湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2017.06.18

翔太丸さんより城ヶ島沖マルイカ!

6月17日(土)は神奈川県三浦市 小網代港の翔太丸さんへ行ってきました!

目下、好調キープな城ヶ島エリア、水深も釣りやすい40~50メーター。

または、根周りの30メーター前後と、面白いマルイカ釣りが出来ます。

今や、大人気のマルイカ。今日もお客さんは満員です!

なぜこんなにマルイカ釣りは人気があるんでしょう??

IMG_9023

小菅 哲也 船長 よろしくお願いします!

IMG_9036

反応を見ながら、城ヶ島へ向けて南下、潮色は濁り傾向で非常に良さそうでした。

島下で反応を捕らえ、投入!1投目からマルイカキャッチとなりましたが、

上潮がかっ飛んでいて、仕掛けがうまく反応へ入らないと、蚊帳の外という状態がしばらく続きました。

(今日も難しいかなぁ・・・)

また、今日は刃物が多く、真鯛やヒラメでしょうか、巻き上げ途中に喰われてしまいます。

無残にもこんな状態で揚がってきます・・・;;

IMG_9046

相変わらず潮は速く、オマツリも多いので、6本直結から、5本直結ブラ(下2本を直ブラ)に変更しました。

潮が大人しければ、40号オモリでも十分出来る水深でしたが、PEを張り込まないと

アタリが見えず、50号シンカーで張り込み、張り込んだ分を直ブラでスッテを解放する。

私自身よく使う速潮対処方です。

これで地道に、ひと流し1,2杯づつ追加。アタリを逃がしたり、掛け損じると、悔しいのなんのって^^;

IMG_9073

この速い潮が緩めばチャンスあるだろうと、哲也船長も島下で粘ります。

変化が起きたのは、11時30分頃でした。

若干ですが、潮が緩んだタイミングで、やはり良いアタリが出ました!

ここではマルイカ6連装、穂先を持ち上げるくらいの良いアタリも出ました!

IMG_9066

今日のタックルは今シーズン半年に渡り共にしている極鋭マルイカRT AGS F

IMG_9071

IMG_9067

この流しでいよいよ後半はくるか!? と思いましたが、そうは問屋が卸さない(苦笑)

潮が緩んだのは一瞬でした。逆に澄んだ冷たい潮が差してきて、反応も減ってしまった後半でした。

IMG_9083

この辺りは、マルイカ釣りの実に面白い一面で、「何かの変化」がカギになる事が多くあります。

例えば、それまで出ていたお陽様に雲が差し掛かった時、風向きが変わった時、

潮色が濁ってきた時、逆に澄んできた時、等々

何かの変化で良くも悪くも変化する時があります。

私自身、船上では空や海面とにらめっこしている時もよくあります(笑)

IMG_9087

序盤はどうなるかと思いましたが、終わってみればマルイカ主体で30オーバーで存分に楽しめました。

船中トップ釣果は44杯出ていましたよ!

IMG_9100

冒頭にも触れましたが、マルイカ釣りの面白さの究極は「アタリや触りを全て掛けられない」ところだと思います。

「あ!今、触ってた!」 「あ!掛けられない;;」 これが釣り人を熱くさせるんですよね!

逆に上手く掛けられた時の快感は堪りません。なのでまた熱くなってしまうんですよね!

また、マルイカ特有のアタリ、触りは何ともいえない感触です。

 

またマルイカに遊んでもらおうと思います^^

IMG_9093

哲也船長 今日は潮型悪く、操船も難しい日だったと思いますが、粘りで当てていただき楽しめました。

有難うございました。お疲れ様でした!

IMG_9103

今、相模湾サイドでは各エリアでマルイカの反応良い状況で、浅場にも入り出し、

非常に面白い状況になってきています。

これからの梅雨の時期、いよいよ本番を迎えます!

IMG_9091