湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2019.06.29

梅雨のマルイカ釣り 小見山丸さんより

今回はお誘いいただいていたマルイカ釣り仕立船で行ってきました。

伺った船宿さんは、神奈川県横須賀市 長井新宿港のお馴染み小見山丸さんです。

長14

梅雨に入りマルイカ釣りの最盛期を迎えています。

シケの谷間、ある意味奇跡的な凪となり出船出来ました!

長4

西口から城ヶ島沖では幸い潮は大人しく、

50~45メーターラインで派手な乗りはないものの幸先良いスタートでした。

長2

そう、まずは「おかず」を確保しなくてはならないんです(笑)

釣友が釣れたてのマルイカを船上で捌いて、美味しい和え物を作ってくれるわけです。

その和え物を、持参したご飯に乗せてお昼ご飯にします。

何やら、今回は色々な具材を用意してくれているようで楽しみです^^

 

さて、中盤からは雨も一時激しくなり、マルイカの反応も小さいせいか、

マルイカからのシグナルが遠のいた時間帯が続きました。

こんな時、私自身は周りで釣れてくるスッテの位置、いわゆる棚を注視しています。

例えば、比較的棚が低い場合は、スッテの数を5本から4本へと減らしたり、

よりマルイカからのシグナルを受けれるようにする事もあります。

そんなこんな色々と考えて釣るのが面白いんです^^

長1

さて、お楽しみのマルイカ丼の出来上がりです!

王道のイカ明太、キムチ&コチュジャン和え、沖漬け和え、マル秘和え(笑)

潮風を受けながら食べる特製マルイカ丼は最高の味でした!

こんなお楽しみも沖釣りの魅力ですね。

ご馳走様でした!

長8

楽しい時間はあっという間に過ぎて行き、気づけば終盤。

諸磯沖で僚船が集まってきていました!

長15

水深39メーター!

着底間近のシンカーがゴロゴロと根を転げ落ちたり、

海藻かなにかにフワッと着底したり、魔の根掛かり地帯ですが、

マルイカがストラクチャーに居着き始めた証拠です。

気を緩めない釣りですが、スリリングで個人的には大好きです。

長5

触り活発になってきたところで、残念ながらお時間となり納竿となりました。

特に浅場では面白いロッドですよ!

長6

お隣の増田さん 後半の追い上げは見事でした!

長11

船中まんべんなく釣れて、良い仕立て船でした^^

長16

長9

小見山船長 今日も一日お世話になりました。

7月~8月に掛けてまだまだ期待大ですね!

有難うございました。

(アイス日和ではなかったので、アイスが余ってしまったぁ~笑)

長13