので、

ハリはフック系を諦め吸い込み重視でスピード6.5号~7号10cmハリスに変更。

すると、今までのアタリより素直なアタリを捉え小型(16cmほど)のカワハギをゲット!

次は22cmくらいのまずまずサイズ!

次も小型をゲットでイケルかな!?と思ったところでポイント移動…

今度は諸磯沖水深25m

ここでのカワハギは小網代沖とは若干違うようで、何とも掴みどころ無く時間が過ぎてゆきました。

10時過ぎだったでしょうか、三崎堤防前にポイントを移しましたが期待ほどの反応は得られず、やはり三崎のあるポイントへ移動。

ポイントごとにカワハギのサイズ、活性、潮の流れも違うので難しかったのですが、

今までのポイントと違うのはアタリの数!

一度掛け損ねても次に修正できれば追い食いしてくれるカワハギでした!

しかし、決して高活性では無いカワハギ。

迷わずロッドを極鋭カワハギレッドチューンAGS SFにチェンジ!

このロッドチェンジが正解でした!

SFの柔軟な穂先から穂持ちまでにかけての柔軟さが実にイイ感じ♪

言葉で表すのは難しいのですが、アタリからフッキングに至るまでの溜めを緩やかにロッドが作ってくれる! そんな感じ♪

ここでは中型のカワハギが多かったのでハリをフック系4.5号、5号に戻し順調に数を重ねてゆきました!

私の座る右舷では中,良型が顔を見せ始めています!

2017.5.28.4

2017.5.28.5

2017.5.28.6
2017.5.28.7
2017.5.28.8
2017.5.28.9
2018.5.28.10

 

このポイントに移ってから一時間弱、3連チャンを含む中型主体で10枚を追加!

久しぶりに感じる釣り座の優位性も活かして数を伸ばしました♪

水深も15mに満たない浅いポイントなので、キャストをして沖で掛けたカワハギは船から6~7メートル離れた所から海面に上がり、海面を滑らしながら手元まで! なんてスリリングな場面も!

久しぶりに味わう楽しさを感じていたのですが、何故かポイント移動…

そこから終了までの3時間で2枚…

結果20枚で沖揚がりでした。

途中、村上キャプテン所有のアリエス号と遭遇♪

先日開催されたボート釣りの祭典キスマスター2017では念願叶って見事初優勝!!!

村上キャプテン、家もっちゃん、カヤゴン、改めてキスマスター優勝おめでとうございます♪

2018.5.28.11

 

結果 20枚を釣り春季大会優勝を頂きました♪(^^)v
2018.5.28.12

2017.5.28.18

2018.5.28.15

 

今回もじゃんけん勝負のラッキー賞多数! (丸十丸無料乗船券、割引券、ビール券、現金)

目玉は横浜皮研前会長、長谷川さん所有の横浜皮研創設者、故 長島万水さんの描かれたカワハギの水彩画を賞品としてプレゼントして頂きました!

見事ゲットしたのは今期入会の今津さん♪ おめでとうございます!

2018.5.28.16

 

数人残った仲間で丸十丸さんに併設された小網代ビレッジで暫しの間釣り談義♪

運転しない人は良く冷えた生ビール♪ 私は挽きたてアイスコーヒー♪ ごちそうさまでした♪

2017.5.28.19

 

楽しいひとときを過ごし帰路に着きました(*^▽^*)

2017.5.28.20

堀江 晴夫さんの記事
2017.05.23

久比里 山下丸カワハギ釣行♪

一ヶ月ぶりの釣り、久比里 山下丸さんへカワハギ釣りに行って来ました♪

PAP_0001 (2)

 

心地よい晴天の下、出船です♪

PAP_0011 (1)

 

ポイントは剣崎沖水深15m~20m

PAP_0008 (1)

 

最近こだわって使っているフック系(ハゲ針)の針の特性を上手く活かそうと選択したのは、

ダイワカワハギロッドでは一番固い極鋭カワハギレッドチューンAGS RMでスタートしました!

PAP_0010 (1)

 

近々の情報ではバラシも多々有るとフェイスブックでも目にしていたので頭には入れておいたのですが…

最初のコンタクトは若干浮いたアタリ!

そのアタリは底から1mくらい上で感じましたが捕らえ切れず、誘いながら30cmくらい下げてステイ、30cmくらい下げてステイ、

4度目のアタリを底ギリギリで掛けることができましたが、強い引きを感じた後にフックアウト(T_T)

久しぶりの釣りだったので判断はできませんでしたが、アタリの出方からすると良型のベラ? 当日は良型のベラ、大漁でした(^^;)

その後、25cmくらいのカワハギを痛恨の海面バラシ(T_T)

唇に浅く掛かってしまった為の口切れによるバラシでした。バラした時には針先のチェックはお忘れなく!

やっと一枚目を拝めたのは9時56分…

PAP_0007 (1)

 

今回はレンジマスターで掛ける釣りをと考えていましたが、一枚目を釣るまでに感じたことを加味し、

レンジマスターとは一番遠い所に位置するロッド、極鋭カワハギレッドチューンAGS SFにチェンジしました。

一枚目を釣るまでに感じた事とは

・上潮は若干動いているのだが底潮があまり動いていない。

・手感度で伝わる情報だけではコンタクトのあったカワハギを掛けに行くのはとても難しいと感じた。

・捕食スピードがとても遅い、浅いので超柔軟なSMT搭載のSFが作り出す目感度を有効に使った釣りが必要と感じた。

・掛けた後にも大きくロッドを煽り合わせを入れカワハギを上に向かせてしまうと首振りのタイミングが遅いのでフックアウトしてしまう等々…

PAP_0006 (1)

 

それらの判断が正解だったのか、その後ポツリポツリと釣れるようになりました!

気を使ったのが穂先アタリが出てからの合わせ!

1.アタリ

2.即合わせはせずに焦らしの誘いを小さく入れ再度ステイ

3.アタリ

4.オモリが浮くか浮かないかくらいまでの聞き合わせ※SFの柔軟さを最大限活かす!

5.本アタリと判断したら大きく合わせる事はせずにロッドを下に向けたままゆっくりとリーリング

4~5でフッキングを出来なければ再度2に戻る

 

そんな釣り方が正解だったのか、掛け損ないは数枚あったもののバラシは無し!

釣れたカワハギの殆どは上あごにしっかりとフッキングしていました♪

 

今回は釣れ上がるカワハギの殆どが良型!!!

両隣の方も良型主体!

こちらの方の掛けたのは尺越え! お見事でした(^O^)/

 

2017.5.21.7

 

今回は朝一の高活性と思われるアタリに惑わされスタートから2時間大苦戦(>_<)

10時半頃に現れた10分続かない高活性に惑わされ再び…

釣り方を決められたのは12時過ぎてから(^^;)

沖揚がりまで45分アタリ無し…

一枚…一枚…アタリの出る間隔の遠い、2016DKO一次予選を思い出させる一日でしたが、

釣れたカワハギは良型揃い!!!

28cm2枚を含む16枚♪ 3枚放流

両隣の方も良型が多かったのでMYタモ大活躍のスリリングな一日でした♪(^^)v

 

トップは17枚! ミヨシ2番目で朝からコンスタントに釣られていましたね!

中盤かなり追いついたのですがあと一枚…残念(T_T)

まだ貰ったことのない山下丸竿頭ステッカー、欲しかったな~(≧▽≦)

PAP_0003 (1)

 

今回久しぶりに同船できた菅澤さん!

DKO初期からのカワハギ仲間です!

その腕前は知られた方なのですが、ある方との出会いから再びカワハギ釣り熱再燃!!!

フェイスブックでそんな投稿を見て、なんかちょっと嬉しい気持ちになりました♪

船上でも移動のわずかな時間にカワハギ談義で盛り上がりました!

またご一緒できた際はヨロシクで~す♪(^^)v

PAP_0002 (1)

 

今回お世話になった久比里山下丸さん、諸事情あって6月1日から7月31日までの2か月間、カワハギ乗り合いをお休みするそうです。

今年の剣崎沖は良型いますよ~!!!

6月1日まで僅かですが、カワハギフリークならスリリングな良型カワハギの引きを絶対経験すべきです!(^^)v

http://www.yamashitamaru.com/

堀江 晴夫さんの記事
2017.02.19

速い潮に大苦戦(≧▽≦)

前々回は上下の動きに付いてくる宙層高活性な時間帯もあるカワハギ釣り!

前回は底付近の展開ではありましたが、最大31cmの尺ハギも入りスリル満点なカワハギ釣りだった!

果たして今回はどんな展開になるのか、2度の釣行をヒントに入念に準備をして小網代丸十丸さんに向かいました。

2017.2.18丸十丸1

少し心配だったのが前日に吹いた南西爆風! 情報では剱崎で最大風速27㎧! 

丸十丸の女将さんの話では家をも揺らす凄い風だったようだ。

今回の同行者は前々回に御一緒させて頂いたカワハギ釣りを楽しみたくて遠路名古屋からお越しの久松さん♪

前回の遠征で良い釣りをしてカワハギ釣りは冬眠の予定だったようだが、

Facebookの投稿でまだまだ好釣果の続いている三浦半島廻りのカワハギ釣り投稿を見てウズウズ♪

冬眠解除してしまったようだ(^^;)

2017.2.18丸十丸3


前日の爆風で敬遠してしまった方が多かったのか、寂しく3名を乗せて出船。

2017.2.18丸十丸4


タックルは今回も極鋭カワハギRTAGSレンジマスター&エアドレッドチューン(UVFメガセンサー6ブレイド0.8号)

ハリは前回同様フック系のハリを一日使ってどうにか対応してみようとスタートした!

2017.2.18丸十丸10


ポイントは諸磯沖水深30メートルから45メートル。

前回と違って潮が速い。

ただ、スタート直後速い潮は底付近には届いていないようで、重めのシンカーで操作できる状況、

前回と同じイメージで数枚の釣果を重ねる事が出来ました。

「潮は速いけどどうにかなりそうですね」「この潮落ち着いたら喰いそうですね~」なんて話をしていたのですが…


2017.2.18丸十丸5

2017.2.18丸十丸6



その後速い潮は底まで届き、30号のオモリを落ち着かせるのも苦労する状況になってしまいました(T_T)

しかも私の座る右舷下には若干高さのある根があります。

それをかわそうと様々な事を試しますがどうする事もできません…

ミヨシに流れる潮、私の右には誰も座っていないのでトモ方向にロングキャストしてもオモリが着底する頃には仕掛けは真下に…

誘い落としをしようと少しでもオモリを浮かせると一気に1メートル、ウネリが作用してしまうと2メートル以上浮いてしまいます…

その後短時間で4個連続で根掛かり、仕掛けロスト…

序盤で6枚を釣ってから潮が少し落ち着く11時頃まで成す術がありませんでした(T_T)

若干潮が緩んで仕掛けの操作ができるようになってから、お隣に座った大井さんが15cm程のワッペンサイズをポツリポツリと掛けています!

お聞きするとハリはスピード7号ロングハリスとの事!

拘りを捨て6.5号ロングハリスと7号ロングハリスをセットすると!

一荷でございます! メンタルボロボロで笑顔になりませんでした(^^;)

2017.2.18丸十丸7

大井さんもダブル~♪

2017.2.18丸十丸8


久松さんも~♪

2017.2.18丸十丸9


その後速い潮に最後まで苦戦するものの、パターンを掴みポツポツと拾い続ける事が出来ました!

残り一時間に思う所があり、やった事のないオモリを着底させたままの誘い掛けが嵌り連チャン!

この誘い掛けで掛かるカワハギは型もまずまず♪

掛かりの浅いカワハギも数枚いましたがその時間帯のバラシは無し! (トータルでは2枚バラシ)

終わってみれば最大25cmを含む37枚! 竿頭を頂きました♪(^^)v

2017.2.18丸十丸11


久しぶりに一週間に3回の釣行が出来ましたが3回とも異なった活性、海の状況に苦戦しました。

しかし、同船者からもヒントを頂き好釣果に繋げる事ができました!

久松さん、今回も遠路はるばるお疲れ様でした! 一勝一敗! またバトルしましょうね♪(^^)v

大井さん、ヒントを頂きありがとうございました!

経験は浅いとおっしゃっていましたが、お上手でしたよ! また御一緒できる機会が有りましたら宜しくお願いします♪ (^^)v

お疲れ様でした♪ (^^)/

今回は速い潮の中、スピード6.5号、7号、7.5号ロングハリスが有効でした!

アワセはじっくり、ゆっくり! 向こうアワセ気味が良かったかな!?(^^)v









堀江 晴夫さんの記事
2017.02.16

得る事の多かったカワハギ釣り

今回は前回の釣行も踏まえて色々準備をして、小網代丸十丸さんへ向かいました。

抜けるような青空、風も弱く絶好の釣り日和♪

とは言っても今回は平日釣行♪ 釣り座もゆったり大名釣りかな? なんて思っていたのですが…

2017.2.15丸十丸1

 

ナント片舷7名! 計14名! (^^;) その中には丸十丸常連でもありますジャッカルの宮本さんのお姿も♪
皆さん宜しくお願いしま~す♪ (^^)/

2017.2.15丸十丸2

 

今回のロッドは極鋭カワハギレッドチューンAGSレンジマスター!

フック系のハリをメインに使う事を前提に選択したロッドです。

2017.2.15丸十丸4

 

前回の釣行では17度以上あった水温、今回は15度を下回り若干釣果も落ちているようでした。

しかし、早々に一枚目を掛ける事が出来て今回は良いスタートが切れるかな!? と思っていたのですが…

2017.2.15丸十丸16 2017.2.15丸十丸17

 

船中順調に釣れている中、私は4枚でストップ(T_T) 因みに、その時船中トップ11枚…

2017.2.15丸十丸5 2017.2.15丸十丸6

 

そんな私の迷いを消してくれたのがこの方!

大先輩のお父さん82歳!

私が悩んでいる時に順調に小型のカワハギを釣り上げ釣果を伸ばしていました!  (当日16枚を釣り船中3番目の釣果でした!素晴らしい♪)

何を参考にさせて頂いたかというと、その仕掛け上部に付けたピラピラ集奇S2号2枚!

2017.2.15丸十丸7

 

その時の水深40メートル。

水深はあるとはいえ底潮はほとんど動いていない。

一号シンカーの動きが感じ取れる状態ではあるが、海面から10メートル~20メートル位の潮の動きが違い、

その動きが軽いシンカーでは縦糸に適度なハリを作る事が出来ず、アタリをボヤカしてしまっているようだ。

実はこの感じ、前回の釣行でお隣に座った名古屋から来た久松さんの仕掛けを見ても感じた事。

その後、細かな調整を色々行って順調に数を伸ばす事が出来ました。

 

今回は小型が多かった船中、後半水深の浅い(25メートル前後)のポイントではこんな良型も姿を現しました!

宮本さん、28cmお見事! (^^)/

2017.2.15丸十丸8

 

私はそれを上回る31cmをゲットしちゃいました~!!! (≧▽≦)

2017.2.15丸十丸9

 

結果22枚を釣り、竿頭頂きました♪(^^)v 裕二船長ありがとうございました~♪

2017.2.15丸十丸12

 

今回は一日底潮動かず、前回の様に浮いた反応もほとんど無く、前回釣れなかったワッペンサイズが多かったように思います。

そのワッペンサイズを獲れた事が釣果を伸ばせた要因でした。

しかし、その釣果の中には25cm! 28.5cm! 31cm!!!も入り、難しい中にもスリリングな釣行でもありました♪(^^)/

2017.2.15丸十丸10

 

宮本さん、お仲間の皆さん、今回はありがとうございました♪

今回はお隣に座る事が出来ませんでしたが、次回は宜しくお願いします! (^^)v

2017.2.15丸十丸11

 

大人の遊びで負けちゃった堀江さん! 次回はまぜて下さいね~(*^。^*)

2017.2.15丸十丸15

 

今回釣り上げた31cmのカワハギ、丸十丸さんでカラー魚拓に仕立てて頂きます!

横浜皮研のメンバーも作って頂いたんですよ! 出来上がりが楽しみ~♪(*^▽^*)

http://www.marujyumaru.jp/contents/cat41/

2017.2.15丸十丸13 2017.2.15丸十丸14

堀江 晴夫さんの記事
2017.01.30

やっぱカワハギ釣りは面白い♪小網代丸十丸さんにて。

昨年末から貧果の続いていた私のカワハギ釣り。

10枚を切るような釣果でも得るものはある! とは思いながら、

私が数年前から取り組んでいる「状況変化に対応する釣り」これを楽しむには、やっぱりもう少し釣れて欲しいのが正直な気持ち。

そんな思いが通じたのか、私が釣行を決めていた週末前には各所で良い釣果が出ていました!

今回伺った小網代丸十丸さんでも休日を挟んだ前々日には60枚の釣果が叩き出されていました!

2017.1.28丸十丸1

 

なかなか天候が安定しないこの時期ですが当日は朝から晴天!

前日に吹いていた20m/s を超える西風の影響も無し!

14度前後までに下がっていた水温も17度前後まで回復し安定しているようだ!

しかも当日は沖から流れ入った澄んだ潮が入り、この時期ににしてはこの上ない好条件が揃った!

2017.1.28丸十丸2

 

ポイントは城ケ島西口沖水深40m、一日このポイントでの釣行となりました。

潮通しの良いこのポイント、カワハギ釣りでも様々な変化を見せてくれる面白いポイントであります。

スタート直後は底潮があまり動いていなかったのか、小型のカワハギの割合が多く感じられましたが、

徐々に良型も姿を出し始め、船上は賑やかになっていきました!

2017.1.28丸十丸3

2018.1.28丸十丸4

2018.1.28丸十丸5

 

今回お隣になった久松さん、なんと4時間かけて名古屋から遊びに来てくれました!

翌日には松輪 瀬戸丸さんでカワハギ釣りの週末カワハギ三昧とのこと♪

2018.1.28丸十丸6

 

そして私は! ついに! 久~し振りに! ツ抜け達成! (≧▽≦)

2018.1.28丸十丸7

 

スタート直後は底ベタの反応だったのですが、このダブルを掛けた頃から底潮が動き始めたのか、

上下の動きにもついてくる、宙釣りが有効な活性高いカワハギ釣りに移行してゆきました!

2018.1.28丸十丸8

 

宙釣りは苦手とおっしゃってた久松さんに少しアドバイスすると! 釣るわ 釣るわ! (;゜Д゜)

2018.1.28丸十丸9

 

しかし、そんな反応も短時間で消えてしまい拾い釣りの様相になってしまいましたが、船中ポツリポツリと釣れている中、

私一人が掛けられない…(T_T) 原因は固くなっていた頭

我慢の釣り、集中力の必要な釣りが続いていた昨年末からのカワハギ釣り、柔軟性をもった状況変化の対応が出来ていませんでした。

小型も混じるのですが中,良型も混ざる状況、

中,良型には吸い込ませる意識、小型には掛ける意識の中間点を狙ってスピード7号ロングハリス(10cm)で釣っていたのですが、それが✕

フック系の懐のあるハリで対応した方が良いのだと途中で気付き、高活性な誘いに付いてくるカワハギに少し対応できるようになりました♪

しかし、当日は潮が動かない時間が多く「潮の動き出し」「個体の多いポイントに差し掛かった時の対応」その他様々な事に対応の遅れがあったことは否めません。

そんな中、ご自身のメインとする底釣りでポツリポツリと拾い続けた久松さん!

当日41枚を釣るトップ釣果でした! 私は39枚! 久しぶりに「これぞカワハギ釣り!」と思える一日を楽しめました♪

2018.1.28丸十丸10

 

当日のタックル

ロッド 極鋭カワハギEX AGS ZERO

リール エアドレッドチューン100SH 

 

シーズン終盤とささやかれているカワハギ釣り。

断言しましょう! 今シーズンで一番面白い状況ですよ♪ カワハギ釣り!

それを裏付けるように久比里、松輪、小網代と良い釣果が出ていますね♪

10年前の話なら「もうそろそろ終盤」と言われても頷けるのですが、近年は海の中の四季も変わってきているようです。

まだまだ楽しめますよ♪ カワハギ釣り! (^^)v

2018.1.28丸十丸11

 

 

沖揚がり後には同船した皆さんと女将さんが作ってくれたお雑煮を食べながらカワハギ談義♪

ご馳走さまでした♪

2018.1.28丸十丸14

 

ワカメが育つには向かない高水温が続いていましたが、良い感じで育っているようです!小網代産ワカメ♪

2018.1.28丸十丸13

2017.1.28丸十丸ワカメ

堀江 晴夫さんの記事
2017.01.09

2017年初釣行♪小田原新港 藤八丸さんカワハギ釣り♪

明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致しますm(__)m

 

2017年初釣行は! つりえさマルキュー佐須さんにお誘い頂いて、小田原新港 藤八丸さんへ仕立てカワハギ釣りに行って来ました!

2017.1.7藤八丸1 2017.1.7藤八丸2

2017.1.7藤八丸3

 

参加の皆さん宜しくお願いしま~す♪ (^^)v

 

2017.1.7藤八丸5

2017.1.7藤八丸6

 

藤八丸 鈴木船長! ヨロシクで~す♪ (^^)/

 

2017.1.7藤八丸4

 

相模湾水平線から昇る御来光を眺めながら出船です!

2017.1.7藤八丸6

 

ポイントは小田原港から真鶴岩海岸、R135沿いの水深20m~40m弱。

 

このフィールドは以前、宮澤さんと高槻さんの出演した「THEフィッシング」マルイカ釣り収録で同船させて頂いた時にも訪れたフィールドでもあります!

大小の岩礁、海藻根、砂地の混在する、如何にもカワハギが居そうなポイント!

マルキュー佐須さんが2016年年末に開催した試釣会では、その釣果の殆どが中,良型だったようです!

仕立て船が出船すれば平均40枚~50枚の釣果!

直前の情報では若干下火になっているとの事でしたが、年末から2枚…9枚と続いていた私…(T_T) 初釣行は癒しカワハギに期待して開始しました!

2017.1.7藤八丸8

 

2017年初ハギ~♪

取り敢えず1枚目を釣り上げ一安心しましたが、期待に反して小型…カワハギの表皮に現れる柄も薄く、その活性の低さを判断する事が出来ました。

オモリはヒンヤリ冷たく、潮もほとんど動かない…そんな状況が長く続きました(^^;)

2017.1.7藤八丸23

 

しかし海上風も弱く、予想より温かい凪の海で一日楽しむ事ができました♪

2017.1.7藤八丸9 2017.1.7藤八丸10 2017.1.7藤八丸11 2017.1.7藤八丸12 2017.1.7藤八丸13 2017.1.7藤八丸14

 

こんな良型ダブルも!!!

2017.1.7藤八丸15 2017.1.7藤八丸16 2017.1.7藤八丸17 2017.1.7藤八丸18

 

アタリが遠くなった時にふと後ろを見ると…(;゜Д゜) 何釣法なんでしょう? (≧▽≦)

2017.1.7藤八丸22

 

そんな二人の席に終了間際アタリが集中!

連チャンしてドヤ顔の増田さんと智美さんの間に御無礼して侵略カワハギ!

2017.1.7藤八丸21

 

今日一のカワハギをゲット! ゴメンナサイm(__)v

今回も海況の変化で釣果には恵まれませんでしたが、同船した皆さんのおかげで一日楽しく過ごせました♪

皆さんお疲れ様でした! また御一緒できる事を楽しみにしています♪ (^^)v

2017.1.7藤八丸19

 

ロッド 極鋭カワハギEX AGS ZERO

リール スマックレッドチューン100SH

PE UVFハイパーメガセンサー8ブレイド0.8号

ハリ スピード7号~7.5号10cmハリス

仕掛け 快適船シンカーSRV夜光25号~30号 自作遊動仕掛け(幹糸3.5号)

堀江 晴夫さんの記事
2016.12.04

2016TKB〔東京湾カワハギバトル〕VOL.5

今年も開催されましたTKB! 東京湾カワハギバトル!

5度目の開催となったTKB、今回は予選会無しの1DAYバトル! 東京湾湾奥11の船宿さんの御協力を得て開催されました。

私がスタッフ乗船させて頂いたのは車で首都高速羽田を降りて10分ほど、多摩川河岸に船宿を構える「羽田 伝寿丸」さん。

東京湾湾奥の古き良き時代の雰囲気が残る、趣のある船宿さんです♪

2016tkb5. 2016tkb5.1 2016tkb5.2 2016tkb5.3

 

お世話になったのは伝寿丸けんちゃん船長! 仲乗りに河村くん!

スーパー高校生として知られている河村くん、現在伝寿丸さんで船長修行中です! (^^)

宜しくお願いします♪ (^^)v

 

2016tkb5.59

 

船宿についてビックリ!

一度ダイワを離れた佐藤くんがダイワに復帰♪ 今回はスタッフ乗船♪

ヨロシク~♪ (^^)v

 

2016tkb5.5

 

AM7:00 18名の参加者を乗せ、フィールドとなる竹岡沖に出船です!

 

2016tkb5.6

 

AM8:00 TKB参加11隻の船での集合撮影会、その後リーダー船の合図で2016TKB VOL.5スタートです!

 

2016tkb5.7

 

全体的な活性は低い感じでしたが、序盤ポツポツと良型も釣れ船上は盛り上がっていきました!

 

2016tkb5.8 2016tkb5.282016tkb5.9 2016tkb5.10 2016tkb5.11 2016tkb5.12 2016tkb5.13 2016tkb5.14

 

早掛け大会が始まる頃は少し渋い感じになってしまいましたが、それはそれ!

皆さん真剣な眼差しで早掛け賞ゲットを狙っていました!

早掛け賞ゲットの皆さん、おめでとうございます♪ (^^)/

 

2016tkb5.15 2016tkb5.16 2016tkb5.17 2016tkb5.18 2016tkb5.19 2016tkb5.20

 

早掛け大会が終了する頃には更に渋くなってしまいましたが、皆さんサイズアップを狙い頑張ってくれました!

 

2016tkb5.21 2016tkb5.22 2016tkb5.23 2016tkb5.24 2016tkb5.25 2016tkb5.26

 

船中シーンとなってしまった時のダブル~!! お見事でした♪ (^O^)/

 

2016tkb5.27

 

2016TKB VOL.5沖揚がりとなりました。

 

2016tkb5.29 2016tkb5.30 2016tkb5.31

 

表彰会場となる「まるはち丸」さんの港には今回もズラ~リと豪華賞品の数々♪♪♪

 

2016tkb5.32 2016tkb5.33 2016tkb5.34 2016tkb5.35 2016tkb5.36

 

レディース部門3位! 山﨑さん奥様♪

先日開催された「ハギマスター」 ボート釣りでのカワハギ釣り大会でも数居る猛者を抑えての総合優勝でした!

今度デカハギの釣り方教えてください! おめでとうございます♪ (^^)/

 

2016tkb5.38

 

レディース部門2位! おめでとうございます♪ (^^)/

 

2016tkb5.37

 

レディース部門優勝は!!! つり情報代表!おケイさん! (≧▽≦)

この方ナント! 今日の竹岡でトリプル達成!!! すっげ~!  (;゜Д゜)

おめでおみごとでした! (^^)/

 

2016tkb5.39おケイさんトリプル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レディース部門入賞の皆さん、おめでとうございます♪ (^^)/

2016tkb5.40

 

個人総合6位! TKBは女性が強いんです! おめでとうございます♪ (^^)/

 

2016tkb5.41

 

個人総合5位! おめでとうございます♪ (^^)/

 

2016tkb5.42

 

個人総合4位! おめでとうございます♪ (^^)/

 

2016tkb5.43

 

個人総合3位! こちらも女性! おめでとうございます♪ (^^)/

へたさん、だから言ったでしょ~! 女性が強いって! (^^)/

 

2016tkb5.44

 

個人総合2位! おめでとうございます♪ (^^)/

 

2016tkb5.55

 

2016TKB VOL.5! 個人総合優勝! おめでとうございます♪ (^^)/

 

2016tkb5.58

 

個人部門入賞の皆さん、おめでとうございます♪ (^^)/

 

2016tkb5.56

 

そして! 船宿対抗戦! ナント3位、2位が同寸! (^^;)

須原屋さんにスタッフ乗船の永田さんと第二泉水さんにスタッフ乗船の石塚さんがジャンケン勝負!

 

2016tkb5.45

 

いし君勝利~! (^^)v

 

2016tkb5.46

 

チーム戦部門3位! 須原屋さん乗船の皆さん、おめでとうございます♪ (^^)/

 

2016tkb5.47

 

チーム戦部門2位! 第二泉水さん乗船の皆さん、おめでとうございます♪ (^^)/

 

2016tkb5.48

 

そして~!!! チーム戦部門優勝は! えさ政さん乗船の皆さん、おめでとうございます♪ (^^)/

トドちゃんやったね♪ おめでとう (^^)v

 

2016tkb5.49

 

そして私のスタッフ乗船した伝寿丸さん船内上位3名の皆さん、おめでとうございます♪ (^^)/

 

2016tkb5.50

 

伝寿丸さん乗船の皆さん、船長、スタッフの皆さん、お疲れ様でした m(__)m

私ももう少しお役に立てればと色々やってみましたが、お役に立てずにゴメンナサイ m(__)m

だた、船中多くの良型も姿を見せてくれたので、来年は是非チーム伝寿丸で上位を狙いましょう!

お疲れ様でした! (^^)v

 

2016tkb5.51

 

司会進行で会場を華やかに盛り上げてくれた「あべなぎさチャン」ありがとうございました♪ お疲れ様でした!

 

2016tkb5.nagisa

 

ダイワスタッフの皆さん、船最前線ブロガーの皆さん、お疲れ様でした! (^^)v

そして、TKB VOL.5開催に御協力頂いた11の船宿の皆さん、有り難う御座いました、お疲れ様でしたm(__)m

 

2016tkb5.57

 

 

 

 

堀江 晴夫さんの記事
2016.12.01

TKBに向けて「活性を考える」

以下のブログは私が以前書かせて頂いた「活性を考える」です。

TKBに向けて参考になれば幸いです。


私がカワハギ釣りで考えている事の一つに「カワハギの活性」があります。

大きく分ければ9段階

必ず仕掛けの周りにカワハギが存在する事を前提に。

活性 0

・水温低下等でエサが目の前に現れても全く反応してくれない。

活性1

・水温低下等で動くエサを嫌う。

・目の前に現れたエサにしか反応してくれない。

・誘いは最低限に抑え喰わせの間(時間)を多くとる、時に10数秒以上アタリを待つ事も。

・我慢の釣りと言える。

活性 2

・複数で捕食していない。

・エサには反応してくれるが 「吸い込む喰い」ではなく モゾモゾと「居食い」する状態。

・エサ付けも丁寧に行わないとアタリは出ない。

・アサリの肝の部分しか食べない。

・誘いには乗ってくれず 仕掛けが目の前にありエサを喰い始めても その場所に仕掛けを留めていないと 離れてしまう。

・1番下のエサで掛けないと2番目のエサで掛ける事は非常に難しい。

・掛け直しが効かない。

活性 3

・複数で捕食していない。

・「吸い込む喰い」ではないがエサに執着してくれる。

・誘いには乗ってくれるが 激しい,速い, 大きな誘いはNG

活性 4

・複数枚存在するが 競争をするほどではない。

・誘いには乗ってくるが 必ず「喰わせの間」を作らないと捕食行動に移らない。

・掛け直しが効く。

・我慢の釣りが必要な活性でもある。

活性 5

・複数枚存在し競争が見られる。

・誘いの最中にアタリが出るので 捕食のスピード、パターンを掴めば好釣果が可能。

・アタリのみで活性を判断するのは非常に難しいが 他の釣り人のエサの取られ具合等でもで判断できる。

・低活性から高活性への移り変わり点。この活性の変化に気付かず スローな釣りやゼロテンを多用してしまうとツルテンの連続になってしまう。

・誘い,喰わせの間にメリハリをつける。

・2013DKO、2次予選、ファイナルもこの活性、変化に対応出来ないと釣果は伸びない。

活性 6

・この活性になると仕掛けを完全に止める事はない。速さの調整は必要だが動きの中でカワハギを掛ける。

活性 7

・かなり速い誘いの連続+上下の誘いで掛ける。

活性 8

・私が191枚を釣った金谷沖での活性

・かなり激しい誘い 正直どれ位エサが動いているかイメージ出来ないほど激しいロッドの上下の連続 そんな動きの中でも一瞬の「喰える間」を見つけエサを喰いに来る。

大きく分けて上記のような段階があると考えています。

もちろん活性は明快に分かれている訳ではなく、それぞれの活性の間には無段階に変化があります。

また、活性の変化は必ずしも一段階づつ上下するのではなく、例えば 活性5から活性3に、活性4を飛び越え変化する時もあり、またそれの逆もあります。

変化するのは魚の活性だけではなく、潮の動き(2枚潮、速さ、ウネリ等)、潮の変化(濁り、真水の流れ込み等)、船の動き、地底の様子(砂地、岩礁、海藻、定置網等のストラクチャー)、フィールドの特性、風の変化、他の人の釣り方,釣れ方,エサの取られ方、なども参考にしながら様々な変化を感じ取りながら、その時の釣り方を組み立てて行きます。

 それらの変化を感じ取りながら、カワハギの大きさ、活性を判断してハリの形状、大きさ、ハリスの長さを調整しながら釣り方を探してゆきます。

また、カワハギが存在する泳層を見付け出す事も釣果を伸ばす要因のひとつです。

私がカワハギ釣りを始めた十数年前は「カワハギ釣りは底ベタの釣り物」と考える人が殆どでした。

しかし、カワハギの泳いでいる泳層が底だけでは無いと分かっている方も極少数ではありますが居たようです。

私もいつ頃かは覚えていませんが、穂先絡みをほどいている際にかなり上でカワハギが掛かり、驚いたのを今でも覚えています。

しかし、その頃の私の釣り方と言えば、底トントンからの弛ませ 聞き合わせ。

宙層のカワハギを釣る為の術など無く、その経験が私のカワハギ釣りの引き出しに収まる事はありませんでした。

私がカワハギが状況によってはかなり長い時間 高い泳層を泳いでいると気付いたのはほんの数年前、永田さんとの出会いがきっかけでした。

こだわりを持って宙の釣りを実践している永田さんには、色々な事を教えて頂きました。

そんな話の中から私が一番感じた事は「考える」と言う事。

釣れた魚に一喜一憂するだけではなく、その時の状況を考え、記憶(引き出しに入れる)する事が、本当の意味で釣り人の経験値を高める事に繋がると感じます。

 今回のアップした「活性を考える」には思い出した事、経験した事を書き加える事もありますので、御了承ください。

 このブログは、皆さんのカワハギ釣りを楽しむ為の参考にして頂ければ幸いです(^^)v

以上「活性を考える」


高水温の影響による魚の活性

2016年9月~10月、各地の船宿さんでもカワハギ乗合の出船を始めました。

しかし、カワハギの活性は非常に低く苦戦、又は一時休船を余儀なくされた船宿さんもあったようです。

ただ私の感覚、印象ではカワハギは居ないのではなく「口を使わない」状態なのでは?と感じていました。

それを裏付けるかの様に、ここ数日の水温低下で好釣果が出ているフィールドが沢山出ています。

ただし、安定というにはまだ少し時間が掛かる様な気もします。

で! TKBに向けてのアドバイス!

1.エサ付けは丁寧確実に!

2.アワセはゆっくりロッドのパワーを上手く活かして! (アワセはハリの形状でも多少異なります)

3.良型のカワハギのリーリングはゆっくりと! カワハギが首振りを休んだ時は少し早めにリーリング!

4.良型の取り込みは恥ずかしがらずにタモ取りを!

5.近日の良型は海底付近にベタ底?

6.ゆっくり丁寧な誘い! 個人的には短時間の「タタキ」は有効に感じました。

水温が17度~18度に安定して潮が適度に動けば活性3~活性5が期待できますが、そうでなければ活性2~活性4の難しい釣りが予想されます。

個人的な上位入賞も狙いたい所ですが、チーム戦での賞品も魅力的ですね♪

チームワークで豪華賞品をゲットしましょう! (^^)v

私は羽田 伝寿丸さんにスタッフとして乗船致します!

がっちりフォローしますよ~! 何でも聞いて下さい♪ (^^)v

参加者の皆さん、伝寿丸乗船の皆さん、宜しくお願い致します! m(__)m

SN3U5796

堀江 晴夫さんの記事
2016.11.30

第十六回 ミタテ釣行会~こーちゃん宴会

11月12日、「ミタテ」釣行会に参加して来ました。

 

「ミタテ」とは、東日本大震災で被害に遭われた方の為に、釣りを通じた仲間で何かお役に立てればと、

 

代表の御手洗達也さんの起ち上げた会です! 肩ひじ張らずに地道に楽しみながらコツコツと、

 

第16回目を迎えた今回の釣行会は小網代所エ門丸さんへカワハギ釣りに行って来ました。

第16回ミタテ所エ門丸

 

当日の小網代は北風微風の晴天♪

 

第16回ミタテ出港

 

朝一から活性の良い中,良型カワハギが釣れ、船長に「このままいけば50~60は釣れちゃうかも!」

 

なんて話をしちゃうほどの海でした!

 

第16回ミタテあや 第16回ミタテ9 第16回ミタテ7 第16回ミタテ1 第16回ミタテ2 第16回ミタテ4 第16回ミタテ5

第16回ミタテデカハギ

 

しか~し、そんな高活性は一時間ほどで鳴りを潜めてしまいました(T_T)

 

朝から大きな事を言うものではありませんね(^^;) 反省…

 

第16回ミタテ「釣りの部」参加の皆さんお疲れ様でした!

 

さ~本番!? 「宴会の部?」 行きますよ~♪ (^O^)/

 

SN3U5833

 

釣った獲物はみたぼん御用達!

 

関内にあるとんかつと和食のお店こーちゃんに持ち込んで様々な料理を作って頂きました♪♪♪

 

先ずは定番ハギ鍋♪

第16回ミタテ鍋

 

かわはぎタップリです! (≧▽≦)

 

SN3U5834

 

これには驚きました! (◎o◎)

 

これホントに今日釣ったカワハギ!?  と 疑ってしまうほど綺麗に造って頂いた超絶薄造り!!!!!♪♪♪♪♪

 

第16回ミタテかわはぎ薄造り

 

ミキちゃん頼むから落とさないでね~(≧3≦)

 

SN3U5835

 

はい! 私が釣ったカワハギです♪ きちんと血抜きして海冷水で冷やして持ち込んだ甲斐があります♪

 

こーちゃんありがと~♪ (^O^)/

 

第16回ミタテ薄造りピース

 

そんな美しい二皿は、10分も経たないで皆さんの胃袋に消えてしまいました(≧▽≦)

 

SN3U5837

これは私が釣った20cm強の石鯛2枚!

まさかこんな綺麗な一品になって食べられるとは♪

もちろん食味も! 歯ごたえのある甘い白身は絶品でした♪

第16回ミタテ石鯛

 

 

 

 

 

 

 

 

締めは勿論雑炊♪

 

スープが美味しくてみんな沢山飲んじゃうから、雑炊が少なかったような…(T_T)

 

SN3U5838

 

でもご安心ください! こーちゃんは洋食も絶品なんです♪

 

締めの締めは鉄板ナポリタンでお腹いっぱい♪ (*^。^*) ごちそうさまでした♪

 

手放しで信頼できる仲間との一日♪ 何ごとにも代えがたい一日でした♪(*^^*)

 

そして、今回協力して頂いた小網代所エ門丸さん関内こーちゃんさん、感謝いたしますm(__)m

 

第16回ミタテこーちゃん前

 

今回寄付を募った募金は、ミタテ代表御手洗達也さんから石巻海さくらに送金させて頂き、

 

東日本大震災で被害に遭った方の為に、様々な地元の復興活動の為にお役に立てて頂きます。

 

第16回ミタテ振込明細書

 

みたぼん、またヨロシク♪ (^^)v

 

参加者の皆さん、投稿が大変遅れた事をお詫びいたします、ごめんなさいm(__)m

 

1 / 2112345...1020...最後 »