湯澤 安秀の記事一覧

アングラー:湯澤 安秀


BLOG TOP 湯澤 安秀の記事一覧
湯澤 安秀さんの記事
2017.09.18

台風通過前 江の島カワハギ!多希志丸さんより

IMG_1316

カワハギが熱いシーズンがやってきました!

台風通過直前の9月16日 神奈川県鎌倉市 腰越港の多希志丸さんへ行ってきました。

カワハギも大人気ですね!大勢のお客さんで賑わいました。

IMG_1251

ポイントは江の島沖 水深10~20メーター程度の浅場がメインです。

航程5分程度で釣り開始となりますので、直ぐに投入できるようエサも付けて出船します。

IMG_1245

いつもの江の島を眺めながら出船!何度眺めても良い風景です。

台風の影響で曇天、雨降りの天候でしたが終日良い凪でした。

IMG_1260

タックルは、極鋭カワハギEX AGS F1 と、EX AGS ZEROを持ち込みました。

まずは、F1で開始。硬調子で仕掛けを自由自在に操れるといった感じです。

特に根やカジメの多いこのエリアでは、あまり軟調子ですと仕掛けを根やカジメに取られやすいですが

このロッドは直ぐに情報を察知してくれて上手くかわせます。

IMG_1264

リールはエアドRT100SH マルイカ釣りでも活躍するリールなので、周年通して愛用してます!

IMG_1262

25号オモリを吊り下げて、こんな感じの曲がりです。

IMG_1261

針は、上2つがスピード7.5号 下1つにフック3.5号でまずは開始しました。

オモリ着底から直ぐに1メーター程度仕掛けをロッドで持ち上げ、

誘いながら下げていきますが、カジメなどを察知したところで、ユラユラさせながらアタリを待ちます。

外道の猛攻も凄い勢いで、魚10匹のうち1匹がカワハギ といった様相ですが、

数枚キャッチしてから、いきなりツルテンラッシュになりました。

かなり小さいキタマクラなども居ますが、これはやはりワッペンカワハギの仕業でしょうか??

かなり速く仕掛けを操作するとカサカサとカワハギの気配を感じますが

ちょっと弾いてしまうのか、なかなか上手く掛かってくれず。う~ん難しい・・・・

気分転換にタックルをZEROにチェンジし、ワッペン狙いで針は全てスピード7号に変更しました。

IMG_1270

久々にスマック!

IMG_1269

25号オモリを吊り下げてこんな感じの曲がりです。

IMG_1268

同様に速めに動かしてやると、居ました。江の島チルドレン!

ところで、こんな雨の日は、このフタ付きエサトレイはやっぱり便利でした!

IMG_1287

ワッペンサイズは、ほぼ11センチから12センチくらいのサイズが揃いました。

このサイズが今後育ってくると非常に面白くなりそうですね!

IMG_1293

ツルテンにされながらも面白くて、上手くいくとこんな感じに^^

IMG_1310

ワッペンもいるところと居ないところがあるようで、ワッペン狙いも終息~

次第にリズムは崩れ、カワハギ釣りでありがちな、いわゆる「釣れない時間」へ突入です;;;

周りではポツリポツリとカワハギが釣れていますが、自分には全く釣れない。。。

両サイドでカワハギが揚がる度に、首をかしげるシーン。ご経験ありませんか?

ようやく掛けてもバレる。バレる。のオンパレード。

もう一度、気分転換に、F1に戻し終盤に少し追加し終了となりました。

まだまだ課題、修正しなければいけないところ多々でしたが、とにかく面白かったぁ~!^^

勿論、ワッペンばかりではなく良型サイズもバッチリ居た江の島沖でした!

IMG_1314

20枚で終了。5枚程持ち帰り、ワッペン主体はリリースしました。

IMG_1278

これから10月、11月と徐々に水温下がり、ワッペンサイズも育ってくると

さらに面白くなってきそうな江の島沖でした。

まだ若干水温高く、外道もかなり豊富です。エサのアサリと、予備針はたっぷり準備して

ぜひお出かけください。

参考までですが、今回の釣行で、1.5キロ程度、中粒ですが自分で剥いて持参しましたが、

11時頃にはなくなり、予備の冷凍エサを使用しました。

玉切れにならないよう、エサは多めに持参してください。

 

雅船長 今回も面白い釣りでした。これからのシーズン、盛り上がりそうですね!

有難うございました。

IMG_1322

親方も根魚五目で復帰!おめでとうございます。今日は有難うございました!

IMG_1327

帰りは、腰越界隈の街並みを眺めて帰路に着きました。

IMG_1331

さて、持ち帰ったカワハギを捌いてみましたが、もうこんなにキモがたっぷりでしたよ^^

IMG_1338

いよいよカワハギシーズンも本格化、大会などもふんだんにあり身体がもう一つ欲しい今日この頃です(笑)

ブログ最後までご覧いただき有難うございました!

9.16たけし丸

 

 

 

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.08.30

カワハギシーズン到来!多希志丸さんより

いよいよ釣り人を熱くさせるカワハギのシーズンになってきました!

8月27日(日) まずは、開幕したばかりの神奈川県は鎌倉市の多希志丸さんへ行ってきました。

江ノ島2017

久しぶりに賑やかなメンバー集まりました!

チーム・ピンク!

KOMIちゃん

IMG_0754

まだまだ夏ハギの様相ながら、ヒレも綺麗なカワハギが出迎えてくれました!

IMG_0798

IMG_0792

IMG_0775

IMG_0778

IMG_0790

IMG_0781

2017コシゴエ

今回使用したタックルは、極鋭カワハギEX AGS F1

硬調子でいかにもカワハギロッドといった感じです。

硬調ゆえに手感度は気持ち良いくらい凄いです!

起伏が激しく、カジメの多い江の島沖では仕掛けを取られず、

上手くかわせて、根歩きも楽々こなせました!

F1

25号オモリを吊り下げてこんな感じです。水深は約15メーター!

1F

リールは手返しの速さ重視で、ハイギヤ8:1仕様のスパルタン!

スパルタン

しかし、この時期は外道も凄い!笑ってしまう程の外道オンパレードも手返しの練習に(笑)

水温が下がってくればカワハギ主体になるでしょう!

ワッペンサイズもちらほら出てきています。

でも型の良いカワハギを楽しみたい時期、針はスピード8号をメインに楽しみました!

IMG_0802

みなさん久しぶりのカワハギ釣りでしたが、愉快に、時に真剣に!

IMG_0767

IMG_0777

お見事トリプル!? サイズも揃ってトラギス三兄弟!(笑)

IMG_0807

さりげなくスッテを仕込んで、良型マルイカGET! お見事でした!^^

IMG_0785

競技性の高いカワハギ釣り。しかしこの日は、のんびりと皆で竿を並べた一日でした~^^

色々な楽しみ方が出来るカワハギ釣り、いよいよ始まりましたね!

雅船長 お疲れ様でした!また今シーズンも楽しいカワハギ釣りをよろしくお願いします!

皆さまお疲れ様でした! またハイシーズンに一度集まりましょう!^^

IMG_0910

0816

 

 

 

 

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.08.15

ズッシリ良型マルイカでした!志平丸さんより

こんにちは! いつも船最前線ブログをご覧いただき有難うございます。

さて、終盤終盤とは言いながらも、俄然好調キープのマルイカ釣りへまたまた行ってきました!

IMG_0339

8月14日(月)神奈川県横須賀市 佐島港の志平丸さんへ伺いました。

生憎の雨模様で、時折強く降られましたが、凪は良く、いかにもイカ日和でした。

IMG_0336

IMG_0342

ポイントは亀城根 水深50~70メーター辺りがメインでした。

終盤のマルイカはやや深場ですが、比較的乗り目は良く、型が良いのが特徴です。

しかし、マルイカが活発に動き周り、どこか落ち着きない感があるのも終盤の特徴です。

この日もやはりそんな一日でした。

それでも掛ければこんなサイズばかりなので重量感たっぷりでした^^

IMG_0334

なんとか2,3回出来る流しが数度ありましたが、ほとんどが1回出来るか出来ないか!

動き回るイカに、船長も何度も何度も旋回を繰り返し大忙しです。

なにしろ仕掛けが底に落ちる頃には、反応が消滅していることもしばしばですから;;

スムーズな投入と、一発目のアタリで掛ける事が、まずはキーとなりますね。

IMG_0344

乗ってくるマルイカはほとんどが良型で、ほぼ全員巻きシーンなどもあり船中盛り上がりました!

型が良いので、慣れない方でもマルイカが乗れば一発で解りますよ。

アワセた瞬間に、ズシっ!と堪りませんでした^^

IMG_0371

永津船長 いやぁ、本当に動き回るイカで大忙しでしたね!

頑張っていただいたお陰で存分に楽しめました。有難うございました!

IMG_0357

このサイズメインで42ハイ ボリューム満点です!

船中まんべんなく釣れましたので平均釣果も良かったですよ!

楽しかったぁ~^^

IMG_0351

動き回るマルイカが少し落ち着いてくれたらまたまた大釣りも出るかもしれませんね。

重量感たっぷりで面白いですよ!

IMG_0349

今日は、志平丸さん若女将さん、同船の皆さん、大変お世話になりました。

雨降りの中の釣りでしたが盛り上がりましたね! 有難うございました^^

IMG_0325

章吾船長 カワハギのシーズン始まりましたら、宜しくお願いします!^^

IMG_0327

お土産に佐島名物 生しらす、釜揚げしらすを買って帰り、マルイカのお刺身を加え、

冷ましたお酢飯に乗せて「佐島丼」?(笑)

味つけは、生姜醤油、わさび醤油などお好みでOKですね。

凄く美味しかったですよ^^

自然の恵みに感謝なお盆休みとなりました。

IMG_0377

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.08.11

まだまだいけそうなマルイカ!大和丸さんより

久しぶりの三浦サイド マルイカ釣りへ

前情報では、水深はやや落ちて60~80メーター前後、型は良型メインとの事で、

MDミラー45赤帽を軸に。またこの時期特有の速潮を想定して初めから直結ブラで開始しました。

IMG_0171

お盆休暇初日の8月11日は、神奈川県三浦市 小網代港の大和丸さんへ行ってきました。

1月から始まったマルイカも、早くも8月。足掛け8か月にも及ぶロングシーズンです。

今日は、ここのところの猛暑から10度以上気温が下がる曇天模様に加え、

小雨がちらつく寒いくらいの日でしたが、海水温は25度前後をキープ。

曇天模様に期待し沖へ出てきました!

IMG_0205

序盤は予想通り速い潮で、反応に仕掛けが上手く入らず、苦戦でしたが、

次第に潮が落ち着いてくると、アタリも出だしました。

1流しで1パイ獲れるか獲れないかという攻防で、ある意味、非常にスリリングな釣りでした。

右舷サイドでは弁慶サイズも揚がりましたよ!

IMG_0192

このサイズも結構交じる日でしたね!

IMG_0189 (2)

IMG_0194

一方、左舷サイドでも何度か全員巻きシーンもあり、特に中盤から後半に掛けて盛り上がりました!

IMG_0177

谷戸さん

IMG_0198

途中、潮が落ち着いたところから直結に変更し、比較的ファットな形状のスッテに分がある感じでしたので

久々にこんなスッテを入れてみたら一発できました^^

IMG_0197

タックルを通して、海中のマルイカとの駆け引きが楽しくて仕方ありませんね!

IMG_0181

終始、マルイカの触りは極小さい状況。しかし、小さなアタリで掛ける1パイの喜びは格別です!

IMG_0184

マルイカ釣りのロッドは、今や様々なアクション(調子)の物があります。

例えば、現在流行りのゼロテン専用設計モデルや、オモリを底に置かないスタイルの

どちらかというと硬調子系、などなど。

ロッドの調子により、釣り方や、アプローチの仕方が変わり、勿論アタリの出方も違います。

私自身も色々な船宿さんにお邪魔しますが、皆さんそれぞれの趣向の釣り方で楽しまれています。

どちらが釣れるか、釣れないかは別として、どちらが楽しいか、面白みを感じられるか、

こんな観点で良いと思います。

今日は、そんな楽しみ方を、それぞれ追求している皆さんとの釣りで、とても楽しかったです^^

ちなみに私は、状況によりゼロテンとオモリを切った釣りをMIXさせた釣りに挑戦、奮闘中です^^

色々と試しながらですが、とても面白く、楽しめています。

IMG_0204

さて、8月上旬のマルイカですが、まだまだ反応は随所にあるような印象を受けました。

今日は少し潮が悪く、難しい日でしたが、まだまだ楽しめそうなマルイカでした!

大和丸さんでは、8月一杯はマルイカ乗り合いを予定しているとの事ですので、

ぜひお出かけください。

今日は同船の皆さん、大和丸さん、楽しい一日を有難うございました^^

IMG_0208

IMG_0201

 

 

 

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.08.05

DYFC船釣りスクールin平和島

D.Y.F.C (DAIWA YOUNG FISHING CLUB)夏休み船釣りスクールが

東京都平和島で3日間開催されました。

最終日の8月5日(土) コーチスタッフとして参加してきました。

平和島 まる八さん2艘、いわたさん1艘、第二泉水さん1艘 合計4艘出しです。

大勢のお子さんに、お父さん、お母さんで、港は朝から凄い熱気に包まれました!

IMG_0008

IMG_0005

IMG_0009

IMG_0011

コーチ陣スタッフの皆さん、子供たちの気合に負けないよう頑張って行きましょう!

20526340_1724975940864592_2732116069416956687_n

私は、まる八さんで小学5年生の4人のお子さんとチームを組み、楽しんできました!

船釣りは初めてのお子さん、ほとんど釣りの経験のないお子さん、

五目釣りは良くやるよ!なんてお子さん、様々です。

みんなんで楽しんでこうようね!

20604350_1725106420851544_235091720947306111_n

ミヨシ寄りには、かやごんこと萱沼さんチーム!

IMG_0013

この日のターゲットは、シロギス!型の良いサイズがあがっている富津沖までしばしクルージングです。

非常に良い凪に恵まれ快適でした。

大型タンカー船や、大空を飛ぶジャンボジェット機の迫力もみんな楽しんでましたね。

さて、富津沖で釣りスタート!

IMG_0064

IMG_0067

仕掛けは胴付き2本針 エサは青イソメを5,6センチ位にちぎって、初めは上手く針に刺さらなかったですが、

みんな練習して上手になりましたね!

そうなるとシロギスも喰い出しましたよ^^

IMG_0077

IMG_0080

IMG_0088

IMG_0082

よっぽど危険なお魚でない限り、どんな外道でも、桶に入れてあげるように心がけています。

お子さんにとっては、自分で釣りあげた立派な獲物、収穫ですからね^^

わたくし事ですが、小学3年生の頃に初めて海で釣った魚が、10センチにも満たないトラギスでした。

それはもちろん外道でしたが、物凄く嬉しかった事を今でも鮮明に覚えています。

IMG_0105

さて、強い引きで何かが掛かりましたよ!シロギスにしては引きが強烈??

あがってきたのはデッカイ、ギマでした!

魚種に関係なく、大物賞もあるから期待がふくらみましたね^^

IMG_0070

後半は、シロギスに針をのまれた際の外し方まで、みんな自分で出来るようになりましたね!

 

あまり動かさない方が喰ってくるよ!とアドバイスをくれたね^^ありがとう!

IMG_0090

匹数の目標を達成できたね! おめでとう!

IMG_0084

1本針で勝負!デカいシロギスが釣れたね! おめでとう!

IMG_0092

さぁ、さっき釣れたデッカいギマ!大物賞がかかっているから測っておこうね。

IMG_0107

26.5センチ! お見事だったね!

IMG_0109

帰港しながらのお弁当も美味しかったよね^^

帰港途中、羽田空港そばで、船長の粋な計らいで、

「真上に飛行機が飛んでくるよ!」とわざわざ船を止めてくれてジェット機を真下から観れたね。

迫力満点でしたね^^

IMG_0113

みんなおつかれさま!本当に少々お疲れぎみかな(笑)

釣りをしている時は無我夢中でしたからね^^

IMG

さて港へ帰ってくると、ジャンケン大会や、抽選会などなど、大盛り上がりでした。

IMG_0124

IMG_0120

20621185_1725412287487624_7653607267587387214_n

そして、先ほどのデッカい26.5センチのギマが大物賞を獲得!チーム賞をいだだきましたね。

みんなおめでとうございました!

20622135_1725395810822605_1658797643102626451_n

20526013_1725416287487224_3762454598658308428_n

今日は久しぶりにDYFCでお子さんたちとコミュニケーションできて、あらためて沖釣りの楽しさ、

素晴らしさを実感できた一日でした。

大人にとってはちっぽけな外道でも、子供にとっては自分で釣りあげた大事な大事な獲物、収穫です。

きっと良い思い出になりこれからの人生に大いに役立つと思います。

それでは夏休みも、海に川と安全第一で釣りを楽しんでください。

本日は、暑い中、お父さん、お母さん、まる八さん、いわたさん、第二泉水さん

DYFCスタッフの皆さん、お疲れ様でした。有難うございました!

20638320_1725093157519537_7606555484226837494_n

20638072_1725160450846141_3698794351519946826_n

 

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.07.30

宝生丸さんより夏のマルイカ釣り

7月も下旬となりますが、今季のマルイカは、相模湾サイドから東京湾にかけて俄然好調をキープしています。

ここにきて急激に上昇してきた水温が気になりましたが、さてどうでしょうか。

7月29日は千葉県鋸南町 勝山港の宝生丸さんへ行ってきました。

宝生丸さん本船では、DAIWA ハセヤンこと長谷川さん DAIWA関係のアジ仕立てで朝から賑わっていました^^

IMG_9896

11号船マルイカ乗り合いでは、久しぶりにウメさんにお会いできました^^

IMG_9897

朝から楽しい勝山港(笑) そんな中、逆に静寂な景色を眺めながら5時出船です。

IMG_9901

勝山沖40メーターラインでスタート! 潮はかなり澄んでしまいましたが、良い凪でアタリも良く見えそうです。

揚がってくるマルイカは良型主体でした。 同行の内田さんもご満悦!^^

IMG_9909

序盤は、アタリも良く、ツヌケまではトントン拍子でしたが・・・

IMG_9903

次第に底潮の水温がかなり冷たくなってきました。こんなにオモリが冷たく感じるのは久しぶりです。

浅場の状況は、ハモノに追われているせいか、マルイカの動きが速く、

出来て1、2回でしたが、触りっぷりは凄かったですよ!

午前は、24ハイ ナーバスなマルイカに翻弄されながらも面白い釣りでした。

IMG_9913

IMG_9919

午前はケンちゃん船長 お疲れ様でした!

IMG_9922

別船のMさん、Hさんも会いに来ていただき、今日の勝山港も賑やかでした^^

IMG_9921

せっかくなので、午後船も楽しんできました。再び行ってきます!

IMG_9927

午後はトシくん船長 よろしくお願いします!

IMG_9936

IMG_9938

午後のスタートも勝山真沖からでしたが、晴天、澄み潮、ベタ凪、三拍子揃ってしまったせいか厳しい序盤でした。

他力本願ではいけないんですが、何か一つ変化が欲しいところでした。

その一つが目の前に差し掛かる「雲」でした。あの雲で太陽の光をカバーしてくれればチャンスはあるかも・・・

IMG_9947

北東にある雲が船上に差し掛かってくると、やはりアタリ、反応も出だしました。

内田さんは、下2本を20センチハリスの6、7センチ浮きスッテブランコ仕掛けに

変更し速潮にスッテを馴染ませる作戦に変更すると、連装猛チャージでした!

IMG_9950

IMG_9953

私も、それまでの直結5本から、下3本を直ブラに変更すると、そればかりにマルイカのアタリが集中しました。

ブランコ仕掛け、直ブラ、各 この時期特有の速い潮では侮れませんね。再確認できました。

 

そんな感じで後半にアタリ集中し午後は18ハイ 1パイ1パイに喜び、面白味を感じれる釣りでした。

IMG_9954

状況的には、急激に下がった水温に加えて、澄んでしまった潮でしたが、これもイカが慣れれば活性も上がってくると思います。

水温低下は、マルイカの温存に一役買うかもしれませんね。

あのまま水温が上昇し過ぎてしまうと、マルイカもどこかえ消えてしまうかもしれませんからね;;

まだまだ十分楽しめそうなマルイカ釣りでした!

IMG_9946

宝生丸さん 今回も丸一日お世話になりました。賑やかで楽しい一日でしたね。有難うございました!

IMG_9925

長い一日、お疲れ様でした。勝山で夕食をとり、休憩して帰路に着きました~。

IMG_9972

 

 

 

 

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.07.16

内房マルイカ最前線!宝生丸さんより

今シーズンの東京湾 内房サイド マルイカは、勝山沖から館山沖にかけて

広大なエリアにマルイカがたくさん入ってる模様です。

釣友の落合さんから「丸一日ぶっ通しマルイカ釣り(笑)」のお誘いもいただき、

7月15日(土)千葉県鋸南町 勝山港の宝生丸さんへ行ってきました。

こちらでは、午前船、午後船と各乗り合い船でマルイカ釣りが楽しめます。

(注)午後船の出船は要確認、いずれにしても要予約お願いします。

ですから、通しで乗ると、朝の5時から夕方の5時まで、約12時間マルイカ釣りを楽しめるわけです。

まずは、午前船 トシくん船長 よろしくお願いします!

IMG_9505

千葉の東、遥かかなたから朝陽が登り絶景でした。

IMG_9516

今日も一日付き合ってもらう相棒は、極鋭マルイカレッドチューンAGS F&エアドRT100SH

IMG_9529

船長のお話ですと、昨日までは澄み潮で、マルイカの水深もやや深めな70~80メーター。

さて、今日の潮色などはどうでしょうか??

沖へ出ると、やや笹濁りな感じで悪くは無さそうです。

今日の水深もやや深めな70~80がメインですが、ポツリ、ポツリとマルイカが揚がりました!

IMG_9533

この時期特有の速い潮、加えてやや深い水深という事で、アタリをどう出すか、アタリをどう掛けるか、

非常に面白みのある展開でした。

上手く掛からず悶絶するシーンも(笑) でもこれがあるからマルイカ釣りは面白いんです^^

IMG_9553

逆にイメージ通りに上手く掛けた1杯は、なんとも言えない喜びです。

IMG_9540

サイズは、中小メインに混ざり、良型も出てきていましたね!

IMG_9585

スッテの傾向は、陽の高さの影響か、刻々と変化していきました。

序盤は比較的透過性のあるスッテ(ケイムラ、薄いピンクなど)が有効でしたが、

陽が真上に来るお昼頃は、パープル、ギョクロなど輪郭の出るスッテが活躍しました。

派手な乗りは無いものの、3,4連装出来る流しも加わり、アタリ途切れず、

午前船は39杯と楽しめました^^

IMG_9569

さて、一度帰港し、午後のお客さんと入れ替わり、再度出船です。

今日の午後船担当は、ケンちゃん船長 よろしくお願いします!

IMG_9578

午前の仕掛けのまま午後もスタートしました!

後半良かった勝山沖から開始しますが、午後の序盤はアタらず。。。

左舷側ではポツリ、ポツリ揚がっているようですが、どうも乗り切れず。。。

スッテが合っていない可能性もあり、午前後半のパープルギョクロ系から

赤帽ミラー・ピンクマッチャなどへ交換していくと、アタリ、触りが出始めました!

IMG_9625

午後の一発目は、ドカンと中弁慶でした!

IMG_9583

陽が西に傾むき始めると・・・

IMG_9591

内房サイドの丘や岩肌に陽が当たり、また午前とは違う景色を楽しませてくれます。

IMG_9593

さて、夕刻16時頃から、比較的落ち着いた反応で、長く流し込む場面も出てきました。

さらにアピール度を増す意味で、イエローチャート系を混ぜてみたところ

アタリも増幅し、5,6連装の流しもあり楽しめました!

最終スッテです。オモリ側2本は直ブラ。速潮にはやはり有効でした。

IMG_9596

午後は30杯で十二分に楽しめました!

表層の水温がだいぶ上がってきたせいか、あるいは一時的に澄んだ潮のせいか、

やや深めにステイしている感ある今日のマルイカでしたが、今後の展開に注目ですね!

いずれにしてもマルイカはバッチリ居る感触でしたよ!

IMG_9604

落合さん、長い一日、お疲れ様でした! 面白いマルイカゲームでしたね!

IMG_9565

丸一日という事で、体力勝負でもありましたが、終日通して面白い釣りでした。

潮の具合、活性、タイミング、などを計らいながら、アプローチを変えてみたり、スッテをローテーションしたりと、

ゲーム性に富んだマルイカ釣りを楽しめた一日でした!

IMG_9601

今日も暑い一日でした。船上では潮風で汗は乾きますが、いつの間にか水分不足になりがちです。

多めの飲料水と食料をクーラーに詰めて、乗船お願いいたします。

私も、一日で約3リットルの水を船上で飲みました。

どうか、安全第一で夏の釣りをエンジョイしてください。

宝生丸さん、久しぶりに丸一日ぶっ通しで、お世話になりました。

女将さん栄親方、皆さま、長くて、あっという間の楽しい一日を有難うございました^^

IMG_9620

IMG_9618

IMG_9613

 

 

 

 

 

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.07.09

翔太丸さんより初夏のマルイカ最前線!

7月8日(土)は神奈川県三浦市 小網代港の翔太丸さんへ行ってきました。

シンプルな釣りでありながら奥深さのあるマルイカ釣り。大人気なターゲットです!

IMG_9382

一昨日は、澄み潮ながら、トップ釣果で71パイ!という事で期待高まります。

哲也船長、暑いですが頑張っていきます。よろしくお願いします!

IMG_9385

今日のスタメンスッテはこんな感じの6本直結です。(向かって左側が上です)

遊び感覚ですが、ケイムラにはイエロー、ピンクにはブルーと、マジックで薄く色を付けて楽しんでいます^^

IMG_9377

タックルは愛用の極鋭マルイカ レッドチューン AGS  F

オモリは40号、50号と状況により使い分けました。

IMG_9392

この細身のリールシート(エアーセンサーシート)がグリップ感が良くていいんですよね~。

IMG_9395

昨日の潮色は自身はもちろん見ていないのですが、沖へ出ると、

ややグリーン掛かった、濁りとまではいかなくも決して澄んではいない良さそうな潮色でした。

哲也船長にお聞きすると、やはり昨日よりは濁り傾向、との事で空は一面ピーカンなだけに

この潮色の変化に期待です!

IMG_9437

それでも、序盤はブッコミ数名程度で後が続かず、直ぐに旋回へ。

ややマルイカの元気がない状況でしたが、中型マルイカメインで楽しめました!

IMG_9416

同行の内田さんも、AGS F で小さなアタリで掛けてましたね!

IMG_9423

初夏の晴天ベタ凪~ 汗はもちろん、体力も消費しますので、多めの飲料と食料は

欠かせません。冷やし中華なんてクールダウンにはぴったりですね^^

IMG_9427

さて、中盤ころから南西の風がそよそよ吹き始め、やや活性上がり長く流し込む場面も出てきました。

長く流し込んでいく場面では、特に「巻き落とし」が重要になるとあらためて感じました。

あくまでもスッテは「生きたエサ」ではないので、仕掛けを入れっぱなしだと、マルイカもスレてしまうし、スッテを見切ってしまいます。

ルアーフィッシングに例えるなら、再度ピックアップをしキャストをし直すようなイメージです。

また、巻き落としをする事によって、別のマルイカにアピール出来たり、オマツリ防止対策にもなります。

 

■着底 ⇒ ①アタリを見る ⇒ ②タタキなど誘い ⇒ ③ストップ ⇒ ④アタリなし

①~④を1サイクルとし、これを3度くらい繰り返し、アタリ無ければ ⇒ 巻き落とし。

こんな具合で良いと個人的には思います。

巻き落としは、ある船長に教えていただいた事がありますが、仕掛けの長さ+5メーター位。

例えば、仕掛けの全長が6メーターならば、11メーター位。

おおよそは、10メーター位、一気に巻いて、再度、仕掛けを落とせば十分と思います。

「死んだスッテ」にならないようにですね^^

 

終盤は、40メーターラインでのマイクロ・マルイカ混じりの良い反応では、

アタリ、触り多く、熱かったですよ! でも難しかったぁ~

IMG_9441

最終スッテです。

IMG_9445

終わって39ハイ あと1パイ釣りたかったですね^^;

翔太丸さん精鋭の皆さんが乗っていましたので、なかなかマルイカを回していただけませんでしたが

最後まで、アタリ、触り多く、墨だらけになりながら存分に楽しみました!

IMG_9454

港へ上がってからの雑談も楽しいひと時です。

この日は、トップ釣果が75ハイと常連のIさん 本当にお見事でした。

また、50パイ、49ハイと続き、翔太丸さん常連のみなさん大活躍な一日でした!

IMG_9467

IMG_9464

皆さま、暑い中お疲れ様でした。

帰り際、丸十丸さん横の小網代ヴィレッジで小休止。潮風が涼しく、クールダウンして帰路に着きました。

IMG_9470

マルイカ釣り 絶頂期にきています。これからの時期、暑い日も多くなります。

体力の消耗を避けるためにも、多めの飲料水、食料をクーラーに詰めてお出かけください。

今日は、翔太丸さんでの絶好調マルイカ 有難うございました!

IMG_9449

 

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.07.02

波・ウネリのマルイカ 多希志丸さんより

この週末を迎えるにあたり、天気予報とにらめっこをしていた週末アングラーの皆さまも

多かった事と思います。私もそのひとりでした。

金曜日の夕方の時点で、翌日の土曜日の予報では好転せず。

断念せざるおえない状況でしたが、明日は曇天いかにも「マルイカ日和」

悶々とする気持ちもあり、何とか出船出来そうなエリアを探し急遽行ってきました!

7月1日(土)神奈川県鎌倉市 腰越港の多希志丸さんへ行ってきました。

IMG_9274

大好きな江ノ電の始発を眺めてから港へ着くと、各船、出船を待機している状態でした。

船長も各宿と連絡を取り合い協議している状況に、期待と不安がよぎります。

協議の末、各船が出船する事となり、多くの沖釣りファンが詰めかける腰越港が

一気に活気付きました!

IMG_9282

本日のタックルは、愛用のこちらのコンビです。

エアドRT100SH&極鋭マルイカRT AGS F

リールとロッドを合わせても超軽量なので、一日中使っても疲れ知らずなコンビです。

私は少し小さめな手なんですが、ロッドのエアーセンサーシートのお陰で非常に手に馴染みます。

リールはすでに100数十回の釣りに使用してますので、外観はキズだらけですが、

回転はスムーズ、バッチリで絶好調です。

IMG_9283

前置き長くなりましたが、早々に準備し出船です。

この荒れ気味の海が吉とでるか凶とでるか、一か八かの勝負です。

IMG_9292

江ノ島沖から探索しましたが、やはり海は悪く、これから更に吹く予報に備え、

真沖はさらりと流し、烏帽子岩(エボシ)方面へ向かいました!

烏帽子沖 水深30数メーター辺りで最初の投入。

一発目から良いアタリあり、マイクロ主体で12連荘と幸先良いスタートには驚きました!

IMG_9306

早揚がり覚悟でしたが、なんとその後、風は北に変わる時間もあり

日差しの出る時間もあり、若干ですが釣り易い時間もありました。

僚船も海悪い中、頑張っていました!

IMG_9310

烏帽子から馬入川(相模川)河口沖に掛けて、空流しはほとんどなく、

また、サイズも中型メインで投入ごとにマルイカ、ムギイカと連装交えて揚がりました!

IMG_9303

終盤に掛けて、再度、雲がかかり活性下がらず、やや風は増しましたが、マルイカからのアタリは途切れず!

ラストにはムギイカ5点掛けなどもあり、マルイカ、ムギイカとたっぷり居る西湘・湘南エリアを体感できました!

IMG_9319

釣り方的には、さすがに身長以上もの波、ウネリがありましたので、

■オモリを底に置く釣り ■オモリを切り込んでPEに張りを持たせる釣り、と

潮の状況(速い、遅い)や、イカの活性、船の上下 等々を考慮しながら二刀流でいきました。

この辺り、二刀流で使えるのも、極鋭マルイカRT AGS Fの魅力かと思います。

久しぶりに70オーバーで楽しめました!

7.1マルイカ

雅船長 海況悪く、イカ操業は難しい中、ラストまで楽しませていただき有難うございました。

多希志丸さん、有難うございました!

IMG_9325

今、各エリアでマルイカ絶好調期になりました!

レインギアを万全に面白いマルイカ釣りを是非楽しんでください^^

IMG_9317 (2)

 

 

 


 

 

 

 

 

湯澤 安秀さんの記事
2017.06.25

小見山丸さんから好調のマルイカ!

6月24日(土)は、神奈川県横須賀市 長井新宿港の

小見山丸さんへ行ってきました!

前日は、長井沖から諸磯沖にかけて絶好調だったマルイカでしたね!

出船すると、まずは潮色を確認しますが、かなり澄んでいる感じです。

この日は、浅場を想定して、枝間1メーターの5本直結でまずは組みました。

IMG_9148

IMG_9164

IMG_9163

時を同じくして、この日は、2017DAIWAマルイカ・ペァ・パーティーが三崎港を舞台に開催でした。

なんと、同じポイントの諸磯沖にペァ・パーティーの船団が!

思わぬ観戦となりました!

IMG_9173

IMG_9169

朝一、若干活性ある感じでしたが、私自身はどうも乗り切れず。。。

アタリを待ちに行き過ぎている感じです。こんな時は手の動きも鈍くなっていますね。

自分の事なので、自分が一番よくわかります。

 

昨日までは無かった澄み潮がマルイカの活性を下げ、加えて速い潮がアタリをかき消します。

魚探には非常に良いイカの反応が出ているんですが、やる気のある個体が少ない状況でした。

IMG_9157

状況的には厳しいのですが、これもマルイカ釣り。難しい状況下での1パイは格別です!

同行の内田さん、マイクロマルイカに思わず笑みが^^

IMG_9171

着底からの1発目のマルイカからのコンタクトで掛け損じると、後がない状況なので

こんな時は、アタリが来ると信じ、とにかく集中するしかありません。

ライントラブル(バックラッシュやオマツリ等々)などを避ける意味も含め

「適度なサミングを掛けて着底に備える」が基本かと思います。

みなさん、肩が凝るくらい集中しています(笑)

IMG_9167

中盤から城ヶ島 島下へ南下、こちらも相変わらずの澄み潮でしたが、

色々と修正しながら、2回、3回と出来る時もありました。

 

MDミラーのピンクに簡易的に青マジックでペイントを施した物ですが、

単色スッテに色を付けてみるのも面白いですね!

IMG_9186

水深50メーターでこのサイズは痺れます。

IMG_9189

もちろん、掛けて面白いサイズも居ました~

IMG_9200

終日通して難しい状況でしたが、これも自然相手の釣りです。

条件はこちらでは選べませんから、与えられた条件でベストを尽くし楽しむのみです!

でも、やっぱりもう少し釣りたいから、また出かけちゃうんですよね(笑)

IMG_9195

厳しい状況下、流石でした!

IMG_9201

IMG_9210

もっと釣らせてあげたかったなぁ・・・と、小見山船長

いえいえ、今日の状況では十分楽しめました! 有難うございました^^

IMG_9213

IMG_9215

難しい一日でしたが、マルイカの反応はバッチリでした。

しかし、マルイカは潮や天候により、良くも悪くも本当に左右されます。

よって釣果にもムラが出るのも否めないのですが、これもまたマルイカ釣りの面白さの一つです。

これから浅場の時期は、スッテの傾向もより顕著に出てくることもあり、更に面白みが増すマルイカ釣り。

ぜひ出かけてみて下さい。梅雨の時期ですが、雨に打たれても面白い釣りができると思いますよ^^

今日は、小見山丸さん、同船いただいた常連の皆さん、有難うございました^^

IMG_9216

 

 

 

 

 

1 / 3912345...102030...最後 »