林 良一の記事一覧

アングラー:林 良一


BLOG TOP 林 良一の記事一覧
林 良一さんの記事
2019.05.08

白子シーズン開幕!・湾フグ釣り教室

東京湾内のショウサイフグを狙った釣りでは、年間を通して盛り上がりを見せる時期が2度あります。

1つは秋の数釣りシーズンとなり、もう1つは今時期開幕の白子シーズンとなります。

ショウサイフグは白子を食することができ、季節限定の貴重な白子を狙い湾フグフリークが集うのです。

 

そんな大型連休の最終日である5月6日、羽田のえさ政釣船店さんには24名もの湾フグファンにお集まりいただきました。

RIMG5773
RIMG5770

 

出船前のレクチャーでは、開幕した白子シーズンのこと、湾フグとは?、適したタックルは?、釣り方は?、そして食べ方などもお話しさせていただきました。

RIMG5776

RIMG5783

RIMG5777

RIMG5781

 

RIMG5778

 

そして今回、春めいてきたこともあり、サンバイザー(DC-75009)を被って行ってみました。

RIMG5820

サイドがメッシュ素材ゆえ発汗性が良い他、額部分やサイドの間に隙間がある作りになっていて、暑い季節の使用にも快適性を窺わせています。

RIMG5819
RIMG5822

 

レクチャー終了後出船、大切なエサ付けは、ポイントに到着するまでに船を1回り、個々にお伝えさせていただいております。

RIMG5795
RIMG5794

 

ポイントは富津岬の向こう側の大貫沖、航程1時間余りで到着します。

最初は下げ潮が早い中、船中ファーストヒットは長塚さん、中型のショウサイフグでした!

RIMG5799

 

猪股さんも続きます! この大型のショウサイフグの次にはアカメもヒット、流石です!!

RIMG5800

 

チラシバリ仕掛けで大振りのショウサイフグを掛けたのは阿部さん。この後も順調に釣られていました。

RIMG5803

 

右舷大艫は谷口さん。大き目の金色のオモリがフグの興味を引いたのか、煩瑣にアタリを出しておられました。

RIMG5804

 

宮原さんの隣りで釣らせていただいた時、タックルを置き注視されていました。「仕掛けを下げる時にも船の揺れを相殺するんですね」と、鋭い観察眼でした。 RIMG5805

P5060001

 

中盤に差し掛かるころ、僕もロッドを出してみました。

当日は昼頃下げ止りの潮見で、やや沖目の、航路に近づいたポイントでは流れが早く、タイドブレーカーを2連結して対応、海底でのエサの移動を抑えました。

仕掛をシャクリ上げてからユックリと誘い下げている時、もうじきカットウが着底するかなというときにアタリ! そのまま下まで連れて行き、次の小さなアタリで掛けました!

P5060006

 

ロッド:アナリスター 湾フグ   リール:スパルタン TW

P5060019

P5060016
その後も丁寧な誘い下げの後のアタリに集中し、アナリスターの穂先が捉えるオモリ着底後のごく小さなアタリを掛けに行きました。

RIMG5807

 

シンカー:紅牙遊動テンヤ TG SS   

カットウ:D-MAX カットウバリSS

P5060011

P5060012

RIMG5802

 

 

「ダイワファンなんです」とおっしゃって下さった西村さん。会心のアワセが決まりこの笑顔、お見事でした!

RIMG5806

 

小学1年生の北山 瑛慎くん、お父さんが釣り上げました! 凛々しい表情、やりました~~!!

RIMG5808
お友達の米田 宗竜くん、こちらもお父さんがGET! 親子で良い笑顔です!!

P5060013

 

ジックリと誘い下げ、見事に掛けられた外村さん。この後も追加して釣られていました。

P5060008

 

最初不調だった村岡さんでしたが、コツを掴めばこの通り! 流石でした!!

RIMG5809

 

沖上り間近にポンポーンと釣り上げられた佐藤さん。是非また挑戦していただけたらと思います。

P5060020

 

そよそよと吹く南風の中、定刻まで釣りを楽しむことができました。

下船後は宿の裏手にて、当日の状況をお話しさせていただいております。

RIMG5812

 

RYO’S METHOD ステッカーを賭けたジャンケン大会!

RIMG5813

 

大好評、ヨリモドシ掬い!!

RIMG5814

 

ご参加いただきました皆さま、何か得るところはございましたでしょうか。

えさ政さん、大船長、女将さん、岩越船長、矢内さん、この度もたいへんお世話になりました。

RIMG5775

 

次回の湾フグ釣り教室は、白子シーズン真っ只中の6月16日(日)、同じくえさ政さんでの開催となります。

 

追記

数時間前まで海の中で泳いでいたショウサイフグ、薄造りではなく厚造りにして無造作に小鉢に盛ってみました。

59471142_2182544571837206_8893578768258433024_n
まるで伊勢海老のようなその身は、甘み満点でした。

また、早期としては白子も大きく、今後増々期待できるのではと思います。

PD1-1557129601-2-758