山口 武久の記事一覧

アングラー:山口 武久


BLOG TOP 山口 武久の記事一覧
山口 武久さんの記事
2018.12.09

大阪湾テンヤタチウオ 【大潮攻略のすゝめ】

本日も大阪湾イチの人気者、タチウオのター様を釣りに行ってきました(笑)。この人気の釣り物、ここ2か月間とんでもない釣果が飛びだしており本当に週末の予約が取れません(◎_◎;)

今回お世話になったのは泉南・岡田浦港の湊丸です。

昨日から天気予報は、結構な荒れ予報で、欠航も危ぶまれましたが何とか出船可能という事になり、出てダメなら早帰りも覚悟の上の釣行です。

IMG_2060

そして、本日は大潮最終日。そして冬型の気圧配置も強く、水温低下も伴い厳しい釣りになるのでは?と予想しながらの出船です。特に最近は水温低下の影響かタチウオのアタリ方が変化しだしているのでその辺りに気を配りながら手を変え品を変えター様のご機嫌を伺う予定でございます(笑)

そして6時前に、12名の釣人を乗せて一路、洲本沖へ・・・・。結構揺れます(◎_◎;)・・が私はもっと揺れると予想していたので、柱にロッドケースをくくり付けたり、タックルケースは座席の下に入れ固定、クーラーボックスも動きにくいように準備。タックルも最小限に用意。バッテリーや電源コードなどの電装品は一切外に出さず用意は向こうに到着してから準備です。私の大切なタックル達なのでその辺りは完璧です。

少し時間もかかりましたが、洲本沖に到着。そして釣りスタート。

IMG_2062

取りあえず超寒いです(;´Д`)風も結構あり、波は大した事は無いですが・・・・・・。でも、テンヤタチウオが本日も出来る事に感謝をしながらタックルを準備。ゴソゴソしていると、既に横に座る釣り友はHIT!!早やッ!!

私もはやる気持ちを抑えながら第一投・・・・

波有り、大潮、そして朝一番。これだけ条件が揃えば、私的には底付近を釣る事など全く考えず底から10mほどは触る事もなく着底を待つこともせず誘いをスタート。

なんと、停止して巻き始めて最初のステイでティップに「コン、コン」とタチウオ様からの朝のご挨拶が・・・。私は挨拶を返すように軽くスイープで乗せるようにフッキング!!乗りましたよ!!早速。

どうやら、タチウオ様はこの荒れの中でも元気いっぱいの様子ですww。

IMG_2072

テンヤ:快適船タチウオテンヤSS 40号 早掛けSP

早掛けSPらしい掛かり方です。

そしてこの後も、アタリが続きます。底から10m~30mの間で結構な幅を持たせて当たります。普段のノーマルのテンヤを使用する時よりも少し使用上で注意が必要なこのテンヤ。特に掛けた後は全速力で巻き上げるのではなく、シーボーグの20~25ぐらいで巻き上げるように心がけながらの釣りです。小針の為に全速力で巻き上げるとバラシが多くなる傾向があります。

そして合わせる時も、普段の私は力任せにビシッと大きく力強く合わせますが、このテンヤは細軸の小針の為に簡単に刺さりますのでロッドに魚の重みを乗せながら軽く小さく煽るだけできちんと掛かります。逆に大合わせをすると口切れや身切れの原因になりますので私も小さく優しく。

私はいつもは、ノーマルテンヤ:早掛けSPは8:2ぐらいの割合で使用しますが、今回は全く逆の2:8ぐらいの釣果になりました。その理由などはまた色々検証を重ねて皆様にご報告できたらと思っております。

時間と共にどんどん潮は濁り出し・・・アタリも薄くなって行きます。

今回は本当に気温も低く体感温度は極寒。手がかじかみラインを結べず、餌巻きワイヤーすら丁寧に巻けない有り様です。こういう時は微速巻きを多用すると釣果が安定する事が多いので余り大きくは誘わず、時折小さく誘うだけです。

でも中には速引きにも反応する個体も散発的に居るので、手を変え品を変えしますが・・・・。

そして今回よく当たるのは早掛けSPばかり・・・・。当たってる時間にわざとノーマルテンヤに戻すと当たりは消え、そして早掛けSPに変えると直ぐにアタリが・・・。

これはどうやら「タチウオはフックが見えてるかも?」と思えるぐらいの差が出ます。この辺りは電話してタチウオ様に今度、聞いておきます(笑)

IMG_2100

そして今回の釣行で特徴的な事はあがって来る魚にやたらと体に歯型の付いた個体が多い事。↑こちらは恐らくサワラだと思われます。

そして↓こちらはタチウオかもしれません。

IMG_2101

こちらもそうです。

そして中盤から、波が一段と高くなり出し、強風も・・・・・そして船酔いの方も・・・・・。もちろんアタリも取りにくく困りますが、今日はその為にこのタックルを使用しました。今回は一日中これです↓。

IMG_2070

ロッド:ダイワ 極鋭タチウオテンヤSP EX AGS 178 

リール:ダイワ シーボーグ200J

ロッドホルダー:ライトホルダーメタル 

波高にも追従するしなやかな穂先と、揺れる船でラインテンションを保つ事が難しい中でも、小さなアタリを取りやすいEX178で一日通しました。

今回はそれにしても超寒かったです(;´Д`)

 

結局 最終釣果は23尾。この状況を考えると最高の釣果です。本当にいつもながらテンヤタチウオ最高です。

IMG_2096

手の感覚が無くなるぐらい寒く、釣りの最中も「あ~あったかい食べ物が食べたい!」とずっと思っていましたので・・帰りに直ぐ直行!!

IMG_2090

いつものお店でいつものメニューに舌鼓をうって、気持ちも体も温かくなり帰宅いたしました。