林 良一の記事一覧

アングラー:林 良一


BLOG TOP 林 良一の記事一覧
林 良一さんの記事
2018.07.10

平場で好調!・東京湾エギタコ釣行

仲間同士で企画していた関西エギタコ遠征は、10年に1度の悪天候の為あえなく中止の判断でしたが、その日程の最終日の7月8日(日)に、そんな仲間と湾奥は吉久さんよりエギタコ釣りに行ってきました。

 

36755829_1750034871754847_1472117946422657024_n

 

出船時間まで、その日の釣りに想いを馳せながらタックルを用意するのは楽しいもので、そんな時間、隣り合う船の上では、大沢船長が湾フグ釣りのレクチャーを行っていました。

P7080034
P7080036

さて、僕らはエギタコ釣り、今回のタックルは

ロッド:メタリア エギタコ サブに アナリスター エギタコ

P7080028
P7080026

リール:ミリオネア バサラ サブに スパルタン TW

P7080024

 

今回エギの上部へ、タコ寄せライトなるものを取り付けてみました。「8Hz点滅」でタコを寄せるそうですが、果たしてどうでしょうか!?

エ ギ:快適船タコエギ SS

P7080029
P7080032

 

さて、舫を解かれた船は定刻に出船、峯岸船長は、先日良かった新ポイントを目指しました!

P7080038
航行中ふと見ると、嵯城さんの釣り座に工夫されたセッティングがありました。

P7080040
これは、サイドバッグ船バッグの横に取り付けて乗船、船ではタナに取り付けてスマートに使っていらっしゃいました。

 

そして夏季は、足元も涼しさを求めたいもので、濡れた船上でも十分なグリップ力を発揮するサンダルを重宝しております。

P7080041

 

さて、数十分走ったところで船はスローダウン。

テンヤ釣りの方は縛ったカニを再チェック、エギタコ釣り方は潮色とカラーを見比べ投入の合図を待ちます。

 

だがしかし・・・

右舷後方と左舷のテンヤ釣りの方々にはタコが上がるものの、僕らを含めて8人位のエギタコ陣営には、しばらく沈黙の状態が続きました。

ここで

「テンヤ=カニエサでしょ、やはり、リアルなエサの方が良いのかな・・・」といった「迷い」が生じるものなのです。

でも、釣りは魚(今回はタコですが)との勝負、そんな時ほどより集中して攻め、小突いていると、水深が深くなって行く掛け上りのポイントで嵯城さんが掛けました!

P7080042
その後矢内さんも! ティーザーのクローワームが効いたかな。夏タコサイズが出だしました!!

RIMG3393
これに大石さんも続きます。6月のエギタコ釣り教室にご参加いただいた大石さん、その時に勘所を掴まれたそうで、エギタコ釣り2回目にして今回竿頭! 大石さん、今度エギタコ釣りを是非教えて下さい!!

P7080047

 

さて、僕はと言えばここまでバラシ3回・・・

こんなとき、さっき書かせていただいた「メンタル崩壊の足音」が聞こえてきそうになるのですが、そこはムリしてポーカーフェイス(苦笑)

自分を信じて根気よくが功を奏しました。

RIMG3396

 

P7080053

 

今回のポイントは、根掛りが少な目で、キャストができるエギタコ釣りの武器であるキャストができます。

平場では広く探れる為に、夏の小ダコが広範囲に散っている場合などに有効な釣り方となってきます。

この日は船中98杯。夏タコ釣り開幕といって良い釣果ではないでしょうか。

段々と北上しながら攻め楽しく沖上り、船長は船を旧江戸川の河口に向けました。

 

P7080059

P7080060
P7080061
平場の開幕で増々面白くなってきてエギタコ釣り。

柔らかな小ダコは、料理すると鼻に抜ける芳香が何ともたまらず、ついつい後を引くもので、杯を自然と重ねていってしまうものです(簡単おすすめ料理はこちら)。

美味しく、釣って楽しい夏タコ、エギを使って次はいつ行こうやら・・・

P7080052