湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2017.04.30

宝生丸さんより 内房マルイカ最前線!

GWを迎え、いよいよ最盛期を迎えたマルイカ釣り。

東京湾 内房サイドの模様を見に行ってきました!

4月30日(日) 千葉県鋸南町勝山港の宝生丸さんを訪ねました。

IMG_8059

5時30分 出船 勝山港から南下し富浦沖が今のポイントです。

予報では凪、お昼頃からやや南西風、ポイントへ着くと最高の凪でした。

IMG_8075

スタートスッテは直結6本 カラー的にはいつも通りの感じでまずは開始しました。

IMG_8056

表層の潮色は、ややグリーンががった笹濁りで非常に良さそうなのですが、

海中には、この時期特有の汚れが目立ちます。

この汚れにマルイカの反応を探す船長さんは苦労しますよね。

(魚探の画像はマルイカの反応ではありません。海中の汚れです)

IMG_8076

開始まもなく、胴の間のお客さんがマルイカをGET!

次の流しも、トモのお客さんが良型マルイカをGET!

一発のみなのですが、皆さんマルイカをキャッチしていきます。

しかし私は、蚊帳の外・・・ 間に合っていないのか、あるいは、スッテが合っていないのか、

頭の中では様々な事がよぎりますが、キャッチしている皆さんの仕掛けを見ると、直ブラが多い事に気づきました。

確かに、幾分潮も速めです。試しに簡易的に直結仕掛けを直ブラ仕掛けに簡単チューンで試すことに。

IMG_8078

序盤は反応もやや低めなので、下2本を直ブラに変更したところ、無事にマルイカをキャッチできました。

それにしても、動きの速い今日のマルイカでした。上棚に着いているムギイカと連動しているのか、

着底一発、間に合うか、間に合わないか、の序盤でした。

船長の投入の合図に、いかにスムーズに投入するかが、基本とはいえカギでした。

そんな具合で、出遅れにプラス、一発勝負という感じで、ようやくツヌケたのは10時過ぎでした。

ちょっと良い型のマルイカが来てくれたので、「どうせ一回だから写真を撮ろう」と・・・

IMG_8084

マルイカの写真を何枚か撮って、再度仕掛けを落とすと、船長がマイクアナウンスで・・・

「まだ、4メーター辺りに反応が残っています」と!

着底すると、触りがあります! 俄然気持ちがヒートアップして集中しました。

この反応は落ち着いていて、ダブル交えて12連装!

全てマルイカで、久しぶりに良い意味でシビレマシタ!

 

実釣中は、もちろん誘いとして、タタキを入れるのですが、何より「巻き落とし」が良かったです。

スッテは「エサ」ではなく、あくまでも疑似餌なので、仕掛けを入れっぱなしにしておくと、マルイカもスッテを見切ってしまいます。

見切られる前に、スッテをマルイカの目の前から一度消して(一気に10メーター程巻き上げて)再度、落とし込めば、

マルイカももう一度、落ちてくるスッテに反応してくる可能性ありますし、別のイカにもアピールも出来ます。

マルイカ釣りの基本中の基本 「巻き落とし」

マルイカ釣りを始められたばかりの方や、これから始められる方は、覚えておいてくださいね^^

IMG_8097

今日のタックルは、極鋭マルイカAGS F と エアドレッドチューン100SHの軽量コンビ。

水深もほぼ50~60メーターメインという事でよりライト感覚にという感じのセットです。

今日は、ロッドAGS Fの良さが際立ちました。

着底した瞬間、聞き上げに入る直前に穂先が震えるアタリ、もちろん宙でも絶妙なアタリを出してくれました。

釣りやすい水深も手伝って、「F」特有の気持ち良い使用感、目感度、軽さに助けられました。

その後も、5連装くらい出来る流しもあり、内房の爆発力を感じる一日でした!

IMG_8111

トシくん船長 今日は久しぶりに連装の醍醐味を味わえました! お疲れ様でした!有難うございました^^

IMG_8136

終日、良いお天気の下でマルイカとの攻防は楽しかったです^^

IMG_8117

豊かな自然に囲まれた勝山港 とても良いところです。

IMG_8143

今日は、宝生丸さん 大変お世話になりました!

GWも始まったばかりです。ぜひ釣って楽しく、食べて美味しいマルイカ釣りに出かけてみて下さい^^

IMG_8140

IMG_8126