湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2017.05.07

小見山丸さんより GWラストマルイカ!

ゴールデンウィークもいよいよ最終日の5月7日(日)

神奈川県横須賀市 長井新宿港小見山丸さんへ行ってきました。

IMG_8315

ゴールデンウィークの約一週間の間、城ヶ島沖界隈のマルイカ・ポイントは

潮の状況などが目まぐるしく変化しました。

春の時期特有の潮カスのような汚れが取れていき、表層は濁り潮へと変化しました。

澄み潮よりは濁り潮の方が、マルイカ釣りでは一般的に良いとされていますが、

今日はどうでしょうか?とにかくフィールドへ出て、仕掛けを入れてみなければ答えは出ませんので

今回も期待を込めて行ってきました!

 

ムギイカの群れも到来するこの時期、ムギイカはやや高めに反応が出ますので、

スッテ本数は6本で開始しました。

開始は、ミッドスッテ ミラー35を軸に組み立てています。

マルイカの活性、サイズにより、スッテサイズを30、40などに変えてます。

それぞれのサイズに同色があるミラーシリーズは使いやすいですね。

各色にケイムラが配合されていますので、アピール力もあると思います。

IMG_8263

もちろんメインはマルイカながら、この釣りでムギイカは外道扱いではなく、

マルイカ同様に面白いターゲットだと私自身は思っています。

マルイカは勿論ですが、特に足の速いムギイカを釣るには、速い仕掛けの落下がキーとなります。

スムーズな投入は勿論ですが、オモリの落下速度も重要ですよね!

これに一役買ってくれるのが、写真右上に見えます、ドラゴンタングステンシンカー です。

従来のタングステン製シンカーとの違いは、この翼の形状を加えることで、落下速度が速くなるわけですが、

特に、立ち上がり(落下し始め)が良く、追い込み(海底近辺)での速度が落ちにくい

個人的には感じているので、気に入って使っています。

 

さて、実釣ですが、6時 出船  沖へ走りだすと、潮色がかなりクリアになっていました。

城ヶ島西口沖で初めの投入は50メーター弱、40メーター後半で反応あるようです!

トモ側では常連の方がムギイカがズラリと6点掛けもありました!

反応はどれもやや高めで、時に底から10数メーター辺りで映ることもあります。

もし、船長が反応の高さをアナウンスしてくれたら、自分の仕掛けの長さを考慮し、

反応に満たない場合は、オモリを持ち上げて仕掛けを反応の棚に

入るようにしてタタキなどで誘えば、アタリが出る事もよくあります。

いずれにしても船長のアナウンスはよく聞いておいてくださいね^^

IMG_8281

肝心のマルイカは、やや活性が低いせいか、小型メインの序盤でした。

そんな中、胴の間のG藤さんは、もうすぐ弁慶サイズが2発も揚がりましたよ!

IMG_8279

タックルですが、今シーズン愛用のロッドは、極鋭マルイカ レッドチューン AGS  F

7:3調子で素直な曲がり、またF特有の繊細なスーパーメタルトップで、宙の釣りは勿論、

流行りのゼロテンの釣りも両方こなせます。

(:ゼロテン専用設計ではありません)

IMG_8268

IMG_8266

中盤からは、やや深めの65~70メーターラインをやりました。

ムギイカとマルイカが混在しているせいか、反応の動きが速く、

長く流せることはありませんでしたが、船中どこかしらでムギ・マルの型が見れました!

時に片舷ほぼ全員巻き!なんてシーンもあり盛り上がりましたね!

IMG_8280

GW最終日ながら僚船も賑わっていました!

一見穏やかな海に見えますが、南西からの高いウネリがありましたね。

IMG_8287

終了20分前には、良型マルイカメインでプチ盛り上がりありました!

反応は様々な水深にあり、その時の状況で反応により活性もマチマチなので

気の抜けないマルイカ釣りという事で面白い釣りができました。

おそらく、この澄んだ潮もマルイカが潮に慣れればまた乗りっぷりも良くなると思います。

毎日、釣果状況など要チェックですね!

今日は、マルイカ、ムギイカ半々といった感じでした!

IMG_8302

小見山丸さん常連の皆さま、一日楽しくワイワイと有難うございました!

IMG_8310

A井さん お隣で一日お世話になり、有難うございました!

IMG_8294

小見山船長 今日のイカは足が速く、流し替えの連続で、本当にお疲れ様でした!

お陰様で存分に楽しめました。有難うございました^^

IMG_8311

GWも終わりになりますが、これから8月中旬まで、まだまだマルイカシーズンは続きます。

これからのシーズンは、いよいよ浅場へと移行してくると予測されます。

例年ですと、そろそろ20~30メーター、場所によっては15メーター近辺の根などに着いてくる頃です。

今の水深より、マルイカとのダイレクトなゲームが楽しめます。

極鋭マルイカRT AGSシリーズの、FMCが更に本領を発揮してくる事と思います。

楽しみです!

小見山丸さん、同船いただいた皆さま、今日は楽しい一日を有難うございました!

IMG_8298