湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2017.07.09

翔太丸さんより初夏のマルイカ最前線!

7月8日(土)は神奈川県三浦市 小網代港の翔太丸さんへ行ってきました。

シンプルな釣りでありながら奥深さのあるマルイカ釣り。大人気なターゲットです!

IMG_9382

一昨日は、澄み潮ながら、トップ釣果で71パイ!という事で期待高まります。

哲也船長、暑いですが頑張っていきます。よろしくお願いします!

IMG_9385

今日のスタメンスッテはこんな感じの6本直結です。(向かって左側が上です)

遊び感覚ですが、ケイムラにはイエロー、ピンクにはブルーと、マジックで薄く色を付けて楽しんでいます^^

IMG_9377

タックルは愛用の極鋭マルイカ レッドチューン AGS  F

オモリは40号、50号と状況により使い分けました。

IMG_9392

この細身のリールシート(エアーセンサーシート)がグリップ感が良くていいんですよね~。

IMG_9395

昨日の潮色は自身はもちろん見ていないのですが、沖へ出ると、

ややグリーン掛かった、濁りとまではいかなくも決して澄んではいない良さそうな潮色でした。

哲也船長にお聞きすると、やはり昨日よりは濁り傾向、との事で空は一面ピーカンなだけに

この潮色の変化に期待です!

IMG_9437

それでも、序盤はブッコミ数名程度で後が続かず、直ぐに旋回へ。

ややマルイカの元気がない状況でしたが、中型マルイカメインで楽しめました!

IMG_9416

同行の内田さんも、AGS F で小さなアタリで掛けてましたね!

IMG_9423

初夏の晴天ベタ凪~ 汗はもちろん、体力も消費しますので、多めの飲料と食料は

欠かせません。冷やし中華なんてクールダウンにはぴったりですね^^

IMG_9427

さて、中盤ころから南西の風がそよそよ吹き始め、やや活性上がり長く流し込む場面も出てきました。

長く流し込んでいく場面では、特に「巻き落とし」が重要になるとあらためて感じました。

あくまでもスッテは「生きたエサ」ではないので、仕掛けを入れっぱなしだと、マルイカもスレてしまうし、スッテを見切ってしまいます。

ルアーフィッシングに例えるなら、再度ピックアップをしキャストをし直すようなイメージです。

また、巻き落としをする事によって、別のマルイカにアピール出来たり、オマツリ防止対策にもなります。

 

■着底 ⇒ ①アタリを見る ⇒ ②タタキなど誘い ⇒ ③ストップ ⇒ ④アタリなし

①~④を1サイクルとし、これを3度くらい繰り返し、アタリ無ければ ⇒ 巻き落とし。

こんな具合で良いと個人的には思います。

巻き落としは、ある船長に教えていただいた事がありますが、仕掛けの長さ+5メーター位。

例えば、仕掛けの全長が6メーターならば、11メーター位。

おおよそは、10メーター位、一気に巻いて、再度、仕掛けを落とせば十分と思います。

「死んだスッテ」にならないようにですね^^

 

終盤は、40メーターラインでのマイクロ・マルイカ混じりの良い反応では、

アタリ、触り多く、熱かったですよ! でも難しかったぁ~

IMG_9441

最終スッテです。

IMG_9445

終わって39ハイ あと1パイ釣りたかったですね^^;

翔太丸さん精鋭の皆さんが乗っていましたので、なかなかマルイカを回していただけませんでしたが

最後まで、アタリ、触り多く、墨だらけになりながら存分に楽しみました!

IMG_9454

港へ上がってからの雑談も楽しいひと時です。

この日は、トップ釣果が75ハイと常連のIさん 本当にお見事でした。

また、50パイ、49ハイと続き、翔太丸さん常連のみなさん大活躍な一日でした!

IMG_9467

IMG_9464

皆さま、暑い中お疲れ様でした。

帰り際、丸十丸さん横の小網代ヴィレッジで小休止。潮風が涼しく、クールダウンして帰路に着きました。

IMG_9470

マルイカ釣り 絶頂期にきています。これからの時期、暑い日も多くなります。

体力の消耗を避けるためにも、多めの飲料水、食料をクーラーに詰めてお出かけください。

今日は、翔太丸さんでの絶好調マルイカ 有難うございました!

IMG_9449