湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2017.03.05

大和丸さんより3月初旬のマルイカ釣りへ

3月4日(土)は、神奈川県三浦市 小網代港の大和丸さんへ行ってきました!

マルイカ人気凄いですね!前日の好模様もあってか満船でスタートです!

IMG_7071

スタートスッテはこんな感じで組みました。

話題のサクサスカンナ搭載のMDミラーをMIXさせてみました。

配色はいつも通り、ピンク、ケイムラ、ライトブルー、など各棚に配置して、まずはスタートしました。

サクサスカンナは特に深場なこの時期、その貫通力が威力を発揮すると思います。

(向かって右側がオモリ側です)

IMG_7063

朝一は、反応が乏しいせいか、何度か反応を見て旋回に入りますが、船が止まらず。

イカが動いてしまっているのか、あるいは、反応が乏しく消えてしまうのか・・・

数回仕掛けを入れましたが、マルイカからの応答は今一つなスタートでしたが、

4,5回目の投入で居ましたね! Y戸さん、来ました! 本日初マルイカ!^^

IMG_7075

マルイカの触り、アタリが非常に小さいので、アタリ重視でスッテを6本から5本へ

タックルは、ロッド:極鋭マルイカRT AGS F

IMG_7080

リール:スパルタン RT TW 100XH 8.1のハイギアです。

IMG_7078

オモリ着底⇒糸フケを取り⇒聞きあげていく中でのアタリが目感度で良く出ます。

穂先に出るアタリは、モタれたり、持ち上がったり、止まったり、震えたり、クイっと入ったり等々。

ロッドのアクションによっても、その出方は様々ですが、違和感を感じたら、即アワセですね!

また、慣れないアングラーの方は、最初はなかなか手が動かないのですが、

遠慮せず、恥ずかしがらずアワセて下さい。

IMG_7082

IMG_7083

タタキを入れた後も、深場ゆえに幾分聞きあげていく方がアタリが出やすくなると思います。

いずれにしても、着底から聞き上げ、タタキ、止め、巻き落としと一連の動作にメリハリを出す為に

このロッドとリールのコンビは気に入っています。軽量ですので操作性も抜群ですよ!

 

さて、釣りの方ですが、なかなか厳しい展開ながらタケル船長も走り回っていただき

途中は触り多い反応もあり、船中では4連装などもありました!

IMG_7087

ここまで掛かれば、まずバレませんね!

IMG_7089

水深80~100メーターでのマルイカ釣りは、確かに深い分だけ情報量が減りますので

マルイカのご機嫌がイマイチな時などは、非常に難敵なのですが、

逆に繊細な分、掛けた時の満足感は何度やっても病みつきです。面白いですよ!

IMG_7104

タケル船長、常連のY本さんY戸さん、あの繊細な触りにはシビレマシタが面白いマルイカ釣りでしたね!

遊んでくれたマルイカと凪の海に感謝な一日でした!

IMG_7099

IMG_7098

船宿さんへ戻るといつも通り長々とお喋りは尽きず、でしたね(笑)

同船いただいた皆さん、大和丸さん、楽しい一日を有難うございました^^

IMG_7113

釣れたマルイカでパスタを作ってみました。春なので、菜の花添えです。

見た目はイマイチですが、加熱しても柔らかいマルイカとバジルソースとの相性は抜群でした^^

IMG_7146