湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2019.02.25

極鋭マルイカEX AGS Fで深場マルイカへ 志平丸さんより

2月24日(日)神奈川県横須賀市 佐島港の志平丸さんへ行ってきました。

佐島31

今シーズンのマルイカ釣りは昨年末から開幕し、これまで安定推移しています。

私も今シーズンのマルイカNEWロッドでチャレンジしてきました!

極鋭マルイカ EX AGS F

今流行りのゼロテン釣法から宙釣りまで使いこなせるマルイカ専用オールラウンダーロッドです。

佐島24

綺麗な朝焼けを眺めながら出船!

沖釣りでとても気持ちの良い瞬間ですね。

佐島30佐島25

仕掛け関係は、いつもの直結5本仕掛け カラーはまずはオーソドックスな感じで組みました。

ケイムラ系、ピンク系、ライトブルー系 これらの3色は常に配置すると良いと思います。

その日の傾向を観ながら混色系などへ交換していくのも面白いと思いますよ。

佐島28

水深は約100メーター まずは電動リール シーボーグ200J DHで開始しました。

ダブルハンドルは、ちょっとした作業・・・

例えば、瞬時に糸フケを取ったり、宙釣りでの微妙な棚取りなどにとても役立ちます。

佐島22

この日は小春日和のベタ凪の快適な海で、僚船も大勢のお客さんで賑わっていました!

佐島8

佐島6

序盤は、まだスレていないマルイカなのか、着底後に比較的素直なアタリが出ていました。

同行の内田さんも流し替えごとにマルイカをキャッチ!

佐島15

私も触腕ギリギリながらご愛嬌の1パイ(笑)

佐島9

中盤ころから、シビアな展開へ・・・

マルイカの反応はあるのですが、かなり小さな個体の反応のようで、

よりシビアな釣りへという事で、手巻きにチェンジしました。

こちらもお気に入りのエアドRT100SH

佐島12

釣り方的には、まずは当然ながら着底直後のアタリを狙います。

着底に備え、PEラインのカラーを意識し、おおよそ着底まで10数メーター近辺から

気持ち的にも、着底に備えていきます。

着底直後にあまり糸フケが出ないよう、よりサミングを掛けていきます。

 

着底後は、直ぐにゼロテンを意識して張らず緩めずで穂先の動きを観ます。

流し替えブッコミ一発目ではいきなり叩かず、まずはスッテに来ているであろうマルイカからの

シグナルを観ます。

 

EX AGS Fの場合、このくらいの感じでゼロテンでのアタリを観ます。

この時、当然ですが、穂先がフワフワとか、チリチリとか震えるような動きがあればアワセていきます。

佐島18

着底でのアタリが無い、空アワセでも乗りがない場合は、聞きあげていきます。

聞きあげていく際に、モタレたり、止めるような動きがあればアワセていきます。

ある程度聞きあげて、アタリが無ければ、タタキ下げて宙層でタタキを入れて

止めてから直ぐに聞き上げていきます。これを3回~4回繰り返して巻き落としします。

佐島20

私個人的な釣り方では、シビアな状況の時ほど、オモリを切ってPEを張り込んだ

聞き上げの釣りを展開します。

逆にある程度活性がある時にはゼロテンを軸にします。

文章では非常に説明が難しいので恐縮ですが、これが私個人的なスタイルです。

 

そんな状況に応じて、様々な釣り方へ展開できるEX AGS Fは非常に面白いロッドと感じています。

また、これからマルイカのポジションが浅くなるにつれて、オモリ号数も40号~30号となると

更に真価を発揮するロッドだと感じています!

佐島5

マルイカ釣りの面白さは、マルイカからのイカ特有のシグナルを、時に目感度、時に手感度、体感度で

感じる事が一番ワクワク・ドキドキする瞬間です。

たまたま、今日は少しシビアな釣りとなりましたが、マルイカは何かの拍子に一度豹変すると

それこそ、スッテに襲い掛かってくる程の高活性になります。

それこそ目感度、手感度、体感度、物凄い事になり大釣りが期待できるのも

マルイカ釣りの魅力です。

皆さんそれぞれのスタイルで今シーズンも楽しんでいただきたいと思います^^

佐島2

今日は、志平丸さん 博之船長 大変お世話になりました。また宜しくお願い致します。

佐島1

佐島27

佐島3