田渕 雅生の記事一覧

アングラー:田渕 雅生


BLOG TOP 田渕 雅生の記事一覧
田渕 雅生さんの記事
2019.01.28

大型キンメ浮上

20190124_131938

またまた伊豆下田・須崎港の番匠高宮丸さんからキンメ釣りに行ってきました!

今回は、石塚テスターからのお誘いで5名で出船。

4時半過ぎに港に集合したのですが、沖はまだ風が強いとのこと。 予報では次第に風が弱まるとのことでしたので、1時間ほど出船を遅らせましょうとも船長判断。

すっかり明るくなった6時頃出船しました。

20190124_111228

 

20190124_084057

7時過ぎにポイント到着。

南西風がまだ残っていましたが全員無事投入成功。

水深380mとの指示でしたが、潮が速く480mで着底。

一旦、糸ふけを取って(20~30m程度巻上げて再度オモリを着底させます)、糸を送り出していきます。(船長の指示により)

私は、リールのクラッチを切りスプールを指で押さえながら、船の揺れに合せて糸を送り出していくようにしています。

前半は結構うねりがあり、竿が大きく上下してアタリが分りづらい状況でしたが、それでもグイグイグイと竿先を叩き込むようなはっきりとしたアタリがきました!!!

アコウや大型クロムツはゴンッゴンッゴンッ!といった派手なアタリを出すのに対し、キンメはもう少し柔らかなアタリの出方がします。

追い食いを促そうと、竿先が曲がりこまない程度のテンションで糸を送り続けていると、何度かの追いアタリがあり、竿の曲がる支点が徐々に根元の方になってきました。

700mまで糸を出した時点で船長から巻上げの合図。

根掛かりで1.8kgの鉄筋オモリが切れますが、その後もしっかりと重量感が残り、時折竿先に魚信がでます。

この日使用したマッドバイパー深海M-200はしなやかな竿なので、当日のような海が悪い(うねりがある)状況でも巻上げ中のバラシを軽減してくれます。

SB1200MJの巻上げ速度20、ドラグは船が大きく浮き上がる時に滑る程度に設定。

received_1260911147419201

ジャーン!!!

1投目から大型キンメ4点掛けがきました!

20190124_084044

20190124_084002

20190124_123012

20190124_111200

2投目以降も、クロムツやアコウも混じりながら、空上げ無し。

時間の関係でこの日は6投で終了となりましたが、十分な釣果に大満足でした!

20190124_161131

20190124_132201(0)

20190124_132233

本日の私の最大は2kg超。 でっぷりと太ったいかにも美味しそうな極上キンメです!

私のモットーの「釣って楽しく!食べて美味しく!」にまさにピッタリのターゲットです!

皆さんも是非一度チャレンジしてみては如何ですか?

 

使用タックル

ロッド:マッドバイパー深海M-200

リール:シーボーグ1200MJ

ライン:UVFメガセンサー12ブレイド10号