湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2017.12.18

内房・深場カワハギ 宝生丸さんより

12月に入ると、西寄りの風が吹き荒れたり、季節風にやきもきする日も多いですね。

今週末土日(16、17日)の予報もシケ予報。。。

それでも何とか、休日に海や川、湖へ出たい、というのが釣り人の心情ですよね(笑)

そんな中、土曜の夜に、日曜日の予報が幾分好転!

というわけで、以前から気になっていた今年の東京湾・富浦沖のカワハギへ行ってきました!

伺った船宿さんは、お馴染み、千葉県鋸南町 勝山港の宝生丸さんです。

宝32

好転したとは言え予報はイマイチながら、お客さんは大勢集まりましたね!

案の条、港に着いた時点では、未だ西の爆風が・・・

やがて凪る予報を信じて、波・ウネリ高い状況で富浦沖へ向かいました。

(とにかく海悪く、船上での写真少なく恐縮です)

 

富浦沖は例えると、城ヶ島沖の水深40~50メーターと似たポイントで

砂地や岩盤にツブ根が点在するエリアで、くぼみの筋やツブ根に、冬場になるとカワハギが纏まります。

今年は他のエリアと同様に富浦沖もカワハギが沢山纏まっている模様で、連日好釣果も出ていましたね!

 

水深40~50メーターの深場がメインです。幾分速い潮に対応可能なタックルという事で

ロッドは、極鋭カワハギEX AGS F1をメインとしました。

水深が深くなると、柔らかいロッドではどうしても掛け損ねや、掛け遅れが出ますが、

このF1は、50メーター下でもオートマティックに針掛かりさせるパワーを兼ね備えています。

また、重めの集奇やシンカーの操作もティップが負ける事なく操作出来るので

深場でも仕掛けの動きのイメージがし易くなり、個人的には気に入っています!

 

この日は中型に混じり、大型も目立ちましたよ!

宝34

身長程の波、ウネリがありましたので、宙での釣りは諦め、オモリを底に置いて

やや重めのシンカー2.5号を打ち、オモリトントン⇒オートマチックに掛かる。

オートマチックに掛からなければ、シンカーでややテンションを抜いていく感じで釣りました。

 

カワハギの反応は、纏まっているせいか、ほぼ出っ放しの様相でした。

しかし、長く流し込んでいくと、幾分スレ気味になってきたので、

バイブ集奇をオモリ上部へ接続し、同様な釣り方で威嚇(いかく)作戦に出ると、

その日一番の大型28.5センチがひったくるように掛かりました!

宝29

終日、海悪い状況でしたが、F1の感度、操作性のお陰で、かなりカワハギが居る事を実感できました。

宝生丸さんでは、午前、午後とカワハギ乗り合いを操業中です。

ぜひお問い合わせ出船の確認いただき、出かけてみて下さい。

船長のお話では、これまで比較的午後の方が喰いが良かったようですが、

ここのところ、午前船でも活性は上向きのようです。面白いですよ!

 

トシ船長 海悪い中での操業お疲れ様でした&ありがとうございました!

宝23

また、この日は、若手アングラーの方々が皆さん仲良く乗船されていました。

中には船酔いされてしまった方もいらっしゃいましたが、皆さん最後まで

カワハギとの攻防を諦めず頑張っていた姿に、船長も私も敬服いたしました。

宝11

宝12

宝17

とても良い思い出深い釣行となりました。有難うございました!

またこれからもカワハギ釣りを存分に楽しんでください^^

 

宝生丸さん 一日大変お世話になりました。有難うございました!

宝9

宝4