林 良一の記事一覧

アングラー:林 良一


BLOG TOP 林 良一の記事一覧
林 良一さんの記事
2019.03.26

2種を狙った湾フグ釣り教室

湾フグの代表格と言えばショウサイフグとアカメ(ヒガン)フグとなりますが、その両方を狙う釣り教室を開催させていただきました。

この時期は、アカメフグのシーズン終わり間近となり、ショウサイフグでは白子の前哨戦となりますので、様子を見ながらその両方を狙ってみようという釣り教室なのです。

黎明のえさ政さんのテラスでは、ご参加の皆さまをお迎えする形で、釣り座決めのくじ引きをさせていただいております。

RIMG5611

RIMG5612

RIMG5610

 

今回ご参加いただきましたの25名様、いつも多くのご参加ありがとうございます。

出船時間の30程前から、船上にてレクチャーを始めます。

RIMG5624
レクチャーでは、アカメフグとショウサイフグの違いを述べさせていただいた後、タックル、釣り方、食べ方などについてもお話しさせていただきました。

RIMG5619

RIMG5618

RIMG5620

RIMG5626

RIMG5621

RIMG5628

 

レクチャー終了後に出船、多摩川を下る間に大切なエサの付け方を船を一巡しながら行います。

RIMG5636

RIMG5635

 

RIMG5638

RIMG5642

 

さて、最初はアカメのポイントとなる堤防際を流しました。

船中ファーストヒットは賎機さん。お聞きすると湾フグ釣りは3回目とのことでした。この後順調に数を伸ばされていました。

RIMG5646

 

最初、少しゼロテンション時の穂先が曲り気味だった江田さんでしたが、テンションを抜き加減に、僅かなアタリを掛けました!

RIMG5647

 

中型のアカメを釣り上げたのは佐藤さん。ご自分で塗装された丸オモリですかね、お見事でした。

RIMG5648

 

右舷舳の永塚さん。穂先のごく軟らかな和竿で挑戦されていました。この日、船中で一番大きなアカメを釣り上げていらっしゃいました。

RIMG5649

 

堤防際にキャストして攻めていた難波さん。釣り座の受付け時に様々なご質問をいただき、そのご熱心さが窺えました。

RIMG5650

 

西山さんも中型のアカメをGET! 「フグは難しいですね」とおっしゃっておられました。

RIMG5651

 

胴中でパタパタとアカメが釣れ盛ります。石野さんは丁寧な誘い下げで着底前のアタリを察知、そのまま下まで連れて行き掛けました!

RIMG5653

 

神保さんはアカメの次にショウサイを掛けました! すぐに2種目制覇、流石でした!!

RIMG5654

 

鋭いシャクリから一転、丁寧な誘い下げでアタリを出していた井上さん。この後もフグを追加しておられました。

P3240015

 

自作の仕掛けでアカメを釣り上げられた井川さん。熟成させて美味しく食べていただけたらと思います。

P3240016

 

かわいいアカメを釣り上げたのは牛嶋さん。こんな水路のようなポイントにもアカメはいます。

P3240005

 

堤防際を攻めたいましたが、アタリ遠のき富岡沖へ移動、一発目に食ってきたのは高級ゲストのマゴチでした!

RIMG5655

 

その後また待望際に戻り、その後はショウサイ狙いで大貫沖に走りました。

P3240017

 

大貫沖では、良い潮の流れではあるのですが、中々アタリが出ない状態が続きました。そんな中田辺さんにアカメが、お見事でした!

RIMG5657

 

先程マゴチを釣り上げられた鈴木さん。これはコモンフグですかね、美味しいフグです。

RIMG5658

 

 

今回は、アカメの最後の辺りからロッドを出してみました。

中潮回りの日でしたが潮高が高く、開始早々はかなり潮が早い展開となりました。

でもそんな中、流しかえる度にどなたかがアカメを釣り上げるといった様相でした。

潮も緩くなりアタリも減り、富岡経由で大貫に移動、ゼロテンションでアタリを探していると押さえ込まれるような変化!?

すかさずアワセを入れると、何やら底を離れる感触・・・?

そう1キロほどのマダコでした(笑)

エサを付け替え再トライ、凝視していた穂先を1ミリ程の振幅で鋭く揺れました。

その後のアタリで掛けに行き、中型のショウサイフグを釣り上げることができました。

P3240023

 

ロッド:アナリスター 湾フグ  リール:スパルタンRT TW  シンカー:紅牙遊動テンヤ  カットウ:フグカットウバリSS

P3240014

P3240012

P3240010

P3240011

 

定刻まで釣り切り沖上り、春の海を舳先を羽田に向けました。

下船後は宿の裏手にて、当日の状況をお話しさせていただいております。

RIMG5660

 

RYO’S METHOD ステッカーを賭けたジャンケン大会。

RIMG5665

 

釣り教室恒例のヨリモドシ掬い。

RIMG5668

 

アカメとショウサイの端境期の湾フグ釣り教室でした。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。何か得ることはございましたでしょうか。

えさ政さん、大船長、女将さん、岩越船長、廣嶋船長、大城さん、矢内さん、神保さん、この度もお世話になりました。

RIMG5613

 

今後は白子のシーズンに向け、ショウサイフグを狙った釣り教室を開催させていただく予定です。

P3240019