湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2018.02.11

沼津・秀丸さんより 深夜ヤリイカ・マルイカ

2月9日(金)深夜 静岡県沼津市 沼津港の秀丸さんへ行ってきました。

夜11時30出船の深夜ヤリイカ・マルイカ船です。

沼4

このエリアの夜イカ釣りの魅力は、なんと言っても水深の浅い30メーター前後で、

非常にライトな感覚でマルイカ、ヤリイカとの駆け引きを楽しめる事だと思います。

この日も、水深は25~30メーター強。オモリは30号で通せました。

 

ヤリイカに加え、ようやくマルイカも交じり出してきているようなので、

MDスティックミラー11センチにスッテもMIXして開始しました。

仕掛けはいつも通りの5本直結です。

沼36

タックルは、極鋭マルイカRT AGS F&エアドRT

超軽量なこのコンビのお陰で、真冬の深夜でも釣り続けられます。

沼20

開始からアタリは散漫ながらも、船中どこかでヤリ、マルが揚がり、

中盤では2、3連装出来る群れも船下に入り出しました。

沼32

それにしても真冬の深夜でもご覧の通り、お客さん満員です。

直結仕掛け、イカメタル、ショートブランコ、エサ巻き仕掛けなどなど

お好みの仕掛けで楽しめるのも魅力ですね!

沼22

その日の状況により船下へのイカの入り具合は変わりますが、

中盤の良い時間帯では、頻繁に群れが入りました!

周りでイカが乗った時は当然ながらチャンスです。

落ちてくる物に反応しますので、4,5メーター位のショートピッチの巻き落としなどでアピールすると効果ありました!

沼27

水面にはベイトも回遊し、生命感あふれる海でした。

沼23

中盤以降は、群れの入り悪くなり、幾分場所を移動しての釣りとなりました。

ここでは、極小マルイカとの攻防に熱くなりました。

底は根掛かり地帯ですので、宙でのマルイカとの攻防。

時折触ってくるやんちゃなマルイカに騙し騙され、熱い時間を楽しめました。

沼14

ヤリイカ6割、マルイカ4割といった感じで48杯 面白い夜でした!

沼9

前回、約1か月前の釣行に比べ、マルイカ率が上がってきている様子です。

これからも面白い釣りが出来ると思います!

防寒体制とライフジャケットを万全にお出かけください。

 

小池船長

デカヤリにマイクロマルイカと、ダイナミックさと繊細さと色々と楽しめて

今回も面白い釣りを有難うございました!

沼1

今シーズンの新作ミッドスッテシリーズもサクサス・カンナを搭載して

カラー、サイズ共にバリエーション豊富に揃っています。

ご期待ください!

沼40

こんなデカヤリも居ますから迫力も満点です!

40沼

PS:帰宅後、ササッと簡単にですが、お刺身とイカ飯でいただきました。

鮮度抜群! 味は勿論最高でした^^

沼6

沼44