湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2017.02.11

小見山丸さんよりマルイカ&マルイカ・トークショー

2月11日は、横須賀市 長井新宿港の小見山丸さんへ行ってきました。

予報では、北西風が吹くとの事でしたが、朝の港は凪!

ウネリは入っていましたが、無事出船出来ました!

IMG_6615

今日の水深は約90メーター ウネリもありましたので、終始、電動リールでの釣りをしました!

シーボーグ200J DH

IMG_6617

オモリはドラゴンTG 50号 枝間120センチ 6本ツノで開始しました。

お昼前後からさらに吹き込む予報、前半が勝負でしょうか。

オモリ着低後、直ぐに聞き上げに入りますが、ウネリ高く、マルイカからのファーストコンタクトを

なかなか察知出来ず、仕切り直しの巻き落としから⇒誘い(タタキ)⇒アタリ!

という感じでワンテンポ遅れてしまいましたが、序盤はマルイカのやる気もまあまあといったところでした。

IMG_6631

次第に西の風がやや強さを増す中、小見山船長が当てた反応は、高めに映る高反応!

仕掛け落下中に小見山船長のマイクアナウンスでは、「底から10~15メーター位まで浮いているよ!」

すかさずリールカウンターのメモリーを直視。オモリを海底まで落とさず、棚直撃でのリアクションバイトを

狙ったところ、ナイスサイズのマルイカをキャッチすることが出来ました。

その後も、海底までオモリを落として聞き上げても、ウネリ高く、無駄なタイムラグが出るので

オモリを海底から5メーター位で止めるようなイメージで釣りました。

電動リールの正確なカウンターあってこそ、棚ボケせずに出来る釣り方です。

また、波、ウネリが高い状況下で、電動リールは巻き上げ時、片手が空くので

身体も安定姿勢を保てるので良いですね!

 

お隣のツッキーこと高槻さんは、極鋭マルイカ AGS MCで波、ウネリ高い中、

ゼロテン釣法で小型のマルイカまで上手く掛けていましたね!お見事です。

IMG_6633

10時以降はさらに風が吹き込み、安全第一で、11時に早揚がりとなりました。

あの状態の海では打倒な判断だと感じました。

そんな状況でしたので、数は纏まらなかったですが、逆にそんな状況でありながらも

海底80~90メーターに潜むマルイカと出会えた事は嬉しい釣行でした。

IMG_6642

IMG_6638

IMG_6639

寒気の影響か?北西の風は冷たく、身体も冷えてしまいましたが、

宿に戻ると、温かいおでんを振舞っていただき、冷えた身体も復活する事ができました。

ご馳走様でした!

IMG_6646

小見山船長、中盤から海悪い中でしたが、決死の探索有難うございました!

また、今シーズンも宜しくお願いします^^

IMG_6648

さて、寒さから復活した後は、横浜・港北へ走りました。

キャスティング港北店さんでの、宮澤さん マルイカ・トークショー!

IMG_6651

大勢のお客さんが来られて、今年の新作は勿論、釣り方やスッテの配色等々、

為になるお話が満載で会場も賑わいましたね!写真を載せておきますね!

IMG_6658

IMG_6653

IMG_6656

IMG_6657

IMG_6660

IMG_6661

IMG_6662

IMG_6667

IMG_6668

IMG_6670

IMG_6672

IMG_6673

IMG_6677

ご参加の皆さま、宮澤さん、キャスティング横浜港北店さん、お疲れ様でした!

IMG_6678