湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2017.03.21

宝生丸さんより 内房マルイカ開幕!

3月20日(祝) 深夜、久しぶりに東京湾アクアラインを走り、海ほたるを抜けると、

12メーターの風でした!あれ??

とりあえず、勝山港へ向けて風が止む事を願いながら走りました。

向かった先は、千葉県鋸南町 勝山港の宝生丸さんです。

数日前に開幕したばかりの、内房マルイカの感触を肌で感じたく行ってきました。

IMG_7349

予報とは裏腹に、北東の風は出船時間の6時でも収まらず(泣)

そんな中での出船でしたが、久しぶりの内房の朝陽は絶景でした。

IMG_7356

開始スッテはこんな感じで組みました。MDミラー系メイン 発売間もないサクサスカンナ搭載の

MDミラー40もMIXです。

タックルは、いつもの極鋭マルイカ RT  AGS  F&スパルタンRT  TW  100XH

オモリ ドラゴンタングステンシンカー40号で開始。

IMG_7347

それでは賢ちゃん船長 よろしくお願いします!^^

IMG_7350

勝山沖 水深70メーター前後で最初の投入!海悪い中ですが、気合が入りました。

いつも通りの自分の釣りで、着底後、オモリを聞きあげていくと、穂先を止めるような抱きアタリ!

1投目から嬉しい開幕の1パイでした。続いての流しも同じパターンで1パイ。

水深あるゆえに、なかなか連装まではいかなくも幸先よく嬉しいスタートでした。

特に、3番目の赤帽ギョクロと、4番目のMDミラー40ケイムラが活躍しました。

その後、時に3連装くらい出来る流しもあり、型も揃っていて幸先良い序盤でした。

IMG_7384

お客さんのお土産を釣ろうと、竿を出していた仲乗りのトシくん船長もバシバシ掛けてましたね!

IMG_7374

北の風は一向に止む気配は無く、9時を過ぎた頃から、潮が速くなり

アタリが遠のいてきましたので、仕掛けとタックルをチェンジしました。

IMG_7377

タックルは、初代の極鋭マルイカAGS  F、仕掛けは下2本を直ブラの直結ブラ。

オモリは50号へ上げました。

IMG_7394

潮が速い時間、ほぼ8割方は下2本の直ブラでキャッチしました。

この日、大活躍のMDミラー40サクサスカンナバージョン ケイムラはバラシも無く

良型マルイカ主体でキャッチしてくれました!

IMG_7380

後半、少しづつ凪てきて、ラストに期待しましたが、今度は潮が緩み、底潮が冷たくなってきたせいか、

良い反応出てはいるも、マルイカからのシグナルが遠のいていきました。

再度、直結に戻し、小さい触りで何ハイか追加し、終了となりました。

IMG_7393

風、潮の流れ、潮の速さ、等々で一日の中で様々に変化していく過程が面白く

また悩ませる部分でもあり、トータル的にはとてもゲーム性に富んだマルイカ釣りでした!

IMG_7406

アタリは小さくも、良型マルイカ主体な日で、重量感もタップリ味わえました!

IMG_7413

いよいよ始まった内房エリアのマルイカ釣り。

今は、水深60~70前後、時に50メーターラインにも反応が出る事もあるようなので期待できます。

また、南下すれば富浦~館山沖とエリアも豊富なのも魅力ですね。

ハイシーズン(5月~7月頃)になると、15メーター前後の浅場でのマルイカとの攻防を

楽しめるポイントも沢山あります。今後に期待ですね!

 

今日は繊細ながらダイナミックなマルイカ釣りを楽しめました。

宝生丸さん、楽しい一日を有難うございました^^

IMG_7421

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.03.19

志平丸さんから旬を迎えたマルイカ釣り

3月中旬を過ぎて、いよいよ釣果も安定してきているマルイカ釣り。

ファンの皆さま、楽しまれてますか!?

3月18日(土)は、神奈川県横須賀市 佐島港の志平丸さんへ行ってきました!

IMG_7269

IMG_7271

タックル、仕掛けを通してマルイカの気配を感じ、アタリを出して掛ける面白みのマルイカ釣り。

条件は選べませんが、出来れば凪の海の方が当然アタリも取りやすくなりますね!

この日は、そんな条件を満たしてくれるとても良い凪に恵まれました。

IMG_7287

IMG_7290

IMG_7275

スタート間もなく、ペンシルサイズのムギイカ交じりでアタリ来ました~

同行いただいた内田さんは、猛チャージで掛けてましたね!

マルイカ釣りで、朝一番はチャンスタイムでもありますね!

IMG_7280

IMG_7284

途中、潮流れない時間や場所もあり、反応あるもマルイカからのシグナル遠い時間もありましたが、

良い流しでは、良型マルイカ主体で揚がってきました!

ただ面白いのは、良型でも小型でも、アタリの大きさは変わらず

むしろ小型サイズの方が元気にアタってくる場合もありますよね!?

IMG_7302

IMG_7299

MDミラー40ケイムラ サクサスカンナ搭載 頭部を青マジックで簡易ペイントしたものです。

IMG_7298

3連休初日という事も手伝って、各船賑やかでした!

IMG_7294

後半、潮もトロリと流れ出し、良いアタリ出ました!

IMG_7309

IMG_7320

IMG_7324

ムギイカはほんの少し交じる程度で中型マルイカ主体で楽しめました~

IMG_7314

博之船長 一日反応追いかけ走り回っていただき、有難うございました! 存分に楽しめました^^

IMG_7329

IMG_7332

マルイカに混じり、ムギイカも徐々に増えてきている様子です。

気温も上昇中ですから、海の底の水温も安定すれば、より浅場へ、よりライトで面白くなりそうな気配でした。

志平丸さん、同船いただいた内田さん、楽しい一日を有難うございました^^

めぐさん2

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.03.12

翔太丸さんより 爆風のマルイカ釣り!

3月11日(土)は、神奈川県三浦市 小網代港の翔太丸さんへ行ってきました!

マルイカ本格シーズンに備え、船体整備も完了し、久しぶりの出船という事で、

小菅船長はじめ、お客さんたちも期待満々で準備に取り掛かっています。

勿論、私もワクワクです。この準備の時間の期待感は堪りませんね!

IMG_7160

IMG_7161

しかし、そんな気持ちを遮るかのような爆風が、普段は静かな小網代湾内でも強く吹いていました。

IMG_7170

タックルはお気に入りのいつものコンビ!

IMG_7163

IMG_7164

サクサス カンナ搭載MDミラー40をMIXして、5本直結です。

IMG_7168

IMG_7157

湾を出ると、12,3メーター、時にそれ以上とも思える、北東の爆風でした。

スローにカメギ根方面へ向かうと、海悪い中でしたが、僚船が集まっていました。

そんな状況でしたが、1発目の投入から、マルイカの良いアタリでました!

数回の流しで、良型マルイカ4杯キャッチ。

これは、凪ればイケそうな予感でしたが、そうは問屋が卸さない・・・んですね。

自然は厳しいです。

次第に僚船もまばらに、反応あるもスレてしまったのか、触り少なく厳しい状況が続きました。

IMG_7174

なかなか爆風は収まらず、午前中は我慢の時間が続きました。

お昼頃、徐々に凪てきた頃から、ようやくアングラー側に有利になりますが

マルイカの活性は一向に上がらず、アタリも散漫で、厳しい状況で終盤を迎えました。

残り約1時間くらいのところで、僚船が良い反応に当てていました!

IMG_7178

僚船に乗っていたお知り合いに、声を掛けると、「アタリっぱなし!ですよ!」と!!!!

水深は70メーター前後!

残念ながら反応の幅は狭く、ここで良い感触を得ることは出来ませんでしたが、

上潮だけかもしれませんが程よい濁りのせいか、やや浅場へ入ってきているようです。

今後に期待ですね!

厳しい状況に翻弄され、ツヌケがやっとな今日の私でした。

IMG_7184

厳しい一日でしたが、港へ揚がってからは、同船の皆さんとワイワイと反省会~

これも楽しいひと時で、また次回の釣行が楽しみになりますね^^

IMG_7187

IMG_7186

マルイカの反応は随所に観られ、時に良い反応も観られます。

ただし、反応により、マルイカの活性がマチマチだったりしますので、とにかく毎回の投入ごとに集中し、

わずかなチャンスも逃さぬよう心がけようと思った次第です。

小菅哲也船長、同船いただいた皆さん、厳しい一日でしたが、お疲れ様でした!

ありがとうございました!

IMG_7188

翌日、持ち帰ったマルイカは鮮度も抜群です。

IMG_7196

今日は、釣友に教えていただいた、マルイカに詰め寿司を作りました。

これも手軽に作れて、とても美味しいですよ^^

IMG_7221

 

 

 

 

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.03.05

大和丸さんより3月初旬のマルイカ釣りへ

3月4日(土)は、神奈川県三浦市 小網代港の大和丸さんへ行ってきました!

マルイカ人気凄いですね!前日の好模様もあってか満船でスタートです!

IMG_7071

スタートスッテはこんな感じで組みました。

話題のサクサスカンナ搭載のMDミラーをMIXさせてみました。

配色はいつも通り、ピンク、ケイムラ、ライトブルー、など各棚に配置して、まずはスタートしました。

サクサスカンナは特に深場なこの時期、その貫通力が威力を発揮すると思います。

(向かって右側がオモリ側です)

IMG_7063

朝一は、反応が乏しいせいか、何度か反応を見て旋回に入りますが、船が止まらず。

イカが動いてしまっているのか、あるいは、反応が乏しく消えてしまうのか・・・

数回仕掛けを入れましたが、マルイカからの応答は今一つなスタートでしたが、

4,5回目の投入で居ましたね! Y戸さん、来ました! 本日初マルイカ!^^

IMG_7075

マルイカの触り、アタリが非常に小さいので、アタリ重視でスッテを6本から5本へ

タックルは、ロッド:極鋭マルイカRT AGS F

IMG_7080

リール:スパルタン RT TW 100XH 8.1のハイギアです。

IMG_7078

オモリ着底⇒糸フケを取り⇒聞きあげていく中でのアタリが目感度で良く出ます。

穂先に出るアタリは、モタれたり、持ち上がったり、止まったり、震えたり、クイっと入ったり等々。

ロッドのアクションによっても、その出方は様々ですが、違和感を感じたら、即アワセですね!

また、慣れないアングラーの方は、最初はなかなか手が動かないのですが、

遠慮せず、恥ずかしがらずアワセて下さい。

IMG_7082

IMG_7083

タタキを入れた後も、深場ゆえに幾分聞きあげていく方がアタリが出やすくなると思います。

いずれにしても、着底から聞き上げ、タタキ、止め、巻き落としと一連の動作にメリハリを出す為に

このロッドとリールのコンビは気に入っています。軽量ですので操作性も抜群ですよ!

 

さて、釣りの方ですが、なかなか厳しい展開ながらタケル船長も走り回っていただき

途中は触り多い反応もあり、船中では4連装などもありました!

IMG_7087

ここまで掛かれば、まずバレませんね!

IMG_7089

水深80~100メーターでのマルイカ釣りは、確かに深い分だけ情報量が減りますので

マルイカのご機嫌がイマイチな時などは、非常に難敵なのですが、

逆に繊細な分、掛けた時の満足感は何度やっても病みつきです。面白いですよ!

IMG_7104

タケル船長、常連のY本さんY戸さん、あの繊細な触りにはシビレマシタが面白いマルイカ釣りでしたね!

遊んでくれたマルイカと凪の海に感謝な一日でした!

IMG_7099

IMG_7098

船宿さんへ戻るといつも通り長々とお喋りは尽きず、でしたね(笑)

同船いただいた皆さん、大和丸さん、楽しい一日を有難うございました^^

IMG_7113

釣れたマルイカでパスタを作ってみました。春なので、菜の花添えです。

見た目はイマイチですが、加熱しても柔らかいマルイカとバジルソースとの相性は抜群でした^^

IMG_7146

 

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.02.25

佐島港・志平丸さんよりマルイカ!

2月25日(土)は神奈川県横須賀市 佐島港の志平丸さんへ行ってきました。

週末アングラーの私にとっては実に3週間ぶりの凪釣行で、期待膨らみました!

お天気は暑くなるくらいの陽気に恵まれました。

IMG_6974

水深は90~100メーター ガッツリ手巻きでいこうとスパルタンRT  TW  100XH

8.1のハイギヤバージョンです。

IMG_6980

序盤は船中どこかでマルイカ、ヤリイカなどが揚がりますが、私は蚊帳の外・・・・

アタリを察知できていないのだろうと、オモリ号数を50号、40号と行ったり来たり。。。

仕掛けも直結から直結ブラに変更するも、イカの抱き着き悪く、アタリが出せず。。。

開始1,2時間は右往左往しました。

結局は、直結5本 50号シンカー

釣り方は、いつも通りの聞き上げメインでしたが、潮の加減か、40号ではPEラインを張り込めず。

50号ではPEラインは張り込めるも、小さい触りを掛けきれず。

45号があれば良いのになぁ~ などと思いながらの釣りでした(笑)

聞きあげてくる際に、わずかなチョッカイを出してくる触りをようやく掛けると

ペンシルサイズのムギイカでした。ミニマムサイズながらムギイカも入ってきている様子ですよ!

IMG_6973

イカの抱き着きが良い時(高活性時)はさほど問題ないのですが、

イカの抱き着き悪く、触りの小さい場合、アワセと同時に巻きアワセを行わないと

間に合わない(掛けきれない)場合が多々あります。今日はかなりシビアな釣りでしたが、

8.1のハイギア スパルタンのお陰でキャッチできたマイクロサイズも居ました。

タタキを入れた後の抱き着きも悪いので、ゆっくり聞き上げていく際に出るアタリ(変化)で

掛けるのが個人的な釣り方では理想でしたが、触りが非常にシビアで掛け損じもありました。

博之船長、ごめんなさい;; 難しかったぁ・・・

IMG_6991

難しい一日でしたが、こんな日があるのはマルイカ釣りには付き物ですね。

こんな日は船長さんが一番大変ですね。博之船長 お疲れ様でした!有難うございました。

IMG_7001

マルイカの反応はありますので、今後に期待ですね!

難しい日もありますが、逆に良い練習にもなります。ぜひお出かけください。

若女将さん 今日もお世話になりました!有難うございました^^

IMG_7011

佐島の砂浜はとても静かで良いところです。またリベンジに行きたいと思います!

IMG_7013

IMG_7004

 

 

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.02.19

波・ウネリに翻弄されたマルイカ釣り!大和丸さんより

2月18日(土)は、神奈川県三浦市 小網代港の大和丸さんへ行ってきました!

前日には春一番の大風が吹き荒れましたが、夜半から北の風に変わり無事に出船!

IMG_6770

フッ素加工を施したカンナ サクサス搭載のスッテ MDミラー30、40 各サイズも登場しましたね!

旧タイプMDと混ぜて、5本直結で開始しました。(右側がオモリです)

IMG_6768

沖へ出てみると、やはり大ウネリが残っていました。北東風も強く吹きましたが、

かき消せない程の波長の長いウネリでした。

シビアな釣りを予想して選択したタックルは、アワせた時に一気に巻き込める

ハイギアリールのスパルタンRT  TW  100XH

IMG_6783

ロッドは極鋭マルイカ レッドチューン AGS Fです。

IMG_6784

潮色は澄み潮。水深は90メーター前後、仕掛けを入れるとマルイカからのシグナルは小さく、

シケ後の・・・・は無さそうな雰囲気でしたが、ポツリ、ポツリと乗ってくるスッテはピンク系やマッチャなど、

マルイカのヤル気は無くもない感じかな・・・などなど

色々なことを考えながらの釣りでしたが、いかんせん大きなウネリと北の強風にかき消され

厳しい釣りでした!

IMG_6774

同行いただいた落合さんもピンク系、マッチャにアタッてましたね!

IMG_6776

一見、穏やかな海に見えますが、南西からのウネリと北東からの波、風がぶつかり

残念ながら沖揚がりまで回復せず、でした!

しかし、これも大自然相手の釣りです。

IMG_6787

カメギ~城ヶ島とマルイカの反応は随所にあるようですので、まだまだこれからに期待ですね!

海悪く厳しい一日でしたので、1パイの重みを改めて感じた釣行でした。

IMG_6802

IMG_6809

IMG_6806

帰港後に、私がまず行う事は、リールの洗浄です。使用したリールは勿論、使用しなくも

潮を被っていたりしているリールは全てロッドから外して洗います。

PEラインにも海水が浸透しているので、リール上部全体、スプールと真水を掛けてカラ巻きしながら洗います。

IMG_6813

電動リールも同様にカラ巻きながら洗います。水を掛けるだけではなく、巻きながら洗うと、

真水が内部まで浸透してよく洗えます。

IMG_6815

港集合の船宿さんなどの場合は(水道など無い場合)、2リットルのペットボトルに真水を入れて、

2,3本持参し、クーラーの上などに横に置いて、キャップを外すと、水道のように水がでますので同様に洗い流します。

 

リールの裏側には、水抜き口があります。

IMG_6817

水抜き口を下側にして、タオルなどに並べて置くようにして完了です。

私の場合、帰宅まで数時間かかる事がほとんどなので、リールの洗浄は直ぐに行います。

これだけでも全然良い状態が保たれます。大切なリールを長く快適に使用する為に、ご参考までにです。

IMG_6820

とうわけで、厳しい展開の一日でしたが、宿に戻るとまた賑やかで、皆さんと談笑~楽しい一日でした^^

大和丸さん、同船いただいた皆様、楽しい一日を有難うございました!

IMG_6827

 

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.02.11

小見山丸さんよりマルイカ&マルイカ・トークショー

2月11日は、横須賀市 長井新宿港の小見山丸さんへ行ってきました。

予報では、北西風が吹くとの事でしたが、朝の港は凪!

ウネリは入っていましたが、無事出船出来ました!

IMG_6615

今日の水深は約90メーター ウネリもありましたので、終始、電動リールでの釣りをしました!

シーボーグ200J DH

IMG_6617

オモリはドラゴンTG 50号 枝間120センチ 6本ツノで開始しました。

お昼前後からさらに吹き込む予報、前半が勝負でしょうか。

オモリ着低後、直ぐに聞き上げに入りますが、ウネリ高く、マルイカからのファーストコンタクトを

なかなか察知出来ず、仕切り直しの巻き落としから⇒誘い(タタキ)⇒アタリ!

という感じでワンテンポ遅れてしまいましたが、序盤はマルイカのやる気もまあまあといったところでした。

IMG_6631

次第に西の風がやや強さを増す中、小見山船長が当てた反応は、高めに映る高反応!

仕掛け落下中に小見山船長のマイクアナウンスでは、「底から10~15メーター位まで浮いているよ!」

すかさずリールカウンターのメモリーを直視。オモリを海底まで落とさず、棚直撃でのリアクションバイトを

狙ったところ、ナイスサイズのマルイカをキャッチすることが出来ました。

その後も、海底までオモリを落として聞き上げても、ウネリ高く、無駄なタイムラグが出るので

オモリを海底から5メーター位で止めるようなイメージで釣りました。

電動リールの正確なカウンターあってこそ、棚ボケせずに出来る釣り方です。

また、波、ウネリが高い状況下で、電動リールは巻き上げ時、片手が空くので

身体も安定姿勢を保てるので良いですね!

 

お隣のツッキーこと高槻さんは、極鋭マルイカ AGS MCで波、ウネリ高い中、

ゼロテン釣法で小型のマルイカまで上手く掛けていましたね!お見事です。

IMG_6633

10時以降はさらに風が吹き込み、安全第一で、11時に早揚がりとなりました。

あの状態の海では打倒な判断だと感じました。

そんな状況でしたので、数は纏まらなかったですが、逆にそんな状況でありながらも

海底80~90メーターに潜むマルイカと出会えた事は嬉しい釣行でした。

IMG_6642

IMG_6638

IMG_6639

寒気の影響か?北西の風は冷たく、身体も冷えてしまいましたが、

宿に戻ると、温かいおでんを振舞っていただき、冷えた身体も復活する事ができました。

ご馳走様でした!

IMG_6646

小見山船長、中盤から海悪い中でしたが、決死の探索有難うございました!

また、今シーズンも宜しくお願いします^^

IMG_6648

さて、寒さから復活した後は、横浜・港北へ走りました。

キャスティング港北店さんでの、宮澤さん マルイカ・トークショー!

IMG_6651

大勢のお客さんが来られて、今年の新作は勿論、釣り方やスッテの配色等々、

為になるお話が満載で会場も賑わいましたね!写真を載せておきますね!

IMG_6658

IMG_6653

IMG_6656

IMG_6657

IMG_6660

IMG_6661

IMG_6662

IMG_6667

IMG_6668

IMG_6670

IMG_6672

IMG_6673

IMG_6677

ご参加の皆さま、宮澤さん、キャスティング横浜港北店さん、お疲れ様でした!

IMG_6678

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.02.06

大和丸さんより三浦マルイカへ!

いよいよ相模湾 三浦界隈でのマルイカが産声を上げてきましたね!

マルイカファンの私も行ってきました!

2/4 神奈川県三浦市 小網代港 大和丸さん

IMG_6363

ひと昔前は、1,2月の冬場に水深100メーターで、直結仕掛けのマルイカ釣りをするなんて考えられませんでしたが、

今やタックルの進化のお陰で、深場のマルイカ釣りも成立し、沖では熱いマルイカ釣りが展開されています。

私がマルイカ釣りを始めた頃は、だいたいゴールデンウィーク辺りの浅場から開幕でしたが、

軽量マルイカ専用ショートロッド、小型電動リール、細くて強いPEライン、タングステンシンカー等々

これらの進化で、今、深場でのマルイカ釣りも十分楽しめる時代になってきました。

IMG_6412

シーボーグ200J DH

小型電動リールでこの時期の深場マルイカ釣りにはピッタリです。

ダブルハンドル仕様が使いやすいですね! 微妙な棚取りや、繊細な糸フケを取る時に

ダブルハンドルだと手巻きリールと変わらず、瞬時に対応できます。

マルイカが乗ったら、JOGレバー ON!楽々上がってきます!

JOGレバーでの高速巻きアワセも可能ですね。

IMG_6419

良い曲がりで揚がってきたのは、ダブルでした!

居ますね!マルイカ!

IMG_6395

IMG_6410

この日の水深は、80~90メーター。 1月の100~120メーター辺りから、1ステージ上がりましたね!

小網代沖~城ヶ島西辺りをやりましたが、マルイカの反応も落ち着いていて、2,3回、時に4回くらい出来る

流しもありました!

IMG_6421

手巻きリールには、スパルタンTW 100XH  8.1の超ハイギアです。

特に深場でのマルイカ釣りでは、皆さんご経験あるかと思いますが、アワせを入れても

間に合わないシーン(マルイカが掛かりきらない)があります。

特に船の上下、あるいは低活性時の微妙な触りやアタリの時などにこんな傾向が多くなります。

そんな時、マルイカを掛けた瞬間に、素早くリールを巻き込んでやる事で間に合う事が良くあります。

ハイギアな程、瞬時にラインを多く巻き込めるわけですね。

IMG_6394

IMG_6358

終盤には、ブロガーの前田さんが乗る瀬戸丸さんが並び、お知り合いの方々も沢山居てご挨拶でしたね!

IMG_6449

沖揚がりまで、アタリ途切れる事なく、船中まんべんなく釣れて楽しめました!

昨シーズンはお互いに厳しい釣りをたくさん経験してきたお仲間の皆さんも、

今シーズンは良さそう!と^^

IMG_6463

IMG_6465

IMG_6467

私も同感で、今シーズンは期待できると思いますよ!

今シーズン、こんなイカしたタックルでマルイカ釣りを楽しんでいきたいと思います!

IMG_6453

IMG_6455

タケル船長 今シーズンも始まりましたね!またよろしくお願いします。今日は有難うございました!

IMG_6469

IMG_6475

 

 

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.01.29

沼津 夜ヤリ,マル! 真正丸さんより

1月28日は、静岡県沼津市 江梨の真正丸(しんしょうまる)さん

夕方からの夜ヤリイカ、マルイカ仕立て船に行ってきました!

港に着くと、ご覧の通り綺麗な富士山が一望です。

IMG_6163

IMG_6171

真正丸さん 小林船長 よろしくお願いします!

IMG_6216

今日のタックルですが、ロッドは今シーズンお気に入りの極鋭マルイカ レッドチューン AGS  F

IMG_6203

リールはスパルタンRT TW  100XH

同サイズの両軸リールに比べ、ワンランクパワーアップバージョンです。

IMG_6202

ギヤ比8.1の超ハイギア(ギヤ比7.3バージョンもあります)で巻き上げ速度は勿論の事、

仕掛けの落下速度にもTWS(T-ウィングシステム)が一役買ってます。

通常クラッチON時はT字型のワインダーがこんな感じです。

IMG_6207

クラッチOFF時はT字型のワインダーの広い部分が瞬時に前方に向き、解放状態になります。

仕掛け落下時、ラインの擦れ、摩擦を少しでも軽減しようという設計ですね!

IMG_6206

まだまだこのリールの特徴は沢山ありますが、また次の機会に!

仕掛けの落下速度が肝心な深場マルイカから勿論浅場まで、更に他のターゲットでも活躍してくれると思います。

デザインもカッコイイので、ショップなどで是非お手に取ってみて下さいね!

それでは、夕暮れの富士山を眺めながら、沼津 夜イカ行ってみましょう!

IMG_6222

ポイントは港からわずか数分の目の前です。水深は30メーター!

30号オモリで非常にライト感覚な釣りです。

IMG_6228

灯りを水面下へ入れて、イカの群れの回遊を待ちます。序盤、アタリ、触りが出るまで

幾分時間が掛かりましたが、陽が落ちた頃からマルイカ!ヤリイカ!続々と釣れ出しました!

IMG_6264

IMG_6237

スッテはMDミラー系がやはり効きました!

各色ケイムラ配合のお陰で、夜の暗い海中でイカに魅力的なのでしょうか。

カンナにサクサス仕様(フッ素加工)搭載バージョンも間もなく発売されますので楽しみですね!

IMG_6277

前日のシケを挟み、水温が若干上がったせいか、この日はマルイカ主体でしたね!

そんな中、勿論デカヤリも揚がりましたよ!

でもこのデカヤリも触りが結構繊細で面白いです。迫力は満点ですね!

IMG_6290

IMG_6287

IMG_6289

IMG_6282

IMG_6242

IMG_6257

IMG_6234

IMG_6235

弁慶サイズも飛び出しました! MDスティックミラーでしたね!

IMG_6247

終盤は、アタリ散漫ながら、ポツリポツリ群れが入ってくると、触った! 引っ張られた~!と

船中大騒ぎで夜の海で盛り上がりましたね!^^

そうです。この釣りはどんなイカ(マルイカ、ヤリイカ、ムギイカ、スルメ等々)であれ

非常にライトなタックルで、イカからのシグナルがあれば、熱く楽しめます!

IMG_6280

IMG_6240

最後まで皆さんとマルイカ、ヤリイカとの攻防を楽しんで、湯気が立ち上るほどでした(笑)

実際に、この日はとても良い凪で、気温も高め、絶好の釣り日和に恵まれ楽しい夜イカでした!

マルイカ主体にヤリイカ混じり、ムギイカ少々と3種混合で楽しめました。

IMG_6295

ご一緒いただいた皆様、とても楽しい仕立て船でした!有難うございました^^

昼間のマルイカ釣りも含め、まだまだシーズンはこれからですから、楽しんでいきましょう!

小林船長 大変お世話になりました。有難うございました!

IMG_6190

湯澤 安秀さんの記事
2017.01.16

小田原港発マルイカ!おおもり丸さんより

1月15日は、神奈川県小田原市 小田原港の、おおもり丸さんへ行ってきました!

おおもり丸さんでは、まずは試しも兼ねてマルイカ船が始まっています。

前回の沼津の夜イカとは違い、マルイカの反応を追いかけて釣る昼間の釣りです。

未だ1月ですので、当然の事ながら水深は深めとなりますが、早々にマルイカファンの

アングラーの皆さん、集まっていました!

IMG_5876

狙う水深は、だいたい70~90メーターがメイン。

仕掛け関係はこの辺りを軸に使います。

IMG_5873

開始スッテはこんな感じでスタートしました。

一番下は、リサーチ用として直ブラに。リサーチの意味合いはまたの機会に記載します。

IMG_5879

夜明けとともに出船!サンライズが綺麗でした。

IMG_5883

深場という事もあり、電動リールも用意しました。

シーボーグ200J DHには、極鋭ゲーム82 MH157 AGS

IMG_5884

もちろん手巻きタックルも使用します。お気に入りの極鋭マルイカ レッドチューン AGS F です。

IMG_5897

オモリはドラゴンTG 40号&50号を使用しました。

小田原沖は西からの風が未だ残り、寒波の影響で非常に寒い海上でした。

マルイカの反応は随所にありながらも、やや薄く散漫な感じでしたが、

船中どこかしらで、マルイカが揚がりました!良型ダブルのお客さんも居たようです!

後半の好転に期待しましたが、底潮が速くなってしまい、ややアタリ出づらく

ちょっと厳しい一日でした。

 

ところで、久しぶりに深場での釣りをやりましたが、シーボーグ200J DHと、

極鋭ゲーム82の相性はバッチリでした!

50号シンカーで、深場を狙うにはピッタリです。

この写真は、中型のマルイカが乗っているシーンです。

マルイカ専用ロッドと同じくショートロッドなので、タタキ易く、バットがしっかりしているお陰で

アワセもしっかり効きます。

永田さんがよく言っておられる通り、このロッドは本当に面白いロッドだと思います。

マルイカ、ヤリイカは勿論、アマダイやタチウオ、カワハギ等々、様々なターゲットで活躍する1本ですね!

IMG_5901

この日は、偶然にも同じくマルイカフリークのKさんも来られていて、胴の間で並んで楽しみました^^

IMG_5919

最後まで瀬戸船長は何度も何度も反応に当ててくれましたが、いかんせんマルイカのご機嫌がイマイチで

数は伸びませんでしたが、マルイカが居る手応えは十分でした。今後に期待ですね!

IMG_5912

またリベンジを誓って、小田原の海を後にしました。

それにしても素晴らしい景色ですね!

IMG_5898

IMG_5924

瀬戸船長 大変お世話になりました!有難うございました^^

IMG_5930

さて、せっかく釣れた小田原のマルイカ、ヤリイカ、簡単レシピで美味しくいただきましょう!

IMG_5910

帰宅後、後片付けを済まし簡単にこしらえてみました。

まずは、いか明太  市販の明太子と和えるだけで美味しいですよ^^

辛目が好きな方は、一味唐辛子など足してみるのも面白いですね!

IMG_5933

お次は、ゲソのボイル。沸騰したお湯に塩を二つまみくらい入れて、30秒~1分くらい茹でるだけです。

お好みですが、私は柚子胡椒やワサビで食べるのが好きです^^

IMG_5938

ラストはイカソーメン 市販のめんつゆを掛けて、卵黄を落とすだけで簡単です。

好みですが、私は青のりを掛けて食べるのが好きです。

ほのかな磯の香りでとても美味しいですよ!

IMG_5934

雑な男の盛り付けで、見た目は味も素っ気もないですが、新鮮なイカゆえに味は最高です。

どれも簡単に出来るので、やってみて下さい。

それには、釣りに出掛けないとですね!(笑)

今後、駿河湾から相模湾、東京湾へとマルイカ最前線が進んでくると思います。

今シーズンも各地で奮闘してこようと思います。

皆様も楽しく美味しくマルイカ釣りを堪能してくださいね^^

IMG_5932

 

1 / 812345...最後 »