アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2019.11.18

2019カワハギ新米杯 佐円丸さんより

今年も新米の季節がやってきました!

「2019年カワハギ新米杯」

約350名ものカワハギアングラーが17艘の船に乗船し競います。

(競うと言っても、飛び賞や抽選会、レディース賞など遊び感覚満載です)

今年も三浦市の三崎の産直センター うらりさんにて開催されました。

私は、佐円丸さんを担当させていただきました。

三崎港から朝陽に向かい出船。

船釣りで一番心が躍る瞬間です。

17艘が揃ったところで、棒面丸さんの船首には、お馴染み宮澤さん。

宮澤さんのスタートコールで全船がポイントへ向かいました。

まずは、期待の剣崎 水深約30メーターダチにてスタート。

やや二枚潮傾向ですが、ひと流し目からカワハギが飛び出しました!

私も開講一番、ダブルでの嬉しいスタートとなりました^^

今日の私のタックルは、極鋭カワハギEX BOTOMをメインとしました。

繊細なメタルトップ搭載ながら、穂持ち部には適度なパワーがあって

浅場から深場までオールラウンドに使えるカワハギロッドです。

万が一の激流の潮を想定し、更に操作性に優れたEX F1をサブロッドとして

持ち込みました。

 

針はある程度の良型を想定し、しっかり掛かり、エサ持ちの良い

スピード7.5号 7センチハリス、10センチハリスを使い分けました。

Boo船長こと柳下船長は、剣崎→毘沙門→城ヶ島下と次々とポイントを

巡回してくれて水深は18から38メーターと様々なシチュエーションを

楽しむ事が出来ました。

カワハギのサイズも中型から時に大型と剣崎エリアならではのカワハギが登場しました!

それにしても素晴らしい天候に恵まれた一日でした。

と、のんびりしていると、いきなりツルテン地獄です。

居ましたねちびっこが(笑)

今年のカワハギは若干時期がズレているのか・・・

あるいは個体が少なめなのか・・・

アングラーにとっても船宿さんにとっても悩ましいシーズンですが、

今日の釣りを振り返ると、カワハギ1枚との駆け引きが

非常に面白く、熱くさせられます。

その分、掛けた満足感はなんとも言えない嬉しさがあります。

まだ若干水温が高めなので、これから冬季に掛けて水温が低下してくると

面白い釣りが出来そうな予感満載な一日でした。

私の釣果は8枚(リリース1枚)は2位でしたが残念ながら新米はGET出来ず(笑)

それでも個人的には凄く面白いカワハギ釣りでした!

月並みな言い方ですが、「エサ取り名人 ザ・カワハギ釣り」って感じです。

佐円丸さんトップはダントツの15枚でした!

それは本当にお見事な釣りでした。

 

Boo船長 今回もカワハギ案内人(笑)いただき有難うございました!

お世話になりました。

表彰式や大抽選会も大いに盛り上がりましたね!

石塚さん、宮澤さんをはじめ、各船リーダーの皆さん、DAIWAスタッフの皆さん、

なによりご参加の皆さま、本日は大変お世話になりました。お疲れ様でした。

最後に一言!カワハギ釣りは楽しい!面白い!^^