湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2017.08.11

まだまだいけそうなマルイカ!大和丸さんより

久しぶりの三浦サイド マルイカ釣りへ

前情報では、水深はやや落ちて60~80メーター前後、型は良型メインとの事で、

MDミラー45赤帽を軸に。またこの時期特有の速潮を想定して初めから直結ブラで開始しました。

IMG_0171

お盆休暇初日の8月11日は、神奈川県三浦市 小網代港の大和丸さんへ行ってきました。

1月から始まったマルイカも、早くも8月。足掛け8か月にも及ぶロングシーズンです。

今日は、ここのところの猛暑から10度以上気温が下がる曇天模様に加え、

小雨がちらつく寒いくらいの日でしたが、海水温は25度前後をキープ。

曇天模様に期待し沖へ出てきました!

IMG_0205

序盤は予想通り速い潮で、反応に仕掛けが上手く入らず、苦戦でしたが、

次第に潮が落ち着いてくると、アタリも出だしました。

1流しで1パイ獲れるか獲れないかという攻防で、ある意味、非常にスリリングな釣りでした。

右舷サイドでは弁慶サイズも揚がりましたよ!

IMG_0192

このサイズも結構交じる日でしたね!

IMG_0189 (2)

IMG_0194

一方、左舷サイドでも何度か全員巻きシーンもあり、特に中盤から後半に掛けて盛り上がりました!

IMG_0177

谷戸さん

IMG_0198

途中、潮が落ち着いたところから直結に変更し、比較的ファットな形状のスッテに分がある感じでしたので

久々にこんなスッテを入れてみたら一発できました^^

IMG_0197

タックルを通して、海中のマルイカとの駆け引きが楽しくて仕方ありませんね!

IMG_0181

終始、マルイカの触りは極小さい状況。しかし、小さなアタリで掛ける1パイの喜びは格別です!

IMG_0184

マルイカ釣りのロッドは、今や様々なアクション(調子)の物があります。

例えば、現在流行りのゼロテン専用設計モデルや、オモリを底に置かないスタイルの

どちらかというと硬調子系、などなど。

ロッドの調子により、釣り方や、アプローチの仕方が変わり、勿論アタリの出方も違います。

私自身も色々な船宿さんにお邪魔しますが、皆さんそれぞれの趣向の釣り方で楽しまれています。

どちらが釣れるか、釣れないかは別として、どちらが楽しいか、面白みを感じられるか、

こんな観点で良いと思います。

今日は、そんな楽しみ方を、それぞれ追求している皆さんとの釣りで、とても楽しかったです^^

ちなみに私は、状況によりゼロテンとオモリを切った釣りをMIXさせた釣りに挑戦、奮闘中です^^

色々と試しながらですが、とても面白く、楽しめています。

IMG_0204

さて、8月上旬のマルイカですが、まだまだ反応は随所にあるような印象を受けました。

今日は少し潮が悪く、難しい日でしたが、まだまだ楽しめそうなマルイカでした!

大和丸さんでは、8月一杯はマルイカ乗り合いを予定しているとの事ですので、

ぜひお出かけください。

今日は同船の皆さん、大和丸さん、楽しい一日を有難うございました^^

IMG_0208

IMG_0201