湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2017.02.25

佐島港・志平丸さんよりマルイカ!

2月25日(土)は神奈川県横須賀市 佐島港の志平丸さんへ行ってきました。

週末アングラーの私にとっては実に3週間ぶりの凪釣行で、期待膨らみました!

お天気は暑くなるくらいの陽気に恵まれました。

IMG_6974

水深は90~100メーター ガッツリ手巻きでいこうとスパルタンRT  TW  100XH

8.1のハイギヤバージョンです。

IMG_6980

序盤は船中どこかでマルイカ、ヤリイカなどが揚がりますが、私は蚊帳の外・・・・

アタリを察知できていないのだろうと、オモリ号数を50号、40号と行ったり来たり。。。

仕掛けも直結から直結ブラに変更するも、イカの抱き着き悪く、アタリが出せず。。。

開始1,2時間は右往左往しました。

結局は、直結5本 50号シンカー

釣り方は、いつも通りの聞き上げメインでしたが、潮の加減か、40号ではPEラインを張り込めず。

50号ではPEラインは張り込めるも、小さい触りを掛けきれず。

45号があれば良いのになぁ~ などと思いながらの釣りでした(笑)

聞きあげてくる際に、わずかなチョッカイを出してくる触りをようやく掛けると

ペンシルサイズのムギイカでした。ミニマムサイズながらムギイカも入ってきている様子ですよ!

IMG_6973

イカの抱き着きが良い時(高活性時)はさほど問題ないのですが、

イカの抱き着き悪く、触りの小さい場合、アワセと同時に巻きアワセを行わないと

間に合わない(掛けきれない)場合が多々あります。今日はかなりシビアな釣りでしたが、

8.1のハイギア スパルタンのお陰でキャッチできたマイクロサイズも居ました。

タタキを入れた後の抱き着きも悪いので、ゆっくり聞き上げていく際に出るアタリ(変化)で

掛けるのが個人的な釣り方では理想でしたが、触りが非常にシビアで掛け損じもありました。

博之船長、ごめんなさい;; 難しかったぁ・・・

IMG_6991

難しい一日でしたが、こんな日があるのはマルイカ釣りには付き物ですね。

こんな日は船長さんが一番大変ですね。博之船長 お疲れ様でした!有難うございました。

IMG_7001

マルイカの反応はありますので、今後に期待ですね!

難しい日もありますが、逆に良い練習にもなります。ぜひお出かけください。

若女将さん 今日もお世話になりました!有難うございました^^

IMG_7011

佐島の砂浜はとても静かで良いところです。またリベンジに行きたいと思います!

IMG_7013

IMG_7004