林 良一の記事一覧

アングラー:林 良一


BLOG TOP 林 良一の記事一覧
林 良一さんの記事
2018.01.02

2017年を締めくくる 酉年竿納カワハギ釣り教室

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

昨年度最後の釣り教室は、「酉年竿納カワハギ釣り教室」と銘打ち、久比里の巳之助丸さんにて開催させていただきました。

今回は功一船長の大型船にて25名のご参加をいただきました。いつも多くのご参加ありがとうございます。

そう、巳之助丸さんの乗り合い船は先日から釣り座を確保する方法が変り、宿の前にある磁石を取るシステムになっています。

PC290001

PC290002

 

2017年最後の釣り教室、出船前のレクチャーも自ずと力が入り気味になりますが、そこは丁寧に、ご参加の皆さまの頷き加減などを感じながら、大切な部分は繰り返しお話しさせていただきました。

RIMG1905

RIMG1908

RIMG1909

26114031_1586957514717614_9049062666818871519_n

 

べた凪の予報でしたが、海に出ると北よりの風が少し吹いていました。そんな中功一船長は、カワハギ釣りの大場所、剣崎沖に舳先を向けました。

下げ潮止りの時間に開始となりましたが、下げ残りの潮があるようで、ラインは艫側に流れて行きました。

開始早々船中1枚目のカワハギを釣り上げたのは美野さん。

RIMG1911

研究熱心な美野さん、A5サイズ位のメモ一杯に質問事項をご用意されてのご参加でした。

PC290024

PC290025
津田さんも早々に釣り上げました。お正月用のカワハギに一安心ですね!

RIMG1912

 

笑顔の柘植ちゃんは、釣り教室の常連さん。いつも笑顔で、穂先を見る目は真剣に釣と向き合っています。

RIMG1914
嬉しそうな笑顔は神保さん。サイズはともあれ、掛ける楽しみを味わう釣りの楽しさを知っていらっしゃいます。

RIMG1915
これは良いサイズです。釣り上げられたのは佐藤さん。左舷舳で頑張っていただきました。

RIMG1931
「またさん」こと猪俣さん。小さなアタリに掛けに行きダブル!! DAIWのウエアーで寒さを完全防備ですね!

RIMG1927
スタートダッシュを決めたのは山田さん。ご自分で剥いたアサリでお見事でした!

RIMG1918
お父さんとご参加の中村 礼くん。カワハギは初めてだそうですがこの通り! アジ釣り名人なんだそうですよ。

RIMG1919
負けじとお父さんの仁さんはダブルを披露! 本当に当日がカワハギ釣り初めてなんでしょうか~~??(笑)

PC290019

と、それに負けじと礼くんも(可愛)! 親子で流石、参りました!!

PC290020
先週の「りょうさんカップ」にもご参加いただきかした浅石さん。この日も絶好調、渋い中でも船中トップクラスの枚数を釣り上げていらっしゃいました。

RIMG1920

26167296_1586956314717734_2388623402871490868_n
どこか三島由紀夫に似ているので、仲間から「由紀夫ちゃん」と呼ばれている立川さん(笑) 去年のDKOは2次予選に進まれた実力、流石でした。

 

RIMG1921
左舷大艫は、仕掛け作り教室でお世話になっている「ふみ屋」さんのご常連の栗原さん。この日も良い釣果を上げていらっしゃいました。

RIMG1922
ジックリとアタリを出す釣りスタイル、ちょっと僕と似ているかも知れません。小前さんは静かな釣り、アタリを捉えると静から動への釣りです。

RIMG1923

「ん~、難しいですね~」とは赤尾さん。機会があれば是非ロッドを新調されてステップアップをしていただけたらと思います。 RIMG1926

 

さて、中盤に差し掛かる頃、僕もロッドを出してみることにしました。

下げ残りの潮も止まり、上げ潮を待っていたのですが、中々上げ潮の気配が無い中盤、出ても小さなアタリに苦戦しました。

そんな、目感度には出ない手感度アタリを取る為に、ロッドはF1を、リールはスパルタン、ラインは12ブレイドの0.8号で臨んでみました。

PC290022

PC290023
潮はほとんど動いておらず、軽くキャストして、急峻な根を避けながらの、落差があるカーブフォールでは全く反応が無い状態でした。

船下を狙い、低目のヒラウチからステイでゼロテンション、ロッドごとゼロテンバーミングでリールを包み込む掌に、ハリを噛んだ「カチッ」というアタリに掛けに行きますが、それでもリールを数巻きするとクチビル切れでのバラシが多く、スパルタンのドラグをワンクリックずつ緩めて釣り進めました。

上バリ2本はスピード系、下1本はワイドフックとし、吸い込む場合と即掛けの2通りで対応、皆さんの間を割って入らせていただきながら、気難しいカワハギと対峙いたしました。

するとひったくるようなアタリ! 「んっ、これはカワハギではないな」と上げてくると、元気なシマダイちゃんなのでした(笑)

RIMG1929

 

そんな中、上げ潮を待っていても一向に流れない潮・・・

渋い時合に和竿をお使いになっていた鈴木さんにヒット! 美しい曲りをしながら上がってきた価値ある1枚でした。

RIMG1928
「今日は撃沈です・・・」とおっしゃっていた川窪さん。でも、DKO予選では4位の成績、今年期待しておりますよ! RIMG1932
亀田さんは大き目の誘いで、どちらかと言うとリアクションでの誘いで掛けていらっしゃいました。

PC290009
ゲストのベラに「お友達を連れて来て」とばかりに、カワハギを誘い釣られた牛島さん。色々な釣りを楽しんでいらっしゃるとのことでした。

PC290010
嬉しそうな表情をされているのは小林さん。難しい日を無事攻略、是非次の釣行に繋げていただけたらと思います。 PC290014
これは大きい! 釣り上げられのは谷口さん。谷口さんは今年、エギタコ、エギスミイカ、カワハギと、3種の教室にご参加いただきました。

PC290015
人生初カワハギを誇らしく掲げる三善さん。この日、カワハギ釣りに嵌ってしまったとのこと。応援しておりますよ!

PC290016
これも良いサイズ、釣り上げたのは大嶋さん。お正月に美味しい一品が加わりますね!

PC290017

 

「一昨年のDKO決勝では、林さんと背中合わせだったんですよ」と教えてくれた越路さん。カワハギ釣りにたいへんご熱心で、レクチャー中はメモを取られた居ました。

PC290035

「フック系とスピード系の使い分けが分かりました」とはご本人談。

PC290036

さて、沖上り1時間前位より、再び下げ始めに期待しましたがあえなく空振り、潮が動かず活性が上がらず渋い釣りとなってしましました。

ただ、そんな時にも釣りようがあるもので、下船後の状況説明の時にお話しさせていただきました。

PC290034

RIMG1934
昨年度最後の釣り教室、ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。何か得ることはございましたでしょうか。

巳之助丸さん、大船長、女将さん、功一船長、矢内さん、お世話になりました。

RIMG1940

 

集合写真を撮らせていただき解散、解散後はヨリモドシ掬いで盛り上がりました!

RIMG1941

RIMG1948

 
今年も、「楽しく、愉しく、真剣に、そして安全な釣り教室」を続けて行きたいと思っております。