湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2019.06.02

マルイカ釣り最盛期へ 志平丸さんより

6月1日(土)は神奈川県横須賀市 佐島港の志平丸さんへ行ってきました。

かなり釣果も上向いてきましたね!

6月ともなるとマルイカ釣りの最盛期です。

今日は、お客さんも大勢詰めかけて、2艘出し満員でした!

しらす28

今日の水深は約45~55メーター

冬場の120メーターに比べれば楽勝ですね(笑)

僚船も満員の船が多かったですね。

マルイカ釣りの人気が伺えます。

しらす27

マルイカ釣りの魅力は沢山ありますが、何と言ってもこの可愛らしい姿!

しらす18

他のイカに比べて、警戒心強く臆病ながらもスッテなどに興味が湧くと

ちょっかいを出してきます。

まるで子猫のようなイカです(笑)

これを掛けていくところに面白みがあります。

しらす24

今日はマルイカのヤル気がイマイチなのでスッテへの抱きが甘く、

強めにアワセてしまうと巻き上げ途中でサヨナラ~

といったケースが目立ちました。

身切れが原因だと思います。

今の水深であれば、ややスイープなアワセでも十分乗りますので

シビアな状況の時は大きな強いアワせではなく、

乗せていくようなイメージで、気持ち優しめなアワセを試してみて下さい。

しらす20

今日も中盤までは、こんなサイズがメインでした。

棚や活性も反応によりマチマチでしたので、ピンク系、ケイムラ系を各2本は入れて

アクセントでギョクロや混色系をスポットで入れていきました。

しらす17

それにしても最高の凪で、気持ちの良い沖でした。

しらす13

中盤のベタ凪から、やや南寄りの風に変わり出した辺りに

一時でしたが、3回、4回と出来る流しもありました!

こんな時はサイズも一回り大きい感じですね。

 

同行の内田さんも、マイクロサイズから、時に3点掛けも披露していました!

しらす14

終始、地味乗りながら40パイと存分に楽しめました。

これは水深が浅くなり、マルイカからのアタリがより取りやすくなった事と、

浅場ゆえに回転が速くなった事、なによりマルイカの群れ自体が沢山浅場に入って

きている事を意味しています。

マルイカ釣りの一番面白いシーズン突入!という事です。

しらす10

なんと別船では、内房名手の増田さんが78パイ!

見事な数を釣っておられました!

しらす29

1パイ1パイ地道に掛けていく、テクニカルなマルイカゲームでしたが、

これが非常に面白く、発見も多々あり面白い一日でした。

しらす12

志平丸さん 今回も大変お世話になり、有難うございました。

佐島の浅場も楽しみですね!また宜しくお願い致します。

しらす4

帰りは、これも佐島港へ行く際のお楽しみ、

採りたての生しらすと、釜揚げしらすを買って帰路に着きました。

しらす31