湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2018.08.03

城ヶ島カワハギ仕立て船 松島丸さんより

今年もカワハギ釣りのシーズンがやってきました!

神奈川県相模原市にある釣り具専門店「フィッシング相模屋さん」

スタッフの皆さんや常連の皆さんとプライベート仕立て船で行ってきました。

伺った船宿さんは、神奈川県三崎町城ヶ島の松島丸さんです。

皆さん、大のカワハギ好き!

さて行ってみましょう^^

城44

極鋭カワハギEXシリーズも今シーズン発売の「ボトム」で3機種揃いました。

ZERO、F1、ボトムとそれぞれに個性たっぷりな仕様ですが、特にボトムは万能カワハギ竿といった作りで、

様々なシーンやオールシーズン使用可能な中心的な存在と感じています。

城40

さて、ポイントは港から数分程度の15メーター程の浅場で開始です。

私は、まずは様子見で、針はスピードの7.5号 8センチハリスで

比較的スローなエサの動きでスタートしました。

朝一のエサ取りの模様は比較的良好で、船中次々とHITしました!

城36

城31

城38

城37

城16

まだスレていないカワハギながら、当然この時期なので纏まってはいなく、

外道も含め、10匹に1匹がカワハギといった様相です。

 

私の釣り方的にはオーソドックスな釣り方で、

着底後、直ぐにオモリを1メーター程度持ち上げて、しばらくその棚で誘い、

誘いながら徐々に下げていく。

カワハギの触りが出れば、さらに誘い下げていく釣り方です。

しかし、なかなか触りが出ず、8センチハリスを1センチ刻みで詰めていきました。

約5センチ程度に詰めたところで、触りは出始めましたが、なかなか掛からず・・・

次は、針をハゲ針系に変えて、同じく5センチ程度のハリスで挑むと上手く掛かり出しました。

城3

どうしても魚が散漫で、アタリや触りがなかなか出ず、オモリを底に着けたくなるのですが、

オモリを底に着けてしまうと、自然とゼロテンション態勢になってしまうので、

外道が喰ってきてしまう。

誘い下げた際に、オモリ1個程度でも宙に浮いていると、船の揺れも相まって外道には喰われず、

カワハギのみを選んで釣る事が出来ました。

この辺りのカワハギとの駆け引きが非常に面白いですね!

城22

しかし状況が刻々と変化していくのがカワハギ釣り。

そんなに上手くいく時間は続かず・・・

後半には潮が動き出し、魚の喰い気が出てきた頃は、

スピード系のロングハリスが有効な時間もありました。

型も良型が目立ちだし、浅場での強い引きを皆さん堪能していました!

 

皆さんそれぞれに工夫を凝らし、カワハギを攻略していく。そんな至福な時間でした!

城21

城33

城34

城24

城19

城11

外道の動きもキーポイントな一日でした。

特にベラ系のササノハベラやキュウセンベラなどが口を使い出すと、

誘発されるのか、カワハギもアタリ出しました。

同じエリアに生息する魚たちですから、当然なのですが、

ベラ系の外道が喰い出したらやはりチャンスかもしれませんね。

そんな時は、少し仕掛けを持ち上げてみたり、色々なパターンを探してみて下さい。

 

私にもようやく^^;水面を横っ走りするナイスサイズがきてくれました!

嬉しい1枚!って感じでした。

城27

皆さんと愉快に楽しく真剣にカワハギと向き合った一日。楽しかったです!

平賀店長 有難うございました!

城25

帰港後、船から降りると、路面にはこんな光景が!

カワハギはとても身近な魚なんですね^^

城10

松島丸さん 様々なポイントをたくさん廻っていただき、お陰様で楽しいカワハギ釣り開幕となりました。

有難うございました。

城1

さていよいよカワハギシーズンも始まりました。

今年はどんなシーズンになるのか?

カワハギとの攻防を楽しみたいと思います。

今日は同船いただいた皆さま、楽しい一日を有難うございました^^

城6