湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2017.04.23

大和丸さんより GW直前の好調マルイカ!

2月から3月と、マルイカの反応はあるも、日によりムラがあったり、

または沈黙していた反応が、GWを前にしていよいよ本格化してきましたね!

 

4月22日(土) 神奈川県三浦市 小網代港の大和丸さんへ行ってきました!

前日には、束越え釣果も上がった城ヶ島沖マルイカ。

多くのマルイカファンが詰めかけましたね!

IMG_7945

イカオヤジな皆さま(笑) 今日も宜しくお願いします!

IMG_7963

予報では終日凪、期待して組んだスタートスッテは6本。

個人的には、手返しとアタリを重視して、通常は5本が基本なんですが、

反応がやや高めに出る事もしばしばという事でプラス1本。

その分、抵抗を少なくする為に、小型のスッテで組みました。

IMG_7942

タケル船長もスタンバイOK! 今日はよろしくお願いします!

IMG_7959

序盤、投入1発目は、なかなか良いアタリも出て、船中かなりの確率で巻き上げてきましたね!

連荘といきたいところですが、2回目はほぼイカが動いてしまっていました。

IMG_7965

今日のマルイカは活発に動き回っている、というよりは、落ちてくる仕掛けを避けて

動いてしまっているような印象でした。何とか間に合えば2回出来た事が、数回でしょうか。

その分、頻繁な流し替えで船長も大変だったと思います。

IMG_7964

僚船どちらも賑わっていましたね!

IMG_7973

IMG_7976

IMG_7977

マルイカ船団 こんな光景待ってました!

IMG_7980

そんな日は、着底1発目のアタリが一番大事となりますので、私自身、巻き落としの際も含めて意識している事としては、

■着底前に、サミングを掛けてなるべく余分な糸フケを着底前に取っておく。

■着底した直後にアタリ、触りが来る! という心の準備をしておく。

特に今日のように中盤から終盤に掛けて、一発目の触りが非常に小さい時は、

いつもこんな事を意識して釣りをしています。

IMG_7971

IMG_7990

型の良いマルイカも増えてきていますね!

ミラー40は、大きすぎず小さすぎず、イカの抱き幅があるので、良いアタリを出してくれます。

IMG_7986

40越えの常連・K地さん 流石でしたね!

IMG_8004

U田さんもザル満タンでバッチリ楽しめたようです!

IMG_7992

私もマルイカ、ムギイカのアタリ触りを沢山感じる事が出来て、思いっきり楽しめました!

IMG_8003

さて、ゴールデンウィークを前にして、俄然盛り上がってきましたマルイカ!

反応は随所に多くあるようです。また、手つかずの水深やエリアの反応もあるでしょう!

さぁ、今シーズンはどのような展開に今後なっていくのか楽しみですね。

全ては、フィールドに出てみないとわかりません。

来るゴールデンウィーク、楽しいマルイカ釣り、沖釣りを、みなさん存分に楽しんでください。

今日は、大和丸さん、同船いただいた皆さま、大変お世話になりました! 有難うございました。

IMG_8007