湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2019.05.19

マイクロマルイカにチャレンジ!大和丸さんより

5月18日(土)は、神奈川県三浦市 小網代港の大和丸さんへ行ってきました。

前情報では、ここ数日マルイカのサイズがかなり小さく、

触りやアタリも極小との事でチャレンジしてきました。

ヤマ18

狙う水深は日にもよりますが約50~60メーター だいぶ浅くなってきました。

マイクロマルイカを想定して、今日は超軽量タックルコンビで挑みました。

極鋭マルイカEX AGS F&エアドレッドチューン100SH

ヤマ14

イカの触りやアタリの出方は、イカのサイズというより、やはり活性がまずは第一。

動(誘い)と静(アタリを取る)を頻繁に繰り返すマルイカ釣りでは

静と動にメリハリを出す為と、マイクロサイズが乗った時の一瞬の重みの変化に

軽量タックルはかなり重要となります。

ヤマ13

さて、序盤は凪、後に南東の風が吹き込む予報ですが、

まずは曇天模様に期待し出船です。

常連名手の菊地さん(向かって左側)、マルイカ釣行50回目の節目という落合さん

よろしくお願いします。頑張っていきましょう!

ヤマ15

朝一の数回の流しでは、期待の着ノリは無く、やはり低活性模様でした。。

活性の良い時合では、多少浮いているマルイカ、ムギイカも落下していく

仕掛けを追いかけていきますが、そんな勢いは無く、棚でステイしている感じです。

 

前情報通り、序盤からこんなサイズの登場です。

ヤマ11

そんな中、ドスンとスルメ級も乗ってくるから解りません!

美味しいイカの塩辛が楽しみです^^

ヤマ12

マルイカが居る棚にマルイカが少しでも興味を示すスッテが入っていないと

なかなか掛けられるアタリが出せず、非常に難しい一日でした。

 

 

では、どんなカラーや大きさのスッテをどのように配置したら良いか・・・

これには勿論正解はありませんね(笑)

正直マルイカに聞いてみないとわかりません^^;

でもこの釣りはスッテをあれやこれやと悩んだり、試したり、棚を意識したり

マルイカに話掛けながら釣っていくところが面白いと個人的には思ってます。

シンプルな釣りながら奥は深いですよ^^

ヤマ9

船長は幾度も繰り返しマルイカの反応を探します。

投入の合図から、仕掛け回収の合図までの限られた時間内、

諦めずに集中して楽しんでみて下さい。

事実、今日も流し替え投入後、しばらくしてからアタリが出だしたケースが

非常に多かったです。

ヤマ2

今日の釣りを振り返ると、ブッコミ一発目で触りやアタリが無くても、

仕掛けを入れている最中は、誘い、止め、アワセ、巻き落とし、を諦めずに続ける事が

基本とはいえ、やはりカギとなった印象でした。

ヤマ7

落合さんも50回目のマルイカ釣行を存分に楽しめたようです^^

ヤマ6

同船いただいた皆さん、お疲れ様でした^^

ヤマ3

タケル船長 お疲れ様でした! 今日は比較的おとなしいマルイカでしたが、

いつバリバリ乗りだすか!? 今後が楽しみですね!ありがとうございました。

ヤマ4

終わってみれば小型ですがマルイカ主体で面白い釣りを堪能できました!

ヤマ8

これから梅雨の時期、いよいよマルイカ釣りの最盛期となります。

ぜひ皆さんもマルイカとの駆け引き、攻防を存分に楽しんでみて下さい。

ヤマ5

綺麗な景色で静かな小網代港を後にしました。

ヤマ1